お金・ビジネス 子育て

科学が見つけた【最速で貧乏から抜け出す】方法とは

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • なんとか貧しい状況から脱出したい
  • 子どもにはこんな思いをさせたくない

貧困から抜け出すために何が必要なのか?

貧困問題というものは根深いものです。
例えば、家が貧しかったから自分はお金を稼げるようになりたいとか、今自分が全然お金を稼ぐことができていなくて貧乏だから、何とかしてそこから抜け出したいという人もいると思います。

この貧しい状況を抜け出すためには何が必要なのかということを今回は紹介させてもらいます。

例えば、子どもの貧困の問題を解決するために、教育によって社会の格差を無くそうとしてとても頑張っている人もいますし、これは尊いし素晴らしいことですが、これに冷や水を浴びせるようなワーキングペーパーが出ています。

実際に貧困の辛い状況を抜け出して将来大きな成功を成し遂げる人はいます。
子供の頃にはとても貧乏だったけれど、大人になって大成功して裕福な生活をしている人や人生大逆転した人がいます。

このようなことは教育によるものなのかということを調べた今回参考にしているワーキングペーパーを見てみると、どうやら教育というものは貧乏から抜け出すために役に立つ影響はそれほどはないとされています。
もちろん、教育による影響はないということではありませんし、教育による影響は確かにあるけれど、それよりももっと貧乏から脱出させてくれるものがあるということが示されているということです。

教育も絶対に大事ですが、その教育以外では貧困から抜け出そうと思った時にどのようなことが役に立つのかということを紹介したいと思います。

僕は科学的な知識として収入を上げるためにどうすればいいのかとか、将来の成功の可能性を高めるためにはどうすればいいのかということを紹介したこともあります。
このような知識を紹介する時には、その都度定義させてもらっています。
将来の成功を考える場合にも、それは経済的な成功を意味するのか、それとも人生の満足度や幸福度という点での成功を意味するのかということを定義した上で解説させてもらっています。

今回は、お金を稼ぐというよりは貧乏を抜け出すにはどうすればいいのかということです。
ですから、収入が低いという状況をお金持ちにするということではなく、収入が低くてつらい状況をまず普通ぐらいに持っていくためにはどうすればいいのかということになります。

この研究の興味深いところでもありますが、収入が低い状況を平均の状況にまでする方法と、平均的な収入の状況を上げる方法が違うということです。

この平均的な収入からさらに上を目指していくための方法としては、僕のニコニコのチャンネルで「成功ルートの科学」『英国投資家直伝の【投資感覚を鍛える】方法』などでも役に立つ方法は解説していますので、平均より上に高めていきたいという人はそれらを参考にしてみてください。

貧困から抜け出す人の特徴とは?!

今回解説するのは、平均よりも収入が低い人が平均程度の収入にする際に、何をきっかけにしてその貧しい状況から抜け出すことができたのかということを調べてくれた研究によるものです。

カリフォルニア大学のジェシー・ロススタイン博士が行った研究で、1980年以降に生まれた男女4000万人分の収入データを分析したという壮大な研究があります。

この元になっている論文がありハーバード大学の2010年の論文で、これは子供の将来の収入を左右する要素は何なのかということを調べたものでした。
このハーバード大学の論文では、アメリカ政府が行った統計データを用いて、貧しい子供が大人になって高収入になる人と低収入になる人の違いというものがどこにあるのかということを調べた研究です。

普通に考えると、やはり貧しい子供がそこから抜け出したのは、一生懸命勉強したことによって教育レベルなどが上がったことによるのではないのかとか、やはり、しっかり稼ぐためにはなにより健康が重要だろうから、天候による影響が大きかったのではないかとか、将来の収入のためには IQ が大切でたまたま貧しかったけれど生まれつき IQ の高かった人が大人になるにつれて花開いて抜け出すことができたのではないかとか、いろいろ予測できるとは思いますが、なんとこの大規模なデータから分析したところによると、教育レベルや健康、IQ などよりも貧乏を抜け出しためにもっと重要な要素が見えてきました。

間違わないでいただきたいのは、これは貧乏から抜け出すきっかけになる要素という意味です。
そうではない普通の状態から収入を高めるためには、教育レベルや健康や IQ というものも重要にはなってきます。
貧乏から抜け出す時に必要な要素は何なのかということです。

住んでいる地域?!

そこから示された結論としては、何とどの地域に住んでいるのかということが重要だったということです。
どこに住んでいるかということで貧乏から抜け出すことができるかどうかが決まってしまうわけです。

ですから、自分は貧しくて収入が低い状況だけれど子供には同じような苦労をさせたくないと思うのであれば、場合によっては引っ越した方がいいのかもしれないということです。
どの地域に住んでいるのかということが、貧乏から抜け出すために最も重要なポイントだったということです。

この研究では、貧しい子供たちがどこで育つのかということにより将来の収入に違いが確認されました。
例えば、サンホセやソルトレイクで育った場合には、ボルチモアやノースカロライナで育った場合よりも、大人になってから貧困から抜け出すことができる確率が格段に高かったそうです。

この理由についてははっきりとはわかっていませんし、サンホセやソルトレイクで育った場合の方がボルチモアやノースカロライナで育った場合の方が貧乏から抜け出すことができたと言われても、実際に行ったことがある人でなければ、どんな地域なのか分からないと思います。

研究者が言うには、人種差別があるかどうかということや世帯構成、所得の不平等さの程度やその地域の学校の質の高さ、その地域の人々の人間性などにより左右されているのではないかと言われています。

つまり、貧乏から抜けだそうと思った時には、周りに良い人間関係を作ることができる環境や、差別が少なかったり不平等さを感じることが少ないような場所にいた方が、やはり貧乏から抜け出すことができる可能性が高くなるということだと思います。

そんな中でも最も重要な要素は?

さらに、今回のカリフォルニア大学の論文では、このハーバード大学が行った分析をさらに細かく掘り下げて、人種差別などいろいろな要素が関わっているのではないかとされていましたが、そんな中でも特に重要なのは何なのかということを調べてくれています。
ここからかなり具体性が出てきました。

では、貧困から抜け出すために最も重要だったもので、全体の36%を決めていたこととは・・・不労所得とパートナーの稼ぎでした。

不労所得を手に入れる

切ない話ですが、貧乏から抜け出すためには2つのやるべきことがあります。
まずは何かしらの不労所得を手に入れることです。これは本の執筆や投資などでしょうが、どんなものでも構わないので不労所得を手に入れることです。

自分が一生懸命毎日汗水たらして働いてお金を稼ぐというのは、素晴らしいことですしするべきことだと思いますが、それだけでは貧乏から脱出できないわけです。
毎日一生懸命働いてもそれだけで精一杯の状況になってしまうので、労働所得ではなく不労所得に関する勉強をするべきだということです。

不労所得と言われると本の執筆や投資などで、それはお金持ちがするものだと思う人もいるかもしれませんが、最初からお金を持っている人なんていません。

例えば、YouTuber でも最初は全然お金がなかったけれど、iPhone とWi-fi 回線だけはあったから動画の投稿だけは続けていたら、それがいつのまにか不労所得につながっていたという人も少なくないと思います。

HIKAKIN さんも最初はコンビニの店員をされながら、趣味のボイスパーカッションをYouTube に投稿しているところから始めて、その動画が世界中で再生されて、今でもその動画は再生され続けているので働き続けてくれています。
これがまさに不労所得です。

自分が動いて働いた分でしかお金がもらえないというのが労働所得で、自分が一度動いたことによって、それがその後も継続して収入に繋がるとか、自分が動いたことに比例しない状態で収入にが入ってくるというのが不労所得です。

大抵の貧しくてお金に困っている人は、この不労所得に関する勉強をしないので、なかなか脱出することができないわけです。
たまたま不労所得につながることを手に入れたり、不労所得に関する勉強をした人はそこから抜け出すことができます。
ですから、まずは不労所得に関する勉強をすることです。

例えば、世界に目を向けて不労所得で人生が大きく変わった人としては、ハリーポッターの作者のJ・K・ローリングさんだと思います。
元々はシングルマザーで生活保護を受けていた状況でしたが、本を書くということをしてハリーポッターシリーズが出て、世界で最も稼いだ女性のランキングに入るぐらいに大きな不労所得を得ています。
これがまさに不労所得により人生が変わったパターンだと思います。

一定以上の収入のあるパートナーを手に入れる

そしてもうひとつは、パートナーの稼ぎでした。
やはり、当然ですが自分のパートナーが稼ぎがいいと、そこから人生が変わったりしますし、パートナーがある程度の収入を持っていれば一旦は普通の状況まで持っていくことはできるわけです。
そこから先ほど紹介したような投資など不労所得の勉強をしたり、さらに収入を上げていくということもできると思います。

ですから、貧困から抜け出したいと言うのであれば、YouTubeなどでもいいので不労所得に関する勉強をする、または、別にお金持ちではなくてもいいのである程度以上はお金を持っているパートナーを手に入れるということが、全体の36%を左右する一番の解決策だったということです。

ちゃんとした労働環境を手に入れる

そして、次に貧困から抜け出すために影響が大きかったのは、労働市場ネットワークと差別でした。
これは分かりやすく言うと、ちゃんとした労働環境がそこにあるかどうかということです。
ブラック企業ではないちゃんとした給料や福利厚生がしっかりした企業で働くことができるかということが重要で、そんなネットワークがあるかどうかということです。
さらに、そこに職業差別がないかどうかということです。
これが全体の31%を占めていました。

ですから、働く環境というものは結構重要なもので、ブラック企業にいるのであればさっさと転職した方がいいということになります。

続いて3番目に影響が大きかったこととしては、ここで学校の質や職業スキルが出てきます。
資格を身につければ人生が変わるとかいい学校に行けば学歴で人生が変わると考える人もいると思いますが、この学校の質や特定のスキルというものは全体の16%しか貧困の脱出には寄与しなかったということです。

不労所得の勉強・いいパートナーを見つける:36%

良い労働環境:31%

この2つさえ押さえておけば67%を占めることができますので、もちろん学校の質や特定の何かしらのスキルがあればより効果的だとも思いますが、それよりは先にやるべきこととしては、不労所得の勉強やちゃんとした労働環境を考えるべきなのではないでしょうか。

ちなみに、4番目に影響が大きかったこととしては、学校の成績とテストの成績でした。
これがいわゆる学歴に当たるのだと思いますが、全体の12%ぐらいを占めていました。

教育レベルの事を考えたり学校で一生懸命勉強することもとても重要です。
3番目4番目の要素を合わせると30%近くになりますし、とても重要なことではあると思いますが、貧困からまず抜け出すということを考えるのであれば、やはり、不労所得の勉強と良い労働環境を考えるべきなのではないでしょうか。

貧しさから抜け出すためには、まずは不労所得の勉強をしていろいろと挑戦してみてください。
J・K・ローリングさんを目指せとまでは言いませんが、まずは勉強をして、自分が働かなくても一定以上にはお金が入ってくるという状況を作り、そこでまた次の勉強と挑戦に自分のリソースを当てて、毎日自分が働いた分だけお金が入ってくるという生活から脱出するというのが、おそらくは貧困から脱出するためには一番いいポイントだったということです。
その他としては、有能な配偶者を見つけるとか、労働者の権利が守られている会社で働くといったことがポイントでした。
ぜひ参考にしてみてください。

当然のことですが、学校や教育は大事です。
とても大事なことではありますが、それだけでは貧乏から脱出するという点では足りない可能性があるということです。

もちろん、アメリカでのデータですから日本で全く同じ事が言えるか分からないわけですが、過去の先行研究を見てみても、貧困から抜け出すためには教育よりも人間関係が重要になるという研究がたくさんありますので、周りの人間関係を変えていくというのも貧困から抜け出して状況を変えるにはいいのかもしれません。

まずは不労所得に関する勉強をしてみてください。
勉強の過程で人間関係ができるということもあるでしょうから、そこから人間関係も変えていくと自分の人生もより良い方向に変わっていくのではないでしょうか。

貧困から抜け出すために役立つおすすめ

いきなり不労所得と言われても難しいという人もいると思います。
まずは小さく副業から始めてみるのがいいと思います。毎日仕事で大変だとは思いますが、1日のわずかな時間でも良いので不労所得に関する勉強をしてみるなど、まずは始めてみることがとても重要です。

まずは小さく副業から始めるために

失敗しない副業の始め方〜給料と同額を副業で稼ぐには

副業と言われてもハードルが高いという人もいると思いますが、ちゃんとポイントさえ押さえておけば自分の給料と同じぐらいの収入は作ることができます。
こちらの動画はそんな方法について解説した内容になっています。

転職を成功させるために

科学が認めた転職テク【ワーキングアイデンティティ】入門

今ブラック企業にいるという人はぜひ転職をしたほうがいいと思いますので、こちらの動画を参考にして科学的に正しい転職の仕方について勉強してもらえたらと思います。

いい人間関係を手に入れるために

やる気を8倍にブーストさせるトモダチ選び

人間関係が収入に影響を与えるという話を紹介させてもらいましたので、そんな人間関係のために役に立つこちらの動画も参考にしていただけたらと思います。

新しいことをしたり不労所得に関する勉強を始めてみたり、いろいろなことで踏み出すためにはやる気が必要です。
このやる気というものは人間関係から決まってくるものですから、そんな皆さんのやる気を作ってくれる人間関係の作り方や見分け方について解説した内容になっています。

仕事に関するおすすめ本

今回のおすすめの本としては、仕事に関してのおすすめの本を紹介しておきます。

日本経済新聞出版社
¥1,980 (2020/10/21 07:09:16時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、ブラック企業にいる人の場合であれば今すぐ転職したくなるでしょうし、転職する時には何に気をつければいいのかということを学べる本です。
ブラック企業のデメリットや対策法についても理解できます。

¥1,980 (2020/10/21 16:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも同じ組織心理学者の方が書かれた本ですが、会社の中で上に上がって行くにはどうすればいいのかということがわかる本です。
組織の中で権力を手に入れて上に上がっていくには何が必要なのかが分かります。
これは悪いやつになる必要があるということではありませんが、悪いやつの方がなぜか上に上がっていきます。
それはなぜなのかということを解き明かしていくと、いい人のままで同じような成果を手に入れることができるのではないかということが書かれている本です。

さらに、おすすめの本として僕の無料のオーディオブックのリンクも入れておきます。
通常は3000円ぐらいするものですが、これを無料で聴けるというAmazon のキャンペーンを行っています。
1人1冊だけですが、まだの方はぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
失敗しない副業の始め方〜給料と同額を副業で稼ぐには
科学が認めた転職テク【ワーキングアイデンティティ】入門
やる気を8倍にブーストさせるトモダチ選び
今回のおすすめ本
日本経済新聞出版社
¥1,980 (2020/10/21 07:09:16時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,980 (2020/10/21 16:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://equitablegrowth.org/working-papers/inequality-of-educational-opportunity-schools-as-mediators-of-the-intergenerational-transmission-of-income/
http://www.equality-of-opportunity.org/assets/documents/mobility_geo.pdf

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 子育て
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog