読む・操る

【ベストセラー】嫌われる勇気の嘘を暴いてみた

この知識はこんな方におすすめ

  • 『嫌われる勇気』を実践したけど上手くいかなかった…
  • 人のやる気を出させたい

他人を褒めても叱ってもいけない、は嘘

前回に引き続きアドラー心理学の嘘について紹介させてもらいます。

【嫌われる勇気の嘘#1】承認欲求を否定してはいけない

アドラー心理学を一躍有名にした『嫌われる勇気』という本がありますが、その嘘について紹介させてもらいます。誤解されないように一応言っておきますが、別にこの本がダメだというわけではありません。ただ『嫌われる勇気』=アドラー心理学とは考えない方がいいです。

続きを見る

アドラー心理学は一時期とても流行りました。
特にそのきっかけになったのが『嫌われる勇気』というベストセラーでした。

著者の方の専門はアドラー心理学とギリシャ哲学です。
その2つの知見を混ぜ合わせ作られたストーリー本ですから、そもそもアドラー心理学とは違います。
さらに、アドラー心理学は心理学ではありません。

データを分析しているわけでも統計的に処理しているわけでもないので今の心理学とは違います
どちらかと言うと哲学ですから、アドラー心理学を信じてアドラーの言う通りにしていると幸せになれると思うと不幸になるかもしれません。

アドラーが言っていることと『嫌われる勇気』の主張には食い違う部分もありますし、アドラーが言っていることの中で科学的に間違っていることもあります。
これらを科学的に正しく考え直すことをしてみたいと思います。

\地下迷宮の上で作られるおすすめワイン/

こちらは僕が最近どハマりしているワインです。
ボルドーのとても有名な畑で作られているワインですが、赤ワインなのにシルクのようになめらかな味わいが作られています。
この畑は400年間代々無農薬で受け継がれていて、畑の下に過去に使われていた地下迷宮のようなものがあり、そこの畑の人たちもそれがどこまで続いているかは知らないそうです。

巨大な地下迷宮の上で育てられた葡萄が使われています。
その地下迷宮を葡萄の根が突き抜けるぐらい強力な生命力です。
ぜひチェックしてみてください。

【地下迷宮の上で作られるオーガニックワイン】
シャトー クーテット 赤

【電気すら使わない!古代のワイン作りを再現した究極の1本】
シャトー クーテット キュヴェ ドゥモワゼル 赤ワイン ボルドー

主張:「褒めても叱ってもいけない」

本を読んだ方も最初はどういうことだろうと思ったと思います。
『嫌われる勇気』では、他人を褒めることで相手の自律心を阻害してしまうとされています。
自分で自分の人生をコントロールして決定する力を阻害してしまい、褒められることに依存的になってしまうとまで言っています。

そうなると、子供もヘタに褒めてはいけないのかということになります。
上司に褒められないと仕事をしない部下になってしまうから、自分の頭で考えて行動する部下を育てるためには褒めるべきではないということにもなります。

そして、叱ることも否定しています。
『嫌われる勇気』では、人を叱ると相手の自己有能感が減ってしまい、自分が周りの人や世の中に貢献できる感覚が減ってしまうとされています。
自分の意思で物事を決める感覚である自己決定感も減ると主張しています。

褒めることも叱ることもダメだと言っています。

真実1 :アドラーはそんなこと言ってない

まず最初の衝撃的な事実として、そもそもアドラーはそんなことを言っていません。

実際には、アドラーは「他人へ過剰に干渉してはいけない」としか言っていません。
他人のしていることに過剰に関与して、やたらと細かいところまで指摘したり叱ってはいけないし、他人をやたらと褒めまくるのもよくないと言っているだけです。
褒めてはいけないとも叱ってはいけないとも言っていません。

真実2 :アドラーはむしろ褒めている

アドラーの著作を見てみると、アドラー自身が子供を褒めている事例がちゃんと掲載されています。
本当に他人を褒めたり叱ったりしてはいけないと考えているのであれば、わざわざ自分が子供を褒めている事例を紹介するはずがありません。

真実3 :褒めも叱りも否定していない

アドラーは、褒めることも叱ることも否定していませんが、部分的には批判をしてはいけない人もいると言っています。
例えば、精神的に問題を抱えている人やうつ病になっている人に対して、その問題行動を批判したり叱ってはいけないと言っています。

ですから、健全なメンタルを持っている人が悪いことをした時に叱るのは構わないけれど、精神的に健全な状態でない人が、それが原因で苦しんだ結果起こしてしまった問題行動を叱るのはやめた方がいいということです。
健全な人が起こした問題と同じように批判したり叱るのはダメだと言っています。

上司が部下を指導する、学校の先生が生徒を教育する、育児で親が子供に向き合う、これは完全に例外だと思ってください。

『嫌われる勇気』の中では教育や育児に関しても褒めることと叱ることを否定しています。
ですが、教育に関しても育児に関してもアドラーは褒めることも叱ることも否定していません

真実4 :体罰は否定している

アドラー自身も体罰は完全に否定しています。
叱ることに体罰を使うのはよくないというのは、現代科学から見ても完全に正しいことです。

例えば、2014年にアメリカで行われた調査を見てみると、体罰を行うことによって子供はむしろ非行に走りやすくなるということが指摘されています。
子供の反社会的な行動が増えて攻撃性も高まります。
その結果として非行に走りやすくなるということが言われています。

体罰がダメということは一致していますが 、褒めることや叱ることは別に悪くありません。
叱ることの科学的な効果はかなり限定的ですが、褒めることは推奨されるべきだと思います。
科学的に正しい褒め方をすれば、子供も大人もモチベーションが上がるどころか、能力まで高くなるということもわかっています。

褒めることを否定するというのは科学的に見るとナンセンスと言わざるを得ません。

科学的に正しいアドラー心理学

では、そんな個人の能力を高めてくれる褒め方とはどんなものでしょうか。
褒め言葉の使い方次第で、目上の人からも年下の人からも慕われます。
褒めた相手の能力を高めるだけでなく、正しい褒め方をすれば自分の能力まで高くなります。
そんな科学的に正しい褒め方については、今回のおすすめの動画からチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

ほめてはいけない、叱ってはいけないは間違い〜科学的に正しい嫌われる勇気#2

ほめてはいけない、叱ってはいけないは間違い〜科学的に正しい嫌われる勇気#2
\本日のオススメ📚/

\地下迷宮の上で作られるおすすめワイン/

【地下迷宮の上で作られるオーガニックワイン】
シャトー クーテット 赤

【電気すら使わない!古代のワイン作りを再現した究極の1本】
シャトー クーテット キュヴェ ドゥモワゼル 赤ワイン ボルドー

\おすすめ本/

マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

マインドセット:「やればできる!」の研究

¥1,870 (2022/12/05 00:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Kelly JD 4th. Your Best Life: Overcoming Approval Addiction. Clin Orthop Relat Res. 2020;478(8):1733-1734. doi:10.1097/CORR.0000000000001265 Alisic, E., Zalta, A., Van Wesel, F., Larsen, S., Hafstad, G., Hassanpour, K., & Smid, G. (2014). Rates of post-traumatic stress disorder in trauma-exposed children and adolescents: Meta-analysis. British Journal of Psychiatry, 204(5), 335-340. doi:10.1192/bjp.bp.113.131227
https://www.pnas.org/content/114/51/13549 https://doi.apa.org/doiLanding?doi=10.1037%2Fbul0000270
https://doi.org/10.1093/geront/gnz109 https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0028393220300087?via%3Dihub http://www.pnas.org/content/early/2015/06/23/1510459112 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18230236
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16913946 http://spr.sagepub.com/content/25/4/625.abstract http://homepage.psy.utexas.edu/homepage/faculty/pennebaker/reprints/Spera.pdf
https://dictionary.apa.org/inferiority-complex https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/cpp.2630
https://pdfs.semanticscholar.org/3d2a/1c99395124bf9372e1493f314f6990a78473.pdf
http://dx.doi.org/10.1016/j.jesp.2014.11.001 O Gruber , T Müller, Peter Falkai(2007)Dynamic Interactions Between Neural Systems Underlying Different Components of Verbal Working Memory https://dictionary.apa.org/inferiority-complex
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/cpp.2630 Finkelhor D, Turner H, Wormuth BK, Vanderminden J, Hamby S. Corporal punishment: Current rates from a national survey. J Child Fam Stud. 2019;28. doi:10.1007/s10826-019-01426-4 A Simple Compliment Can Make a Big Difference. by Erica Boothby, Xuan Zhao, and Vanessa Bohns. February 24, 2021.Harvard Business Review The Trouble With Bright Kids. by Heidi Grant November 21, 2011.Harvard Business Review Lukowiak, T., & Bridges, J.P. (2010). Punishment Strategies: First Choice or Last Resort. Journal of the American Academy of Special Education Professionals.
http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797618772506?journalCode=pssa

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る