恋愛・結婚

「あの行動」あなたも嫌われているかも!?

DaiGo MeNTaLiST

メンタリストDaiGo監修!現在YouTubeで配信中!
ためになるお話がイラスト付きで更にわかりやすくなった『賢恋チャンネル』からご紹介します。

「ネガティブなことばかり言って疲れる」

友達や恋人に、「ネガティブなことばかり言って疲れる」といったことを言われたことがありませんか?
言われてみると、悪気はなくても、ついついネガティブな言動をしていたかもという人もいるのではないでしょうか。
今回は、そんな一緒にいると疲れてしまうネガティブ人間の5つの特徴を紹介します。

特徴その1 :自分に自信がない

自分の自信のなさから、恋人や友人の前で、「私なんてなんの取り柄もないから・・・」「どうせ私は面白いことも言えないから・・・」というような、自分を卑下する発言を繰り返しがちです。
これは、「そんなことないよ」というフォロー待ちです

相手が元気な時には、「そんなことないよ」と言えるでしょうが、これがあまり続いてしまうと誰でもうんざりしてしまうものです。

特徴その2 :相手の顔色を伺う

自分の価値について低く見積もっているために、相手の顔色を伺い自分の意見を抑えがちです。
例えば、行きたいところを尋ねられて、「あなたの行きたい所でいいよ」と答えたり、食べたいものを尋ねられても、「あなたの好きなものでいいよ」といった感じです。
これでは相手もイライラしてしまうわけです。

特徴その3 :心配性

例えば、友達が海外旅行を楽しみにしていると、「大丈夫?スリに遭うかもしれないよ!」とネガティブ発言をして、転職や独立を相談したら、「安定した仕事をしてるよりも我慢したら」と応援ではなくブレーキ役になり、恋人とのデートの前に服装がおかしくないかなと尋ねたら、必要以上に時間をかけてしまうなど、心配するだけ無駄だったり、石橋を叩くだけ叩いて結局渡らないという言動は、人の感情を逆撫でしてしまうものです。

特徴その4 :悪いことばかりに目を向ける

良くないことがあった時に励ますことをしたとしても、さらに悪いところばかりに目が向いてしまいます。
例えば、ドライブに誘った時には、「渋滞したら嫌だから家にいようよ」と言ったり、予約することが難しいレストランに予約入れた時には、「でも、夜景が見られない」と言い、スノーボードで左手を骨折した時に利き手の方でなくて良かったと思っている時に、「そもそもスノーボードに行かなければよかったのに・・・」と言ったり、悪気はなかったとしても、言われた方は揚げ足を取られた気分になってしまうものです。

特徴その5 :人と比べる

例えば、クリスマスデートにちょっと良いお店を予約したとしたら、「〇〇さんカップルは私達より安いお店みたい・・・」、誕生日プレゼントを渡したら、「友達の〇〇ちゃんは誕生日の時にはディズニーホテルに泊まったのに私はこれだけ?」、最近太ったかなと気にしていたら、「〇〇ちゃんの彼氏はモデル体型なのに・・・」といった感じで、幸せを他人と比べることでしか感じることができなかったり、他人と比べることで勝手に落ち込んだりされると、であれば、誰にでも自慢できるような彼氏は彼女と付き合えばいいではないかと言いたくなります。

皆さんはこんなネガティブ人間に当てはまっていませんでしたか?
このようなネガティブ人間のネガティブな発言は、知らず知らずにその場にいる相手のメンタルを削りストレスになっていきます。

マサチューセッツ大学の実験では、ポジティブな感情よりもネガティブな感情の方が7倍も強い感染力を持つということが分かっています。
そばに人がいる以上は、一人で勝手にネガティブになるわけにはいかないということです。

ネガティブに考えてしまっていると感じた時には…

もし自分がネガティブに考えてしまっていると感じた時には、次の二つを思い浮かべるようにしてみてください。

1. うまくいかないと決めつけた理由に根拠はあるのか?

2. うまくいかないからやらないなら、その代わりに何をするのか?

例えば、「私なんて何の取り柄もないから」と言いたくなってしまった時には、「それは本当か? 根拠は何なのか?」と自分に問い直してください。
そうすれば、ネガティブに偏ることなく、ニュートラルな状態で物事を判断することができるようになります。
普段からそれを意識して、徐々にでもネガティブ人間から抜け出すようにしてみてください。

「特徴その1 :自分に自信がない」に当てはまった人は

自分にある程度の健全な自信がないと、何かと生きるのが辛くなってしまいます。そんな特徴に自分が当てはまる気がした人はこちらも参考にしてください。

「特徴その2 :相手の顔色を伺う」に当てはまった人は

自分の意見や考えが言えないと、恋愛でも仕事でも信頼できる良好な関係が築けなくなってしまいます。この特徴に当てはまる気がした人は、こちらも参考に信頼関係を築くための自己開示を勉強してみてください。

「特徴その3 :心配性」に当てはまった人は

誰でもある程度は心配することはあると思います。ですが、心配しすぎたり不安になりすぎるのは自分にとっても辛いものだと思います。そんな特徴に当てはまる気がした方は、次の記事も参考に少しは気を楽に持っていただければと思います。

「特徴その4 :悪いことばかりに目を向ける」に当てはまった人は

先ほども紹介したとおり、ネガティブな発言は周りに思っている以上のストレスを与えてしまっていることがあります。
短期的な対策としては、自分がネガティブな感情を感じてきたら、その感情を自分のやる気に変換するリフレーミングをしたりするのがオススメです。
そして、長期的には瞑想を行い、自分の感情を一歩引いて考えることができるようになれば、ネガティブな感情に捕らわれそうになっている自分に気づいて距離を取ることもできるようになり、自分をコントロールしやすくなります。
以下の記事も参考に瞑想に取り組んでみてください。

「特徴その5 :人と比べる」に当てはまった人は

多くの人が他人と自分を比較するものではあります。ですが、それもあまりに極端になると自分で自分を不幸にするようなものです。そんな特徴に当てはまる気がした方は、以下の記事も参考にできる対策を考えてみてください。


今恋人はいないけれど欲しいという方は、僕が監修しているマッチングアプリ with を始めてみてください。あなたの性格から理想の恋人候補が見つかるはずです。

マッチングアプリ ” with “
https://with.is/welcome?trflg=1

▼withとは

僕が開発に携わっている恋愛・婚活マッチングサービス。数々の性格診断イベントの結果を元に価値観の合う理想の相手をレコメンドします。サービスの中では恋愛アドバイスもします。

▼賢恋シリーズとは

恋に悩む全ての方のために作った恋愛ノウハウ放送局。より確実で、根拠のある知識を厳選して紹介します。

▼科学的に性格変えたいならこちらを

今回のおすすめ本
repicbook
¥1,540 (2020/11/25 22:29:19時点 Amazon調べ-詳細)

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-恋愛・結婚
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog