読む・操る

何を言っても聞かない人への対処法

この知識はこんな方におすすめ

  • 説得したい人がいる
  • 言うことを聞いてくれない人がいる

説得よりも重要なポイントがある!

極端な意見を言う相手をどのように説得すればいいのか? 態度や考え方を変えさせるにはどうすればいいのかということを解説させてもらいます。

親を説得したいとかクライアントで面倒な人がいるとか、上司が面倒だとか子供が言うこと聞かないなど、このような相談をよくいただきます。
なぜ多くの人がこんなにも悩むのかと言うとみんな説得しようとするからです。

最近の研究では、実は説得の前段階が重要なのではないかと言われています。
そんな研究についてはこちらの本がしっかりまとめられていてとても参考になります。

📚PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間

¥2,970 (2022/12/07 13:26:35時点 Amazon調べ-詳細)

僕の人生を変えてくれた本で『影響力の武器』という本があり、これは僕がメンタリストになるきっかけにもなった本です。

📚影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか

誠信書房
¥2,970 (2022/12/08 00:41:49時点 Amazon調べ-詳細)

この著者の方が出された最新刊が『PRE-SUASION』です。
人間の行動や考え方を変えるためには説得を行う前段階が重要で、それによって様々なことが決まっているとされています。

厄介な相手を説得したいのであれば説得の方法を考えるのではなく、それよりも説得を行うタイミングや相手の心理状態の方が重要になります。
今回はそれについて5つのテクニックを紹介します。

ちなみに、極端な意見を持つ相手をどのようにして説得するのかということについては、今回のおすすめの動画で詳しく解説しています。
こちらも参考にしてみてください。

【無知の力】極端な意見を持つ相手と対峙する技術

【無知の力】極端な意見を持つ相手と対峙する技術

厄介な相手を変える5つのテクニック

今回参考にしている研究では、ネット上にある様々な議論についてデータを取ったり、政治的に極端な力を持っている人について調べています。
そこから5つの方法が見えてきます。

対処法その1 :即レスする

基本的に相手の意見を変えたいのであれば即レスしてください。
こちらの反応が早ければ早いほど相手は意見を変えやすいということが確認されています。

人は自分の話している内容や言い方が微妙なことには気づいています。
自分でも気づいているのに、その発言をしてからしばらく時間が経つと後に引けなくなります
そのせいで自分の言っていることの方が間違っているとわかっているのに考え方を変えられなくなります。

ですから、相手の発言に対する考え方が固まる時間的な猶予を与えないようにしてください。
必ず即レスするようにしてください。
どうやって説得しようかと悩んでいると、相手の考え方が固まってしまいます。

対処法その2 :相手と違う言葉を使う

では、どのように即レスすればいいのでしょうか?
この時にはできるだけ相手と違う言葉を使うようにしてください。

会話の中で相手との信頼感を築くためには、相手の使った言葉と同じ言葉を使うことが大事だと聞いたことがある人もいると思います。
ただ、相手の態度を変えたい場合にはこれは逆効果です。

相手と同じ言葉を使えば使うほど相手の考え方や態度は固まってしまうということが確認されています。
相手の意見を頭ごなしに否定する必要はありませんが、できるだけ違う言い方をしてください。

スポンサーリンク

対処法その3 :穏やかな言葉とぼかした表現

これが一番重要です。
多くの人は相手に強く言われれば言われるほど自分の方が正しいと考えてしまいます。
自分の権利や主張を守ろうとして態度がどんどん硬直してしまいます。

相手の警戒心を解いて違う意見を受け入れることができる状態にする必要があります。
要するに、相手が意見を変えられるように格好をつけさせてあげることが大事だということです。
相手が意見を変えても格好悪くならないような配慮をすることが大事なので、穏やかな言葉とぼかした表現を使うようにしてください。

断定口調になったりせずいろんな考え方があるというような話をしたり、できるだけぼかした表現を使って決して断定をしないでください。
これは暗示のテクニックとしても使うことができて、強い意見を持っている相手をカウンセリングする時には、同じようにぼかした表現を使って相手の警戒心を解きながら心の中に入っていきます。

いわゆる論破のようなテクニックはすでにこちらの意見に傾いている人に対してはとても有効です。
相手が心を開いて自分の意見に同意したら強引な説得をしてもいいですが、そうでないのであれば柔らかい態度で接した方が相手は意見を変えてくれる可能性が高いです。

スポンサーリンク

対処法その4 :例え話が9割

これもかなり重要で、極端な意見や自分の考えに強烈に凝り固まっている人ほど例え話を多用するようにしてください。
例え話を増やせば増やすほど相手の態度は変わりやすいです。
本当に9割は例え話だと考えてください。

具体的な人物の名前を出したりストーリーを展開してください。
これによって人は自分の考え方を変えやすくなります。
理論やデータを使うよりも、例え話やケーススタディを使った方がはるかに相手の意見は変わりやすいです。

対処法その5 :逆説的思考による介入

もはや何を言っているのかわからないとか、政治的に極端に傾いた思考を持っている人などもいると思います。
このような人はなかなか説得できないような気もするでしょうが、このような人には逆説的思考による介入という方法が有効です。

テルアビブ大学の研究を参考にしていますが、相手の意見に合う極論を相手にぶつけてください。
相手に相手の意見に合う極論をぶつけ続けると30%の確率で態度が変わるということが確認されています。

スポンサーリンク

例えば、「日本の国民は税金を払い過ぎだ」と主張している人がいたとします。
その人の考え方を変えたいのであれば、「税金がなかったらどうやって税収で賄っていることをするのか?」などと言っても相手の意見は変わりません。
そうではなく「私もそう思います!なんならドバイのように税金ゼロにすればいい!!」「難しいことは考えずにとりあえず税金なんてなくせばいい!」というような極論をぶつけてください。

極論をぶつけられると「さすがにそれは言い過ぎだ」と相手の態度が変わり始めます
これは政治や宗教に対する極端な考え方を持っている人を対象に調べられた研究ですから、かなり強力なテクニックです。
30%と言われると少ないように感じるかもしれませんが、日常生活で使えばもっと確率は高くなると思います。

ちなみに恋愛で使うこともできます。
例えば、彼氏がいる女の子の考え方を変えたいのであれば、その女の子の今の彼氏のことをべた褒めしてください。
女の子のことを好きな場合、その女の子の彼氏のことを否定したりネガティブな部分に注目しがちですが、この場合も彼氏のことを好きな女の子の考え方に合う極論をぶつけてください。

今回は何を言っても聞かない人の態度を変える5つのテクニックを紹介しました。
論破したり説得するのではなく相手を心理的にオープンな状態にする方法は他にもあります。
自分でわかっていても態度を変えられなくなる事は誰でもあります。そんな人がいても話を聞いてくれるようにするための方法については、今回のおすすめの動画をチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

【無知の力】極端な意見を持つ相手と対峙する技術

【無知の力】極端な意見を持つ相手と対峙する技術
\本日のオススメ📚/

📚影響力の武器[第三版] なぜ、人は動かされるのか

誠信書房
¥2,970 (2022/12/08 00:41:49時点 Amazon調べ-詳細)

📚PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間

¥2,970 (2022/12/07 13:26:35時点 Amazon調べ-詳細)

【AudibleならDaiGoの本が無料で聴ける】
📕超影響力~歴史を変えたインフルエンサーに学ぶ人の動かし方

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://arxiv.org/pdf/1602.01103v1.pdf
https://www.pnas.org/content/111/30/10996.abstract

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る