学習法・記憶法

【コラボ】中田敦彦さんの読書術を初公開

【コラボ】中田敦彦さんの読書術を初公開

DaiGo MeNTaLiST

この対談はこんな方におすすめ

  • なかなか読書が続かない
  • 積読気味で…
  • 読書で使える知識を
  • いい本を選びたい

DaiGo
はい、というわけで、今日のゲストは中田さんです!

よろしくお願いします。 中田敦彦です!

DaiGo
いやー、XENO楽しかった〜!

ありがとうございます!
僕のチャンネルでカードゲームお付き合いいただいて。

XENO(ゼノ)

XENO(ゼノ)
¥814 (2020/06/05 14:26:16時点 Amazon調べ-詳細)
[/su_box]

中田さんとの心理カードバトルはこちら
https://youtu.be/fnO_4f-kU7U

DaiGo
めっちゃ面白かった! だいたい心理戦系は、ゲームバランスを僕が参加すると壊してしまうので楽しめないことが多いですけど… これは面白かったです!

 

DaiGo
というわけで… 実は僕のニコニコのチャンネルで対談してほしいゲスト1位が中田さんなんです。

え〜、そうだったんですか!?
嬉しい〜!!

多分同じようにチャンネル登録している人もやっぱりいるみたいで、

DaiGo
確かに! コラボする度に、カジサックさんとコラボした時も、次は中田さんとぜひして欲しいと…

僕のチャンネル見てる人で、他の見てるリストはやっぱりDaiGoさんなんです。
僕自身がやっぱりDaiGoさん見て、チャンネルやろうと思ってやり始めたので…

DaiGo
ありがたい話ですよ。 ホントに!今ここでお話しさせて頂けるのは嬉しいです。今やもう僕よりもはるかに大きいチャンネルですけが。

いやいや…全然!違うジャンルですから。

DaiGo
僕が一番聞きたかったことですが、 僕と僕のフォロワーが聞きたいのが、中田さんがあの情報量をどうやって処理しているのだろうかと。多分本も読まないといけないだろうし、僕は論文とか読んでいるので、論文の方が難しいのではないかという人もいますが、論文は形が決まっているので、大事な情報がどこに書いてあるのか分かるんですよね。 あらすじみたいなアブスト(Abstract)というのを見て、実験デザインをチェックすれば大筋は分かるので、読みやすいんです実は。 でも、普通の本とか歴史だと、どこをまとめようとか、どういう風に頭に入れようとかいうことを相当大変なはずなのに、どのようにこなしているのか、中田さんの勉強術と読書術を今回は是非聞きたいと思います。

徹底的にお話しします。

逆に、YouTubeにどうしてきたんですか?とか、やっててどうですかというテレビ/YouTube比較論は多いですが、読書論について、ガッツリお話しするということは今までなかったので、がっつり初公開!
ここの人やDaiGoさんなら、聞いていただけそうなので、僕はすごい嬉しいですね!

1回読んだだけでは頭に入らないということを受け入れる

実は、僕はそれほど本を読む方ではなかったんです。

まず、同じ芸人でいうと又吉さんとか、読書好きの方がいるじゃないですか。それに比べると、僕は全く本を読む方ではなかったんです。

僕はしゃべり好きなんですよ。
めちゃくちゃ喋るのが好きで、「喋るネタを与えてくれるものだから読む」という感じなんです。

で、僕が思ったのは、普通に読んでても、やっぱり僕でも頭に入ってこないんですよね。

DaiGo
動画を見ると、いいところを強調して、要点を押さえているから、多分見ている人達は、読んだら一発で頭に入るんじゃないかと思っているのではないかと思いますけれど。

すごい吸収者みたいに思われますが、そうではなくて、僕も、やっぱり受験勉強をすごい頑張った時のことを思い出して、どうやって脳みそに定着させたかな〜と考えて、
まず、「1回読んだだけでは頭に入らないということを受け入れる」

1回で読もうと思って理解できなかったら、途中で挫折するじゃないですか。

DaiGo
コレ、至言ですね! 大体みんな頭に一発で入れようと思って、半分行く前に挫折してしまいますよね。

だから、わからないっていうことをまず最初に自分の中で受け入れて、1回ではこの人の話はわからないぞって思いながら、読み始めるんです。

で、途中「ん〜??」ってなってきたら、大丈夫大丈夫…まず1回、まず1回通してみよう。
苦しかったら、飛ばしながらでもいいんですよ。
なんとなく全体の地図をサーっと見て、「アソコとアソコ、ちょっとわかんないけれど、こんな感じなんっすね」ぐらいで読んでから、もう1回今度はゆっくり見るという…
さらに、その次の熟読の仕方も、自分の中で面白いなと思うところを優先的に力を込めて読めばいいんです。

本の全部をもらおうとしない

なんか、先輩と飲み会行っても、興味ある話の時と、まあ、どうでもいいかなという話とあるじゃないですか。

ポイント2が、本の全部をもらおうと思わない

本の中から何個か面白いことが頂ければそれで良くて、幕の内弁当を完食しようとしなくていいと。
あなたが好きなのは…コロッケとむきえびとうずらの卵でしょ。それだけ食べていいよ。ブロッコリー・玉ねぎ、残してもいい…ぐらいで考えちゃう。

DaiGo
投資家とかと同じ考えですね。投資家もよく投資の対象を魚に例えるんですが、頭と尻尾は残せと言われます。最後まで追うと株価が落ちるし、欲張るとダメだからお腹だけ食ったらOKにしろと。

選択するという意味では同じかもしれないですね。

だから、本を読むことに対して、皆さんすごいプレッシャーを感じてると思うんですよ。
全部読みなさい、読んだからには理解しなさいと考えてしまう。
全部読まなくていいし、面白いところだけ理解すればいいし、一発で理解しなくてもいいんです。

途中の軽アウトプット

僕の中で、やっぱりこれだなと思うのはアウトプットですね。

DaiGo
そうですよね、毎日やってますもんね。

そうなんですよ。
しかも、僕の場合、お客さん呼んでいるんですよ。
この自分のスタジオのところに20人ぐらいお客さん呼んで、時間で募集しちゃってるんです。中には、今日高知から行きますとか、遠くから行くっていう人がいるんですよ。
そりゃ、締め切りがあるから、読むんですよね。

DaiGo
あ〜、そっか、強制力がだいぶ働いているんだ!

やっぱり、そうなんですよ!
なんか、プレゼンの前だから資料作るとか、テスト前日だから勉強やるみたいな感じで、締め切りが作品を作るという概念があるじゃないですか。
なんか、そういうものもあるなって思っていて、強制的にこの時点で発表しますよっていうのが、まあ、ブーストかけてくれるかなと。
でも、それも一発でプレゼンしようと思うと、パニック状態になると思うんですよ、追い込みすぎて。

DaiGo
毎回新しい内容ですもんね。

新ネタ、毎日みたいな。

だから、軽出しするんです。
「軽アウトプット」コレ、結構おすすめなんです。

コレ、みんな、プレゼンを完成させてから、皆さんに出そうと思うと、ホントに磨きかけちゃうんです。もっといける、もっといける!まだ出したくない!
そうじゃなくて、例えるなら、料理の途中で、ちょっとずつ味見を人にしてもらうんです。

コレ、どう?コレ、どう?ってやりながらやると、味付けをちょっとずつ変えていけます。
「フルコースできました!食べてください!」だと、新婚の奥さんのやり方みたいになってしまいます。まだ、見ないで〜!みたいな。料理でも、日常になったら、作りながら、「コレ、どう?」「美味しい?薄い?」じゃあ足すとか、そんな感じになると思うんですよ。

僕も、読みながら、うちのスタッフとかに「コレ、おもしろいわ!」とか言うんですよ。
なんか、〇〇で〜らしいんだけど、実は〇〇だったみたいな…。どう?おもろい?どう?そこ、なんだっけな?もう一度読み直すけど…とか言いながら、ちょこちょこ喋るんですよ。

DaiGo
自分の足りていないところも分かるし、自分が面白いと思っていても、以外と刺さらないところとかも同時に見えてくるわけですね…

それがあると思うので、皆さんも、読書しながら、読んだ途中のところまででいいから印象を友達に喋ってみるとか、例えば、『サピエンス全史』とか『FACTFULNESS』買ったよ〜。「まだ、前半しか読んでないんだけど、結構面白いよ。なんか、〇〇で〇〇で、〜らしいんだって」「その続きをこれから読むんだけど、面白くない?」みたいな。
これぐらいのアウトプットでも、めっちゃ復習できるんですよ。

DaiGo
読み切らないで、読んでる途中にアウトプットしてモチベーションを保てるし、復習にもなるしと。

「途中の軽アウトプット!」これ結構いいんすよね。

僕も一人で黙々と最後まで読み切って、いきなり喋るっていうことだったら絶対に出来ないので、本当にちょこちょこ味見してもらいながらやってますね。

中田式ノート術「直メモ」

DaiGo
ノートとかは取るんですか?

ノートも作るときと作らない時があります。
読んで、分かったって、ホワイトボードを書き始めてしまうパターン、これは絶好調の時ですね。

それはもう構成が自分の中にホワイトボードでバンっとできた時は、イケるってなるんですよ!

DaiGo
よくあんなに一枚にまとまりますよね?

書きながら、まず骨だけ書くんですよ。
で、青い字とかで肉を足していくので、その骨のイメージさえできてしまえば、結構できてしまう。
だから、皆さんもパワポとかでプレゼンとかすると思うんですけれど、いきなり1枚のスライドを完璧に作って2枚目にいこうとしないで、1行の文を10枚作って、そこから写真を足したりサブタイトル足したりグラフ足したりするといいのかなと。

DaiGo
全体像を作ってから埋めていくと。

だから、あの箱の中の骨だけ決めちゃうというのは、結構自分の中ではやりやすいやり方かなと思いますね。

DaiGo
そのやり方は実は科学的にも証明されていて…メンタルマップと言うんですが… 本を読む前に本の全体像とか、あるいは、全く全体像がつかめない本だったら、自分がその本から何を学びたいのかという自分の中のQ & A みたいなものを作っておくと、モチベーションが続きやすくなる。

確かに!
どこに行くかわからないのに連れて行かれるジョギングとかつらいですよね。いつがゴールが分からないし…コンビニまで行くよぐらいだったらついていきますよね。
だから全体像を作ることが大事なんですね。

DaiGo
そうですね。 後はモチベーションが下がりそうな時に、メンタルマップの場合、付箋とかに自分がこの本を読んだら何を手に入れたいのかということを3つぐらい書いておいて、読んでいって途中で挫折しそうになったら、そのメンタルマップをもう1回見て、自分はこれを手に入れてこれだけでいいんだと思えれば戻れるという…

3つぐらい目的地をはっきり書いていくと。

これだけ!元を取ったら OK みたいな。

DaiGo
でも、中田さんやられてますよね? さっき面白いところだけとか、とりあえず通せばいいとか、そういうのは達成するのにすごく重要なんですよ。

選書は本屋さん

後は、本選びですね。

DaiGo
あ〜、それが一番難しいんですよね! 当たり本どうやって選んでいるんですか?

当たり本は、やっぱり書店ですね。

DaiGo
あ〜、本屋さんですか。

やっぱり、Amazon とかAmazon レビューもいいんですけれど、本屋がすごいのが、試し読み放題なんですよね。

DaiGo
確かにそうですね。

考えれば当たり前なんですけれど、よくよく考えると、全部中身を公開している店ってあんまりないと思うんです。

DaiGo
確かに! 他のビジネスではありえないと。 全部公開した上でそれを見て買うという…

そうなんですよ。
しっかり試し読みできるわけですからそれを使わない手はないし、その上で大事なのはあまり背伸びをしないことですね。

同じテーマの中で5〜6冊本棚の中に並んでいたら、やっぱり柔らか〜いのをいくという…

皆さん本屋に行っている時ってテンション上がり切っちゃっているから、俺は今日をきっかけに賢者になるとか思っちゃうんですよ。
だけど、買って後にいわゆる積読的な感じで読まなくなった本っていっぱいあると思うんです。
あの積読も気分が回ったら読むからそれはそれでいいんですが、それをやりすぎると、私って、僕って、本を買っても読めない奴っていう…劣等感になっちゃうんですよね。

なので、僕は柔らかい敵をまず選ぼうと思っていて、だから、漫画とかイラストが多いやつとかを重点的に探して、それでも分厚くても超おもしろそうという本は、本当にフルマラソンと例えて、本当に体調の良い時にやろうって。
デイリーで読むもんじゃないですよ。
フルマラソン毎日やっているマラソンランナーはいないじゃないですか。

DaiGo
確かに! 体壊しますよね。

だから、コンディション整って、すごい、あれ、一週間の休暇ができたとか、あれ、間の飛行機の時間長そうだとか、という時に、満を持して「あの分厚いのいってみようかな」
僕も『サピエンス全史』挑戦しようと思ったの、休日が続いたからなんですよ。
3日ぐらい空いてて、 「コレ、サピエンス全史タイムじゃない」と思って、で、上下巻いけたんですよね。

本は全てが素晴らしいというよりは、著者の個性とか癖がいっぱいあるじゃないですか。
だから、分かりづらいとかわかりやすいとかは、結構声に出して言います。

絶叫マシーンって黙っているとストレスあるじゃないですか。く〜っって!!
やっぱり、「きゃーーー!」って言いたいし手をあげたい!
本を読んでいても、黙々とこうやってやってたらストレス溜まるんで、「おもしろ!」とか、「コイツ、話長いなー!」とか言うんですよ。そうやって向き合うと、結構読めますよ。

DaiGo
ある意味、本との対話状態になるわけですね。

対話ですね!

本屋でも、かなり、「わあ、分厚いな」とか、アクションしながら出会いを探して、
週に1回とか2週に1回は行って、結構大量買いするんですけれど、それも結構、3時間ぐらいかけて選びますね。

DaiGo
すごい!選書のレベルがすごいですね。 ちなみにどこ見ます? なんとなく真ん中開くのか、それとも目次を見るのか。

目次、結構見ます!

目次は、結構何書いてんのかなは見ますね。
でも、結構好き嫌いもあるんですよ。

なんか、物件探しもそうじゃないですか。完璧な物件はなくて、内見しないで選ぶのが一番危険で。

内見、一応パッと見て 、間取りで見た時になんか条件合っていたけれど、なんか嫌だなという時あるじゃないですか。
それ、避けます。
なんか、著者の顔気に入らないとかも避けてしまいます。
気が合わなさそうって…

DaiGo
じゃあ、間取りが目次みたいな感じということですかね。

目次で間取りを見て、あと、書き口とか、外観とか、ホント物件探しですよね。

DaiGo
あ〜、では、内容だけでなく、本の印象とかも含めてということですかね。

あ、間取りいいじゃん!外観、まあまあいいかな…、オシャレかな〜みたいな。では、内装は…ん〜、ちょっと込み入った感じか、なるほど…。
でも、管理人の顔気に入らないな、やめとこ!みたいな。

DaiGo
おもしろい!

結構、わがままでいいと思っているんですよ。
本は、すごいもの、エラいものって思わないで、気の合う人を探してその人の話を聞くぐらいの感じでやっているので、なんか、できる範囲でやろうって…。

僕も再生回数上がってくると、すごいプレッシャーかかっちゃって。

DaiGo
次どの本を選べばいいかとか、どのテーマとか絶対大変ですよね。

そうなんですよ。
あと、なんか結構政治的な思想の違いとか、細い言葉や専門用語を間違えて言っちゃった時とか、そういう時にすごい批判が高まったりもするので、間違えちゃいけない、完璧にやらなきゃいけないと思うと、読書もなんかプレッシャーかかっちゃうんですよね。

DaiGo
そうですよね、面白くなくなっちゃいますよね。

だから、時間内にやれたものが、あなたの実力ってって必ず言っています。

みんな、時間さえあればと言いたくなるし、僕もなるんですよ。
毎日更新って決めて、そのペースで収録するって決めて、できなかったらできないで、これが実力だから…しょうがないじゃーんって言いますね。

そういう感じでやって、あんな感じですかね。

DaiGo
なるほど、最近も2ndチェンネルでしたっけ、禅の話をされていましたが、その思想に近いですよね。 受け入れると言うか何と言うか…

受け入れるしかない…

でも、前に進まないよりも前に進んだ方が全然いいし、やっぱり嬉しい出会いいっぱいあるんですよ。
この後にオンエアになるんですけれど、源氏物語…僕初めて見て、なんか貴族が恋愛する話でしょ、平安の…遠いな、オモロイ?みたいな。
読んだら、めちゃめちゃ面白くって!「ええええええ!天才やん!!」みたいな〜

DaiGo
それ文学作品としてということですか?

文学作品として、衝撃的によく出来てるんですよ。

DaiGo
本棚にはいろんなパターンの本がありますけれど、どれが良かったですか?

僕は正直コレ漫画で読んだんですよ。

DaiGo
カワイイ!なんかすごい!

この『はやげん』ってすごくよくて…これぐらい柔らかくていいんですよ。

DaiGo
すごいですね、みんな中田さんがここから始めるていると思ったら、もうみんなちゃんと本を読めるようになりそう。

そうなんですよ!

DaiGo
中田さんのイメージ、みんなのイメージは古文書とか広げて、そこから解読しているイメージですよ!

要するに、まず源氏物語の外観を知って、それが面白いんだよって伝わればよくて、専門的な知識とかは、それこそ、それで面白いと思った人とかが専門的な人に聞けばいいと思っているんですよ。

なんか、頭が良くなるとか、世間で使えるからと言うために僕は知識を皆さんに伝えたいわけじゃないんです。
最初のうちのチャンネルのテーマが、「学ぶって楽しい」という、ホントに子供みたいなテーマなんですけれど、なんか、何のために勉強するのってみんな子供に聞かれた時に、「〇〇に役立つから」「〇〇のためになるから」「立派になれるから」っていうゴールを設定しちゃうんですけれど、そうじゃなくって、学ぶっていうのは、行為自体がゴールで、すごく快楽なんだよ…

DaiGo
好奇心を満たすってことですよね。

そうなんですよ。
それを伝えるだけのチャンネルなんで、もう柔らかくていいし、あのマンガなんて読んで、めっちゃ面白いじゃん源氏物語って、ワーってしゃべるんですけど、そこから、本当の文章、古文とか入ってくれればいいかなと思っています。

DaiGo
興味を持たせることに特化しているということなんですね。

だから徹底的に柔らかいですよ。

多くの人が柔らかいものを食べる事をダサいって思いがちなんです。今回マンガですって言うと、良いの?マンガで?!ってなるんですけれど、良いんです!!って言うんです。
良いんです!だって源氏物語知らないでしょ?僕はマンガで読んで知っているんですよ。そして、面白いことを知っているんですよ。この差は大きいんです。お話し聞いてください…。こういう感じなんですよ。

DaiGo
素晴らしい!まさにそうですよね! ちゃんとやらなくちゃいけない、ミスっちゃいけない、というのが人間が行動しなくなってしまう一番強烈な障害です。 だから、文句は言うけれど、人生においてもチャレンジしないし、本もやっぱり読まないしってなっちゃうわけです。

紫式部とか、それこそシェイクスピアのマクベスとか、知ってるけれど絶対におもんないじゃんって思ってたわけですよ。

DaiGo
マクベスはどういうので?

マクベスも柔らかいんですよ〜!コレですコレ!!

¥1,430 (2020/06/05 10:54:20時点 Amazon調べ-詳細)
DaiGo
優しそう!

優しそうでしょ!
すっごい柔らかく書いてて、ほら、児童書みたいじゃないですか!コレぐらいのことなんですよ。

DaiGo
線を引いたり行間に色々書かれていますね? あっ、本の見返しにすごいメモを書かれていますね?!

本に直メモしているんです。
結構みんな本を神聖なものとして捉えすぎていて、なんか、汚しちゃいけないんじゃないかとか思うんですけれど、僕、帯すぐ捨てるし、文字めっちゃ書くんですよ。
汚していいんです。
この人と僕が付き合った形跡だから、これは全然失礼じゃないと思いながら書いて、この纏めた直メモ見ながらノートにまとめて、そのノートからホワイトボードに移行することもあります。

DaiGo
そして、今思いました。 大体の人がノートを取ろうとすると、大量のノートを取っちゃうじゃないですか。ほぼ全部書を写そうとしたり、よくあるのはマーカーで全部線引いちゃうみたいな。 でも、これだと、この見開きでのページしかないから、ちょうどいい量の多分情報量をまとめようとなりますね。

そうなんです、これも結局1枚にまとめているんですよ。

DaiGo
これはいいですね! これが本棚にあったら…マクベスの話を復習しようとか見たいなと思ったら、ひらいて見返し見ればいいだけになりますね。

そうなんですよ!!これ、結構いいですよ。本に書き込んどいて、1枚にまとめるように最初からやっとくわけです。

DaiGo
中田式ノート術だ!本直メモっていうのは、結構いいですね。やろうかな!

ぜひぜひ〜
結構愛着もわきますよ。

本当に良かったなっていう本は、どんどん本棚に残していって、なんか、僕ん中で時々読み返したくなる本ですね。
あと、古事記も面白かったな〜

¥1,320 (2020/06/05 11:05:51時点 Amazon調べ-詳細)

これです!これもマンガですよ!

DaiGo
面白いほどよくわかるシリーズだ!

これ、マンガでまず理解して、そこから文章いくと、文章入ってきやすいんですよ。

DaiGo
間違いなくそうですよね。 これで骨子がができるってことですよね。しかも、マンガだと、変に普通の本だと内容をまとめて頭に入れないと骨ができないけれど、マンガだと完全に頭に入りますね。

ここが面白い所なのねと分かってから文章を読んで補強すると、一番強く入ります。
柔らかいんですよ。出典はとても柔らかいんです。

DaiGo
なるほどね。 やっぱね、見栄はっちゃいけないんですね。

背伸びしないっていう…
すごい楽しく読めましたね、これは。

これ作った人すごいなと僕は思いますけどね。
マンガって、すごいカルチャーですよ。
だって、カトリックっていわゆる聖書が読めない人のために、偶像崇拝を乗り越えてでも聖画を書いたわけじゃないですか。

DaiGo
壁画とか宗教芸術ですよね。

絵を描いて、子供達には絵本のようにした、そんな中で、マンガっていうものって、その絵本とビジュアルブックの最先端というか…

それで今子どもたちは夢中になって読むわけじゃないですか。
マンガの発明って侮れないですよ。

DaiGo
実は情報量めちゃめちゃ多いですもんね。

多いですよ。
だから、こういうお勉強系マンガの評価はもっと上がってもいいのかなって思ったんですよね。

DaiGo
日本の画力はすごいですよね。アニメでもマンガでも、絵に乗せて情報を伝える能力って、多分日本人が一番優れているんじゃないかと思います。

やっぱコミックのチカラはすごいですよ。
だとしたら、日本というコミック先進国のお勉強系コミックは国民として享受しない手はないと思います。

僕は、幼少の頃親父にめちゃめちゃ勉強系マンガ読まされたんですよ。
なんか、少年ジャンプとかにたどり着くまでは長くて、本棚にやたらと歴史マンガと手塚治虫が並んでて、それしかマンガを買ってもらってなかったから、そればっかり読んでました。

DaiGo
英才教育ですね、ある意味…

そうなんですよ。
なかなかうまいことやりますよ!マンガが読み放題とか言って、全部為になるマンガですよ。

DaiGo
それはみんなパクった方がいいですよ。ほっといても読みますもんね。

マンガだと思って読むじゃないですか。そしたら、ことわざとか歴史がめっちゃ入ってきて…

DaiGo
意外とそう言った歴史マンガって、普通の下手なマンガより面白いですもんね。

面白んいですよね、ストーリーがいいから!
小説より奇なりだから。

DaiGo
これはだいぶいい話が聞けました。ありがとうございます!

今日は中田さんに読書と勉強のコツをお聞きしました。是非みなさん試してみてください。中田さんの著書『独学の教科書』もぜひチェックしてみてください。

科学的に頭に残すために効率的な読書については、読む前に好奇心を高めるというのがとても重要で、そのためにどのようにすればいいのかということが分かっています。そんな内容を解説した動画を今回のおすすめ動画として紹介しておきます。是非参考にしてみてください。

さらに読書を極めたいなら 本を読み切れるウォータールー大学式読書術 https://www.nicovideo.jp/watch/1537721283

子供のIQをあげる読書術とは?!

すぐにできる!記憶に残すための読書3つのポイント

今回のおすすめ本
XENO(ゼノ)
¥814 (2020/06/05 14:26:16時点 Amazon調べ-詳細)
SBクリエイティブ
¥1,650 (2020/06/05 09:30:50時点 Amazon調べ-詳細)
かんき出版
¥1,540 (2020/06/05 18:58:24時点 Amazon調べ-詳細)

他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-学習法・記憶法
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog