メンタルヘルス

3分で心の余裕を作る方法

投稿日:

緊張したりしんどい状況であっても余裕をもって対処できる人と、パニックになってしまい何が何だか分からない状況になってしまう人がいますが、この違いはなんなのか?

どうすれば緊張したり極限状態にあっても落ち着いていられるメンタルを持つことが出来るのか?

不安や緊張があると時間が過ぎるのを早く感じます。そうすると余計に焦ってしまい不安や緊張がもっと強くなるという悪循環が生まれます。
人と話す時も緊張感が強いと、言いたいけれど言えない、言えないから憶測が増えてしまい相手からの情報もなく余計に不安になってもっと言えなくなると同様に悪循環が生まれます。

このような不安やストレスのネガティブなループを止めるにはどうすればよいのか?

心の余裕をつくる最も簡単で大きな効果を得る方法

心の余裕をつくるにはどうすればいいかという研究は多くの心理学者が行っていますが、最も大事な結論としては「感謝」です。ただ、他人に感謝しましょうというような薄っぺらなことではなく、日々の中でどのように感謝すれば良いのか?感謝をどのように表現すれば良いのか?を考えていきましょう。

心理学者のマーティン・セリグマンが行っている研究で、どのようにすれば幸福度が上がるのか?また、幸福度が上がることによって不安や緊張がなくなるということが明らかになっています。
他人への感謝は不安や緊張による失敗を無くしてくれて、その結果として幸福があとからやってくるということです。
400人の被験者に対して、例えば「自分の強みを活かす」「他人に感謝を伝えましょう」「呼吸でメンタルを落ち着かせましょう」といった様々な心理テクニックを実践してもらいました。その結果、最も幸福感が増して、不安や緊張も解きほぐしてくれて、自分の人生をより良い方向に向けてくれたテクニックは「感謝の日記」でした。
「感謝の日記」がもっとも効果的でした。感謝を伝える相手がいないとか、感謝を伝えるのは恥ずかしいという人もいると思いますが「日記」で充分だということです。

感謝の日記の効果

感謝の日記を書くのに最も良いペースというのもわかっています。
1週間に1回感謝日記を書くだけで絶大な効果が出ます。
他人に感謝の気持ちを伝えることはもちろん大事です。ですが、わかっているけれど恥ずかしいとか、会うことは出来ないので伝えられない相手であっても使える事ができるのがこの感謝の日記のテクニックです。これは、動物に対してでも、抽象的なものに対してでも、なんでも結構です。自分が何に対して感謝しているのかという日記をつけるだけで幸福度も増して良い効果を得ることが出来ます。

カリスマ性さえも身につく

不安や緊張が無くなるだけでなく、余裕を持つことが出来ます。更には、集団を率いることが出来るような堂々としたカリスマ性を身につけることが出来るということもわかっています。
オリビア・フォックス・カバンの「カリスマは誰でもなれる」という本で紹介されていますが、会話の前にその場で感謝できることを3つ考えるだけでも心理的な余裕が生まれるということがわかっています。
相手に自信や余裕があるような態度を見せることが出来るようになり、その結果、説得力も上がり対外的にも内面的にも良い効果が起きるわけです。

感謝できるものを探す

自分の感情・感覚・環境・人間関係などを注意深く見て、どこに感謝できるのかということを探して下さい。そして感謝できるポイントを3つ考えるだけで余裕を持つことが出来ます。
ですから、緊張したり余裕がなくなっているときには、自分の感情でも身の回りのことでも何でも良いので3つ感謝できることを探して感謝の気持ちを思い描いて下さい。

感謝こそ自分のため

感謝こそ、人のためではなく自分のために行って下さい。

2011年の調査によると、不眠症で困っている患者の方々に感謝の日記をつけてもらいました。この実験では毎日つけましたが、日記をつけはじめてわずか1週間で全員の不眠症が解消されました。感謝の日記により、眠る前に不安や反芻思考が湧き出てくる現象がなくなりました。

更には、ダイエットも感謝の気持ちを持ちながら行うことをおすすめします。
感謝の気持ちは、エクササイズなど運動量を増やす効果もあるということがわかっています。2003年の研究で1週間の間に自分の身に起きた感謝したいことを5つリストアップして書き出すという作業を被験者に行ってもらいました。この実験では10週間に渡って継続してもらいました。その結果なぜか1週間あたりの運動量が増えていました。
これは、感謝の習慣が身につくことで、自分の人生に対して前向きに考えるようになり生活習慣すら健康的な方向に補正されて運動量も増えたということです。

そして、衝動買いも減ることがわかっています。
ノースイースタン大学から出ている論文によると、感謝の気持ちを普段から意識することによって衝動買いが減るということがわかっています。例えば、お世話になっているあの人に対していつか恩返しできるような自分になりたいとか、感謝の気持ちにより将来のことを考えられるようになります。その結果、短期的なことよりも長期的なことに目を向けることが出来るようになり、長期的なことに目を向けることで目先の欲望に負けない自分になれます。つまり忍耐力も上がり、自分が本当に時間やお金を使うべきところに使うことが出来るようになるわけです。
更には貯金の額までも増えるということもわかっています。

感謝の気持ちを伝えられるならばもちろん伝えるほうが良いです。伝えることが出来なくても言葉に表すだけで・・・

感謝の効果

  • 眠れるようになる
  • 運動が続くようになる
  • 衝動買いが減って貯金が増える
  • 緊張感を振り払い本来の自分の力を出せる

多くの大きな効果があります。是非試してみて下さい。

仮に、辛いことばかりでまわりにも裏切られて感謝することなんて無いというような人も、例えば、本を読んでみると勇気をくれる本があるものです。その場合はその著者に感謝するとか目の前にいない人であっても感謝するようにすると、感謝するというその行為自体が皆さんの人生をより前に進める力になってくれます。
感謝できるものを探すということが人生に大きな影響を与えてくれるはずです。

 

タグ

-メンタルヘルス
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.