目標・成功

他人の目を気にせずに生きる方法

この知識はこんな方におすすめ

  • 周りの目が気になる
  • 人生を変えたい

他人の目気にせず自分の人生を生きていますか?

他人の目を気にしてしまう人が多くいます。

他人の目を気にする人は何段階かいて、自分はそんなに他人の目を気にすることがないという人も、何か新しいことを始めようとした時に、答えは何なのかと考えたり、どうすれば正しいやり方ができるのかと考えることはないでしょうか。
例えば、自分が何か新しいビジネスをしようと思った時も、自分で仮説を立てて試して検証することができる人と、どうやって始めればいいのかが分からないから人に相談しようとしたり、どんなことを始めればいいのかすぐに人に聞いてしまう人がいます。
このすぐに人に聞いてしまうのは他人の目を気にする人の予備軍です。

自分で決めることが怖い

他人の目が気になる人が自分の決定に自信を持てない人です。
自分の決定に自信がないがゆえに、他人の目が気になってしまいます。
自分の決定に自信がないがゆえに、他人からの意見をすぐに求めてしまいます。
自分の決定に自信がないがゆえに、自分で決定しないで他人に決めてもらいたくなります。
これが他人の目が気になる人の正体です。

要するに、自分で意思決定をするのが怖いわけです。
自分は空気を読むことができて、周りの人の目をちゃんと気にすることができているまともな社会人ですと言いたいのでしょうが、自分で決めるのが怖いだけです。責任取りたくないだけです。
これは単なる責任逃れですから、まずそこを理解しておかないと他人の目が気になるというのは直ることはありません。

スポンサーリンク

自分で決めることを放棄することが悲劇の始まり

僕も元々は他人の目がとても気になる人でした。
小学校1年生から中学校2年生ぐらいまで8年間いじめられて、そうなると他人の目を気にしながら生きるようになります。
いじめられっ子は自分がなぜいじめられているのかわからないものです。
災害が起きたりパニックになるようなことが起きた時も同じですが、人は原因がわからず自分がどうしたらいいのかわからない状況になると周りを見ます。
周りを見て周りの人がしていることを真似しようとします。

周りを気にして自分ではそれが正しいかどうかも分からず、とりあえず周りと同じことをしていれば自分だけが責められることはないだろうと、周りを気にして同じことをしようとするわけです。
これが悲劇の始まりです。

つまり、自分で考えて自分で決めるということを放棄するのが悲劇の始まりであり、僕はいじめられてそうなってしまいました。
いじめの原因というものは心理学的には色々とありますが、最も大きなものとしては性格の問題があります。
学校ではクラスの平均的な性格から最も逸脱している人がいじめられる対象になります。

例えば、外向的な人達が多いクラスでは、最も内向的な子がいじめられます。
逆に、内向的な人達が多いクラスでは、最も外向的な子がいじめられます。
僕はいじめられたことにより自分で決めることを放棄して、いつか周りが変わってくれるだろうとずっと待っていました。
ところが、結局先生も見て見ぬふりですし、クラスが変わってもまた新しいいじめが始まりました。

僕の場合は、中学2年生の時に母親をバカにされたことがきっかけになり、いじめてくる相手に対して初めて自分で決めた行動をとりました。
それまでは、いじめられた時に周りを見てどうやって行動するべきか決めていました。
それで何も変わらなかったわけです。

スポンサーリンク

自己決定から試行錯誤が生まれる

ところが、その中学2年生の時に初めて自分の意思で行動しました。
その自分で初めて決めた行動によって成果が出ると、もっとこうしたらどうなるだろうか、こんな風にしてみたらどうだろうかと考えるようになり、試行錯誤が生まれます。
自分で意思決定をするということは、それが成功であろうと失敗であろうと、そこから初めて調整していくことでしか人間は自分の人生を切り開いていくことはできません

ですから、自己決定ができない人は基本的に他人の目を気にし続ける人生になるでしょうし、人から抜きん出ることもできません。
これは子供だけでなく大人も全く同じです。
子供の場合には無邪気に自分で決めることもできますが、これが大人になってくるにつれて、周りと仲良くする事やコミュニティの圧力などを無駄に意識しすぎたり、親や大人にちゃんとしなさいと言われ続けて、知らないうちにどんどん周りの目を気にするようになってしまいます。
人の目ばかりを気にして人と違うことはどんどんできなくなります。
大人の方が子供よりも人と違うことができません。

子供の場合であれば、スマホのアプリでも面白そうなものがあればとりあえず試してみたりしますが、大人の場合には、TikTok が気になっても自分の周りの人がしていなければやめておこうと考えたりするでしょうし、普通とは違うことをしているであろう芸能人でもこれは同じです。
芸能人も他の芸能人が YouTube をあまりしていない頃にはなかなか始められなかったのに、これだけみんなが YouTube を始めたら急に始めようとする人が増えてきます。
みんな同じです。人はそういう生き物です。

それでも、そこから抜け出せない限りは自分の人生は自分で決めることはできません。
人間の本能に争わないと自分自身で意思決定する人生を歩むことはできません

本能に抗い自分の人生を!

人間のこの本能に抗うにはどうすればいいのでしょうか。
例えば、僕が実践してうまくいった方法としては体を鍛えることです。
最近僕のDラボでHIITの色々なバージョンを紹介させてもらっています。
体の代謝をとことん高めるHIITや、頭の回転をひたすら良くしてくれるHIITとか紹介していますし、僕のしているバージョンはかなり激しいものです。
ですが、これも徐々に慣れてくると日に日に自信が増してきます。

この自信というのはただ無駄に自信満々なわけではなく、自分の決定に自分自身で自信を持つことができることです。
自分が少し興味を持ったことがあったとしたらとりあえず試してみようと思えることです。
興味を持ったり気になったことがあっても実行することができず、その結果、ああすればよかったこうすればよかったと、自分のしなかったことに対する後悔が生まれます。

これを避けるためには自分で選ぶしかないわけですが、自分で選ぶときに大事なのは根拠ももちろんですが、人生では必ず根拠がない選択も必要になる時があります。
例えば、人が誰もしたことがないことをしようと思えば、エビデンスなんていくら探してもありません。
僕はデータやエビデンスを大切にしていますが、これはデータとして答えが出ている場合であればそれを試してみればいいけれど、データでは分からないことを僕はしています。

例えば、最初にメンタリストとしてテレビに出たわけですが、これもデータなんてどこにもありません。
そもそも日本にメンタリストなんていなかったわけですから、それがうまくいくかどうかがわかるエビデンスは存在しません。
僕がデータを見るのは、自分自身がデータにはない本当に新しいことをしているのかということを明らかにするのと同時に、もしデータにより証明されているものがあるのであればそれを使った方がいいからで、自分の頭で考えることがとても重要です。

スポンサーリンク

人と違うことで成功するために

¥1,980 (2021/05/06 06:02:41時点 Amazon調べ-詳細)

人と違うことをするという意味ではこの本がとても参考になると思います。
人と違うことをして成功した人たちが、どのようにして人と違うことをしたのかということがわかります。
ただ単に人と違うというだけでは、炎上系のユーチューバーのようにみっともない人になってしまいます。
そうではなく、人とどのように違えばそれを活かして成功することができるのかということを教えてくれる本です。

人と違う視点を持つために

学歴なんかよりも人と違う視点を持つことができるかということがとても重要です。
これは僕の本ですが、クリティカルシンキングといって人と違う考え方をするにはどうすればいいのかということを解説した内容になっています。
自分が今思っている考え方にとらわれることなく、様々な複数の視点を持つことによって色々なアイデアを生み出すための方法について解説しています。
クリティカルシンキングは凡人が天才に勝つための唯一の思考法です。

スポンサーリンク

人の心を動かす喋り方のために

¥1,540 (2021/05/06 14:24:45時点 Amazon調べ-詳細)

これからますます個人が情報発信をする時代になります。
テレビから情報を取るのではなく個人の情報発信に目が向くようになります。テレビの情報や大きな団体が発信している情報は馬鹿でなければ鵜呑みにはしません。
そうなると伝える能力というものがとても重要になってきます。

昔は文字を書く能力の方がとても重要でした。
やはり、世の中を動かした人達は文筆家だったり、文字を書くことができる人が世の中を動かしていた時代がありました。
ところが、これからはますます喋ることができる人の方が世の中を動かすことが出来ます。
当然ですが、より多くの人たちに伝えることができる人の方が影響力を持つことができます。

僕はもともといじめられっ子でしたし喋るのが苦手でした。
こちらの本は僕の新刊ですが、そんな僕の経験も踏まえながら科学的なリサーチも重ねて、人の心を動かす喋り方についてまとめさせてもらった内容になっています。

喋り方を変えると付き合う相手も変わります
人が他の人と繋がろうと思うと自分から動いて仲良くなるしかありませんが、そうなるといわゆるコミュ力がない人には難しくなります。
そんなコミュ力がない人が、一番良い人間関係を手に入れるための方法は自分のトーク力を鍛えることです。
自分のトーク力を上げれば人は勝手に集まってきます。

人脈というものは誰を知っているかではなく誰に知られているかで全てが決まります。
人を惹きつけることができる人は、他の人に紹介したいと思われるようになります。そうなると勝手に人間関係が広がっていきます。
最も人間関係を簡単に作ることができて、一番人生を変えるために役に立つのはトーク力を鍛えることです。

スポンサーリンク

体を鍛えて人生を変えるために

人は体を鍛えて物理的に自分の体に自信を持つことができるようになると、それにより他人の目が気にならなくなるものです。
考え方や思考というものは他人と比べることもできないので、それにより自分に自信を持つのは難しいです。
ですが、体を鍛えると過去の自分と比べて自分が進歩しているということが如実に感じられますし、周りからも見る目が変わります。

最低限の時間を使って筋肉をつけたり、細胞レベルで人間の体を変えるにはどうすればいいのかということを解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

人生変わる【HIITの10のメリット】ミトコンドリアから人生変える最強の運動

Dラボは僕が知識の Netflix を目指して作ったサービスで、月に599円から入ることができて月間20冊以上の本や論文の知識を皆さんに提供するというものです。
今なら20日間無料で使うことができますので是非チェックしてみてください。

人生を変えるためには必ず知識が必要ですが、人生を変えたいと思っている人ほど忙しくて本を読めていないということがあります。
人生が変わらない理由としては、お金がない、時間がない、知識がない、この3つです。
お金がないから本が読めない、時間がないから本が読めない、知識がないから人生を変えられない、という人が多いので、僕がたくさんの本や論文から集めた知識を解説しています。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

続きはDラボから
\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で 毎月20冊以上【30,000円相当】の書籍・論文の知識が【1日あたりわずか10分】で学べる

人生変わる【HIITの10のメリット】ミトコンドリアから人生変える最強の運動
今回の参考
¥1,980 (2021/05/06 06:02:41時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,540 (2021/05/06 14:24:45時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog