子育て

子供を潰す親の【叱り方】と活かす【叱り方】の科学

2019年9月7日

子供を潰す親の怒り方と活かす怒りかたの科学

DaiGo MeNTaLiST

親の叱り方の科学

子供を潰してしまう親の叱り方と子供を活かす親の叱り方の違いについて紹介させてもらいます。

ロンドン大学の研究で、5300人分のデータによるものですが、親の子供に対する叱り方によって子供の将来が大きく変わるということが分かっています。
悪い叱り方をしてしまうと、メンタルに問題を抱えたり人間関係に問題を抱えやすくなります。人間関係の問題というのは、人間関係において深い関係を築けなくなってしまったり、人間関係での距離の取り方がおかしくなってしまうので、暴力を振るったり引きこもりになってしまうということが起きるということです。

基本的には、親の育て方で子どもの性格というものはほとんど変わらないとされています。
人の性格は半分は遺伝子で決まり、残りの半分は人間関係で決まるものです。ですから、親の育て方ではほとんど変わらないわけですが、そんな中でも親の叱り方が大事だということです。

今回の研究は、いわゆる毒親の特徴について調べてくれたものですが、結論としては、子供の未来をダメにしてしまう毒親は心理コントロール傾向が強く、子供の未来の可能性を伸ばす親は行動コントロール傾向が強いということが分かっています。

心理コントロール傾向の強い叱り方

遠回しにネガティブな感情によって子供をコントロールしようとする叱り方です。
これをしてしまうと、子供はメンタルを病んでしまうし人生における満足度も低下し人間関係での問題も抱えやすくなってしまうということです。

罪悪感を煽ったり、羞恥心を感じさせるようなネガティブな言葉や遠回しな表現によって子供をコントロールしようとする親たちです。
例えば、あまり勉強をしない子供に対して、「1日に2時間は勉強しなさい」というのは行動コントロールです。行動に対して注意することで行動を変えたり促すように言っているわけです。
ところが、子供の未来をダメにしてしまう毒親は、「誰が学費を払っていると思っているの」というようなことを言ったりします。

子供を叱る時には、子供のプライドを傷つける必要は全くありません。ですから、子供と一対一の時にどのように行動を変えるべきかということを注意すればいいだけですが、わざわざ他の子供の前で子供を叱ったり恥をかかせたり、罪悪感を感じさせるような言い方を毒親たちはします。要するに、遠回しで嫌な叱り方です。
このような叱り方をすると、子供は将来に問題を抱えてしまいます。

行動コントロール傾向の強い叱り方

逆に、いい親の叱り方としては、ストレートに行動を叱るものです。
勉強しない子供に対しては、ストレートに「勉強しなさい」と言えばいいだけです。そうではなく、「勉強しないで遊んでばかりで、将来はろくな仕事につけないでしょうね・・・」などと言ってはだめです。子供の行動を指摘するだけにしてください。

明確に、門限を決めたりお手伝いを促したりするのは問題ありません。
ところが、「〇〇さん家の〇〇ちゃんは、お手伝いもしっかりしてくれて勉強もできていないのに、あなたは・・・」となってしまうとダメなわけです。

ですから、心理をコントロールしようとするのではなく、あくまで行動を指摘して、明確に改善案を掲示するのが、子供の未来を活かす叱り方です。
子供としては、それでも正直面倒でしょうが、ただ厳しいだけの親は子供の将来に悪影響を与えるものではありません。

明確な基準のもとに叱る

その行動をコントロールする叱り方は問題ありませんが、もしもっと子供のためになる叱り方をしたいのであれば、明確な規定を決めてください。
自分の中でなんとなく叱るのではなく、こういうときは叱るというリストを作っておくといいと思います。親としてはそれを頭の中に入れておいてください。

子供というものは、同じようなことをしても親が叱ったり叱らなかったりすると、ただ気分で叱られていると感じてしまいます。子供は意外としっかりと親の叱り方の矛盾を見ていて、矛盾を感じてしまうと子供はネガティブな感情を抱えてしまいます。
明確なルールを決めて、必ず叱る時には同じ強度で同じ方法で叱ってください。気分で叱ると子供はそれを感じ取ります

行動を指摘すること
明確なルールのもと叱る
毎回同じ強度で叱る

このようにすると、きっと皆さんのお子さんはまっすぐ育つと思います。少なくとも嫌味な心理コントロールはやめるようにしてください。

実際に、このような心理コントロールをしない親に育てられた人は、大人になっても、さらに歳をとり老人になっても、人生に対する満足度が高くメンタルも健康的でいられたということが研究により分かっています。
ちなみに、この研究で言われている心理コントロールとしては、

子供に決定権を与えない
子供のプライバシーの侵害

といったものです。

子供の未来あふれる人生を潰さないためにも、心理コントロールをする叱り方は止めるようにしましょう。

子供のために親ができることを学ぶためのおすすめ動画
ワーキングメモリーを鍛えて、最速でスキルを身につける【倍速上達法】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1547312285

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.research.ed.ac.uk/portal/en/publications/parentchild-relationships-and-offsprings-positive-mental-wellbeing-from-adolescence-to-early-older-age(5f5cdffa-b169-4350-a471-2128eaad405e).html

タグ

-子育て
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.