お金・ビジネス メンタル強化

【隠れ過労】この症状が出たら今すぐ休んでください、取り返しがつかないことになります

この知識はこんな方におすすめ

  • 仕事を効率的に進めたい
  • 人生後悔したくない

この症状が出たら休んでください
これ以上働くと、かえって損するサイン

今回は、絶対にこれ以上働いてはいけないというサインについて紹介させてもらいます。

仕事ではバランスをとることがとても大切です。
これは当たり前のことではありますが、調子が良くてモチベーションも高くパフォーマンスも高い状態を維持するためには忘れてはいけないことがあります。

それは「自分がもっといける!」と思っている時にブレーキを上手にかけることです。
ビジネスや仕事というものはまさに長距離走ですから、短距離走のような働き方をしてしまうと簡単に息切れしてしまいます。

ダイエットでも仕事でも同じですが、どんなことでも最初はモチベーション高く取り組むことができます。
ですが、結局は長く続けることができるようにしておくことが重要です。

ですから、決して見逃してはいけないサインを覚えておいてください。
それ以上働いてしまうとかえって損をするサインです。
全部で8つのサインがありますが、どれも簡単なものですから参考にしていただけたらと思います。
皆さんの生産性を保つために役立ててください。

人間のモチベーションが最も良い状態をハネムーン期と言いますが、この時期に多くの人は休憩を取ることをやめてしまいます
ですが、ちゃんと手放しにリラックスすることができる自分の時間を取るようにしておかないと、ストレスはどんどん自分の中で大きくなり、それによっていつかバーンアウトしてしまいます。

ですから、それを防ぐためにはストレスの入り口に入った瞬間に止める必要があります。
慢性的なストレスになってしまう前に対処する必要があるわけです。
皆さんも知らないうちにストレスを抱えてしまうことが結構ありますので、それ以上働くと損するサインは忘れないようにしてください。

スポンサーリンク

サインその1 :プライベートな時間が減った

仕事を上手にこなして成果を出すことができる人は、プライベートを犠牲にしているという謎のイメージを持っている人が多いですが、実際には、仕事がデキる人の方がプライベートな時間をちゃんと確保しています
平日は鬼のように働くビジネスマンも、仕事がデキる人は土日は自分の趣味の時間を楽しんだり、それぞれのリラックスすることができる時間を作っています。

そのプライベートの時間が減ってきているという場合には、仕事の効率が悪くなっている可能性があります。
最近プライベートな時間が減ってきていて、昔はよく楽しんでいた趣味の時間も無くなっているような場合には、それも働き方を見直すべきサインです。

サインその2 :家族や友人との時間が減った

家族や友人との付き合いが減っているという場合にも気をつけてください。
もちろん、どうしても仕事が忙しくて友達と遊んだりする時間が減る時もあると思いますし、それも仕方がないことだとは思いますが、それが一時期のことではなく長期にわたる場合には注意が必要です

つまり、今週はどうしても頑張らなくてはいけない仕事があるから友達と遊ぶ時間がないというようなことであれば構いませんが、かれこれ3ヶ月とか半年ぐらいそんな時間を確保することができていないという場合には、それはすでに働きすぎです。

家族と過ごす時間や友人と過ごす時間というものは、それによってモチベーションが上がって仕事を効率化してくれるという研究もあるぐらいです。
ですから、家族と過ごす時間や友人と過ごす時間を減らしてしまうと、それによって仕事の効率が下がって、いつのまにかダラダラと仕事をこなしているだけになってしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

サインその3 :仕事が生活の中で最も重要になっている

これは僕も気を付けなければいけないと思っていることで、意識していないと、大好きな読書でも純粋に本を楽しむことができなくなってしまう時があります。
本を読んでいても、つい放送内容を考えたり仕事に結びつけて考えてしまうことがあります。

皆さんもプライベートの中に仕事が入ってきていませんか?
仕事が生活の中で最も重要になってきている場合には、とりあえず一旦仕事は止めた方がいいです。
そうすれば、いつでも仕事ができると考えダラダラと仕事をすることがなくなり、限られた時間で集中することができるようになります。
それによってかえって時間が空くこともあります。

サインその4 :集中力の欠如

これも当然ですが、集中力が落ちてきたと思ったら休んでください。
気合を入れて根性で乗り切ろうとしても、かえって集中力は落ちてしまうだけです。

集中力が落ちてきたらリフレッシュしてください。
そのリフレッシュの方法としては、自然の中に浸ったり瞑想したりでもいいと思います。
もちろん、体を動かしたり運動するのも効果的だと思います。

サインその5 :頭痛

頭痛に悩まされている場合には、結構ストレスが原因になっている場合が多いです。
これも気をつけてください。

スポンサーリンク

サインその6 :不安感の上昇

仕事もうまくいっていて楽しい状態で、経済的にも何の問題も抱えていないのに、漠然とした不安を感じている人が結構います。
この特に理由もない漠然とした不安というものはストレスのサインです。

不安を抱えたらリラックスするということを忘れないでください。

サインその7 :食欲の変化

食欲が急に増えたり減ったりした場合には、ストレスによって体に異常が起きていることが結構あります
食欲の変化が起きた場合もリラックスする時間を意識して増やしてください。

サインその8 :高血圧

これは当然ですが、高血圧にも注意してください。
ストレスによって血管が硬くなったり高血圧になることは結構あります

このようなストレスの初期症状が起きた場合には一旦休むということを肝に銘じておいてください。

以上8つのサインがそれ以上働くと損をするサインです。
このようなサインが出た時には休むしかありません。

リラックスする時間のためのおすすめ

一番効率的なリフレッシュの方法としては、本が嫌いでなかったら、1日に30分でもいいのでスマホの通知など全て切って本を読んでみてください
それだけでもストレスが7割近くも減るという研究もあります。

自然の中で過ごす時間を増やすというのも良い方法だと思います。

例えば、自然の中での運動というものは非常に良いものです。
空気がきれいで心肺機能を改善することができるということ以外にも、自然のもたらす効果というものはとても大きいものです。

実際に、森林浴がメンタルに与える効果というものは、瞑想よりもはるかに強力な効果だと言われています。
ですから、瞑想がなかなか続かなくて難しいという人は、森に出かけてただのんびり歩くだけでもメンタルの改善効果は十分すぎるぐらいにあるわけです。

自然の効果について知っておくことはとても重要だと思います。
そんな自然の効果について学ぶためにはこちらの本がとても参考になると思います。

NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる 最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方

メンタルの改善や安定を求めるのであればやはりマインドフルネスや瞑想が効果的です。
こちらは僕の本ですが瞑想以外のマインドフルネスについてもまとめている内容になっています。

究極のマインドフルネス

仕事を効率的に進めて自分の時間を守るために

今回のおすすめの動画としては、バーンアウトを防ぐための方法について解説した動画や、仕事での焦りを減らして効率よく時間を使えるための方法について解説した動画、そして、まるでゲームを楽しむかのように仕事を効率的に進める方法について解説した動画を紹介しておきます。
ぜひチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

\あなたの人生に科学的問題解決を /

やる気がなくなる【バーンアウト】の7つの要因〜 ゼロからはかどるやる気の科学②

やる気がなくなる【バーンアウト】の7つの要因〜 ゼロからはかどるやる気の科学②

週40時間の自由を作り出すための超時間術~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには

週40時間の自由を作り出すための超時間術~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには

ゲームにハマる理由【報酬と達成感】を仕事に活かす方法

ゲームにハマる理由【報酬と達成感】を仕事に活かす方法
\本日のオススメ📚/

【馬が畑を耕す400年オーガニック】

シャトー クーテット サンテミリオン グラン クリュ ワイン 赤 ボルドー

【古代のワイン作りを再現した究極の1本】

シャトー クーテット キュヴェ ドゥモワゼル 赤ワイン ボルドー

リラックスする時間のためのおすすめ

NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる 最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方

究極のマインドフルネス

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7604257/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, メンタル強化