目標・成功

ポジティブ思考で【人生が台無し】になる理由

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • ネガティブなタイプ
  • 自分を好きになれない

アファメーションの嘘

自己啓発でよく使われるアファメーションという技術がありますが、今回はそれが嘘だという話を紹介してしまいます。
アファメーションと言われてもピンとこない人も多いと思いますが、いわゆる自己暗示のことです。

昔から自己啓発の世界などでは、自分はできる!というような断言口調で言葉を使うことにより、実際になりたい自分に変わることができるというようなものがアファメーションと言われるものです。
自己啓発の世界では引き寄せの法則といったものが流行りましたが、肯定的な断言を自分に対して投げかけることによって自分は変わっていくというようなテクニックです。

これは嘘ならまだいいですが、特に、自己啓発のセミナーなどに行って、自分を変えなくてはいけないと考えているような人にとっては、かえって害になるということがわかっています。

自分は〇〇になりたいな、〇〇したいな・・・ではなく、自分は〇〇になる!〇〇だ!と断言するっていうのがアファメーションです。

例えば、年収1000万円になりたいなではなく、年収1000万円になる!!といった断言をすることが大事だというのがアファメーションで、これに対して、自己啓発の世界ではどんな効果があると言われているのかというと、繰り返し自分に対して断言することによって、潜在意識に働きかけて自分の望んだ変化や成長が促されるみたいなことが言われています。

願望や未来に対しての望みのような形で言うと、自分はそうではないし実際にはそうならないというイメージを潜在意識に与えてしまうけれど、断言することによって、あたかも自分がそうなったような感覚を作り出すことができて、実際に成功が引き寄せられるみたいなことが言われているわけです。
聞くだけで怪しいような気はすると思います。

実際には、このアファメーションについては、効果がない人、もしくは、逆効果な人のどちらかしかいません
ですから、する意味はありません。

これについてはさまざまな研究がありますが、2009年のウォータールー大学の研究が有名です。

この研究では被験者たちに性格テストを行い、自分を認める能力である自己肯定感が強い人と、自分を好きになれないとか自分を受け入れることができない自己肯定感が弱い人の2つに分類しました。
その上で、全員に「私は人に好かれる魅力的な人間なんだ!」という言葉を唱えてもらいアファメーションしてもらいました。
そして、自分の感情を自由に書いてもらうということを行いました。

要するに、アファメーションすることによって、人間のポジティブな考えや自己肯定感が上がるのかということを調べようとしたものです。
アファメーションによって、被験者たちのメンタルの状態や自己肯定感がどれぐらい変わるのかということを調べようとしたわけです。

その結果わかったこととしては、自己肯定感がもともと高い人は、アファメーションをしてもしなくても大して変化はありませんでした
もともと自己肯定感が強くて自分は魅力的だと思っている人間が、自分が魅力的だということをいくら断言したところで、当然何の変化もないわけです。

自己啓発の世界の人たちの言うことが正しいのであれば、もともと自己肯定感が低い人が、アファメーションをすることによって感情がポジティブになり、実際に魅力的になるための努力や行動を始めるのかということが大事になるわけですが、実際には、自分は魅力的だという断言を唱える前よりも気分が落ち込んでしまい、自己肯定感は余計に下がってしまっていました

ですから、もともと自己肯定感が低く自分を認めることができていない人は、肯定的な自己暗示やアファメーションをしてしまうと、いくら言葉では「自分は魅力的だ!」というようなことを唱えても、頭の中では「でも自分はモテないし・・・」「本当は自分なんてどうせ・・・」というようなことを考えてしまいます。

ポジティブな言葉を使うほど心の中のネガティブが膨らんでしまう!

ポジティブな言葉を言えば言うほど、自分の内側ではネガティブな感情が膨らんでしまいます
これで気分がますます落ち込んでしまい、自己肯定感も余計に下がってしまうということが起きるわけです。

ネガティブになりやすい人や自分を認めることができていない人が、自分は魅力的なんだとか断言してしまうと、逆効果になってしまうだけだという可能性がこの研究により示唆されたわけです。

確かに、自分に自信がない人はやたらとブランド品を買ったり、お金がないのに借金をしてまで、お金を持っているということを散々して見せつけようとしますが、それはすればするほどどんどん惨めになっていき、メンタルは落ち込んでいきます。

周りに人が集まってくるのは自分がお金を使っているからであって、別に自分の人格に対して集まってくれているわけではないということでメンタルが病んでしまう人もいますが、これもまさに同じことだと思います。

自分が魅力的で凄いということを見せをつければ見せつけるほど、本当は自分はそんなことはないという感情が自分の内側で如実に明らかになっていきます。

自分の性格・自分という人間を受け入れる

ですから、無理をしてポジティブになろうとすることは必要ありません。
大事なのは、今の自分を受け入れることができるかどうかです。

人間は誰しもダメなところがいろいろとあるものです。
自分にはダメなところがたくさんあるけれど、そんな中でも他の人とは違う良いところはどこなのか、他の人よりも優れているところはどこなのか、あるいは、そんな自分でもできることはあるのだろうか、というように今の自分の性格やネガティブな部分も含めて受け入れて、それをどう使っていくのかということが大事になるわけです。

もちろん、ある程度直したり改善することができる性格もありますが、大事なのは、今の自分の性格や自分という人間を変えるのではなく、今の自分の性格と自分という人間の使い方を変えていくということで、それの方がはるかに大事です。

当然ですが、使い方を考えるためには、自分がどんな人間なのかということを知る必要があります。
その点を理解していないと、いつまでも実際には変わることはできません。

自己啓発のセミナーをしているような人は、あたかも自分が成功者のようなことを言いますが、本当に成功している人は自己啓発のセミナーなんてしません。
そんなことをするよりも自分でビジネスをした方が儲かるはずです。
わざわざお金がないとか苦しんでいる人から何十万円もとって成功を語ったりはしません。
皆さんもこんな自己啓発のセミナーやテクニックにはお気を付けください。

ネガティブな人はネガティブな人の成功ルートを!

自己啓発のこのネガティブなループやネットワークビジネスの誘いに乗って、どんどん余計にネガティブになっていく人がいますが、問題はポジティブ中毒です。

自分はポジティブ思考を持てば人生が変わるとか、自分がダメなのはネガティブな性格があるからで、ポジティブになりさえすれば人生が変わると考えてしまう人がいますが、性格の根底の部分がポジティブなのかネガティブなのかというのは、そのほとんどが遺伝子で決まるものです。

ですから、ほとんどが変えようがないものです。
むしろ、ネガティブな人はネガティブな人の成功ルートをたどるべきであり、ポジティブな人はポジティブな人の成功ルートをたどるべきです。

ちなみに、日本人の場合は9割以上の人がネガティブな遺伝子ですから、ポジティブな人の成功ルートでうまくいく人はほとんどいません。

ネガティブな遺伝子を持っているのであればその使い方を知る必要があります。
その使い方としての第一歩は、まずはポジティブ思考を捨てることです。
そして、ネガティブな予測を受け入れるということ。
最後に、多くの人がいいと言っている情熱や協調性を捨てることです。

つまり、多くの人が言っているような成功のためのテクニックが自分には当てはまらないということを受け入れることです。
当てはまらないから自己啓発のセミナーに行っても成功できないわけです。

ネガティブな人が成功するにはどんな成功ルートをたどればいいのかということを知る必要があります。
今回のおすすめの動画として、そのために役に立つ動画を3つ紹介しています。

1つ目が、「ポジティブ思考で成功できない理由」です。
これはポジティブシンキングをやめるための内容です。
無駄なポジティブシンキングをすることによって気が滅入るぐらいであれば、ネガティブを受け入れたほうが早いです。
自分のネガティブを受け入れて利用するにはどうすればいいのかということを解説させてもらっています。

2つ目は、「ネガティブな予測が人生を変える」です。
僕たちは、将来をポジティブに考えるよりも、正しい方法を使えばネガティブに考えたほうがうまくいくものです。
成功率も高くなったり収入も増えるということも分かっています。そんな方法を解説した内容になっています。

3つ目は、「成功したいなら情熱と協調性を捨てろ」です。
よく若者に対して情熱や協調性が大事だという人がいますが、全く無駄でしかありません。
情熱や協調性に頼ってしまうと、むしろ、収入が下がったり成功しなくなるということが分かっています。
正しく情熱と協調性を捨てることが大切になります。そんな方法を解説した内容になっています。
ぜひチェックしてみてください。

科学というものの面白いところでもありますが、ちゃんと調べると、皆が当たり前のようにこれが正しいと言っていることが実は嘘だということも見えてきます。
これを理解することができれば、僕たちは成功することができます。
皆が間違ったことを信じている中で、自分が正しいことを知っていれば、当然そこで差をつけることができますし成功に近づくことができます。

ポジティブシンキングを捨てて、ネガティブな自分を受け入れて、そして、情熱と協調性を捨てて正しく成功するための方法を学んでみてください。

今回のおすすめの本としては、自分をなかなか受け入れることができない自己肯定感の低い人に読んでいただきたい3冊を紹介しておきます。

まずは『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』で、ネガティブな感情というものは実は僕達の能力を高めてくれるものです。
ただ、それはネガティブな感情がどんな能力を高めてくれるのかということを知っている場合に限ります。

例えば、人間は怒っている時には問題解決能力が上がっているということも分かっています。
そんなネガティブな感情はどのようなことに使えるのかということを解説してくれている本になります。

2冊目は、『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』で、自分をポジティブな自分に変えようとするのではなく、まずは自分を受け入れることが大切です。
その上でそこから自分を変えていくということが、今の科学が示す正しい自信のつけ方になります。
そのセルフコンパッションのテクニックを是非学んでみてください。

最後は、『Compassion(コンパッション)――状況にのみこまれずに、本当に必要な変容を導く、「共にいる」力』で、これは少し読み応えのある本ですが、状況に飲み込まれず本当の自分を貫くにはどうすればいいのかということを解説してくれています。
深く学んでみたいという方にはこちらがおすすめです。

今回のおすすめ動画
成功ルートの科学#1〜ポジティブ思考で成功できない理由
成功ルートの科学#2 ネガティブな予測が人生を変える
成功ルートの科学#3 成功したいなら情熱と協調性を捨てよ
今回のおすすめ本
草思社
¥1,760 (2020/11/24 20:31:07時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://journals.sagepub.com/doi/10.1111/j.1467-9280.2009.02370.x

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog