健康・ダイエット

【詐欺だらけ】本当に効く育毛剤TOP5

この知識はこんな方におすすめ

  • 最近頭皮が少し気になる…
  • そろそろ治療した方がいいのかな…

本当に毛が生える方法TOP5

今回は、科学的根拠をもとに本当に毛が生える方法について解説させてもらいます。
育毛関係の商品はたくさん売られていますし、皆さんの中にも使っている人も結構いると思います。
まず、はっきり言いますが、ほとんどの商品はインチキです。

インチキと言うと怒られるかもしれません。
ですが、育毛や増毛関係の商品としては、よく見る有名な商品もたくさんありますが、大抵の場合、実際にはそれほど効果のない成分を入れて値段を上げています。

正確に言うと、「効果は若干ありそうな気がするけれどほとんどない」ものです。
市販の育毛剤のほとんどは、頭皮の状態を整えるだけの成分しか含まれていません。
頭皮にとっては良い成分が含まれているだけで、毛が生えてきたり増えることはありません。

そんな商品が平気で売られている闇が深い業界ですが、今回は、科学的に見た時に本当に毛が入る可能性がある成分や方法はあるのかということを解説していきます。

今回紹介する方法をしていただければほぼ問題はないと思いますが、薄毛には様々な原因がある場合が多いです。
男性であれば男性ホルモンの問題が原因になっていることもありますし、女性の場合も生理周期の問題でなってしまうこともあります。
そんな様々な原因をも含めて、プラスアルファで予防や対策をしたいという方は、毛が生える心理学について解説している動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきますので、そちらもチェックしてみてください。

【2000円台の神ワイン】

シャトーマルゴーという10万円ほどするワインがありますが、そのワインの川を挟んで向こう岸で作られているワインです。
2000円ほどのワインですが、かなり香りも深くてしっかりしています。
赤ワインですがそんなに渋いワインではありませんし、フルーツの味わいも感じられるのでおすすめです。

シャトー スゴンザック ボルドー 赤

AGA(男性型脱毛症)に本当に効く治療薬は?

AGA に本当に効く治療薬は何なのかということを調べた研究があります。
ミノキシジルやデュタステリド、フィナステリドなど、発毛や育毛に効く効果があると言われている成分は色々とありますが、そんな様々ある成分の中でも、どれが一番効果があるのかということをランキング形式で調べてくれています。

23件の先行研究をベースに、22歳から42歳の男性を対象にどの成分が最も効果があるのか明らかにしてくれています。
治療を開始してから24週間程度の追跡調査を行っています。

この研究の中で最も有効性が少なかったのは「低用量のミノキシジル」でした。
飲むタイプの内服液ですが、1日あたり0.25 mg のミノキシジルでした。
どんな成分をどれぐらいの量を飲めばいいのかということも重要になってきます。
もちろんこれらはお医者さんの指示がなければ使うことはできないと思いますが、くれぐれもお医者さんの指示には従った上で考えるようにしてください。

第5位 :フィナステリド内服薬1 mg /日

AGA や脱毛症の治療薬としては、5α-還元酵素阻害薬が多いです。
5α-還元酵素はテストステロンを変化させる酵素で、これが AGA の原因ではないかと言われています。
この酵素を阻害すると、この酵素によってテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを防いでくれます。
テストステロンは人間の体にとって必要なホルモンですが、それがジヒドロテストステロンに変化する酵素を阻害することで効果があるわけです。

フィナステリドは別名プロペシアと呼ばれます。
これは前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛のみに作用します。
早ければ3ヶ月ほどで効果が出始めると言われていて、どちらかと言うと AGA の進行を抑える働きがあるとされています。
AGA の進行を抑えて毛が生えるサイクルを元に戻していくという感じです。

第4位 :デュタステリド内服薬0.1 mg /日

デュタステリドは頭全体に作用します。
フィナステリドは2型の酵素しか阻害しませんが、デュタステリドは1型と2型の酵素の両方を阻害します。
かなり強力な成分ですが、効果が出るまでには少し時間がかかり半年から1年ぐらいで効果が出始めると言われています。

5α-還元酵素阻害薬は、女性やお子さんが服用するのは危ないと言われています。
このフィナステリドとデュタステリドは皮膚からも吸収できるので、塗り薬も出ていますが、皆さんのご家庭に女性やお子さんがいるのであれば、この塗り薬や錠剤もその辺りに放置しておくのはやめておいた方がいいです。
皮膚からも吸収されてしまう可能性があるので取扱いには注意してください。

第3位 :ミノキシジル5%外用薬

別名ロゲインと言われますが、これは女性の脱毛症にも使われることがあります。
基本的に頭皮の血流に作用して、発毛や育毛を促してくれます。

デュタステリドはフィナステリドは基本的には男性の治療に使われますが、女性に使われるものも外から塗る外用薬もあります、

第2位 :フィナステリド内服薬5 mg /日

第5位のフィナステリドの5倍の量です。
量を増やすとより効果はでるようですが、量が増えれば副作用も増える可能性はありますので、お医者さんと相談しながら進めるようにしてください。

第1位 :デュタステリド内服薬0.5 mg /日

第4位のデュタステリド内服薬の5倍の量です。
これも容量が増えれば強力になるようですが、どちらかと言うとフィナステリドよりもデュタステリドの方が強力なようです。

先ほどの AGA の原因になると言われているジヒドロテストステロンの濃度を比較する実験が行われていて、その結果、デュタステリドの方がフィナステリドよりも効果が高かったという結果が示されています。
量も違うので単純に比較するわけにもいかないでしょうが、1.6倍も毛髪の数も増えて毛の太さも太くなっていたそうです。

とはいえ、デュタステリドだけを使う治療はあまりおすすめされていません。
デュタステリドの方が比較的副作用が多いからです。
例えば、性欲減退や勃起不全になってしまう問題も時々あるそうです。
くれぐれもお医者さんと相談しながら進めることが大事です。

さらにコンボにするなら●●

基本的に薄毛の治療というものは様々な手段を組み合わせて行われるものです。
いろいろな組み合わせが取り入れられているそうですが、低出力レーザーを組み合わせる方法も注目されています。

大抵の薄毛治療は1つの治療法だけですぐに効果が出ることはあまりありません。
効果を実感できるまでの時間も人によってかなり違うようです。
複数の治療法をヘアサイクルに合わせて同時に組み合わせていくことが重要です。

日常生活で薄毛対策として気をつけることはたくさんありますが、世の中には怪しい治療法も結構ありますので気をつけてください。

さらに薄毛対策の最新研究を知りたいなら

今回のおすすめの動画としては、薄毛の心理的影響と唯一の対策についてより詳しく解説した動画を紹介しておきます。
薄毛はメンタルへのダメージが大きくなるという問題もあります。
それを防ぐための方法についても解説していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

毛が生える心理学〜薄毛の心理的メリットから唯一の科学的対策まで

毛が生える心理学〜薄毛の心理的メリットから唯一の科学的対策まで
\本日のオススメ📚/

🍷【2000円台の神ワイン】

シャトー スゴンザック ボルドー 赤

📚食生活も超重要

人生が変わる 神レシピ

¥1,650 (2022/06/28 07:07:50時点 Amazon調べ-詳細)

【オーディオブックなら無料】
最高のパフォーマンスを実現する超健康法

PHP研究所
¥1,250 (2022/06/28 21:33:56時点 Amazon調べ-詳細)

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology/article-abstract/2788258

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット