学習法・記憶法

【前編】科学的に証明されている効率のいい勉強法10選

投稿日:

オークランド大学が発見して学生向けに正しい効果がある勉強法として公開している方法10選としてご紹介します。
まずはその前編のひとつを。

2014年にオークランド大学のバーバラオークリー博士が過去に行われた学習法・勉強法の文献レビューを行いました。その結果、効率の良い学び方がわかっています。気をつけていただきたいのはこれ以外の勉強法が意味がないと言っているわけではなく、色々な勉強法がある中で効果的なのはどれなのだろうということを調べているということです。

学生の方々にはもちろん社会人の方にも参考にしていただきたいです。何かを学んでそれが直接的に利益につながるのはやはり社会人のほうが多いものです。多くを学べるということはその分多くの成果を得られる、多くの収益を得られるということになりますから是非実践していただければと思います。

思い出す

人間はインプットしているときではなく忘れたことを思い出す時に記憶が深まります。ですから、思い出す回数を増やすようにしたほうが良いです。

例えば、テキストを1ページ読んだら、そのたびにテキストから一度目を離して、あるいは目を閉じて今読んだばかりの内容を思い出すということをしてください。書いてあった内容や自分がどう感じたかということを思い出してください。1ページ毎でなくてもいいので慣れてきたり記憶力が高まってきたらセクションごとにするなど徐々に調整してください。ただ、おすすめは1ページ毎です。何故かというと、人間は思い出す回数が多ければ多いほど記憶に残りやすくなるものですから。

マーカーなどを引いてもいいですがそれ自体はあまり効果がありません。どうせマーカーを引くのであれば1ページ読んで思い出すことをやった時に大事だったと思ったのに思い出せなかった内容があったとしたらそこにマーカーを引くようにしたら良いのではないでしょうか。

ノートをとるときも同じです。テキストなどを見ながらノートに纏めてもあまり意味がなく、大事だから頭に入れたい内容があったら一旦テキストを閉じて見えない状態でノートをとります。そこで思い出そうと考えても考えても出てこなければもう一度見ても良いんですが出来るだけ短期でもいいので暗記でノートをとるようにする方法がおすすめです。

僕のしている方法は、本を読んでいて大事なポイントだなと思ったら本を一旦閉じてiPhoneの音声機能を使ってそれを喋って音声でノートをとります。ディクテーションでとる方法です。短期記憶を刺激できるので思い出すという作業ができて記憶しやすくなりますし、自分の声の音読と他人の声の音読は全く意味が違い、自分の声で録音して自分で聞くと記憶に定着しやすくなります。覚えたいポイントを音声で耳から脳に記憶させる事ができて、更に記録としても残せるので効果的な方法だと思います。

前編の続きの4つのテクニックを知りたい方はこちらをチェックしてみてください↓

タグ

-学習法・記憶法
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.