メンタル強化 起業・副業

【副業】落ち込みやすい性格を使って儲ける方法

落ち込みやすい性格を使って儲ける方法

DaiGo MeNTaLiST

この記事はこんな方におすすめ

  • 落ち込みやすい
  • 自分の性格が嫌だと感じる
  • 新しい挑戦をしたい

落ち込みやすい性格を利用

落ち込みやすい性格を利用して、儲けるための方法を紹介させてもらいます。
ちなみに、僕自身も結構落ち込みやすい性格でした。性格はなかなか変わらなくても、自分のなりたい性格を後から第二の性格として身につけるテクニックがありますので、そのような方法を使ってきたので、本当は内向的で決して活動的な人間ではありませんが、今では外交的に振る舞うこともできるし、スポーツなども活動的に色々できるようになりました。


最速で性格を変える方法

人それぞれ様々な性格があると思います。また、人によっては、飽きっぽい性格を変えたいとか、集中力のない性格を変えたいとか、 ...

続きを見る


メンタル弱い性格を変える10の介入行動

性格改造の話の続きです。 メンタルの弱い性格を変えて感情を安定させるにはどうすればいいのかということを紹介します。 前回 ...

続きを見る

とはいえ、落ち込みやすいとかうつ傾向のあるような人たちが、いきなり活動的になるというのも難しいものです。
ですが、この落ち込みやすい性格を使って儲けるための方法があります。
このような落ち込みやすい性格の人は、多くの場合みんなと同じような方法をしようとしますが、当然、みんなと同じようなことをするとみんなに負けてしまうことになります。落ち込みやすいですから、他の人よりも乗り越えるために踏ん張るべきところを踏ん張ることができなかったり、人に何か言われたことを気にしてしまい自分の殻に閉じこもってしまうということが起きるわけです。

ところが、落ち込みやすい人の方が優れている能力もあります。
今回はこの能力を利用してどのようにしてお金を稼ぐのかということを紹介させてもらいます。

落ち込みやすい人の才能

落ち込んだりへこんだりしやすい人は、実はクリエイティブな才能があるのではないかという研究がたくさんあります。

例えば、ゴッホやヘミングウェイなども誰もが認めるようなクリエイティブな才能を持っていますが、ヘタをすると病気だったのではないかと言われるぐらい変わった性格でした。ゴッホは、描く絵の耳がおかしいと言われただけで自分の耳を切り落としてしまうぐらいでしたし、ぶっ飛んでいる人たちが多かったわけです。
このような人たちは後世に名を残すようなクリエイティブなことを成し遂げているわけです。

オールバニ州立大学が、鬱とクリエイティブに関する研究を行なっていて、これは、うつ病とクリエイティビティとの相関に関して調べた研究から信頼度の高い36件の研究を元にしたメタ分析です。
この研究によると、クリエイティブな人ほど気分が落ち込みやすいということが分かっています。

ですから、皆さんの落ち込みやすさは自分のクリエイティビティの高さである可能性がありますので、それを使って何かを表現したり仕事に挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。
この研究では、美大生や小説家、シナリオライターや何かを作り出す職業の人達を徹底的に調べて、クリエイティブな人たちがどのような性格なのかということを調べています。
そこから、クリエイティビティと気分障害には相関関係があるということが確認されています。
音楽の能力であったりアイデアを広げるための拡散思考などの能力の高い人ほど、鬱の傾向が強かったということです。しかも、その効果量は中から大くらいでしたから、間違いなく落ち込みやすさと新しいことを思いつく能力であるクリエイティビティは相関しているということが言えると思います。

「気分のアップダウンの激しさ」が創造性と相関している

気分障害にも色々とありますが、クリエイティビティと最も相関が強かったのは双極性障害でした。いわゆる躁うつ病というもので、自分のアップダウンが激しい人です。
双極性障害までいかなくても、気分のアップダウンが激しいとか極端に落ち込みやすい人は、クリエイティビティの能力を持っていると言えるのではないでしょうか。
逆に、軽いうつ状態がずっと続いているような気分変調症などとはクリエイティビティとは関係がありませんでした。
要するに、気分の激しいアップダウンに繋がるような性格、あるいは、そのような状況にある人は、新しいアイデアを生み出すのが上手だったということです。

別のメタ分析でも、メンタルが健全な人と比べたときに、気分障害の人は創造性が高いのかということを調べていて、それによると、全体的に見るとそれほどクリエイティビティとは相関がないのではないかという研究もありますが、例えば、絵を描くようなことに関しては気分障害と相関性が確認されたり、双極性障害や強烈なうつ病などはクリエイティビティと相関関係があったということがいわれています。

気分のアップダウン→世界の見方が変わる

気分がアップダウンした時には世界の見え方が変わるわけです。
誰でも同じだと思いますが、気分がいい時には全てのことが良いように見えますが、気分が落ち込んでいる時には全てのことがネガティブに感じるようになるはずです。
このような人間の気分のアップダウンというものは、あらゆるものに対して新しい見方をするためにとても必要な能力だということが言えるわけです。

そういう意味では、常にポジティブな人はずっと同じ世界を見ています。ですから、常に同じ方向からしか物事を見ていないので、新しいアイデアが出てこないわけです。
ところが、気分が落ち込みやすい人は、気分が落ち込み度に新しい世界を見ます。そして、その落ち込みから回復するとまた別の世界が見えます。それにより人よりも多くの世界を見て、多くの情報を手に入れ多くの物事の見方をすることができるので、新しい事を思いつきそれを形にするというような仕事をする場合には、大きなメリットがあると言えます。

ですから、ずっと落ち込んでいるのがいいというわけではなく、落ち込みやすいのはいいということです。落ち込んだ時にそこから戻るためのテクニックを身につけておいたり、割と内向的で落ち込んでいる状態が多い人は、それを根本的に変えるまでしなくても、一時的にそれを上げることができるようになれば、アイデアが形になりやすくなるということです。

世界の見え方を変えることができる才能

他の過去のデータを参照しても、ポジティブな状態でないと創造性は上がらないのではないかという研究もあります。このような一見矛盾する研究があるように見えるのは、気分のアップダウンにより世界の見え方が変わるということが重要だからです。
ですから、ずっと落ち込んでいるような人は強制的にでも自分で一時的にそれを上げることができるテクニックを学ぶ必要があります。
逆に、いつもポジティブで落ち込まない人が一番難しいです。強制的に落ち込むための方法というのはなかなかありませんので、このような人たちはリスクに挑戦します。ピンチと向き合って自分が追い詰められることによって、世界の見え方が変わります。
ポジティブな人はそこまでしないと落ち込まないので、むしろ、落ち込みやすい人は簡単に世界の見え方を変えることができると言えます。
決して、落ち込むのがいいことだとは言いませんが、このように考えると、落ち込むことができるのはある意味才能でもあるわけです。ちょっとしたことで世界の見え方を変えることができる才能です。

ですから、自分が世界をポジティブに見たいと思った時には、そんなスイッチを入れられるようになり、落ち込んだ時にはすぐに戻すことができるようになればいいわけです。
そうすると、落ち込むことすら楽しくなってきます。
落ち込んだり嫌なことがあったりすると、へこんでしまいますが、そのへこんだ時にも今世界の見え方が違っているはずだから、今までやってきたことをもう一度ここで考え直してみようとすると良いアイデアが思いついたりします

落ち込んだ時にはそれを利用し今までの悩みを考え直す

落ち込んだ時には、当然その原因であることについてはいろいろと考えるとは思いますが、その解決策や対応策は考えたとしても、その落ち込んだ気分はしばらく続くので、せっかく落ち込んだのだから世界の見え方が変わっているはずなので、今まで考えてきたけど新しいアイデアが出なかったことや、今までのポジティブな状態で解決策を見つけることができなかった悩みなどを少し考え直してみようとしてみてください。
そうすると良いアイデアが出る可能性が高くなります。

ただし、この落ち込んでいる時には結論は出さない方がいいです。アイデアを広げるのはいいですが、そのアイデアをひとつにまとめたり結論を出すのは、気分が落ち込んでいる時よりは気分が上がっている時の方がいいです。
ですから、落ち込んだ時には結論は出さずに思いつくアイデアをただただ書き出してみてください。
それを自分の気分が上がってきた時にもう一度見直して、色々な視点で出したアイデアをうまく結びつけて答えを導くようにしてみてください。

新しいアイデアを生み出すためにその才能を!

このような戦略をとってもらえると、落ち込みやすい人の方が様々な視点での多くのアイデアが出ますし、ビジネスでも間違いなく儲けることはできます。
実際に、スティーブジョブズさんのようなシリコンバレーで活躍した人たちもメンタルがやばい人たちが多かったようです。
これも気分のアップダウンがあった方が、物事の見方が変わることでアイデアが出るからです。
そういう意味で落ち込みやすい人にはアイデアを生み出す才能がありますので、是非覚えておいていただけたらと思います。

性格は使い方次第です。
まずは自分の性格を受け入れて、その上で必要な特性を身につけることが大事です。皆さんが自分の性格を上手に使うことができるようになるためのおすすめの本と動画を紹介しておきます。そちらも是非参考にしてみてください。

性格は変わらなくても行動を変えるためのおすすめ動画
性格を外交的に変える10の行動
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1549683243

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1745691617699653?journalCode=ppsa


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化, 起業・副業
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.