人間関係

オンライン飲み会で最も嫌われる行動とは

オンライン飲み会で最も嫌われる行動とは

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • オンライン飲み会で嫌われたくない
  • テレワークで人間関係壊したくない

オンライン飲み会ですると人間関係を壊してしまうこととは?!

テレワークやオンライン飲み会が皆さん増えていると思いますが、このテレワークやオンライン飲み会でしてしまうと、とても嫌われてしまう行為について紹介させてもらいます。

これは、現代の心理学では、人間関係を一番ぶち壊してしまうものなのではないかと言われている行動ですが、とても些細な行動なので意外としている人がいます。
これをすればするほど、一対一に限らず一対多数でも関係が悪くなってしまうというものがあります。

ちなみに、今回のおすすめの動画として、逆に、どんな会話をすればオンライン飲み会なので印象が良くなるのかとか、そんなコミュニケーションの方法を知りたいという方におすすめの動画を2本紹介しておきます。

まずは、効率よく会話を始めるための「科学的に最強な雑談のはじめ方【会話スターター】とは」と、相手にもっと話を聞きたいと思わせるための方法を解説した「脳科学者がオススメする話に深みを出すための【7つのポイント】 」になります。
興味のある方はこちらもぜひチェックしてみてください。

科学的に最強な雑談のはじめ方【会話スターター】とは
脳科学者がオススメする話に深みを出すための【7つのポイント】

話を戻して、最近の心理学で最も人間関係を壊してしまうのではないかと言われている行為ですが、それはファビングと呼ばれるものです。

このファビングというものは、会話をしたりコミュニケーションをしている時に、自分のスマホに目がいってしまう行為です。

ファビングで関係崩壊

会話をしている時についついスマホに目がいったり、何気なく LINE をチェックしてしまうというようなことをしている人も多いのではないでしょうか。
これをファビングと呼びますが、このファビングは人が思っているよりも人間関係に悪影響を与えるということが分かっています。

このファビングの悪影響について具体的に調べてくれたのが、今回参照しているベイラー大学の論文です。

研究チームは145人の男女を集めて、日常的にスマートフォンを普段からどのように使っているのかということを調べて、対人関係と人生における満足度をチェックしました。
その人のスマホの使い方が、どれぐらい人間関係や人生の満足度に影響を与えるのかということを調べたものです。

その結果、46%の人たちが日常的にこのファビングという行為によってネガティブになった経験をしているということが分かっています。

要するに、コミュニケーションをしている際に、他人がスマホを見ている様子を見て嫌な気分になるという経験を実際に46%の人たちが経験しているということです。

およそ半数の人たちは、会話をしている時に相手がスマホを見たりすることで、自分の会話に興味がないのだろうとか、自分のことをどうでもいいと思っているのだろうとか、疎外感を感じるのか、相手に対してネガティブな感情を持った経験があるわけです。

それだけでなく、23%の人たちが、このファビングによって実際に人間関係に問題が起きたと答えています。

それがきっかけで喧嘩になってしまったり、何か大きな問題が起きてしまったということを23%もの人が経験しているということです。
1/4も実際に人間関係に問題を抱えてしまったり亀裂が入ったという経験をしているわけです。

さらに、これにはメンタルは悪化させるという影響もあります。
37%の人たちが、ファビングをされたことによりメンタルが悪化した経験があると答えています。

ですから、ファビングという行為はネガティブな気分を相手に与えてしまうし、人間関係の問題が起きるきっかけになる可能性もあり、相手のメンタルも悪化させてしまうということです。

スマホを操作しなければいいということではない!

皆さんの想像としては、話していても目を合わせずにスマホを見ているという感じかと思いますが、このファビングというものは、もっと些細なレベルであっても人間関係をぶち壊してしまうものです。

例えば、会話をしている相手が、その相手にとって見える位置にスマホを置くだけでも、ファビングの悪影響が起きるそうです。

スマホを触っていなくても、見える位置にスマホを置くだけでもよくないということです。

さらに、会話をしている際に、こちらの方をちゃんと見ていてスマホを操作していなくても、スマホを持ったままでいるというだけでもファビングになります。

それだけでなく、会話をしている際に、スマホを触っているわけではないけれど、一瞬目線をスマホに移すだけでも、それはファビングになってしまうということも分かっています。

ですから、スマホをチラ見するだけでも人間関係に結構悪影響があるということです。

46%の人がスマホのチラ見でネガティブな気分になった

46%の人がスマホのチラ見でネガティブな気分になった

23%の人がスマホのチラ見で人間関係に問題を抱えた

23%の人がスマホのチラ見で人間関係に問題を抱えた

37%の人がスマホのチラ見でメンタルが悪化するレベルで精神的ダメージを受けた

37%の人がスマホのチラ見でメンタルにダメージを受けた

本当のチラ見のレベルでもかなり危険だということです。

想像以上に人間の視線は相手に影響を与えるもの

とはいえ、テレワークやオンライン飲み会ではスマホを使っているので、チラ見することはないという人もいると思います。

結局のところ、 このファビングという行為が悪影響を与える原因としては、相手が話している時に、その相手に対して注意を向けていないとか興味がないというアピールになってしまうということです。
問題なのは、話している相手よりもスマホに興味があるというアピールになってしまう点です。

例えるならば、カップルがデートをしている時に、彼氏が他の可愛い女の子に目線がいっているだけでも、彼女としては気分は良くないはずです。
彼氏の方としては、別にそれほど意識しているわけでもなく何気なく見ただけかもしれませんが、彼女としては気になるわけです。

このように一瞬視線が移ってしまうだけでも、人間は相手のことをそこから勝手に察してしまい、気分が悪くなってしまったり人間関係が悪くなるということが起きます。

ですから、僕たちが思っているよりも人間の視線というものは、相手にとっては重要なものになってくるということです。

ですから、オンラインでのミーティングやオンライン飲み会をする際には、スマホの場合はスマホに、パソコンの場合はパソコンに視線を向けておいた方がいいですし、何か他の作業をしながらやり取りしていると、その状況は相手に見られています。

日常生活で対面の場合には、相手の目をじっと見ることはそんなにないと思います。
ずっと見ていると気まずいですし、相手も同じように目を逸らしてくれることもあります。
そんな相手の視線が取れている時に、他のことに気が行ったり注意が向くことは構いませんが、オンライン飲み会などの画面に写っている場合であればいくらでも視線を向けることができます。

ですから、対面の場合よりも相手は自分のことをかなり見ていると考えた方がいいです。
ちょっと注意が逸れたり他のことをしているというだけでも、相手から見た時にネガティブな印象を持たれる可能性は十分すぎるぐらいあると思います。

むしろ、このファビングは通常の日常生活の場合よりも、テレワークやオンライン飲み会の場面でこそ気をつけるべきことです。
ぜひ皆さんもオンライン飲み会やオンラインミーティングをする際には、出来る限り相手に集中するようにしてください。

その点に注意をしておかないと、人間関係に無駄に亀裂が入ってしまう可能性があるということが今回の研究から示唆されたわけです。

雑談や深い話が苦手という方へのおすすめ

会話をしている相手に注意を向けると言われても、話がもたないとか、自分はあまりうまく話すことができないので何か他の作業をしながら聞くぐらいがちょうどいいという人もいると思います。
これはとてももったいないことです。

もともと僕も雑談が嫌いなタイプでした。目的のある会話はするけれど、それ以外はほっておいてほしいというようなタイプでした。
ですが、今ではかなり雑談を大切にするようにはしています。
なぜかというと、雑談に対するコストとメリットを考えると絶対にしたほうがいいということがわかります。

お店であれば雑談によってサービスが良くなる可能性もありますし、相手からの好意をほぼゼロリスクで手に入れることができます。
雑談のコストとしてはちょっと面倒だと感じるぐらいだと思いますので、費用対効果を考えれば使うべきものです。

とはいえ、実際にどうしたらいいのかがわからないという人もいると思いますが、雑談は技術ですので少し練習しておくだけで一生を使うことができるものです。
科学的に正しい雑談の手法について解説した「科学的に最強な雑談のはじめ方【会話スターター】とは」を今回のおすすめの動画として紹介しています。

最初の会話でどんな話題を出せば会話が盛り上がりやすいのかとか、沈黙になった時に、どんな話題をするとそこから話題が盛り上がりやすいのかといったことを解説しています。
雑談が苦手で何から話せばいいのかが分からないという方は、これを見てもらえると割と簡単に話すことができるようになると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

相手となかなか深い話ができず、なかなか盛り上がらないという人もいると思います。
そういう方は話に深みを出すための科学を是非勉強してみてもらいたいので、「脳科学者がオススメする話に深みを出すための【7つのポイント】」を参考にしてみてください。
これは内容は変わらなくても、深みを感じるための方法を紹介しています。
ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめの本としては、コミュニケーションに関する本を紹介しておきます。
1冊目の本は『コミュ障でも5分で増やせる超人脈術』です。
これは人間関係を最小限のコストで維持するための方法を紹介しています。

今はなかなか恋愛でも人間関係でも仕事の関係でも、なかなか気軽に会うこともできませんが、この会えない状況下においては気持ちが離れやすくなってしまいます。
そんな状況の中でも、どうすれば相手との関係を維持したり長続きさせることができるのかそういうことも学べる内容になっています。

そして2冊目の本は『だれもわかってくれない あなたはなぜ誤解されるのか』です。
これは誤解されやすいという方にはぜひ読んでもらいたい本です。

誤解されてしまう理由と、人間がなぜ誤解するのかということ、そして、誤解された時にどうすればその誤解を解くことができるのかということまで解説してくれている本になります。
ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,540 (2020/05/27 16:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:James A.Roberts et al. (2016) My life has become a major distraction from my cell phone: Partner phubbing and relationship satisfaction among romantic partners


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog