お金・ビジネス 目標・成功

半年で16.5億稼ぐ方法

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 人生・ビジネスで成功したい
  • 漠然とした不安はあるが前に進んでいきたい

伝説のギャンブラーに学ぶ成功法則

半年で1500万ドルですから、今の日本円に換算すると16.5億円を儲けた伝説のギャンブラー ドン・ジョンソンに学ぶ成功法則を紹介させてもらいます。
このような論文と関係のない話をすることは珍しいと思いますが、科学はどうしても限定的です。科学というものは僕たちにいい選択肢を提示してくれますが、それが全員に当てはまるわけではないので、今回のような過去の事例から学ぶということも必要かと思います。

そもそもギャンブラーというと運に身を任せているイメージがあるかと思います。ですが、今回紹介させて頂く内容で、実際には違うということが分かっていただけるかと思います。
そして、確率を考えているわけでもなく、実際には優秀なギャンブラーはビジネスマンとほとんど変わりません。

「ルールを変える」

ドン・ジョンソンはハウスエッジ調整というものをしています。簡単に言うとルールを変えることによって1500万ドルを儲けました
そこから僕たちがルールを疑いルールを変えていくことの大切さを学んでいけたらと思います。
彼が一躍有名になったのはトロピカーナというアトランティック・シティのカジノで一晩で600万ドルを儲けたことで、この方法が僕たちがビジネスを進めて人生を生きていく上で非常に重要な考え方になります。お金を儲けること以外にも使える方法になります。
しかも彼の凄いのは、この1回に限らず同じ方法を使って別のカジノでも勝ち続けて、結局半年で1500万ドル稼いだということです。
ですから、単純に運や確率の勝利ではなかったということです。
彼は非常に数字に強い人で、本業は競馬の勝率を計算する会社の経営者だったそうです。そうなると、やはり確率の計算ができたからではないのかと考えてしまうかもしれませんが、ただ数字に強いだけではなく優秀なビジネスマンでもありました。

ギャンブルというものについては、よく流れが来たからそこに賭けるべきだとか、波が来ていると言われますが、基本的にギャンブルに波も流れもありません。
実際にモニタリングして計算してみると本人がそう思い込んでいるだけであって、確率的には波も流れもありませんでした。なんとなく自分の思った通りに進んでいて、流れが来ていると思い込むだけだったということが分かっています。
では、一流のギャンブラーはどのようにしているのでしょうか。
例えば、ブラックジャックの一流のギャンブラーはギャンブルをしません。勝算を自分で計算して把握していて、カジノ側の言いなりにもならず自分の計算に基づいて着実に稼いでいきます。
僕たち素人はなんとなく流れがきてるような気がするから一気に勝負してみようというようなことを考えがちですが、一流のギャンブラー達はそんなことはしません。ちゃんと確率を計算して一回の勝負にかけてもいい金額であったり、何回負けたら引くというようなことをしっかり計算しながら進めています。
ここまでは普通かと思いますが、さらに優秀なギャンブラーはカジノ側とルールの交渉をします

人生においても、ビジネスにおいても

みんな同じルールに基づいて戦っているのではないかと僕たちは思っていますが、一流のギャンブラーはハウス側とルールの交渉をします。
例えば、自分が掛けて損失した金額が一定額を超えたら一定のパーセントだけキャッシュバックをしてくださいというような交渉をします。
僕たちの知らないところでルールは人により交渉で変えられていたということです。ですが、ほとんどの人がそれをしないし、考えもしないし交渉しようとも思わないので、不利なルールの中で僕たちは戦っているわけです。

これは人生でもビジネスでも同じだと思いませんか。
例えば、皆さんが就職して会社で働く時にも、雇用条件に関する交渉はほとんどの場合しないでしょうし、自分が起業してビジネスをしようと考えた時にも、顧客の言いなりになってしまうということもあると思います。
賢い人たちは他人の作ったルールにおとなしく乗るだけでなくちゃんと交渉をするわけです。

