健康・ダイエット 学習法・記憶法 集中力

9割の会社員がやる脳にやばい習慣

9割の会社員がやる脳にやばい習慣

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 集中して仕事をさくっと終わらせたい
  • 集中して効率よく勉強に取り組みたい

多くのサラリーマンがしている脳にやばい習慣とは?!

今回は、なんと9割ものサラリーマンがしている脳にやばい習慣を紹介させてもらいます。
脳機能を低下させてしまっているかもしれない行動があります。

会社勤めの人は結構している人が多いと思います。
これは座っている時間が長いということではありません。長い時間座っているというのも脳には良くありませんが、それ以外にも、脳への血流を下げてしまい脳機能が低下してしまったり、集中力が落ちたり疲れやすくなるということが起きてしまう可能性があるやばい習慣を紹介します。

対策はわりと簡単にできますし、この理屈を理解しておけば、自宅でも生産性を上げるためのヒントになると思います。

普通にサラリーマンが会社に行く時を想像するとどんなイメージがあるでしょうか。
座ってパソコンをしていたりあまり立ち上がらないイメージがあるかと思いますが、実は、この脳機能を下げてしまうやばい習慣とはネクタイです。

今回は、そんなネクタイが脳機能にやばいかもしれないという研究をもとに紹介させてもらいます。

ネクタイを締めることのデメリット

シュレスヴィヒ・ホルシュタイン大学病院の実験で、平均年齢24.6歳の健康な男性30人を集めて、半数の参加者にはネクタイをつけてもらい残りの半数の参加者には T シャツで糸をもらいました。
全員の脳を MRI でチェックするという実験を行っています。

つまり、ネクタイをしている人と T シャツでいる人を比べた時に、人間の脳にどんな変化が起きているのかということを調べようとしたものです。

この際のネクタイの結び方は一般的なウィンザーノットという結び方です。
MRI は3回チェックしていて、ネクタイをつけている人は、ゆるくネクタイを巻いた状態とシャツのボタンを一番上まで止めてしっかりとネクタイを巻いた状態、そして、その後にまたゆるくネクタイを巻いた状態と、3段階で MRI をチェックしています。

つまり、オープンカラーで軽くネクタイを巻いた状態で最初は MRI で脳の状態をチェックして、それからネクタイをしっかり巻き直しもう一度 MRI で脳の状態をチェックして、その後にまたネクタイを緩めてさらに MRI で脳の状態をチェックするということを行っています。
この3つのパターンで脳の状態がどのように変わるのかということを調べました。

MRI の測定はそれぞれ15分ずつを行ったそうです。
ですから、ネクタイを締めていた時間もわりと短時間ではあります。

その結果どのような変化が確認されたのかというと、なんとネクタイをしっかりと締めると、脳の血流が通常時に比べて7.5%も下がったということです。
7.5%も脳に血が回らなくなっていたということです。

しかも、一度ネクタイを締めると脳への血流が7.5%も低下し、その後にネクタイを緩めても、一旦血流が下がってしまうと5.7%も脳への血流が低下したままになっていたそうです。

この実験ではわずか15分ですが、一旦ネクタイを締めるだけでそれ以降も脳への血流が低下していたということです。
中には脳への血流が10%も低下してしまったという被験者もいたそうです。

脳への血流が低下してしまう!

ちなみに、この脳への血流が7.5%も低下するということがどれぐらいやばいのかというと、これは結構な違いになります。

例えば、高血圧の人が脳への血流が7.5%下がると気絶してしまう可能性もあるというぐらいの変化になります。
当然ですが、健康な人であっても脳の機能が低下する可能性は十分にあると言えるぐらいの数字です。

ちなみに、今回の参考文献ではもうひとつ興味深い研究も紹介されていて、これは2003年に出されているデータですが、ネクタイで首に圧力がかかり緑内障になってしまう可能性もあるといったデータも出ています。

ですから、ネクタイのように首の周りに何かを巻くというのは、人間の脳にとってはとても良くないことです。

会社でネクタイをしっかり締めろと言っているような上司は、小言を言うことで社員のモチベーションを下げるだけでなく、脳機能まで落としているというとんでもない話になってくるわけです。
ですから、このように考えるとネクタイは科学的に見た際には廃止するべきだと思います。

この脳への血流というものはとても大切なものです。
今回のおすすめの動画として「IQ120まであげれば勝ち組【科学的に正しいIQの磨き方】」を紹介しておきます。
この IQ は生まれつき変わらないものだという研究もあり、それがどこまで上がるものなのかということには諸説あります。

ですが、脳にとって良い活動というものはいろいろとありますので、これはぜひしていただきたいと思います。ぜひチェックしてみてください。

脳への血流を高めて効率よく仕事や勉強を!

脳機能を良くして、今家で仕事をする際にも集中してできるだけ早く仕事を終わらせたいとか、集中して勉強したいという場合には、今紹介したネクタイの効果の逆を考えれば良いわけです。
つまり、脳にたくさん血を送ることを考えればいいということです。

この脳への血流を高めるということはそれだけでも結構効果があります。
例えば、高校生の頃に心肺機能を高めるような運動をしたり、心肺機能を高めている学生は、将来出世する確率が上がるというデータもあるぐらいです。

つまり、心肺機能が高いので、脳にもたくさん血を送ることができるようになり、それにより頭が良くなるのではないかということが示されています。

他にも、仕事中に体を軽く動かしたり、勉強中に体を軽く動かすということをすると、記憶力が高まったり集中力が高まることで生産性が向上するということも分かっていますので、歩きながらなど、軽い運動をしながら仕事や勉強をするということが一番効率が良いわけです。

ですから、僕の場合はステッパーとスタンディングデスクを用意して、ステッパーを踏みながら本を読んだりパソコンで仕事をしています。
これが脳の活動を考えた場合には一番効率が良い働き方だと思います。

今回のおすすめのアイテムとして、僕の使っているステッパーも紹介しておきます。
このステッパーは結構高いですが、普通の安いものだと40分ぐらい踏むとすぐに壊れてしまいます。1日10時間踏んで何年も使っても壊れないくらい丈夫で、オリンピックの強化選手が使うぐらいの強度で作られています。

僕はこれを実際に使って生産性がかなり上がりました。僕の場合はですが、本を読むスピードで考えると1.2倍ぐらいになりました。

足は第二の心臓ですから、ステップを踏むことで血流を上げることができて、その結果として仕事もはかどるようになるわけです。
そこまで考えるとこのステッパーも安いとは思います。

スタンディングデスクは昔はとても高くて10万円以上しましたが、今ではパソコンなどにも対応しているスタンディングデスクが、安いものでは15000円ぐらいで買える時代になっています。
今回のおすすめのアイテムとして、Bauhutte(バウヒュッテ)というところのスタンディングデスクを紹介しておきますので、興味がある方は使ってみてください。

驚くぐらい仕事がはかどると思いますし、勉強する際も眠くなることもないので、とてもおすすめです。
しかも、ゆるい運動ではありますが長い時間していると結構な運動にもなるので太る予防にもなる上に、座ることもないので腰が痛くなったりすることもなく快適に仕事ができると思います。

自宅で仕事をしたり自宅で勉強をすることが増えた人は、ぜひスタンディングデスクとステッパーの組み合わせがおすすめです。

とはいえ、まだ会社にいつも通り行っているとか、座ってでないと仕事ができないという人もいると思います。
そんな人には、エアロマグネティックバイクというのがおすすめです。
これは、机の下で自転車のペダルのようなものを踏みながら仕事をしたり勉強をすることができるものです。

本当はスタンディングデスクとステッパーの方がいいとは思いますが、軽い運動をしながら仕事や勉強ができるので、座っている状態でも座っていることによるデメリットを受けづらくなりますし、血流も上がるのでおそらく頭の回転も速くなると思います。

座った状態で脳の血流を高めたいという人はエアロマグネティックバイクを、僕と同じように生産性を思いっきり高めたいという人は、スタンディングデスクとステッパーの組み合わせをぜひチェックしてみてください。

自宅での仕事や勉強が増えたので集中力を高めたいという人も多いと思います。
僕の「自分を操る超集中力」がオーディオブックがAmazon で期間限定で無料で聞けるようになっていますので、よければそちらもチェックしてみてください。

人間が体を動かしながら仕事をしたり勉強をするというのは、実は、人間にとって自然な動きです。
わざわざネクタイをして脳への血流を下げて、しかも、わざわざ座って運動量も下げることで効率を低下させ働くのではなく、ネクタイは外し、スタンディングデスクとステッパー、あるいは、エアロマグネティックバイクを使ってもらって、脳にたくさん血を送りながら仕事や勉強をしていただければ、より仕事も勉強もはかどると思います。

ネクタイは会社に行く時には締めないといけないという人もいると思いますが、本当に大切な時以外は緩めにしておいた方がいいと思います。

さらに脳機能を高めて仕事や勉強を捗らせたいという方は、今回のおすすめの動画として紹介している「IQ120まであげれば勝ち組【科学的に正しいIQの磨き方】」をぜひチェックしてみてください。
そして、これを機にフリーランスとして挑戦したいとか、副業を始めたいという方は、脳機能を高めるだけではなく、リスクと戦う必要が出てきます。
このリスクと戦おうとした時には必ず不安に邪魔をされますので、その不安を乗り越えるための方法を解説した「リスクと失敗を減らし成功を引き寄せる不安利用の科学」も今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

不安を使って自分が望んだ生活や仕事の成果を掴むための方法を開設した内容になっています。
ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://link.springer.com/article/10.1007/s00234-018-2048-7


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット, 学習法・記憶法, 集中力
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog