起業・副業

人がついてくるの7つの習慣 【社長学】

この知識はこんな方におすすめ

  • リーダーとして人を導きたい
  • 良いリーダーを見抜いてついて行きたい

組織やチームを成長させるリーダー

今回は人がついてくる人の7つの習慣として、上に立つ者の科学シリーズを紹介していきます。
リーダーシップをとることが苦手な人や部下を持つ立場になったという人もいるでしょうし、逆に、自分は本当にこの人について行って大丈夫なのだろうかと考えることもあると思います。

良いリーダーとはどういう人なのかということを知っておけば、自分がついていくべきリーダーも選ぶこともできるようになります。
そんな良いリーダーについて行けばリーダーシップについて正しく学ぶことができるので、皆さんが部下を持つポジションになったとしても正しくリーダーシップを発揮することができて部下もついてきます。
ダメな上司やリーダーについて行ってしまうと、そこにはダメな人しか集まって来ません。

これは当然ですが有能なリーダーのもとに有能な人が集まります。
無能な人はダメなリーダーの下につきます。
そんなチームの中に皆さんが混ざればどんな悲劇が起きるかは容易に想像することができるはずです。
同僚が無能な人ばかりだと、自分が頑張る理由がなくなってしまいますので、自分自身も成長することがなく間違いに気づくこともチャンスを手にすることもなくなります。
そうやってチームや組織は腐っていきます。

上に立つ人もリーダーを選ぶ人も

ですから、リーダーを選ぶというのはとても重要なことです。
とはいえ、このリーダーを正しく選べというのはとても難しいものでもあります。
どんなリーダーがチームとしての成果を上げてくれるのかということを理解していないと、なんとなく人としていい人のような人について行っても成果を出せないということもありえます。
厳しそうで敬遠した人が実は良いリーダーとしての素質を持っていたりということもありえます。
リーダーシップについて学んでおかないと、分からないのでこれを見抜くことができないわけです。

今回は、自分で起業したり部下を率いて成長していきたいという人はもちろんですが、これから誰かの下について頑張っていかなければいけない、自分が学ぶべきリーダーやメンターを選ばないといけないという人に、人がついていく人にはどんな特徴があるのかということを理解しておいてもらいたいと思います。
上に立つ人だけでなく、自分が誰の下につけばいいのかということも分かる内容になります。

上に立つ者の科学

2019年に IB ビジネススクールが5カ国の大規模なプロジェクトに関わっている人達を対象に研究を行っています。
大規模な主要プロジェクト20件以上に対して徹底的に調査を行い、リーダーシップを発揮しないと絶対に成功しないような大きなプロジェクトを成功に導くことができるリーダーとそうではない人の違いを調べて、人がついて行くべきリーダーとはどのような性質を持っているのかということを明らかにしようとしています。

その結果、そんな大きなプロジェクトを成功に導くリーダーには明らかな違いがありました。
最大の特徴は、優れたリーダーはデザイン思考というものに長けているということが分かっています。

デザイン思考

デザイン思考というものにはいろいろな定義があります。
デザイナーが言うデザイン思考やビジネスマンが使うデザイン思考など場面によっても変わってきますが、この研究におけるデザイン思考もちゃんと定義されています。

一言で乱暴に言うと「発想力を大事にする思考法」、これをデザイン思考と言います。
ダメなリーダーの場合は、ルールが明確でそのルールを意味がないものも含めて部下に課してしまいます
イメージとしては、髪の毛が耳にかかってはいけないと定規を持って必死に追いかけてくる体育の教官のような感じです。
髪の毛や服装の乱れは心の乱れだから学業にも影響があるというようなことを彼らは言いますが、実際には、髪型や服装は一斉自由でも学業は周りよりも秀でている学校はあります。

僕たちは発想力を大事にしてくれるリーダーのもとにつかなければ、その他大勢のしょうもない人間になってしまいます
リーダーが発想力を大事に思っていなければ、僕たちが自分の頭で考えて何かを試そうという気にはなりません。
特に大きなプロジェクトを進めようと思う場合には何が起きるのかわかりません。
人生でも何が起きるかわかりません。
そんな状況で、個人の発想力に対してネガティブなことを言ってしまうようなリーダーの下では、どうせいろいろ考えてやってみたところで評価されないので、言われたことだけしておけばいいと考えるようになってしまいます
そうなればチームとしても当然弱いものになります。

スポンサーリンク

リーダー自身に発想力が必要なわけではない

ポイントとしては、これはリーダーとして上に立つ人間は発想力がなければいけないと言っているわけではありません。
自分は発想力がないからリーダーには向かないと考えてしまう人もいるかもしれませんが、そういうことではないということが大きなポイントになります。

デザイン思考というものは、発想力を大事にする思考法のことです。
つまり、自分に発想力がないとしても、部下たちの発想力を大事にして頑張ってもらい、その責任を取るのが自分の仕事だと考える上司もいると思いますが、これはとてもかっこいい上司だと思います。
うまくいかない時も失敗する時もあるでしょうが、とにかく試させてくれる、それを認めて時には責任を取ってくれる上司の下で僕たちは働きたいはずです。

大きなプロジェクトでは大勢の人の力を合わせて取り組む必要がありますし、かつ、何が起きるかわかりません。
そのような状況下では、その現場その現場で個々人がちゃんと頭を働かせていろいろな事をしなければプロジェクトはうまくいきません
それを許してくれる上司やリーダーでなければ、誰でも文句は言われたくないし言われたことだけして起きればいいとなってしまいます。
デザイン思考を持っているリーダーの強みはここにあります。

優秀なリーダーのプロジェクトの進め方

プロジェクトの中では、どこに問題があるのかということを定義して、唯一の方法はこれだと決めて、それを部下たちに強制するのではなく、まずは手始めに部下たちに多くの解決方法を想像させます。
問題に対する解決方法を自分も一緒になって部下たちに想像させて意見を求めるわけです。
そして、多くの解決方法を羅列して、そこからいろいろと試していきながら最終的にひとつの解決方法を現実化させていくということができるのが優秀なリーダーです。

発想力は鍛えることができる能力ではありますが、上に立つにあたっては発想力に対する理解を示すだけでいいわけですから、リーダーは発想力があるかないかということは関係ありません。

スポンサーリンク

発想力を大事にするためのおすすめ

発想力を鍛えたいのであれば僕の本ですがこちらを参考にしてください。

詩想社
¥1,540 (2021/11/30 01:07:49時点 Amazon調べ-詳細)

発想力に関する様々な研究をもとに発想力を高めるための方法を解説しています。
これを使ってトレーニングしてもいいですが、このような本を読んで発想力というものが様々なビジネスの問題も解決することができるということを理解できれば、周りの人の発想に対しても寛容な気持ちでいることができるはずです。

子供の発想力を養うために

これは子育てをしている方々にもおすすめできます。
子供達はとても発想力にあふれたことをしますが、親の発想力の外側に出るような発想を子供がした時に、親はどうしてもそれを止めたくなってしまいます
そうなると子供の発想力が育たなくなってしまいますので、発想力について学ぶことで発想に対して寛容になるというのは子育てにおいても結構いい方法だと思います。

ビジネスでの発想力のために

ビジネスにおける発想力のためには事例をたくさん知っておくことがまず重要です。
そのためにはこちらの本がおすすめです。

¥2,138 (2021/11/30 14:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの本は様々な世界中のスタートアップの戦略や成功の要因についてまとめてくれています。
このような最先端の事例を学んでおくと、意外なビジネスの方法があるというような事も理解できて、他人の発想に対しても否定的になったりしないと思います。

デザイン思考の3つのポイント

当然ですが、デザイン思考においては試行錯誤の連続が必要です。
ですから、デザイン思考に決まった方法があるわけではありません。
ただ、今回参考にしている研究では、優秀なリーダーの多くがデザイン思考を使っていて、そのデザイン思考の中でも特に良い考え方が3つあるとされています。
そんなデザイン思考の基本を今回は紹介させてもらい、皆さんにはこの3つを基準にしてもらい、誰について行くべきかということを考える時、あるいは、自分がリーダーとしてやって行く時に参考にしていただけたらと思います。

ポイント1 :部下の共感力を引き出す

デザイン思考を実践するためには、まずは、その組織やチームに属する人たちの共感力を刺激してあげる必要があります
共感力を刺激すると言われてもどういうことかわからない人もいると思いますが、共感力が高い人はビジネスでもうまくいきます。

例えば、自分が何かの商品を作ろうと思った時に、共感力が低い人が作ると、職人のようにこだわっていいものは作ってくれるかもしれませんが、全く売れないということが起きてしまいます。
これは YouTube でも結構あることで、とても良いものは作っているのに全く再生が回らないということもあります。

スポンサーリンク

これはその商品自体に目を向けすぎていて、その商品を買って欲しい顧客に対して共感できていないからです。
大事なのは、商品を作る場合でもサービスを作る場合でも、それを買って欲しい顧客にどんな感情を引き出すのかということを全員にまずは考えさせることです。

大事なのは良い商品を作るということではなく、自分たちがターゲットとしている人達はどんなことに悩んでいるのだろうか、どんな問題で困っているのだろうかと考えるべきで、商品ではなく人を見るべきだということです。
メンバーたちの共感力を刺激して、自分達は誰を喜ばせようとしているのかということを常に自問自答させるように誘導しなければいけません。

自分の作った商品は良いものに見える

人はどうしても自分が作っているものは良いものに見えてしまいます。
作ることにこだわり時間をかければかけるほど、それが何よりも良いものだと見えてきます。
そうなれば客観性がなくなってしまいます。
誰も求めていない最強の商品が出来上がる可能性はありますが、誰も求めていないわけですから見向きもされないわけです。

例えば、皆さんが使っている iPhone でトラックに踏まれても壊れない iPhone が発売されましたと言われても、そもそもトラックに踏まれる機会なんてないと思うはずです。
戦車に踏まれても大丈夫だけれど重さが2 kg もあるとなれば、誰もそんなもの使うはずがありません。
確かに物理的には最強の商品が出来上がっているのかもしれませんが、誰もそれを欲しいと思う人はいません。

そんなことにならないように、常にプロジェクトに関わる人たちは自問自答しながらターゲットとしている人たちのことを考える癖をつける必要があります
そのようにメンバーたちを誘導しておけば、自然と自分の頭で考えるようになり、そのためには発想力が必要ですから発想力を大事にする組織が出来上がります。

スポンサーリンク

共感力を高める方法とは?

デンマーク国立病院を対象にした調査を見てみると、ここではまず患者さん達にインタビューを行い、これから治療を受ける患者さんたちがいかに不安や心細さを感じているのかということをチェックして、そのアンケート結果を医者や治療に関わっているスタッフの人達に伝えてから仕事に取り組んでもらいました。
その治療を受ける患者さんがどれだけ不安を感じているのかということを理解しておくと、当然ですが患者さん達に対する共感能力が上がります。

この共感能力というのはメンタリストのように人の気持ちを読むということではなく、相手の気持ちを知ろうとする思いだけです。
どうすれば相手の気持ちを知ることができるのかということを考え、実際にそれができるであろう行動をとることにより、相手について考えるだけでいいということです。
相手の心を読む能力が必要だということではなく、相手の気持ちを知ろうとする習慣が大切だということです。

このデンマーク国立病院の調査では、患者さん達の不安や心細さを治療に関わる人たちにフィードバックしてあげるだけでも共感力が高くなったということが分かっています。
意外と簡単なことではありますが、多くの人があまりしていないことなのではないでしょうか。

部下を励ましたりインセンティブを与えようとするよりも、自分たちが作っているプロダクトが誰を幸せにしているのかとか、今困っている人たちがいて、その人のたちのために自分たちが今頑張っているということを教えてあげたほうが、はるかに部下たちのモチベーションは上がります。
これもデザイン思考の共感力というものが関わっているからです。

スポンサーリンク

ポイント2 :曖昧さを推奨する

成果を出すことができない組織のリーダーのほとんどは、ひとつの解決策にすぐに飛びついてしまいます。
解決策をすぐに絞り込もうとする衝動が強くて、部下に余裕を持たせてあげないという特徴があります。
部下を急かして、出てきた解決策をすぐに採用して動きだそうとします。
こういうリーダーは決断力がありそうな気がしますが、実際には、これはダメなリーダーです。

なぜこんなリーダーがダメなのか、曖昧さを推奨するとはどういうことなのか、ということをここから先では解説していきます。
良いリーダーは部下に対しては曖昧さを推奨して自分自身には明確さを追求します
どうせならば成功するプロジェクトに自分も関わり自分自身のキャリアアップにもつなげたいはずです。
そう思う方は、ぜひ今回のおすすめの動画からDラボで続きをチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

続きはDラボから
\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で
毎月20冊以上【30,000円以上】の書籍・論文の知識が1日あたり【わずか10分】で学べる

人がついてくるの7つの習慣 【上に立つ者の科学】
紹介したリンクはこちら↓
詩想社
¥1,540 (2021/11/30 01:07:49時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,138 (2021/11/30 14:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Christian Bason , Robert D. Austin (2019) The Right Way to Lead Design Thinking Elena Lytkina Botelho. et al.(2018)What Sets Successful CEOs Apart

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-起業・副業
-, ,