恋愛

1.45倍モテるLINEの使い方〜500,000件の調査で判明

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

LINEやメッセージでやり取りをすることは恋愛でも増えてきたと思いますが、メッセージを送るときにはどのようなメッセージを送れば効果的なのでしょうか。

元になっている研究はモテるためにどうすれば良いのかというよりはどちらかというとラブレターに関する研究です。返信率が上がるようなラブレターやメッセージはどのようなものなのかというものです。

出会って間もない頃にどのようなメッセージを送れば返信率が上がるのかとか、どのような話を相手に振ると相手から見て皆さんの魅力が上がるのかという内容です。

返信率を高めるメッセージの送り方

2008年にカリフォルニア州立大学が出会い系サイトの協力を得て50万件を超えるファーストメッセージを分析しました。これから恋人になろうと思っている人たちが一番最初にどんなやり取りをするのかということを50万件も調査し、どのようなメッセージを送っている人が返信率が上がったのかということを調べてくれています。
それぞれのメッセージに含まれているキーワードやフレーズを集めて返信率との相関を調べました。どのようなキーワードやフレーズが返信率を高めてくれたのかということを調べたものです。
その結果としていくつかのポイントが見つかっています。

1. スラングが著しく評価を下げる

アメリカの調査ですからスラングと言うと英語の汚い表現かと思いますが、このスラングとはネットスラングです。ネットユーザーがよく使うような表記は真実を最大で14%も下げるということが分かっています。
明らかにそういう人が集まっている場合以外では特に初対面の場合には使わない方がいいということです。プロフィールなどにも使わない方が賢明です。

ただし、例外がありました。
ネットスラングの中にもなぜか返信率を上げるネットスラングがありました。このスラングを使った場合には返信率は1.4倍を超えるという差がありました。
それは・・・
自分の楽しさを表現するネットスラングに関しては逆に返信率が上がりました

スポンサーリンク

2. 外見を褒めると返信率は下がる

オフラインでもオンラインでもスベる人がやりがちなことです。
相手の見た目を褒める単語が多いメッセージを送るとなんと24%も返信率が低下しました

初対面の苦労や最初の頃はどうしても性格が分からないので見た目で判断しますが、徐々に親しくなるにつれて内面を重視するようになります。付き合い始めは外見を褒めて長く付き合うにつれて内面を褒めるようになりがちですが、初対面で外見を褒めるとスベるという研究はたくさんあります。初対面の人と仲良くなりたいのであれば内面を褒めた方が仲良くなれます。そして、長期の関係を持ちたいのであれば、性格を最初に褒めた関係で年数が経ちお互いのことがわかるようになった時に外見を褒めた方が長期的な関係に結びつきやすくなります
見た目に直結しない行動や考え方などの内面に対しての褒め言葉には返信率が上がります。初期においては相手がしている活動や趣味に対して褒めるのがいいということです。

人間は親しくなった相手に外見を褒められるのは嬉しいですが、まだ親しいわけでもない人に外見を褒められるのははっきり言って気持ち悪いことの方が多いのではないでしょうか。

つづきの、結構多くの人がしてしまいがちな失敗する挨拶・自己紹介から親しい関係になるための質問の仕方などを知りたい方は・・・
1.45倍モテるLINEの使い方〜500,000件の調査で判明したモテるファーストメッセージとは
続きは▶️ https://www.nicovideo.jp/watch/1552838463

タグ

-恋愛
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.