ダイエット・最高の体調

タイミングの科学〜目的別ベストな運動タイミングを極める

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

クロノタイプ(体内時計)毎のパフォーマンスを発揮できる時間について、先日ご紹介しました。

最も集中できる時間がわかる!4つの睡眠型診断をやってみる

タイプ別の最もパフォーマンスを発揮できる時間はわかりましたが、例えば、痩せたい人と筋肉をつけたい人は運動するべき時間帯は同じなのか?そもそも、運動に向いている時間帯というけれど、それは筋肉がつくということなのか、痩せるということなのか?という疑問もあるかと思います。

筋肉をつけたい!脂肪を燃やしたい!そういった用途別に運動するべき最適な時間帯は変わってきます。

まず簡単にまとめますと・・・

  • 脂肪を燃やしたり代謝をあげるのであれば、朝がおすすめです。

  • 食欲を抑えたいのであれば、夕方がおすすめです。

  • もっとも怪我をしやすいのは、朝の6時です。クロノタイプにもよりますが、早朝からの激しい運動は体を痛める可能性が高いので止めましょう。

時間と運動の関係がなぜ大事なのかというと、人間の運動のパフォーマンスはおよそ26%が時間に左右されるという事がわかっているからです。

つまり、例えば僕たちが筋トレで重いウェイトを持ち上げようとした時、セット数を増やそうとした時に、その運動能力の26%が時間に左右されているというわけです。約1/4は時間で決まってしまうということになります。
自分の目的に適っている時間帯に運動することが大切です。

運動に最適なピークが来る時間帯としては、クロノタイプが朝型の方は、午前中の遅めの時間帯です。朝早起きな人が多いと思いますが、朝の早めの時間帯は怪我をする可能性も高いのでまずそこは避けて、ピークが10~11時頃から上がってきますのでその頃がおすすめです。
夜型の方は、夕方にピークが来ますのでやはり夕方がおすすめです。筋トレには16~17時が良いとした文献もよく見ますが、これは夜型の人を対象にしたものですから気をつけてください。
朝型でも夜型でもなく中間の人もいます。その方は12~15時がおすすめです
クロノタイプにより、より力を発揮したりという運動のパフォーマンスは変わってくるということをん覚えておいてください。

仕事があるから出来ないという人もいると思いますが、僕は仕事を言い訳にすることをあまり許容したくはありません。
仕事があるからという人には2つの方法があります。妥協してベストではないが出来る中で最適な時間帯にするか?あるいは、運動能力の高まる時間帯に立ち仕事・立ち会議や力仕事を増やす方法を考えるか?です。
ちなみに、仕事は自分で選んでいるもの、選ぶべきものですのでそのあたりは自身で考えてください。

運動に最適なピークが来る時間帯

  • 朝型:午前中の遅め

  • 中間:12~15時

  • 夜型:夕方

筋肉や持久力が増えてくる時間帯もあります。もし、筋肉や持久力をつけたいのであれば夕方のトレーニングのほうが良いということがわかっています。

運動と時間の関係をざっくりご紹介しましたが、より詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください↓

タグ

-ダイエット・最高の体調
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.