恋愛・結婚

彼女の浮気の防ぎかた【恋愛心理学】

彼女の浮気の防ぎかた【恋愛心理学】

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 彼女に浮気されたくない
  • パートナーを大切にしたい全ての人

+ この知識を動画で見るならこちら

女性が浮気しやすくなるタイミングとは?!

今回は女性が浮気をしたくなるタイミングについて紹介します。良いことではありませんが、彼女に浮気されて関係が終わったという人もいると思います。このようなことはどのようなタイミングで起きるのでしょうか。

基本的に男性に比べて女性は全くエロくありません。エロいことを考えるタイミングが男性は多すぎますが、女性はだいたい多くても1日に1回から3回考えるくらいです。ある調査によると、男性は1分に1回ぐらいはエロいことを考えているという話もあるぐらいです。
ですから、女性からすると男性はいつもエロいことばかり考えたりそんな話ばかりして…と言われますが、それは男性の脳がそもそもそのようになっているので仕方がないとも言えます。

男性に比べてそんなことを全く考えないし、そんな気分にもならない女性がそんな気分になるタイミングとはいつなのでしょうか。
2005年のニューメキシコ大学の研究で、54組のカップルを集めて、女性に対して彼氏とどれぐらいスキンシップを取りたいと思うかということを尋ねました。当然仲のいいカップルほどスキンシップをたくさん取りたいと思うのは容易に想像がつくことではありますが、研究チームは、パートナーの男性達を別の部屋に連れて行き、身体の各パーツのサイズを計測しました。腕や足、耳の位置など身体の各部位のパーツの長さを細かく測定しました。
先行研究でも、女性は左右対称な男性を好むのではないかということが色々と確認されています。
ですから、男性の身体のパーツを細かく測定して、男性の身体(顔や体の形や位置・姿勢・筋肉のつき方など)が左右対称であればあるほど、パートナーの女性がスキンシップを取りたいと思う可能性があるのではないかということを調べたわけです。

この実験からわかったこととして、いくつかの興味深いことが分かっています。

男性の身体が左右対称な場合は、パートナーの女性は排卵期にスキンシップの欲求が高まる

男性の体が左右対称なほど、女性が排卵期の場合にスキンシップの欲求が25%も上がるということが分かっています。
つまり、左右対称な男性ほど、パートナーの女性が排卵期になるとスキンシップをより求められるようになるということです。
そういう意味では、女性が、イケメンを見たいとかイケメンとお近づきになりたい、体を鍛えて左右対称性がわかりやすい人を求めるのは、実は排卵期には25%もその欲求が高くなるということです。

男性の身体が左右非対称な場合は、パートナーの女性は排卵期にスキンシップの欲求が下がる

一方で、男性の身体が左右非対称なほど、排卵期の女性はスキンシップの欲求が逆に下がるということが分かっています。25%もスキンシップの欲求が下がります
しかも、彼氏の身体が左右非対称な場合は、他の男性とスキンシップをとりたくなる確率が26%も上がったということです。

ですから、男性は普段から顔だけではなく身体全体を鍛えたり姿勢を気をつけるなどして、彼女から見たときの左右対称性を高めるようにしておかないと、自分の彼女が排卵期になった時に浮気される確率が上がってしまうのではないかということが示されたという研究です。

進化心理学的な本能

なぜこのような現象が起きるのかというと、顔の作りがイケメンだとかそうではないということではなく、人間というものは基本的には左右対称ではありますが、細胞の分裂であったり体が成長していく過程で何かしらの遺伝子上のエラーが起きたり病気などにより徐々に左右対称性が崩れていきます。過去に遺伝子に傷がついていないかということを女性は本能的に見抜きたいわけです。
進化心理学的に、傷ついていないきれいな遺伝子を受け入れれば子孫が生き残る確率が高まるわけです。ですから、女性は男性の遺伝子の優秀さや健康さを見抜くために左右対称な男性を好むように進化したわけです。
特に排卵期になると浮気する可能性が高まるわけですが、それも子孫を残すためです。
この子孫を残すという観点から言うと、浮気はしやすくなるわけですが、左右対称性が際立つ男性ほど好まれるようになるわけです。

モテたい男性は…

そういう意味では、肉体的に左右対称性が際立つ身体を作るようにすれば、男性はモテるということです。
では、見た目に自信がなかったり左右対称ではない男性はダメなのかと言うとそういうことではありません。
見た目に自信がないのであれば、せめて身体だけでも鍛えて、ある程度身体のパーツがはっきりわかるように筋肉をつけておくと左右対称性が分かりやすくなります。体の立体感がしっかり分かるようになると左右対称性も際立つようになります。
ですから、運動や筋トレをして体を鍛えるのがいいのではないでしょうか。

彼女に浮気されたくないなら…

すでに付き合っているカップルで、彼女に浮気して欲しくないとか考えるのであれば、彼女が排卵期になり浮気しやすくなっている時期には、当たり前ではありますができるだけ一緒にいた方がいいと思います。
このような時に彼女を寂しがらせてしまい、さらに、自分も身体をあまり伝えていなくて左右対称性が崩れているということになると、彼女が浮気してしまう可能性は高くなります
生物的にどうしても浮気しやすくなるものですから、男性はそれを理解した上でしっかりケアすることが大切になります。

男性の浮気と女性の浮気

基本的に、男性の浮気よりも女性の浮気の方が二人の関係においては致命的な結果につながりやすいものです。これはだからといって女性が悪いということではなく、だからこそ二人で乗り越えないといけないということです。
様々な研究者も言われていますが、進化心理学的に見て、男性の浮気というものは、生物として子孫をたくさん残したいと考え同時並行型で進みます。その結果として生き延びてきた子孫が僕たちだからです。
ところが、女性の場合は、当然ですが男性と違い子供が生まれるまでにおよそ1年かかりますし、その後も子供を育てるための時間や労力が必要になります。
このように生物としての生存戦略が全く違うので、そこから考えると女性は同時並行する意味がないわけです。仮に3人の男性と付き合っても、3人の子供を産み育てることができるわけではありません。
女性は優秀な一人の男性を選びその人との子供を残すというのが女性の生物としての生存戦略です。
つまり、このように考えると、女性の浮気というのは同時並行型ではなく乗り換え型です。それが進化論的には生物として正しい戦略だということです。

浮気をしている男性の脳を調べた研究があり、男性は本命の女性とそれ以外の女性を脳のレベルで区別しているという話もあります。本命の女性と一緒にいる時とナンバー2ナンバー3の女性と一緒にいる時では脳の違う部位が活性化されているそうです。
ということは、ナンバー2の女性はナンバー2のままです。
例えば、奥さんとはいつか別れるからと言っている男性と不倫の関係になったとして、おそらくは奥さんと別れることもないでしょうが、仮に別れたとしても、どこからか違うナンバー1の女性が現れて自分はナンバー2以下のままということになります。
だからこそ、女性は自分のことを誰よりも大切にしてくれる男性とお付き合いした方がいいと思います。

一方で、女性の場合は、本命の男性と一緒にいる時もそうでない男性と一緒にいる時も脳の同じ部位を使うそうです。
ですから、基本的に女性の浮気は本気に繋がりやすいということです。
男性は、どうしても生物的に浮気をしやすくなる時期はあるわけですから、そのような時期に相手を責めるようなことをしたり喧嘩をするのではなく、普段からそのようなことがないようにケアしてあげることが重要なのではないかなという提案でした。
是非参考にしていただけたらと思います。

浮気の可能性は見抜ける!?

男性も知っておくべき!

女性の体と感情を知るためのおすすめ動画
女子がエロくなるタイミングを見極める心理学
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1567264323

今回のおすすめ本

created by Rinker
¥3,080 (2020/02/19 03:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、この動画はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。 より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをオススメします。 訂正や追加情報があれば、コメントなどに随時追記します。
参考:Gangestad, S. W., Thornhill, R., & Garver-Apgar, C. E. (2005). Women's sexual interests across the ovulatory cycle depend on primary partner developmental instability.
https://www.nicovideo.jp/watch/1567264323


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.