メンタル強化 学習法・記憶法

【悪夢】で仕事や勉強の成果を上げる方法

悪夢で仕事や勉強の成果を上げる方法

DaiGo MeNTaLiST

この記事はこんな方におすすめ

  • 悪夢を見たくない人
  • 悪夢に悩まされたことがある人
  • 勉強や仕事で成果を出したい人
  • 不安やネガティブな感情で眠れないことがある人

皆さんは悪夢に悩まされたことはありますか?

僕はいじめられていた子供の頃にはありましたが、最近はあまりありません。ですが、悪夢は誰でも嫌なものだと思います。
今回は悪夢を見なくなるようになる方法と合わせて、ネガティブな経験もそこに意味を見出すことによって乗り越えることができるということが分かっていますので、悪夢は怖くて嫌なものですが、その悪夢がもたらしてくれるメリットを紹介します。それを知ることによって、悪夢自体が嫌なものではなくなりますので、不思議とそもそも悪夢自体をあまり見なくなりますし、かつ、仮に悪夢を見た時にもそれを自分にとってプラスにする感覚を持つことができるようになります。

悪夢を見ると成績が上がる?!

なんと悪夢を見る人の方がテストの成績が上がるという不思議な研究があります。
これは学生の場合はテストでの成績ですが、働いている人の場合であれば仕事の成果や効率が上がる可能性があります。

パリソルボンヌ大学の研究で、700人の学生を対象に学期中に行われるテストで失敗したり単位を落とすような夢や何かしらのテストにまつわる夢を見たかということを質問しました。
それに対する答えとしては学生たちの7割がイエスと答えていました。つまり、学生たちの7割がテストに関する何かしらの夢を見ていたということです。
そして、そのうちの8割が悪夢だったということです。
例えば、テストに遅刻してしまったとか、テスト中にお腹が痛くなって問題が解けなくなったとか、単位を落としてしまったというような夢などを見ていたということです。
つまり、学生の7割がテストに関する何かしらの夢を見ていて、そのうちの8割が悪夢を見たということです。

この実験では、これを調べた後に学生たちの学期中の成績をチェックしました。
その結果、なんと悪夢を見ている学生の方が、成績が良かったということです。成績の上位に食い込む確率が有意に高かったということです。

ですから、悪夢を見るということはテストの成績を上げることにつながる効果があるのではないかということです。

悪夢のメリット

研究者のコメントによると、悪夢のメリットとしては、目覚めた後に自分がその夢をあたかも実際に体験したかのように感じるので、シュミレーションになっていて、自分の弱点や自分の甘さに対する危機感を高めてくれるということがあります。
さらに、悪夢が見せてくれるのは最悪の状況です。
病気や遅刻、取り返しのつかない失敗といった最悪の状況を見ることによって、今目の前にある現実というものが、それに比べるとまだマシだということを人間に思い起こさせてくれます。

人間は最悪な状況を想定するとかえってリラックスしたり、最悪な状況を想定したほうが目の前のことに集中して取り組んだりすることができるようになります
そういう意味で、悪夢が最悪な状況をシュミレーションすることにつながっているわけです。
それにより、あの悪夢に比べたらまだマシだし、そんな最悪の状況にならないように頑張ろうという気概を持つことができるようになります。
このような悪夢のメリットを理解して頂けると、悪夢自体怖くなくなりますし、むしろ、ただなんとなく悪夢を見ている人よりも、この悪夢の意味を知っていればそれを上手に使うことができるようになるはずです。

最悪な状況のシュミレーション

もちろん、この研究に対しては、元々いい成績を取るような真面目な学生だから悪夢を見るのではないかと言われると元も子もありませんが、事前に最悪な状況を思い出すことによって、目標の達成率が高くなるということは分かっています。
つまり、目標を思い描くときにそれを達成することでどんないいことがあるかということを考えるだけでは、その目標をいつになっても達成することはできませんが、もし挫折するとしたらこのような挫折をするだろうとか、失敗した時にはこのような結果が待っているだろうというようなことを考えて、目標に対して最高の結果を出した時と最悪の結果の両方を想定したほうが目標達成率は上がるということがガブリエル・エッティンゲン博士の研究でも分かっています。

そういう意味では、悪夢が最悪な状況を想定するシュミレーターになっていて、最悪な状況を想定することにより僕たちの力になっているという可能性はあります。
ですから、悪夢は下手に怖がる必要はないということがこの研究から言えるわけです。

悪夢を見ない人は?

では、悪夢を見ない人はどうすればいいのでしょうか。
その場合は最悪の状況を想定すれば良いということになります。もし失敗した時に最悪どのような状況になるのかということを考えてみるようにしてください。
実際には、その最悪な状況にはなかなかならないわけで寿司、そうすると、無駄な緊張などもなくなり本番で力を発揮することができるようになります。
特に不安になりやすい遺伝子を持っている傾向が高いので、このテクニックは日本人には有効だということも分かっています。

悪夢を見たくない、悪夢に苛まれている人は?

最悪な状況を想定するために役に立っていると言われても、それでもやはり悪夢を見たくないという人もいると思います。悪夢の当然あまり多すぎると良くないわけです。
いつも悪夢に悩まされているという人はどうすればいいのでしょうか。
あまりにも多すぎる悪夢をほどほどにする方法があります。

これはドレスデン工科大学の研究で、PTSD に苦しむようなレベルの男女を対象に行われた実験があります。トラウマがフラッシュバックしてしまうような感覚で悪夢に苛まれる人たちです。
この参加者たちを、普通の部屋に寝てもらった人たちとアロマを炊いていい香りにした部屋で寝てもらう人たちに分けました。
そのいい香りの例としては、バラの香りやラベンダーの香り、オレンジの香りやピーチの香りなど様々な香りのアロマを使っています。
5日間その状態で眠ってもらったところ、いい香りの部屋で眠った人たちは悪夢を見る確率が下がっていました。
あまり悪夢を見ることがなくなり、いい香りに対する副作用もなかったということです。

以前も紹介しましたとおり、特にラベンダーの香りには睡眠の質を上げてくれる効果があるということは様々な研究でも確認されていますが、いい香りには悪夢を見なくなる効果まであるということです。
ですから、悪夢に悩まされている人はアロマを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

元々人間の嗅覚というものは、感情のコントロールに関わっているということが言われています。
進化論的に考えると、人間の感情を司っている脳の部位は嗅覚を司っている部位から分岐して生まれたとされています。
つまり、香りを感じるシステムが進化して感情をコントロールするシステムになったのではないかと言われているわけです。
今でも人間の中では感情と嗅覚には強いつながりがありますので、もし、最悪な状況を想定するシュミレーターとしてではなく、ネガティブな感情から悪夢を見るようになるのであれば、アロマを使うことでそれをコントロールすることもできるようになると考えることができます。
是非参考にしてみてください。

スッと寝てパッと起きるためのおすすめ動画
スッキリ起きれるメンタルの作り方
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1538925063

不眠症改善アプリ「マインドシャッフル」

アプリはこちら

※DaiGoと弟制作の無料メンタルアプリ

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1053810014000968
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/jts.22359


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化, 学習法・記憶法

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.