例えば、負けが10万ドルを超えたら20%キャッシュバックしてほしいというような交渉を彼はしていたそうです。
ブラックジャックはカードを引いていき21に近ければいいけれど21を超えるとバーストして、その時点で負けになります。ですから、21に近づけるためにカードを引いていくけれど数が大きくなりすぎると負けてしまうので、その辺りの駆け引きが難しいわけです。
ゲームはプレイヤーとディーラーの対決になり、ディーラーはカードの数の合計が16になるまでは必ずカードを引くというルールがあります。ですから、例えばディーラーが15であればプレイヤー達はかなり有利になるわけです。
このようにディーラーがいくつまでカードを引くかということが厳密に決められています。
このルールによりディーラーがバーストする確率が変わるということに目をつけたドン・ジョンソンは、交渉して通常はディーラーは数字の合計が16になるまでカードを引かなければいけないところをそれを変えさせたそうです。17や18といった数字までディーラーが引き続けなければいけないというような条件をカジノ側に飲ませたということです。

相手の状況を考えて交渉の余地を見つける

彼がこんなにも勝ち続けた年は2008年以降のことでした。
2008年といえばリーマンショックがあり景気が著しく落ち込んだ時期です。当然ですが、カジノでお金を使う人もかなり減ってカジノも経営が厳しくなっていました。
カジノはその収益のかなりの部分を超富裕層のハイローラーと呼ばれる人たちから得ていました。ですから、一般の人達はそれほど大きな金額も賭けないからカジノとしてはあまり利益になっていなくて、高額の勝負をするハイローラーたちから収益の大半を得ていたので、ハイローラーたちには交渉する余地が生まれたわけです。
そこに目をつけて実際に交渉したのがドン・ジョンソンです。

実際にこのハイローラーの人達は交渉することができて、一定額以上負けたらその何%は払い戻すというのはカジノ側は提供しているそうです。
それを認めないとハイローラーが他のカジノに行ってしまうので、そうなるぐらいであれば一定額は払い戻すということを考えるのも自然だと思います。
提示されたルールの中だけで戦うのではなく、相手の状況まで考えて、その上で交渉して自分に出来る限り有利になる条件を引き出し、そこに確率の力を乗せていくことによってドン・ジョンソンは勝ち続けたわけです。

カリキュレイテッド・リスク(計算されたリスク)

日本でも大きなリスクを取って成功しているような人はいます。例えば、何十億も借金してビジネスに挑戦したりする人もいます。もし失敗すれば一生借金まみれの生活になってしまうわけです。
このような普通に考えると危険でしかないようなリスクを取っているのが成功者たちでもあります。
そのような人たちを参考にして、僕たちはリスクを取らなければ成功できないと考えてしまいますが、実際にはそうではありません。
実際の成功者たちはドン・ジョンソンのような人たちです。
つまり、綿密な計算をした上でリスクを最大限まで削り勝率を最大限まで高めた状態でリスクを取ります。これを投資の世界ではカリキュレイテッド・リスク(計算されたリスク)と言います。

ドン・ジョンソンの場合であれば、ギャンブル自体カジノ側が当然有利にできています。
ブラックジャックは普通のレートですると利益率が大体5%だそうです。つまり、賭ければ賭けるほどカジノ側が5%得するようになっているということです。
交渉することができればこのルールも変えることができると彼は考えたわけです。このカジノ側の優位性(ハウスエッジ)を下げられただけでなく、負けた金額の20%の還元率も担保していたそうです。
ここまでしておくと、もちろんギャンブルですから大きく負けてしまう可能性もありますが、長く続ければあとは確率が味方してくれるということになります。
リスクを減らしてちゃんと計算した損をしないだろうと考えられるリスクをとれば、後は長期戦で確率を味方につけさえすれば挑戦すればするほど成功も手に入るということです。
この方法を使ってトロピカーナで600万ドルを稼いだ後に、彼はこの方法を色々なカジノで使っていき、結果的に半年で1500万ドルも稼いだわけです。

自分の勝てるルールは?

大事なのはルールを変えることが成功の条件だということです。
自分がどのようなルールであれば勝つことができるだろうか、どのような状態であれば自分は成果を出すことができるだろうかということを考えて、交渉することでルールを変えたり、ルールを変えることができる場所を選んでいくことによって彼は成功しました。
これを仕事に当てはめるとしたらどうなるでしょうか。
今自分が働いている環境や働いている状況、ルールというものは、果たして自分の能力を一番高めていくことに適しているだろうか、自分にとって本当に有利な条件で働いたり人生を選ぶことができているだろうかということをぜひ考えてもらいたいと思います。

僕たちはみんな不安です。
僕たちの不安というものは未来が分からないことによる不安ではなく、その多くが今を変えることに対する不安です。
ですから、もっと良い条件の会社があったとしても、今の慣れ親しんでいる会社に働いていて、どうなるか分からないし会社が倒産するかもしれないと考えてしまいます。ですが、本当に倒産するかどうかを予測することができるのであれば、あるいは、新しい会社でうまくやっていくことができるかどうかを予測することができるのであれば、株で稼ぐことを考えた方がいいです。
このようになってしまうのは僕達がルールや環境を変えることに抵抗があるからです。ですが、これを変えていくことをしない限りは良い人生をつかむことはできないということをドン・ジョンソンさんのストーリーから学ぶことができます。

ルールを変えることが大事だと言われてもどのように変えればいいのか分からないとか、どのようなルールであれば自分が成功することができるのかが分からないという人もいると思います。
今回のおすすめの本としては、そんな方にぜひ読んでいただきたい本で『SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』です。
これは世界の様々な偉人たちがどのように自分なりのルールを作ったりルールを変えて成功してきたのかということを紹介してくれています。
成功している人達はとてもルールがシンプルです。例えば、今回のドン・ジョンソンの場合であれば還元率を設定するということとディーラーのルールを変えるということをしていますが、僕たちは非常にシンプルなルールで成功することができます。むしろ、複雑すぎてみんなが理解することができないルールなんて機能しません。
僕たちは複雑なルールを作ってしまったり難しく考えてしまいがちです。綿密に調べることは大事ですが、それを調べるのは最終的にシンプルなルールに落とし込むためです。そのあたりを理解できるとても面白い本です。是非読んでいただけたらと思います。
さらに、新しいルールを考えるということもよく分からないし、なかなか違う視点で物事を考えることができないという人もいると思います。
今の仕事が一番いいとしか考えることができなかったり、漠然とした不安はあるけれどもなかなか行動することができないという人もいると思いますので、このような新しい視点で物事を見ることができなくなっている人におすすめの動画として「天才を超える唯一の方法クリティカルシンカー入門」を紹介しておきます。このような人たちにはクリティカルシンキングというテクニックをぜひ学んでいただきたいと思います。これは物事を様々な角度から見ることにより可能性を追求していく方法です。
世界でも時代を変えるような偉業を成し遂げた人や今までにないことで成功した人たちは、やはり他の人とは目の付け所が違うと思います。今考えると誰でも思いつきそうな気もするかもしれませんが、実際には誰もしなかったわけです。人はどうしても皆が考えていることに意識を向けすぎてしまい新しい視点で物事を見なくなってしまいます。
人生が停滞している感じがしたりなんとなくもやもやしているという人たちは、このような新しい考え方を無意識に考えることができなくなっています。
このような時に新しい考え方を手に入れるための方法がクリティカルシンキングです。これはテクニックですので訓練することによって鍛えることができる能力です。この方法を解説した動画ですのでぜひ合わせてチェックしてみてください。

天才を超える唯一の方法クリティカルシンカー入門 https://www.nicovideo.jp/watch/1575819963

お金がない人がお金を稼ぐには?!

過去への後悔と未来への不安を乗り越えて前に進むために!

今回のおすすめ本

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料から考察した科学の面白さを伝えるエンタメです。あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Eric Barker(2017) Barking Up the Wrong Tree: The Surprising Science Behind Why Everything You Know About Success Is (Mostly) Wrong

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 目標・成功
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog