読む・操る

港区女子の頭が悪い科学的理由【アレとアレを同時に意識するとバカになる】

この知識はこんな方におすすめ

  • ムダに認知機能を下げたくない
  • 港区女子の末路とは?

あるステレオタイプによって女性の認知機能が下がってしまう?!

港区女子の頭が悪くなる科学的理由として紹介したいと思います。
もちろん港区女子の中にもいい人はいると思いますが、僕は今まで会ったことありませんし、大抵の港区女子はがめついけれど頭が悪いイメージがあります。
半分ぐらいネタでいつも僕がディスっている港区女子ですが、どうやら港区女子がどんどん頭が悪くなっていく理由がある論文から見て取れましたので、今回はそんな港区女子が頭が悪い理由について紹介させてもらいます。

特に個人的に恨みがあるわけではありませんが、半分ぐらいいつもネタで言ってはいます。
ですが、どうやら頭が悪いのは本当のようです。
ネブラスカ大学リンカーン校の研究で、とあるステレオタイプによって女性の認知機能が下がりやすいということが分かっています。
これが完全に港区女子に一致します。

この研究では395人の女性を集めて、それぞれのお金に関する意識をチェックして人間の認知機能がどのように変わるのかということを調べています。
お金の事をやたらと意識する特徴を持っている女性や、自分はもっと女の子らしくいたいとかもっとセクシーでいたいと意識する女性がいると思いますが、お金を求める意識と女らしさを求める意識の2つが揃うと認知機能が悪くなってしまうのではないかということが分かっています。

女性らしさを強く意識すると・・・

まず1つ目のポイントとしては、自分の性別を強く意識していて、もっと女らしくいなくてはいけないと考えている女性、または、女性は博愛主義で周りのみんなに優しくしたりするべきだと考えていた女性ほど、女性はお金に関連したことは得意ではないしビジネスなどにも関わるべきではないという思い込みを持っていました。
要するに、自分は女性らしくあろうと思っている人ほど、なぜか自分はお金に関連することやビジネスは得意ではないと思い込んでいる傾向があったということです。

ですから、女性は自分が女性らしくあろうと意識すればするほど、思い込みとしてお金が苦手になってくるということです。

スポンサーリンク

女性らしさとお金を連想すると・・・

続いて行われたフォローアップの実験では、179人の女性を対象にしていますが、参加者の半分にバレエシューズや口紅や札束などの様々な画像を見せて、女性らしさとお金を連想させるということを行っています。
例えば、口紅とかドレスの画像を見せれば「女性らしさ」のようなイメージが刷り込まれます。お金とかバーキンとかブランドものの服の画像を見せれば「お金持ち」「リッチ」のようなイメージが刷り込まれます。
いわゆるプライミングと呼ばれるものですが、このような女性とお金をイメージするような画像を見せてまずは刷り込みを行ったわけです。

そして、残りの半分のグループには、筋トレグッズのような男性らしさをイメージする画像、または、性別をあまり感じさせないようなニュートラルな画像を見せました。

つまり、女性に対して、女性らしさとお金をイメージさせたグループと男性らしさとニュートラルなイメージを持たせたグループに分けて実験を行っています。
全員に対して頭の回転を測る認知テストを行ったところ、女性らしさとお金のイメージを刷り込まれていたグループは、認知機能のパフォーマンスが低下する傾向が確認されたということです。

ですから、女性に対して女性らしさを連想させるものやお金を連想させるものを見せると、結果的に頭の回転が悪くなってしまうようです。

「女性らしさ」と「お金」 矛盾した概念

なぜこのようなことが起きてしまうのかということについて、研究チームのコメントとしては、女性らしさとお金の概念という普通であれば女性の頭の中であまり両立しないような概念の両方が活性化されると、多くの女性は脳に大きな認知的な負荷がかかってしまうのではないかと推測されています。

要するに、女性は女性らしさを認識すればするほど、自分はお金が苦手だとかお金とは遠い存在だと思い込みやすい性質が元々あります。
これは、女性らしさという事とお金というものが矛盾している状況です。
女性らしさを意識するとお金が苦手になり、お金を意識すると女性らしさが損なわれるという思い込みがある中で、女性らしさとお金の両方を女性の脳に意識させると、両立しない2つの概念が認知機能に負荷をかけてしまい、その結果として頭の回転が遅くなるということです。

スポンサーリンク

おじさんのお金目当てに女性らしさを強調していると・・・

これを考えると港区女子が頭が悪い理由が分かるのではないでしょうか。
いわゆる港区女子というと、お金を持ったおじさん達の興味を引きたくてやたらとセクシーな格好していたり、おじさんウケがいい感じの女性らしさをやたらと意識していると思います。
そもそも今の時代はジェンダーレスですから、ボーイッシュな女の子がいてもいいし女の子っぽい男の子がいてもいい時代ではありますが、港区女子達がターゲットとするおじさん達はそんな世界ではないので、女の子にはやたらと女の子っぽいイメージを求めがちです。
そんなおじさん達をターゲットにしているわけですから、港区女子は女の子らしさをやたらと強調します。
とはいえ、結局彼女たちの求めているのはおじさん達のお金ですから、そうなると常にお金のことを意識しながら女性らしさを出せているかどうかということを意識するようになります。
それにより脳にどんどん負荷がかかり認知機能は下がっていくので、おそらく頭がどんどん悪くなっていくのだろうということが分かる研究でした。

今回は、そんな少しマニアックな研究から港区女子が頭が悪くなってしまう原因について考察してみました。
遊びを交えた考察ではありますが、なんとなくうなずける話なのではないでしょうか。

そもそもお金をあまり意識するといいことがありません。
自分が好きでしていることや極めたいと思い続けていることが結果的にお金に繋がるのはいいですが、あまりお金を意識しすぎると他人に対して嘘をつきやすくなったりすることもあります。
会話をする時に見えるところにお札を置いておくだけで、人は嘘をつきやすくなるということが分かっています。

これと同じように、男らしさや女らしさといったジェンダーを意識することも人間の脳に負荷を与えてしまう可能性があります。
お金やジェンダーについてあまり意識するのは良くないのではないかと考えられます。

ステレオタイプを利用して自分の印象を良くするために

今回は女性が持っているステレオタイプが悪い方向に働いてしまう事例を紹介させてもらいましたが、この思い込みやステレオタイプというものは上手に利用することができれば、自分の印象を手軽に変えたり操作したり、印象を良くすることができるものです。

このステレオタイプを良い方向に利用して自分のパフォーマンスを高めたり、相手からの印象や評価を高める方法について解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

【ステレオタイプ利用法】最も手っ取り早く自分の印象を操作する方法を解説【印象操作の心理学】

こちらは自分の印象をコントロールするための印象操作の心理学について解説した内容になっています。
第一印象で嫌われやすいとか誤解されやすい、あるいは、印象を良くして相手の心をつかみたいと思っている人はぜひ参考にしていただけたらと思います。
こちらの動画は今なら20日間無料で見ることができますので是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

人間のステレオタイプについて学ぶために

ステレオタイプについてまとめてくれているとても興味深い本も紹介しておきます。

ジェンダーの問題でも必ず関わってくることではありますが、例えば、海外ではアジア人は数学能力が高いと思われていたりします。
そうすると、そのような社会通念のようなステレオタイプがある中で暮らしている人の場合には、自分がアジア人だということを意識させられると数学の点数さえも上がるということがあります。
このような社会通念やステレオタイプがどのように僕たちの人生を変えてしまうのかということを教えてくれる本です。

天才に勝つためのおすすめ

僕の新刊も紹介しておきます。
凡人が天才に勝つことができる唯一の方法でもあるクリティカルシンキングについてまとめた内容になっています。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

今なら20日間無料!

【ステレオタイプ利用法】最も手っ取り早く自分の印象を操作する方法を解説【印象操作の心理学】
今回の参考

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Allen, J., & Gervais, S. J. (2017). The femininity–money incongruity hypothesis: Money and femininity reminders undermine women’s cognitive performance. Psychology of Women Quarterly, 41(4), 407–419

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る
-,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog