恋愛・結婚

付き合える確率が上がる【最大のモテポイント】が判明

付き合える確率が上がる最大のモテポイントが判明

DaiGo MeNTaLiST

男性でも女性でも使える恋愛のテクニックです。モテる確率を格段に高めてくれる要素はいくつかあり、例えば、親切な男性の方がそうでないイケメンよりもモテるとか、様々な研究を紹介させてもらってきました。
今回は、特定の誰かと付き合える確率を大きく高めてくれるポイントが見つかったというメタ分析から紹介させてもらいます。

モテる要素とは

モテるための要素はいろいろあります。例えば、健康的であるということは重要です。鍛えている男性の方がモテるのは健康的に見えるからですし、見た目が若い女性の方がモテるのは健康的に見えるからです。男性がイケメンの方がモテるのは、左右対称な顔の方が遺伝子が綺麗だからというように、それぞれの要素には理由があります。
そのモテる要素の中で親切と同じぐらいユーモアというものが大事だと言われています。ユーモアとか遊び心があるクリエイティブな人の方がモテるわけです。これはクリエイティブな人の方が頭が良くて、頭がいいということは様々な人生における困難や生存の危機に瀕した時に、クリエイティブな発想をもってそれを乗り越えていく可能性が高くなるからです。頭がいい人の方が生存能力が高いからモテるという研究がたくさんあります。

ユーモアと笑いのセンスがあればモテるの?

であれば、ユーモアを鍛える努力をした方がいいとか、お笑い芸人はみんなモテるのかと考える人もいると思います。
カンザス大学の研究で、過去に行われた恋愛と笑いに関する研究から15,177人分のサンプルを抽出したメタ分析があります。ちなみにこの論文を執筆されたジェフリー・ホールさんは、10年以上も恋愛と笑いの研究をされている有名な方です。
この研究によると、確かにユーモアとか笑いのセンスがある人の方がモテるけれど、ただ単に面白い人がモテるということではなかったということです。面白いだけではモテることとさほど相関がなかったということです。

モテるためには、笑いのセンスが合う異性である必要があるということです。しかも、良い関係が長続きしやすいということです。
つまり、僕達はお笑いのセンスがユーモアのセンスが必要なのではなく、同じことに対して笑えるということが大切だということです。いわゆる笑いのツボが合う人が、お互いに惹きつけます。

笑いのツボが合うことが大事

笑いのツボがお互いに合う、あるいは、相手の笑いのツボを理解した上で自分がそのような笑いやユーモアを表現したり、一緒に行動してともに笑えるような状況につなげていくことが大切です。

実際にカップルの満足度と大きな相関があったのは、笑いのセンスが同じであることでした。
恋愛で大切なのは笑いのセンスが合うことだといえます。下手に相手の性格を分析しようとか、好きな趣味やブランドを知ったり好きな食べ物を理解しようとするのも結構ですが、それよりも大切なのは笑いのセンスです。同じものを見て笑うことができるのかということが、とても重要になりますし、良い関係を続けることができるかどうかということは、笑いのセンスが合うかどうかということで見抜くこともできるということです。

面白いからモテるのではなく、お互いに面白いものが同じだから惹かれ合うということです。自分にとって面白いと思えることを言ってくれるからモテるわけです。

ちなみに、関西人に多いと言われるいわゆる他人をいじるタイプの笑いはお勧めしません。特にこのいじりをパートナーに向けた場合には危険です。
異性に対してこのようないじりを向けた場合、関係を悪化させる可能性が非常に高いということが分かっています。相手をからかうようなことを言いすぎると、恋愛は終わりに向かって進んで行きます。
一緒にブラックユーモアのあるような映画を見て笑うのは結構ですが、そのユーモアをパートナーに向けるのはやめたほうがいいということです。
是非参考にしてみてください。

まずはコンプレックスを解消して行動したい人におすすめの動画
コンプレックス解消の心理学
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1548477362

今回のおすすめ本

Researched by Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

Reference:https://kuscholarworks.ku.edu/handle/1808/21559


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.