お金・ビジネス 人間関係

お金がなくなる人の人間関係の特徴

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • お金を無駄に浪費したくない
  • お金を無駄に浪費する人を見抜きたい

浪費が増えてしまう人間関係とは?!

お金を浪費しやすくなってしまう人間関係の特徴について紹介させてもらいます。

この人間関係を持っているからお金がないかというわけではありませんが、少なくとも、お金を浪費してしまうことは増えるということを示した研究から紹介させてもらいます。

ある特徴を持った人間関係を持っていたり、そのようなコミュニティや会社に属している人、そんな友人関係が多い人は、どうやらお金を浪費しやすくなるということが、ミネソタ大学などの研究から考察することができます。

これは特に男性に当てはまります。
男性の方は、こんな人間関係を作らないように気をつけていただければ、無駄な浪費を止めることができますし、女性からすると、今回紹介するような人間関係を持っている男性をパートナーにしたり結婚してしまうと、将来パートナーがお金遣いが荒くなってしまい自分の家庭が危険に陥る可能性があるので、それを未然に避けることもできるかもしれません。

人間関係やコミュニティの男女比が浪費を左右する?!

広くお金遣いが荒い男性が持っている特徴とはということになります。
実は、男性のお金遣いは、その人の持っている人間関係やコミュニティの男女比に大きく左右されるということが今回の研究から示されています。

お金の使い方としては、無駄なものにお金を使わないようにして、自分がここぞという時に決めたことに対してだけお金を投資することができるようにすると、人生がうまくいくものです。
ただお金を貯めるだけではなく、無駄なことにお金を使わないようにするための方法については、今回のおすすめの動画として「貯金の全技術〜無駄遣いを防いでひと財産を作る方法」を紹介しておきますので、そちらを見ていただければ、より詳しく理解していただけるとは思います。

メンタルブログ で読むならこちら

「貯金の全技術〜無駄遣いを防いでひと財産を作る方法」

そんな中でも今回は人間関係に焦点を当てた内容になります。
ミネソタ大学をはじめとする大学などの研究で、アメリカの132の都市からクレジットカードの利用履歴やキャッシング履歴をまとめた負債データを集めて、それぞれの住民がお金をどれだけ浪費しているのかということをチェックしました。

そして、そのデータをそれぞれの街の住民たちの男女比と比較しました。男女比によってお金の消費量が変わるのではないかと考えたものです。
所属しているコミュニティや人間関係の男女比を調べて、例えば、女性の友達が多い男性と男性の友達ばかりの男性とで、どちらの方がお金を使いやすくなるのか、女性が多い地域と女性が少ない地域で土井らの方がお金を使いやすくなるのかということを調べたわけです。

男性の多い地域の方が男性の消費が増える

そんなことで違いは出ないような気がしますが、例えば、アメリカのジョージア州にあるメーコン市とコロンバス市を比べると、文化や経済状況はほとんど同じであるにも関わらず、なぜかメーコン市よりもコロンバス市に住んでいる人の方が金遣いが荒いということです。

しかも、少しの違いであれば気にもなりませんが、メーコン市の人よりもコロンバス市に住んでいる人の方が3479ドルも年間で浪費しているということです。
つまり、文化圏や経済状況は同じなのに、一人当たりで35万円ほども余分に使っているということです。

なぜこんなにも違いが現れるのかということを考えた研究者が、今回の研究を行いました。
研究チームが立てた仮説としては、住民の男女比の違いが金遣いの違いになって現れるのではないかと考えました。

普通に考えると、女性よりも男性が多いエリアに行くと、当然ですが、男性は女性をゲットできる確率が減りますので、生物として見栄を張りたくなり、一生懸命服にお金を使ったりかっこいい車を買ったり、いい家に住んだりしてお金を使い、女性に対して経済力があるということをアピールして気を引く必要が出てきます。

女性の気を引くために余計なものにお金を使ったり、高いプレゼントにお金を使ったりして、そんな見栄を張ることをした結果として支出額が上がっているのではないかという仮説を立てたそうです。

実際に調べてみたところ興味深いことが分かっていて、確かに、女性よりも男性が多い都市の方がクレジットカードの使用量が多かったということです。

ただこれは完全な因果関係ではなく相関関係ではありますが、なんとなく頷ける話でもあると思います。
皆さんが住んでいる地域や皆さんのコミュニティで、女性の数が少なければ少ないほど、その少ない女性を男性たちは取り合う必要が出てきますので、その結果、金遣いが荒くなってしまう可能性はあると思います。

男女比の印象だけで選択が変わる?

この研究チームは、さらにこれを調べるために研究室での実験を行っています。18歳から36歳までの男女205人に3つの写真を見せています。

  • 女性よりも男性がたくさん写っている写真
  • 男性よりも女性がたくさん写っている写真
  • 普通の風景写真

この3つの写真を見せました。
そして、実験に協力してもらった協力金として、今すぐお金をもらえるのと1ヶ月後に多めにお金がもらえるということを用意して、どちらかを選んでもらいました。

つまり、今すぐ報酬をもらうか、1ヶ月後にさらに大きな報酬をもらうのかという遅延割引という考え方を調べようとしたわけです。

結局、お金を貯金できて無駄遣いをしない人は、ご褒美を先に伸ばすことができる人です。
今1万円もらうよりも1ヶ月後に1万千円もらった方が、よほどお金に困っている場合でなければそちらの方が得です。

目の前の誘惑に抗い将来の大きな成果を手に入れる判断を出来る人が、基本的には人生で成功もしやすいですし、浪費も少なくなると言われています。
この実験ではその違いを調べようとしたわけです。

その結果、男性の方が多い写真を見せた男性は、謝礼をすぐに貰う傾向が高かったということです。
つまり、男性に対して女性よりも男性の方が多い写真を見せると、男性は競争心が沸いてしまい目の前の誘惑に弱くなってしまうということです。
そのせいで金額が少なくても今すぐ謝礼をもらうという選択をする人が増えたそうです。

逆に、男性の方が女性よりも多い写真を見ると、男性は1ヶ月後まで伸ばしてより多い謝礼をもらう選択をする傾向が高くなったそうです。

ですから、自分のコミュニティの中に女性が少ないと感じている男性が浪費をしやすくなるだけでなく、写真を見せただけなのに、男性に比べて女性の方が少ないという気分になるだけでも、男性は衝動的になってしまい短期的な行動を取りやすくなるということです。
つまり、無駄遣いが増えて貧しくなってしまう可能性が出てくるということが今回の研究からわかったことです。

ということは、女友達が少ない男は浪費してしまう可能性が高くなるということになります。
いわゆる独身貴族と言われますが、女友達が少ないそんな男性たちは、結構無駄なことや趣味にお金を使うことが多いと思います。
自分の収入以上にお金を使う人は、確かにこれに当てはまるような気がしますし、経験的に 理解できると思います。

人間関係が充実していて友達が多いような人であればまだしも、そうではなく、自分の限られた人間関係の中に女性がわずかしかいないとなってしまうと、モテたいからなのか、やはりお金をたくさん使いやすくなるというのは頷ける話だと思います。

女性が少ないコミュニティばかりに参加している人や、女友達が少ないという男性は、少し気をつけておかないと、知らないうちにお金を無駄に使い過ぎてしまう可能性があるということです。
そう考えると、異性としては別に女友達は作ったほうがいいということになります。

女性はどうなるのか?

ちなみにこの実験の女性の場合はどうだったのかということですが、これは男性の皆さんは覚えておいた方がいいと思います。

女性の場合は、お金に対する衝動性は変わりませんでした。女性は男性が多くても女性が多くても自分のお金の使い方は変わりませんでした。
ところが、女性は女性よりも男性が多い写真を見せると、男性がお金を使うのが当然だと考えやすくなったということです。

つまり、男性の方が多いコミュニティに属している女性は、男性におごってもらったり、男性の方がより多くお金を出すということを当然だと考える傾向が高くなるということです。

要するに、自分の周りにはたくさんいい男がいるとか、自分にはたくさん男友達がいるという女性は、もちろん全員ではありませんが、比較的男性が奢るのが当然だと考えやすくなるという傾向があるわけです。
女性もこのコミュニティにおける男女比の影響を受けているということです。

まとめると…

まとめると、女性が男性を選ぶ時には、女友達が多い男性の場合は、不安に感じたり浮気してしまうのではないかと考えるかもしれませんが、お金の浪費の点で考えるのであれば、女友達もある程度いたり女性も多いコミュニティに属している方がいいということです。

お金の面では安心できる男性を選ぶことができると思います。
男友達ばかりで集まっている男性は浪費が加速してしまう可能性もありますので、気を付けた方がいいということです。

男性に対するアドバイスとしては、男友達が多い女性は、結構お金を使うことになると考えた方がいいかもしれません。
男友達が多かったり男性が多いコミュニティに属している女性は、比較的男性にお金を出させることに対して抵抗が少ないので、お金がかかる女性は嫌だと思う男性は、そのような女性は避けた方がいいかとは思います。
ぜひ参考にしてみてください。

研究チームのコメントとしては、周囲の男女比率によっても、人間の欲求や行動や心理状態というものは気づかないうちに結構変わるものだとされています。

ですから、コミュニティの男女比や、相手に男性と女性の友達のどちらの方が多いのかということは、知り合った頃や初期の頃に確認しておいた方がいいのかもしれません。

男性の皆さんは、普通に恋愛とは関係のない女性の友達も作っておくことをお勧めします。あるいは、そんな女性がいるコミュニティには参加しておくことをお勧めします。

今回はそんな無駄遣いを防ぐための方法について紹介させてもらいましたが、今自粛中で家にいる時間が増えていると思いますが、これが続けば結構通販などで無駄遣いをしてしまう可能性も増えてくると思います。
政府の援助がどれぐらいあるのかも見えず、仕事の先行きも見えてこない状態で、もちろん大事なことにであればお金は使うべきですが、浪費をしすぎてしまうとやはり生活が苦しくなってしまいます。

ぜひ貯金の技術は学んで頂きたいので、今回のおすすめの動画として「貯金の全技術〜無駄遣いを防いでひと財産を作る方法」を紹介しておきます。

女友達を作ることが大事だとか女性が多いコミュニティに参加した方がいいと言われても、自分はコミュ障だし、自分は女性に対しての印象があまり良くないと考える人もいると思います。
これは男性でも女性でも同様ですが、印象がいい人の話題選びには特徴があります。
そんな印象がいい人の特徴について解説した「なぜか印象がいい人の話題選びの特徴が判明」も紹介しておきます。
男性でも女性でも、普通に友達として良い印象を持たれやすい人の話題の選び方というものがわかっています。
そんな話題の選び方について解説していますので、ぜひこちらも参考にしてください。

今回のおすすめの本としては、お金で無駄に損をしたくない人に読んでいただきたい『「幸せをお金で買う」5つの授業』を紹介しておきます。
これは幸せをお金で買うというすごいタイトルですが、お金をどのように使うと人間が最も幸せになれるのかということを解説してくれています。

例えば、1万円を使って1万円の価値を手に入れる人もいれば、1万円を使っても5000円の価値を手に入れることしかできない人もいるし、1万円を使って10万円の価値を手に入れる人もいます。
ワインであればどこから買うかによって値段は全く変わってきます。
1万円のワインでも高いお店で飲んでしまうと2万円も3万円もしてしまいます。その1万円のワインも、うまくフランスから仕入れたりすることができて5000円で買うことができれば得をすることができます。

このお金の使い方による損得を人生のレベルまで拡張した際に、人間は一体何にお金を使えば一番良い人生を送ることができるのかということが見えてくる本になります。
かなり面白い本ですのでぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
お金で無駄に損したくないなら
¥1,584 (2020/09/21 03:29:18時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21767031

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 人間関係
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog