子育ての科学

メンタリズム的子育て

投稿日:2017年12月8日 更新日:

Q:子どもが勉強せずにゲームばかりして困っています。「やめなさい」と怒らずに自然とゲームをやめさせるにはどうすればよいのでしょうか?

DaiGo
一定のノルマを課すと自然に回数や量が減る

旦那さんがタバコを吸う人ならタバコをやめさせるのにも使える方法です。

とても簡単で、何かをやめさせたいと思うときには「今日と同じことを明日もしなくてはいけないと決める」方法です。

今日いくらでもゲームをやって良い、タバコもいくらでも吸って良い・・・

ただ、全く同じ時間ゲームしなくてはいけない、同じ量のタバコを吸わないといけないというルールを決めます。

そうするとどうなるかというと、心理学の実験で実際にやったんですが、自然に減ってきます。

だから、やめろって言っていないのにやめたくなるんです。

Q:子どもが言うことを聞きません。私の話を聞こうともせず非常に困っています。どうすればよいのでしょうか?

DaiGo
まずはどんな話でもYES,話を聞いてからBUT

子どもが重い荷物を持てない時に怒る親っていますか?

多分、みなさん子どもに持たせないですよね。自分の能力を超えているから持てないですよね。当然ですね。

10代前半までに身体の肉体的な構造はつくられます。そうなると重い物も持てます。

人間の理性や自分をコントロールするチカラは前頭葉が担っています。この前頭葉は10代後半まで成長に時間がかかります。

子どもがいうことをきかない時や自分の思ったように動いてくれない時に怒るのは、身体の成長が出来ていない子どもに重い荷物をもたせるのと同じなわけです。

メンタリストは、YES,BUT法という方法ですがまずはどんな無茶な話でもYESと言います。

そこから理由を聞いたりとか、何でそう思うの?と聞くことによって、少し間をおいてから自分の言いたかったBUTを言います。

自分の意見を聞くには大人でも子どもでも一緒です、まずは相手の話を聞かせて欲しいと言うことです。そうすれば必ず話を聞いてくれます。

Q:子どもが勉強しようとせず成績が上がりません。いつも叱りつけていますが、どうすればよいのでしょうか?

DaiGo
長期的には叱るより許すほうが勉強量は上がります

実際に大学で行われた研究です。

勉強せず成績の悪かった生徒を責めました。そうするとかえって凹んで勉強しなくなってしまいました。逆に、優しい言葉をかけるんです。許すことです。

そうするとどうなったかというと、周りの意見を聞くようになったり、自分の経験から学ぶようになりました。そうするとかえって勉強できるようになりました。

これは、感覚的に許したりしたらいつまでも遊ぶようになるのではないかと考える人が多いですが、実験ではかえって責めたほうがだめでした。

長期的に見た場合に責めた方が勉強量は下がっていきます。許した場合は、劇的に上がるわけではありませんが、徐々に勉強量は上がっていきます。

Q:子どもの集中力がなくテストでもミスが目立ちます。また、じっと座っていられず落ち着きがありません。どうしたらよいのでしょうか?

DaiGo
1日5分の瞑想が自制心や自己認識力を高めます

みなさん瞑想ってやったことありますか?1日5分の瞑想を続けて累計の時間が3時間になると2つのものが上がります。

集中力と注意力です。

テストの前や暗記をする前に瞑想をすると記憶力や成績が上がると言われています。

さらに瞑想を続けていくと物理的な変化も現れます。脳の灰白質という場所の容量が大きくなります。

人の話を聞かないとか、椅子に座ってられないとか、そういった部分をコントロールしている部分があってその部分が大きくなっていきます。それにより自制心や自己認識力が高まるわけです。


 

子育て中のお母さんのために作った本です。
子育てで悩んだり、イライラしたりするようなことをうまく解決する方法を紹介しています。自己コントロールの方法とどうすれば子どもの心が動くのか?
メンタリストがサジェスションと呼ぶテクニックですが、自分の心も上手にコントロールして怒らなくなりストレスもなくなる。
さらに子どもが上手に動くようになるという2つの方法をメインに紹介する本です。ぜひ読んでみてください。

子育ては心理学でラクになる

タグ

-子育ての科学
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.