健康・ダイエット

自粛中【秒で太る食べ物】ランキング

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 最近太ってきた?
  • 食生活を見直すべき?

食べると太る食べ物ランキング

自粛中に食べ過ぎて太ったという人も多いのではないでしょうか。
やはり、自粛中にはついつい食べ過ぎてしまったり、自分で自炊をする時にも作りすぎてしまったりすることもあるでしょうし、お菓子など簡単に食べられるものに手を出しやすくなって太ってしまったという人もいると思います。

今回は、秒で太る食べ物ランキングということで、研究者がさまざまな太りそうな食べ物を調べた結果、一番太る食べ物は何なのかということを紹介したいと思います。
せめて、このランキングのトップ3以内ぐらいは避けるようにしてもらえると、おそらく無駄に太ってしまうリスクを下げられると思います。

シンガポール国立大学の研究で、イギリスに住む子供たちのデータをもとにどの食品が最も太りやすいのかということを調べたものがあります。
4646人の7歳から13歳の時点での全員の身長や体重から普段の運動量や毎日の食事などを分析し、どのような食品が肥満の原因になるのかということを調べています。

なんとなく太りそうな食べ物と言うと、お菓子やスイーツ、ジュースやポテチ、揚げ物など思いつくでしょうが、どんな食品が一番肥満の原因になってしまうのかということを調べようとしたわけです。

その結果わかったこととしては、肥満と相関する食品としては、これから紹介する7つの食品が強く相関していました。
まず、これらは避けるようにしてもらった方がいいのかもしれません。

マーガリン・バター

チーズは腸内環境を良くしてくれるということもあるので悪くはありませんが、バターはやはり摂りすぎるはよくありません。
マーガリンが体に悪いというのは今更だと思います。

バターは香り付け程度にしてほどほどに使うようにすることをお勧めします。
僕はほうれん草のバターソテーは美味しいので自宅でよく作りますが、オリーブオイルを薄めにひいてほうれん草をソテーして、火を止めてからバターをほんの少しだけ入れて絡めて香りだけ立たせて、その上からチーズを削って軽くかけて、基本的には香りで味付けするぐらいにしています。
バターでソテーしなくても、後からほんの少し入れて香りづけするぐらいでも、作りたてであれば十分に香りもして美味しく食べれます。

バターが好きでよく食べているという人は、このように量を減らす工夫をしてみたほうがいいと思います。

揚げ物・ソテーした鶏肉や魚

ソテーした鶏肉や魚と言われると調理の仕方にもよるのではないかと思いますし、焦げないフライパンを使ってオリーブオイルを少なめに使ってソテーするようにすればそんなに悪くないような気もしますが、揚げ物はやはり太る原因にはなっていたそうです。

油で調理したポテト

これがかなりやばい食品だったようですが、フライドポテトやポテトチップス、ローストポテトなどの油を使って高温で調理したじゃがいも類です。

加工肉

これは肌も汚くなります。
いわゆるハムやソーセージなどです。
ついつい美味しくて食べてしまうと思いますが、加工肉は避けた方がいいと思います。

お菓子

特に白く加工されている砂糖がたくさん含まれているお菓子はよくありませんでした。

牛乳

実は、牛乳もこの研究では相関していました。
ただ、牛乳にはメリットもありますし、それほどデメリットが多いものでもありませんので別に悪くはないと思いますが、この研究では相関していたということです。

砂糖入りの清涼飲料水

これはお菓子と同じようなもので、特に液体になると余計に摂りすぎてしまうということもあると思います。

堂々の第1位は・・・

この中で一番やばいものは何なのかということを研究者たちは調べてくれていて、秒で太る食品堂々の一位はぶっちぎりでポテトチップスでした。

特にこの研究は子供たちを対象にしたものですから、ポテトチップスが子供の肥満をかなり促進してしまうということが分かっています。

ポテトチップスは薄くてパリパリとしていくらでも食べられるような気がするかもしれませんが、カロリー密度が非常に高く100グラムあたり383〜574キロカロリーぐらいもあります。
ポテトチップスを100グラム食べるというのは、牛乳に例えるならば1〜2リットルぐらいを一気飲みするのと同じぐらいだということです。
しかも栄養素は少ないです。

ポテトチップスを食べてもご飯を食べられないということはないと思いますし、容易にカロリーを大きく引き上げることができて、かつ、満腹感に繋がらないのでいくらでも食べられてしまいます。

数ある不健康な食品の中でも、このポテトチップスの悪影響というものはぶっちぎりの1位でした。

ちなみに、ポテトチップスは肥満の原因になるだけでなく、カロリーの質が低いので、大人が食べると老化がかなり進むということもあります。

ですから、ポテトチップスは子供が食べると肥満児になってしまい、大人が食べると肥満になるだけでなく肌も汚くなる上に老化も進むということです。

ポテトチップスは子どもの肥満の原因

ポテトチップスは大人の肥満の原因&老化の原因

大人を対象にした研究では?

この研究は子供を対象にしたもので大人は関係ないのではないかということを言う人がいるかもしれませんので、2011年に大人を対象にした研究も出ていて、そちらも紹介しておきます。

2011年にアメリカの大人を対象にした研究があり、それによると、やはり最も肥満につながっていた食品はポテトチップスで堂々の第1位でした。

第2位はポテトフライでした。
スライスして揚げたポテトチップスではなく、じゃがいもをくし形などに切った状態で揚げたものです。
これもポテトチップスほどではありませんでしたが、かなりやばい食品だったということです。

そして、その次が加工肉でした。
加工肉に関しては、老化も進むので体に良くありませんが、ポテトチップスやポテトフライに比べるとまだマシではあります。
ハムやソーセージもやはり良くないそうです。

ハムやソーセージの場合には、例えば、スペイン料理やフランス料理では出汁のようにほんの少し入れたりします。
そのぐらいの量であればまだいいと思いますが、それをポテトチップスのようにバクバク食べてしまうと結構やばいです。
僕も時々料理に風味づけのために使いますが、その場合も、できるだけ発色剤など余計なものが含まれていないハムを使うようにはしていますし、ハム自体を家で食べるということはしません。

第1位 :ポテトチップス

第2位 :ポテトフライ

第3位 :加工肉

この研究では他にも肥満と相関している食品が挙げられていて、女性の場合には赤身肉も肥満に繋がりやすいのではないかというデータも出ています。
これは不思議な話ですが、女性の場合には、加工肉よりも赤身肉の方が影響が大きいというデータもあります。

赤身肉と言われてもいろいろなものがあるのだと思います。
例えば、牛肉などであればわかる気もしますが、ラムだったらどうなのだろうかということも気になるところですが、このあたりは自分の体調と相談しながら考えていただけたらと思います。

先ほど、マーガリンは論外としてバターも良くないという話を紹介しましたが、このデータでは、バターはそんなに悪くないとされています。
もちろん、たくさん食べれば太りますが、数字としてはそんなに悪い結果が出ているわけではないです。

そして、スイーツやデザートは同様に太りやすい食品とはされています。
それでも先ほどのポテトチップスやポテトフライや加工肉には到底及びませんが、スイーツやデザートにも少なからず肥満に繋がってしまう可能性はあるということです。

むしろ痩せる食べ物も?

逆相関している食べ物もありました。
もちろん食べ過ぎると太りますが、チーズはむしろ痩せる方向に効果が働くということも分かっています。

チーズは、もちろん1日に100グラムも食べてしまうと問題ですが、常識的な範囲内で食べるのであれば逆に体にいいということです。
僕の場合は、チーズを薄く削ってサラダなどにかけると表面積が増えて香りがかなりしますので、チーズの美味しさを香りで楽しむことができます。
このような上から軽くかけるぐらいの使い方でチーズを使うのは、むしろ、腸内環境を良くしてくれて、結果痩せやすい体質にしてくれる可能性もあります。

他にもこの研究では、野菜やナッツ、フルーツ自体やヨーグルトなどは、肥満とは逆方向に働いているという数字が出ていますので、このあたりの健康的な食べ物を食べるようにして、できるだけ加工されていないものを選ぶのがいいのかと思います。

ちなみに、一日分の野菜とか1日分のフルーツというような加工された野菜ジュースやフルーツジュースというものを健康のためにと言って飲み人もいますが、普通にフルーツや野菜を食べるようにしたほうがいいです。

これらは対して健康になるわけではありませんし、かえって太るだけです。
野菜やフルーツの最も痩せる原因になっているのは食物繊維です。
この食物繊維は食べれば食べるほど痩せやすくなる栄養素ですから、葉物野菜をたくさん食べるようにしたほうが、むしろ痩せますし腸内環境も良くなると思います。

あとは、当然ですがお砂糖が入っているような飲み物は論外です。
これもかなり肥満につながるとは言われていて、このデータを見る限りはほぼ加工肉と同じぐらいの悪影響があるとされています。

そして、フルーツジュースに関しては、このデータを見る限りはだいたいバターと同じぐらいです。
ですから、時々飲むぐらいであれば問題ないと思いますが、これもあまりたくさん飲むと太ってしまいます。
健康のためにフルーツジュースを飲むというのであれば、フルーツそのものを食べた方がいいと思います。

今回の研究からわかることとして、子供も大人も肥満の原因になる食べ物はほとんど同じだということです。
どちらの研究でも、やはり食物繊維が多い食品は体重が減るという結果が出ていますし、他の研究でも食物繊維が最強のダイエットサプリだとも言われています。
ですから、食物繊維を積極的に摂ることをお勧めします。

野菜をしっかり摂りましょう!

葉物野菜をしっかり食べることが一番いいと思います。
食物繊維だけでなく必須の栄養素もたくさん摂ることができるので、マルチビタミンを飲むぐらいであれば葉物野菜をたくさん食べた方が絶対にいいと思います。

野菜はできれば1日に800グラム、最低でも400グラムを目安にして食べるようにしてもらえると、腸内環境も良くなるでしょうし体調も良くなると思います。
ぜひ普段から野菜をしっかり食べるようにしましょう。

ちなみに、揚げたポテトが体に悪いという話をしましたが、じゃがいも自体は体にはとても良いものです。
例えば、蒸したじゃがいもを軽く冷やしてサラダに加えるというのはとても良いですし僕もよくします。

質が高い糖質を摂ることができるので、睡眠の質も上がりますし腸内環境が良くなるということもあります。
じゃがいもは蒸して冷やしてから食べると、腸内環境にも良いということが分かっているジャガイモの中のレジスタントスターチの量が増えます。

僕も結構食べているお勧めとしては、塩ゆでした野菜と生の野菜を半分ずつ入れて、そこに蒸して軽く冷やしたポテトと軽くスクランブルエッグのようにした卵を加えて、そこに自分で作ったアンチョビドレッシングをかけます。
このドレッシングについてはオリーブオイルをベースに作るようにすれば問題ないと思いますし、野菜の栄養を効率よく吸収するためには多少の油と一緒に食べた方がいいということも分かっています。
このドレッシングを作るのが面倒であれば、オリーブオイルとバルサミコ酢をかけても十分に美味しいと思います。
そこに軽くチーズを削ってかけてもいいと思います。

体調を良くするためのおすすめ動画

今回太りやすい食べ物と体にいい食べ物について紹介させてもらいました。
皆さんの体調を良くするための内容を解説した動画を今回のおすすめの動画として3つ紹介しておきます。

食事から体調を良くする

科学が見つけた最強のスキンケア【13の美肌食品】

食べれば食べるほど体内の炎症を抑えることができて、アンチエイジングになり肌も綺麗になる上に免疫力も高くなる食品について解説しています。
まさに今コロナのリスクを考えると食べるべき食品について解説したものになります。
肌が綺麗になるお茶なども紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

睡眠から体調を良くする

【最高の起床法】スッキリ起きれるメンタルの作り方

体調を整えるためにはやはり睡眠も大切です。
この睡眠というものはかなりメンタルの影響を受けるもので、ちゃんと眠ることができているのに自分は眠れていないと思うだけで、実際に寝不足と同じ症状が出たりすることもあります。

ですから、睡眠の質を高めるためにはメンタル的なアプローチも必要になります。
こちらはすスッキリ起きるための科学的な方法について解説した動画になっています。

運動から体調を良くする

1日4分からのモテる体系の作り方

運動も重要です。
分かっていてもなかなか続かないというのが運動だったりもするのではないでしょうか。
長時間運動するのは疲れてしまうし嫌だという人も多いと思います。
おすすめはほんの短時間でいいのできつめの運動をすることです。

ランニングなどあまり長時間の有酸素運動を続けてしまうと老化が進んでしまったり、コルチゾールが分泌されるので帰って食欲が増してしまい、ランニングにより太ってしまう効果の方が大きいのではないかという研究もあるぐらいです。

ですから、短時間で体を追い込むのがいいと思います。
僕が実際にしているHIITという運動がおすすめで、これを簡単なところから始めるための概要を解説した動画になっています。
運動が苦手だという人はここから始めてみてもいいのではないかと思います。

体調を良くするおすすめ本

今回のおすすめの本としては、体調良くするための方法を教えてくれる『最高の体調 ACTIVE HEALTH』と、体型別の運動や食生活まで教えてくれる『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』を紹介しておきます。
この2冊を選んでもらって、食生活と運動と体調の整え方を学んでもらえれば、体調が悪いことによる悩みはなくなるのではないかというぐらい素晴らしい本です。
こちらもぜひチェックしてみてください。

体調を良くするためのおすすめ動画
今回のおすすめ本

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://content.healthaffairs.org/content/34/11/1940.abstract?sid=358ef21e-c600-4927-b09e-038fe4880cfd

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog