人間関係 恋愛・結婚

【コミュ力】話し下手が秒で治る2つの方法

2019年10月8日

話し下手が秒で治る2つの方法

DaiGo MeNTaLiST

この記事はこんな方におすすめ

  • コミュ力を上げてモテたい男性
  • 「こんな人だったとは」と失敗したくない女性
  • 活発な組織を作りたいリーダー
  • 楽しく生きたい全ての方

男性は感情をシェアするのが苦手

今回は男性のコミュ力を手っ取り早く高めるための方法を紹介します。
コミュニケーション能力に関しては、もちろん女性も問題を抱えることはありますが、比較的男性の方が問題を抱えやすいです。男性は女性に比べ他人と感情をシェアするのが苦手だからです。

男性の場合はマウンティングするようなコミュニケーションをしがちです。
例えば、女性の場合であれば、美味しいクレープ屋さんを見つけたから今度行かないと誘われたとして、なんとなくあのお店だろうなと思ったとしても、教えて教えてとうまくその話に乗ります。女性は、相手に共感することによって仲を深めていくのが上手です。
ところが男性は、マウンティングしてしまいます。
美味しいラーメン屋さんを見つけたから行こうと誘われたとしても、そのお店は知ってるしもう行ったよと返してしまうわけです。ですからコミュニケーションが成り立たなくなってしまいます。
男性同士であればこれでも問題はない場合もありますが、男性は女性に対してもこれをしてしまいます
そういう意味で、男性はコミュニケーションが基本的に下手です。
実際に離婚の原因でも、旦那さんが話を聞いてくれないというのが夫婦関係を悪くする原因のひとつになると言われています。
それぐらい男性はコミュニケーションが下手だということです。

男性のコミュニケーション能力を上げる方法

では、そんな男性のコミュニケーション能力を上げるにはどうすればいいのでしょうか。
今回はピッツバーグ大学の研究をもとにしつつ、男性のコミュニケーション能力を高めるために共感能力を上げる方法を紹介します。

前述したとおり、基本的には男性よりも女性の方がコミュニケーション能力は高いです。この原因は共感能力の問題です。
共感能力とは、他人の感情を自分の感情であるかのように読み取る能力のことです。この共感能力が女性に比べ男性は低いということが言われています。
ということは、共感能力を上げることができれば、男性でも女性のように上手にコミュニケーションを取ることができるということになります。
これができれば、当然ですが、男女の間での「男性は言って欲しい」「女性はわかってほしい」という相違によるコミュニケーションの衝突も防ぐことができるわけです。
さらに、男性が、共感能力を高めて女性の気持ちを分かるようになれば、かなりモテるようにもなるはずです。自分のことを理解してくれる男性に対しての魅力は、イケメンやお金持ちに対する魅力さえも超えてしまうとも言われています。親切な男性の方がイケメンよりもモテるという研究もあるぐらいです。

男性の共感能力を上げる2つのポイント

共感能力を高めるための方法としては・・・お酒です。
お酒の力を借りることで男性の共感能力が上がるという不思議な研究があります。
ピッツバーグ大学の研究で、参加者の人達にはカクテルを飲みながら他の被験者たちとただただ話してもらうという楽しそうな実験を行っています。
その様子をカメラで撮影していて、お酒を飲んでいる人とそうでない人でコミュニケーション能力や共感能力にどのような違いが出るのかということを調べようとしたものです。
ですから、カクテルを飲みながら会話をするグループと比較対照群としてノンアルコールのような飲み物を飲みながら会話するグループに分けて実験を行っています。
それぞれの会話の様子を動画で撮影し、そこから様々な情報を吸い上げるわけですが、その動画は3490万フレームもあったそうです。
研究者達は、その動画をフレーム単位でチェックして、誰がいつ笑顔になり、その人が笑顔になった時には話している相手も笑顔になっているのかというようなことを全て調べています。

その結果、男性はある2つの条件のどちらかが満たされた時には、共感能力が上がるということが分かっています。
共感能力は他人の感情を自分の感情であるかのように理解する能力ですから、要するに、相手が笑顔になった時には自分も楽しくなって笑顔になるというようなところから見て取れる能力です。

男性の輪の中に女性が加わると…9%UP

お酒を飲んでいない男性のグループの中に女性を一人加えると、なんと笑顔をやり取りする回数が9%もアップしたということです。
男性同士で話していても楽しいけれど、そんなに笑顔は出ないわけです。ところが、その輪の中に女性が一人加わるだけで、9%も笑顔のやり取りが増えるということです。
つまり、女性が加わることで男性は共感能力が高まると言えます。

このような現象は様々な研究でも確認されていて、初めて会った時や付き合った当初のデートではとても優しい人だと思ったのに、付き合ってしばらく経ったり結婚すると、とんでもない男性だったという話はよくあるのではないでしょうか。
これは、男性はモテるために、気に入った女性に選んでもらうために一時的に共感能力をあげることができるからです。
ですから、そのようなタイミングで男性を選ぶと後悔することになる可能性が高いわけです。

お酒を飲むと…21%UP

さらに、お酒を飲んだ場合の方が、女性が加わるよりも男性同士の笑顔のやり取りは増えるということも分かっています。
男性だけのグループが、お酒を飲み始めると笑顔のやり取りはなんと21%も増えたということです。
女性が加わることに比べて、お酒を飲んだ方が2倍も笑顔のやり取りが増えるわけです。

男性でも女性でも、このような笑顔のやり取りが増えれば増えるほど、当然心理的な距離は近くなります
共感能力というものは、相手が悲しい時には自分も悲しい気持ちになるし、相手が楽しい時には自分も楽しくなる、自分が楽しい時には相手も楽しくなる、というような感情の伝染が起きる現象ですから、そういう意味では、楽しく生きるためにはお酒の力を借りるというのもほどほどであれば意外と悪くないと言えます。

ということで、男性の共感能力を高めるためには女性とお酒がポイントになります。
とはいえ、仕事の場などではお酒を飲むわけにもいきませんので、会議がアイデア出しの場面ではそのメンバーの中に少なくとも女性を1人は入れておいた方がいいと思います。
その方が男性のメンバーの共感能力も高くなるので、チームワークとしても良い効果が出るのではないでしょうか。
経営者やリーダーの方は、仕事をはかどらせて活発な議論を生みたいであれば、メンバーに女性を加えることを忘れないようにしたほうがいいと思います。
是非参考にしてみてください。

共感能力を鍛えるためのおすすめ動画
【初公開】 心を読むためのトレーニング
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1546191723

今回のおすすめ本

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/26504673/


他の人はこちらも検索しています

-人間関係, 恋愛・結婚
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.