メンタル強化 集中力

台風がメンタルに与える影響とは?

2019年10月27日

台風がメンタルに与える影響とは?

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 悪天候の時
  • 仕事上外に出る機会が少ない
  • 部屋の中にいる時間が長い
  • 最近なんだかやる気が出ない

悪天候の心理学的影響とは?

ここ最近台風が続いていて大変な状況の方もおられると思いますが、台風で身動きが取れず家から出られないという状況の時に、心理学的には何をすればいいのでしょうか。
あくまで、台風による被害は本当に辛いと思いますし決して望む人はいないとは思いますが、悪天候や台風で外に出られない状況の時に人間のメンタルにどのようなことが起きるのかということを紹介させてもらいます。
人間のメンタルに対してはメリットとデメリットがあり、デメリットに対して対策をするとメリットだけを享受することができるようになりますので参考にしていただけたらと思います。

悪天候だと生産性が上がる?!

台風でなくても悪天候で外に出られない時や雨で外に出る気もしないような時には、実は、人は生産性が上がるということが分かっています。人間は雨の時や悪天候の時の方が集中力が上がり生産性が高くなるという研究があります。

創造性が高まる

2012年のハーバード大学の研究で、天気が悪い時には創造性が高まるという興味深い研究があります。
アイデアを思いつきやすくなるので、問題解決や新しいアイデアを考える時には実は悪い天気の時の方が効率的だということです。ですから、ずっと考えてきたけれど転職をどうするかとか、今後のビジネスをどのように進めていくかとか、新しいビジネスモデルを考えるなどをする時は雨が降っていたり悪天候の時の方が上手くいきやすいということです。
この研究の興味深いところでもありますが、これはハーバードの研究ではありますが日本のデータを用いたもので、日本の銀行のデータを2年半にわたり調査して判明した内容になります。
なんと降雨量が25 mm 増えるごとに銀行の貸付の成約率が1.3%高くなるということが分かっています。

集中力が高まる

もうひとつの実験では、学生を2つのグループに分けて注意力や記憶力などを調べています。
片方のグループには良い天気の時に行ってもらい、もう片方のグループには悪天候の時に行ってもらいました。
それぞれの結果を比べたところ、記憶力や集中力、注意力などのメンタルスキルを測るテストでも悪天候の時の方が成績が良くなるという傾向が確認されています。

ですから、悪い天気の時にはいいアイデアが出やすくなるし、悪い天気の時の方が業務成績も上がりやすくなる上に、記憶力や集中力、注意力も上がりやすくなるということです。

人間は常に外に出たい欲求を持っている

人間は基本的には外に出たいと考える生き物です。
勉強や仕事をしたり何かしらの作業をする時にも常に外に出たいという欲求を抱えながら目の前のことに取り組んでいるので、そういった意味ではあまり集中することができていないということです。集中力の一部が外に出たいという思いに使われているわけです。
悪天候の時には外に出たいと思わなくなるので、目の前のことに集中しやすくなるということが起こります。

やはり天気のいい時に会社の中で仕事をしたり部屋の中で勉強していると、誰でも散歩日和だなと考えたり、外に出たくなると思います。そういった思いが集中力を削ぐ可能性があるということです。
天気の悪い時にわざわざ外に出たいとは誰も思わないでしょうから、目の前のやるべきことに集中しやすくなるわけです。

例えば、悪天候の時の方が片付けや断捨離がはかどるということを経験した人もいると思いますが、これも悪天候がもたらす集中力を向上させる効果がはたらいているのではないかと思われます。

デメリットとその対策

ただし、デメリットもあります。
天気が悪いと気分が悪くなったり体調が悪くなるという人もいると思います。季節性のうつ病というものが昔から言われていて、天気が悪くて日光を浴びることができないと人間はメンタルが落ちていくということがあります。
仕事上あまり日光を浴びる機会がないとか外に出ることがあまりないという人は、ビタミン D のサプリを使ってみることをお勧めします。
お金を出しても損をしないサプリはそんなに数はありませんが、ビタミン D ははっきりいって最強です。
血管が若返るとか骨が丈夫になるという色々な効果が確認されていますが、ビタミン D の不足は季節性のうつ病と相関があるということが分かっています。日照時間が少ないとかあまり日光を浴びることがないという人たちは、体内のビタミン D が不足しがちになりメンタルが落ち込んだり季節性のうつ病になる可能性が高くなるということです。
ですから、冬になるとやる気が出なくなるという人もいると思いますが、それもビタミン D の不足が原因かもしれないということになります。

ピッツバーグ大学の研究では、過去に行われた百本以上の先行研究からデータを集めて、ビタミン D とメンタルの関係を調べていて、やはり体内のビタミン D レベルが低いとうつ病になる可能性が高くなるということが分かっています。

悪天候や寒い時になんだかやる気が出ない・・・

そういう意味では、夏はなんとなくモチベーションが湧くけれど、天気が悪くなったり寒い時には何もやる気がしなくなってしまうという人は、ビタミン D が不足している可能性があります。
逆に言うと、そのビタミン D を補給すれば、悪天候によるモチベーションの低下を防ぐことができるということになります。
それにより、前述した集中力や創造性が上がるというメリットだけを享受することができるようになるということが考えられます。
心当たりがあるという方はビタミン D のサプリを試してみるのもいいと思います。
サプリが嫌だという方は、日焼け止めはした上で最低でも1日25分から30分ぐらいは日光を浴びるようにしたほうがいいと思います。
デスクワークが多い人や家にずっといるような人は、ビタミン D を摂ると結構生活が変わるぐらいの変化があると思います。
ビタミン D を摂る際の注意点としては必ず油と一緒に摂るようにしてください。何も食べない時にすきっ腹に入れるのではなく、何かしらの油分があるものを食べる時に一緒にビタミン D を摂ると吸収率が高くなりいいと思います。是非参考にしてみてください。

やる気と自信を高めたいならこちらもぜひ参考に


やる気も回復し言いづらいこともはっきりと!


集中力を高めるためのおすすめ動画
【超集中力2.0】集中力を研ぎ澄ませるアウェアネス・テクニック
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1569286863

リサーチ協力 Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:http://www.hbs.edu/faculty/Publication%20Files/13-005.pdf
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0306987714003351


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化, 集中力
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.