人間関係

お金がないよりもヤバイ【友達がいない人】の問題点TOP5

この知識はこんな方におすすめ

  • 友達がいない・・・
  • 心を許せる友達がいない・・・

友だちがいない人の問題点

今回は、友達がいない人の問題点トップ5として、なかなかいい友達ができないとか心を許せる友達ができないという人もいると思いますが、このような人は一体何が問題で友達ができないのかということを解説したいと思います。

本当に嫌な奴というのはもちろん友達はいないでしょうが、周りから見ると本当に嫌な奴なのに自分は友達はいると思っている人も結構想像できるのではないでしょうか。
皆さんからしても本当に嫌な奴で嫌いなのに、その嫌な奴は皆さんの事も友達だと思っているというようなこともあると思います。

このような著しい鈍感力を持っている人が本当に嫌な奴で、そうではなく、本当に友達が欲しいし嫌な奴ではないけれど、コミュニケーションの問題があったり自分のメンタル的な問題があり、友達を作るのが苦手だったり、決して友達がいないわけではないけれど、ちゃんと心を許すことができていないというのは、相手の問題というよりは自分の内側の問題だということが多いものです。

今回はそんな友達がいない人の問題点を5つ解説させてもらい、その対策も合わせて紹介したいと思います。

友達がいない人の問題点その1 :ネガティブな意見が言えない。

これは少し意外かもしれませんが、人間というものは多少ネガティブなことを相手に対して言ったり、相手に対して痛い指摘をしてくれる人の方がいい友達になれるものです。

当たり障りのないこと世間話しかできない人は、そもそも友達になれません。
昔のドラマで殴り合った後に親友になったというの話もよくありましたが、良い人間関係においては、ポジティブなこととネガティブなことの比率がかなり重要になってきます。
ポジティブが多すぎてもダメですしネガティブが多すぎてもダメだわけです。

では、良い人間関係を作ろうと思った時に、どれくらい相手の意見に同調してポジティブに接することが必要なのか、あるいは、どれぐらい相手にとって痛いところを指摘したりすればいいのでしょうか。

ここで参考になる比率としてロサダ比というものがあります。
仕事でもプライベートでも同じですが、相手と良い人間関係を築きたいと思うのであれば、ネガティブ:1に対してポジティブ:3の比率が重要になります。

ネガティブ:ポジティブ=1:3

1つのネガティブなことを言うのであれば、3つのポジティブなことを言う必要があるということです。
この比率を保つことができればかなり良い人間関係を築くことができるようになります。

これが恋愛関係や夫婦関係において相手が女性の場合には、これが1:5になります。
相手が奥さんや彼女という場合には、ネガティブ:1に対してポジティブ:5が必要になるということです。

スポンサーリンク

ですから、普通の人間関係において友達を作るという点で考えるのであれば、ネガティブ:1に対して、ポジティブを3〜5の間を維持するようにすることができれば、信頼できる一番良い人間関係を作ることができます。

ポジティブを3〜5で言っているのに、ネガティブを1言っただけでキレてしまったり感情的になって問題を起こす人もいるかもしれませんが、これは友達としての関係を築くことができない相手だということになります。

友達から言われるネガティブなことを受け入れることができないということは、その人のことを友達として認めることができていないということです。

ですから、このネガティブとポジティブの比率というものは、信頼できる友達を作るためにも使えるものですし、信頼できる関係にはなれない人を見分けるためにも使うことができるものです。

信頼できる人間関係のためには、ネガティブ:1に対してポジティブ:3〜5

恋愛関係や夫婦関係のためには、ネガティブ:1に対してポジティブ:5〜10

ちなみに、恋愛関係においては、あの人はとてもいい人だけれど恋愛対象になれないという人もいると思いますが、このいい人だけれど恋愛対象としてはどうでもいい人の場合には、ネガティブとポジティブが1:13になります。

自分にとってポジティブなことを言ってくれるばかりで、痛いことを言ってくれない人は、それがあまりにも過ぎるとナメられてしまうということです。
ですから、恋愛関係や夫婦関係の場合でもポジティブを10ぐらいまでにしておかないと、信頼し合える良い環境を作ることはできませんし、適切な比率でのネガティブを受け入れてくれる人を選んだ方が仕事でも恋愛でも良い関係を作ることができるはずです。

スポンサーリンク

頼まれたことを断ることができないとか、お願い事に対して No ということができない人も結構いると思いますが、そのような人はこの比率が結構難しかったりすると思います。

そんな方には参考になる動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

No と言える人になるためのおすすめ

【ノーと言える人になる】ための3週間トレーニング

まずは相手に対して苦言を呈するというよりも、ちゃんとNo と言えるメンタルを作ることを考えてみてください。
このNo と言うことができるというのは、自分の力で自分の人生を選択するという行為になります。
これができるかできないかというだけで、かなり人生の質は変わってくるものです。

友達がいない人の問題点その2 :傾聴ができない

傾聴とは相手の話を興味を持って聞くことですが、この傾聴ができないと自然と友達は離れていきます

そもそも人の話を興味を持って聞くことができる人はとても好かれます。
この時のバランスとしては、自分が3喋るのであればそれに対して相手は7喋るぐらいになります。
ですから、自分が喋る倍以上の相手の話を興味を持って聞こうと心がけることが必要です。

スポンサーリンク

とはいえ、これが結構難しかったり、相手が話題を振ってくるわけでもないのでなかなかできないということもあると思います。

そんな方にはアドバイスシーキングというテクニックを紹介します。
これは年上の人に対しても使うことができるテクニックですが、相手にアドバイスを求めて教えを請う方法です。

自分の考えていることに対してのアドバイスを求めたり、相手の成果に対して、どのようにすればそれを成し遂げることができたのかということを質問したりするといいと思います。
これは年上に限らず年下に対しても使うことができるもので、例えば、若い人に対して SNS の使い方を教えてほしいとお願いしてみたりします。

ただただ相手の話を聞こうとしてしまうと、不自然な感じになったりゴマをすろうとしているような印象を持たれることもあります。
あるいは、聞いてはいるけれど、ちゃんと興味をもって聞いているのか疑問を持たれるような場合もあります。
これは興味をもって聞いているということが相手に伝わっていないからです。

相手に興味を持っているということを伝えるためには、心から興味を持つか、本当に興味を持っている人しかしないような質問、つまり、アドバイスを求めるということが重要になります。

このアドバイスシーキングというテクニックは上司をうまくコントロールする方法としても非常に優秀なテクニックで、これについて詳しく知りたい方は、その方法について解説した動画も今回のおすすめの動画として紹介しておきますので、そちらを参考にしてみてください。

上司をうまくコントロールするためのおすすめ

ミシガン大学✖︎南カリフォルニア大学が明かすエリートが使う49の迎合法

こちらは世界中の一流企業のトップにのし上がった人たちが使っているコミュニケーションを調べるという研究があり、これによるとアドバイスシーキングをはじめとする迎合のテクニックが重要で、これはもちろん人間関係に対しても良い影響があり、それが出世にも繋がるということが分かっています。

スポンサーリンク

友達がいない人の問題点その3 :完璧主義

完璧主義と言うと完璧な人をイメージする人もいるかもしれませんが、これは間違っていて、完璧な人は完璧主義になり得ません。

完璧な人というのは自分を常に改善していく人ですから、今はまだ完璧ではないと思っている人だけが完璧に至ることができます
自分は完璧だとか完璧でありたいと思っている人は、完璧なふりをする病である完璧主義になってしまいます。

自分は完璧ではないということは分かっているけれど、それを完璧にするために努力するのではなく、自分は完璧だと周りに見せたいと考えます。
そうなると、自分の失敗を見せないようにする、そもそも失敗する可能性があることはしないようにする、失敗しそうなことは先延ばしする、というような危険な方向に進んでしまいます

人間というものは完璧にはなれないものですから、失敗しないという方向を目指してしまうわけです。
今のメディアが失敗した人ただただ叩くというのも、この完璧主義を加速させている原因でもあります。
そのためか現代人には完璧主義が増えてきているという問題点もあるぐらいです。

このような完璧を目指している人は周りからすると神経質な人のような印象を持たれますし、そもそも人は自分の弱みを見せないと愛されることはありません
完璧主義の人は自分の弱みを見せませんし、それ以前に自分に弱みがあることさえも認めようとしませんので、その結果周りから愛されることはなくなってしまうわけです。

こうなってしまうと当然友達はいなくなってしまいます。
この場合はまずは完璧主義を直す必要がありますので、こちらについても役に立つであろう動画を紹介しておきます。

完璧主義対策のためのおすすめ

決断麻痺のなくし方〜優柔不断をなくす完璧主義対策

準備は環境が完璧になるまで行動することができないという完璧主義は、その自分を認められない感覚を改善する必要があります。
過去の偉人や自分が尊敬している人も、実は完璧ではなく、もがいて苦しんだ中で完璧ではないものといかに折り合いをつけるかということを学んでいます。

このような他人のストーリーから学ぶというのも完璧主義対策としては使えると思います。
そんな具体的な完璧主義対策について解説した動画になっています。

スポンサーリンク

友達がいない人の問題点その4 :自尊心が非常に低い

いわゆるプライドが高い人は友達がいないようなイメージがあるかと思いますが、実際には、自信があまりにも低すぎると問題が起きてしまいます。

もちろん自身が高すぎるのも良くはありません。
自信というものは自己卑下しないレベルまでの自信があれば十分です。

このためには自分を認めるトレーニングが必要で色々な方法がありますが、例えば、皆さんの友達が仕事で大きな失敗をして、「自分は仕事も全然できないし人生が終わった」と自分を卑下していたら皆さんはどうしますか?

おそらく、「そんなことないよ、君にも良いところがあるし自分も見習いたいところがたくさんある」というように慰めたり励ましたりするはずです。

人間は友達に対してはこのように慰めたりすることができるわけですが、なぜか自分に対してはとても辛辣な言葉を投げかけてしまいがちです。
誘惑に負けた時であれば「自分はなんて意思の力がないダメな人間なんだ」というように自分を責めてしまいます。

この自分のことを責めてしまう癖をなくして、自分を認める癖に変えていく必要があります。
これはセルフコンパッションというテクニックで、簡単な方法としては、頭の中にもう1人の自分のような存在を思い浮かべてもらい、落ち込んだりした時には、自分が友達にかけるような言葉を使って、そのもう1人の自分から落ち込んだ自分に声をかけるというのも結構使えるテクニックです。

スポンサーリンク

これ以外にもたくさんのテクニックがあり、これについてはおすすめの本を紹介しておきます。

セルフコンパッションを身につけるためのおすすめ

星和書店
¥2,420 (2021/05/08 11:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

これは自分への思いやりであるセルフコンパッションを学ぶための本です。

自分を認めることができる人が初めて他人のことも認めることができるようになるものです。
これはセルフコンパッションを身につけると自然と気づくことができます。

自分を認めることができない人は自分に対しての自信がないので、他人に対しても自信を持つことができなくなります。
自分を認めることができてはじめて、そんな自分と一緒にいてくれる友達や相手のことも大切にすることができるものです。
まずは自分を認めるところから始めてみてください。

友達がいない人の問題点その5 :対人不安が強い

いわゆる内向的な人と言われると他人と会話をするのが苦手な人で、外向的な人は他人と会話をするのが得意、だから、外向的な人の方が友達が多いようなイメージがあると思います。

ですが、実際のコミュ力というものは内向的な人の方が高いということがあります。
相手の気持ちを察することができたり、相手のことをしっかり観察して、相手が本当に望んでいることをすることができるので、コミュニケーション能力というものは内向的な人の方が高いわけです。

スポンサーリンク

内向的な人の方がコミュ力は高いわけですが、その高いコミュ力はなかなか発揮されません。
これは不安の感情の扱いが下手だからです。

内向的な人は、相手のことをしっかり見ているし、外向的な人よりも相手のことを理解しています。
しかし、こんなことを言っては嫌われてしまうのではないかなどと考えてしまい、不安の感情のせいで言葉に出さなくなります。
その不安によって行動を抑えることによりコミュニケーションがゼロになってしまうので、結果的に内向的な人の方がコミュニケーションが下手なように見えているだけです。

ですから、その対人不安さえなくせば、内向的な人の方がコミュ力は高いです。
内向的な人の方が相手の表情なども読みながらうまくコミュニケーションを取ることができます。

外向的な人が一見してコミュ力が高く見えるのは、はっきり言って鈍感なだけです。
外向的な人は相手に嫌われているということを察する能力が異常なまでに低いので、相手からすると嫌いだと思っていたとしても、平気でまるで親友かのように接することができてしまいます。

これは外向的な人の強力な能力でもありますが、これで本当の友達ができるのかと言うとなかなか難しいものです。
自分は本当の友達だと思っていたのに、そんな相手から足元をすくわれるというのは外向的な人の特徴でもあります。

そういう意味では、内向的な人が対人不安対策を行うというのが本当の友達を作るためには一番いい方法だと思います。

スポンサーリンク

対人不安対策のためのおすすめ

そんな対人不安対策についても以前に解説した動画がありますので、そちらを参考にしていただけたらと思います。

【超対人力】対人能力を強化する9つの認知トレーニング

こちらでは対人不安に限らず、人と接する時に持っているべき強力な能力についてまとめていますので、こちらを参考にしてもらい友達を作ったり、今いる友達とより深い関係になっていただけたらと思います。

友達との関係というものは本当に大切なものです。
僕も基本的には1人で生きていきたいようなタイプで、あまり友達は欲しくないと思っていたような人間でしたが、これはちゃんといい友達がいなかったからそうなっただけだと今なら思います。

人間関係というものが、ほとんどの人にとってその幸福度を左右するものだということが分かっています。
友達なんていらないと思っている人もいるかもしれませんが、それはきっといい友達を知らないからだけです。

きっと誰にでも人生を変えるような友達はいますので、ぜひ今回紹介させてもらった内容も参考にして頂きながら、本当にいい友達を探してみてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック

今なら20日間無料!

【ノーと言える人になる】ための3週間トレーニング
ミシガン大学✖︎南カリフォルニア大学が明かすエリートが使う49の迎合法
決断麻痺のなくし方〜優柔不断をなくす完璧主義対策
【超対人力】対人能力を強化する9つの認知トレーニング
今回の参考
星和書店
¥2,420 (2021/05/08 11:27:25時点 Amazon調べ-詳細)


【無料】自分を操る超集中力
※Unlimited、Audible無料体験


【無料】最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
※Audible無料体験

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係
-, , , ,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog