心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

集中力

たった半年で【頭を良くする】方法

投稿日:

たった半年で頭を良くする方法

DaiGo MeNTaLiST

ほぼ確実に半年で頭を良くする方法を紹介します。
なかなか人生を変えたいと思っても変えることができない、自分は頭が悪いから頑張っても無理だと諦めているような人がいますが、そんな方も今回紹介する方法を実践してもらえば、きっと変わることができます。具体的には、集中力が大きく上がります。

半年で頭が良くなる食事と運動

今回紹介するのは、半年で頭を良くする食事法と運動についてです。
元々頭を良くする効果があるのではないかとか、脳に良いのではないかとされていることはは色々とありますが、よく言われることとしては、瞑想や運動や食事が大切だとされています。
食事と運動の両方に介入するのは結構難しいこともあるのではないでしょうか。運動をすることは苦にならないけれど、食事に関しては好きなものを食べたいとか、逆に、食事はシンプルにしてもいいけれど、運動はどうしても面倒だという人もいると思います。
このようにまとめて取り込むことができない人はどうすればいいのか、運動か食事どちらかとなるとどちらからすればいいのかという内容を紹介させてもらいます。

食事と運動どちらから?

基本的には脳も体の一部ですから、食事や運動により改善することができると言われています。デューク大学が食事と運動のどちらを改善したほうが効果があるのか、両方行えば効果は高くなるのかというようなことを調べてくれています。
55歳以上の男女160人を4つのグループに分けて実験を行っています。

運動量だけを増やしたグループ

健康的な食事法を行ったグループ

運動量を増やし健康的な食事法を行ったグループ

何もしないグループ

これを半年ぐらい続けてどのような変化がでるのかという事を調べています。
ちなみに、この運動に関しては、それほど激しい運動ではなく、ウォームアップで軽く10分程度ストレッチを行い、少し早めのウォーキングやエアロバイクを35分程度行うぐらいです。
食事法に関しては、いわゆる加工肉などを摂らないようにしてポテトチップスやお菓子などもできるだけ食べないようにし、基本的には赤身肉は控えめにして魚やチキンなどをメインにし、野菜を毎日多めに食べるという感じのそれほど難しくはない食事法です。

それぞれ半年間続けてもらった後に、脳の実行機能をチェックしました。
脳の実行機能とは、いわゆるワーキングメモリーや集中力、問題解決能力など、一般的に頭の良さと考えられるような能力のことです。
その結果・・・

何もしていないグループは、実行機能が35ポイント

運動だけ改善したグループは、42ポイント

食事だけを改善したグループは、43ポイント

運動と食事の両方を改善したグループは、46ポイント

・・・でした。

どちらからでも出来る方から

つまり、頭を良くしたいのであれば運動か食事のどちらかをまず行えば良いということです。できるだけ自然なものを食べるようにするか、1日に40分早歩き程度の散歩を習慣にするか、どちらかをするだけでも半年で優位に集中力などが向上するということです。
運動と食事の両方を改善したほうが46ポイントですから確かに最も効果は高いですが、運動だけのグループも食事だけのグループもそれなりの効果が出ていますので、片方だけでも十分に効果はあります。まずはどちらかだけでも結構ですから取り組んでみることをお勧めします。

僕自身も食事と運動を実際に変えてから大きく人生が変わりました。収入も上がり人間関係も良くなりいいことがたくさんありました。是非できる所から取り組んでみていただけたらと思います。

半年もかけず早く人生を変えたい方におすすめの動画
【本気で人生を変える】カリフォルニア大学式6週間人生改造プログラム【徹底解説】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1558363983
メンタルブログで読むならこちら
▶︎https://ch.nicovideo.jp/mental/blomaga/ar1768376

リサーチ協力:Yu Suzuki https://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5493327/

タグ

-集中力
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.