人間関係

このタイプの人が少ない職場はやばいです、あなたが鬱になっても容赦なく搾取されます。

この知識はこんな方におすすめ

  • 自分が譲ることが多い
  • 搾取されたくない!

他人のために自分を犠牲にしがちな人は
マ◯◯ャーを集めないと危険

ペンシルベニア大学ウォートンスクールで組織心理学を研究されているアダム・グラント博士の研究をもとに、一番良い人間関係を作るためには、どんな特徴を持っている同僚や友達を周りに集めればいいのかということを紹介させてもらいます。

僕の紹介している心理学を学んでくださっている皆さんは、自分の人生をより良くしたいと思っているはずですし、周りの人も幸せにしたいと思っていて、きっといい人だと思います。

ところが、「いい人」は搾取されたり食い物にされてしまうことが結構あります
自分がもらうよりも周りの人に多くを分け与えてあげようとする人をGIVER:ギバーと言いますが、自分はほとんど周りに何も与えないのに、周りから奪うばかりをしているTAKER:テイカーの食い物にされてしまいがちです。

では、皆さんがGIVER:ギバーであれば、周りにどんな人間関係を作れば、TAKER:テイカーに搾取される恐怖から自分を守ることができるのでしょうか?

人を疑うようになってしまうと、GIVER:ギバーの人のメリットはなくなってしまいます。
人に多くを与えるGIVER:ギバーは、収入でも幸福度でも奪う人よりも高くなるということが確認されていますが、TAKER:テイカーの食い物にされてしまうと幸せにはなれません

ですから、GIVER:ギバーの人は、自分を守ってくれる人間関係を周りに作っておく必要があります。
自分の周りにTAKER:テイカーから守ってくれる人がいれば、食い物にされそうになった時に搾取されずに済みます。

身の回りにMATCHER:マッチャーの仲間を!

どんな仲間を集めればいいのかと言うと、MATCHER:マッチャーを周りに集めてください。

ギバー(Giver:与える人):自分がもらうよりも相手にたくさん与えようとする

テイカー(Taker:奪う人):相手に与えるよりも自分が多くを取ろうとする

マッチャー(Matcher:バランスをとる人):自分と相手の利益のバランスを取ろうとする

ギブアンドテイクのバランスを取ろうとするMATCHER:マッチャーがGIVER:ギバーの周りにいると、TAKER:テイカーがGIVER:ギバーから搾取しようとしている時に、それを止めてくれる性質があります。
バランスを取ろうとするので、他の人が多くを与えたり多くを奪っていると納得いかないと考えます。

MATCHER:マッチャーの特徴として、良いことをしている人は報われて、悪いことをしている人は罰せられるべきだと考えています。

皆さんが多くを与える人だとしたら、TAKER:テイカーが皆さんのリソースを奪おうとしても、 身の回りにMATCHER:マッチャーがいると、搾取することが難しくなります。

みんなが喜んでくれるなら自分は多少我慢してもいいとか、周りの人が喜んでくれるなら自分は譲ってもいいと考えるタイプの人は、その性格自体はとても素晴らしいのでそのままで構いません。
ですが、多くを奪おうとする人から皆さんを守るために、ギブアンドテイクのバランスを考える人を身の回りに置いてください。

MATCHER:マッチャーの見つけ方

例えば、何か贈り物をした時に必ず律儀にお返しをしてくれる人や、与えたら与えただけ返してくれる人を見つけたら、その人とは仲良くなってください
自分もちゃんとお返しをしたり、一緒に過ごす時間を増やしてください。
共通体験をたくさん作って親しくなってください。

ギブアンドテイクのバランスを考えてくれる人が皆さんの周りにいる限り、皆さんが搾取する人間の食い物にされることなく、より良い人生を送ることができると思います。
ぜひ参考にしてみてください。

信頼と人間関係を学ぶためのおすすめ

人がなぜ裏切るのかということについてはこちらの本がとても参考になります。

信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実

相手を脅したりコントロールしようとするマニピュレータと呼ばれるやばい人もいます。
こちらの本では、相手をコントロールすることを目的に近づいてくるやばい相手を見抜く方法について学ぶことができます。

他人を支配したがる人たち

¥880 (2022/09/29 23:25:05時点 Amazon調べ-詳細)

そして、人間関係の問題において相手をどうにか変えようと思っても、結局は他人を変えることはできません。
そういった意味では結局は自分を変えていくしかありませんので、その点ではこちらの本がとても参考になります。

相手は変えられない ならば自分が変わればいい: マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係

敵と味方を見分ける方法はDラボで!

とはいえ、味方だと思っていたのに急に手のひらを返されたりすることもあります。
そんな後悔をしないために、今回のおすすめの動画としては、味方と敵を見分ける方法について解説した動画を紹介しておきます。
信じる人を見分けるのが苦手だという方は、ぜひチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

\知識のネトフリ【Dラボ】/

味方になる人、敵になる人の見分け方【バージニア大学研究から】

味方になる人、敵になる人の見分け方【バージニア大学研究から】
\本日のオススメ📚/

【2000円台の神ワイン】

シャトー スゴンザック ボルドー 赤

信頼と人間関係を学ぶためのおすすめ

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

¥1,980 (2022/09/29 22:13:13時点 Amazon調べ-詳細)

信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実

他人を支配したがる人たち

¥880 (2022/09/29 23:25:05時点 Amazon調べ-詳細)

相手は変えられない ならば自分が変わればいい: マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Adam Grant(2013)Give and Take: Why Helping Others Drives Our Success

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係