心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

集中力

丸一日続くやる気を作るマイクロバースト法

投稿日:2019年8月13日 更新日:

丸一日続くやる気を作るマイクロバースト法

DaiGo MeNTaLiST

マイクロバースト法

僕も実践していて、やる気を一日中高止まりさせてくれるマイクロバーストというテクニックを紹介します。
これにより人間の活力やモチベーションややる気というものが高い状態で維持されるというものです。
マイクロバーストとは、一定時間ごとに細く運動を繰り返すというテクニックです。例えば、1日の終わりにまとめてジムでトレーニングするのではなく、1時間に1回5分ずつ軽く運動するというような方法です。

このマイクロバーストは様々な効果が確認されています。
マイクロバーストを続けると、活力やモチベーションが1日中続く上に、1日を通して感じる疲れが少なくなるということが分かっています。つまり、実際には動いているのに疲れも感じにくくなり、モチベーションややる気も高いまま維持できるということです。

実際の研究では、20歳から50歳の間の30人の男女を対象に、3つのパターンを日替わりで試してもらい、活力や集中力などを測定する実験を行っています。

朝に30分ウォーキングをして、6時間の座り仕事を行ったグループ

1時間おきに5分間のウォーキングを6回繰り返して、6時間の座り仕事を行ったグループ

運動はしないで、6時間の座り仕事を行ったグループ

全員のメンタルの状態や活力をチェックしたところ、始まる1時間程度は纏めて30分間運動している人たちの方が、幸福感や活力は高くなりましたが、1日を通して平均してみると細かく分けて運動をするマイクロバーストをしている人たちの方が、活力や幸福度も高くなり仕事も進むようになったということです。
つまり、朝まとめて運動をすると運動をした直後にはモチベーションは高くなりますが、1日を通してモチベーションを高めたいのであれば、細かく分けて軽い散歩やスクワットなどを行なった方がいいということです。
モチベーションが安定しないとかやる気が落ちやすいという人は、マイクロバースト試してみるといいのではないでしょうか。仕事や勉強もはかどると思います。

1日の疲労感も減り食欲まで!

さらに、1日の仕事が終わった後の疲労感もマイクロバーストを行なったグループが最も少なくなっていました。動いている時間は変わらないのに、細かく分けて動いた方が仕事に対する疲れも少なかったということです。

マイクロバーストはダイエットにも効果があるということも分かっています。マイクロバーストを行うと食欲が下がるということです。下手に間食をしたりドカ食いをすることも少なくなります。

運動すると頭の回転が良くなると言われますが、脳の機能自体には纏めて運動してもマイクロバーストでも差はありませんでした。
ですから、モチベーションややる気を1日中持続したい、毎日の疲れを減らしたい、ダイエットをしていて食欲を減らしたいという方には、マイクロバーストのテクニックはおすすめです。

ちなみに、僕の場合は、20〜30分程度のハードな運動をすると頭の回転が良くなるということが分かっていますので、朝起きてからHIITなど激しめの運動をして、その後は、疲れを翌日に残さないためにも1時間に1回ぐらいの運動や散歩をするようにしています。これにより、モチベーションも続き頭の回転も良くなる上に疲れづらくもなります。

運動以外でモチベーションをコントロールしたい方におすすめの動画
メンタルを自在に操るための呼吸の科学~不安とやる気を操る7つぐらいの呼吸法
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1561783207

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5094084/

タグ

-集中力
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.