読む・操る

メンヘラを専門家レベルで見抜く【たった一つの質問】とは

メンヘラを専門家レベルで見抜くたった一つの質問とは

DaiGo MeNTaLiST

皆さんのメンタルの状態を簡単に測るテストがあります。これは他人に対しても使うことができて、たったひとつの質問で判別できるというものです。

いわゆるメンタルヘルスの状態を測るテストには、ベックのうつ指標のテストとか色々なものがありますが、リーハイ大学の研究で医療費支出パネル調査というアメリカのデータセットを使っていて、うつ病やうつ病まではいかないけれど落ち込みやすいと診断された男女2547人を対象に調査を行っています。

たったひとつの質問とは

たったひとつの質問で、その人が将来的にうつ病になるのか、なりやすいのか、悪化してしまうのかということをチェックすることができるのかということを調べたものです。
その質問は・・・

「いま自分のメンタルの状態はいいと思いますか? それとも、悪いと思いますか? 」

つまり、自己採点で自分の思う自分のメンタルの状態を尋ねたわけです。
たった二択の質問をして、それから1年間追跡調査を行い、全員のメンタルの状態がどうなったのかという事を調べました。

この質問に対して、参加者の63%の人たちがメンタルの状態は良いと答えました。残りの37%の人たちが今は良くないと答えたわけです。
意外と、うつ病もしくはその予備軍と診断されていても、6割の人たちが自分のメンタルはいいと答えたということです。

その後、1年間追跡調査を行った結果としては、自己採点で自分のメンタルがいいと答えていた人たちは、悪いと答えていた人たちよりも、1.3倍もメンタルの状態が悪化していなかったということです。
自分のメンタルがいいと答えた人が、何も治療を受けていない状態であっても、この差が確認されました。

自己採点で判別できる?!

つまり、自己採点してみて、今自分のメンタルの状態は悪くないと思えるのであれば、治療を受けていても受けていなくても、将来のメンタルの状態は良くなる可能性が高いということです。
意外と自分のメンタルに対しては、自己採点が正しいのではないかとなります。1年後の自分のメンタルの状態は自己採点で分かります。

研究者のコメントとしては、自分のメンタルの状態を調べるときには、自己採点が臨床でも使えるレベルでそのツールとなるということです。
今のメンタルの状態が凹んでいたり落ち込んでいたとしても、自分のメンタルヘルスに対してポジティブな自己採点ができるのであれば、その人が将来的にその症状を乗り越える可能性が高くなります。

様々な指標を盛り込んだ採点

このような結果が出る推測としては、ただ質問に答えるようなアンケート形式のものではないので、今の自分の状況だけでなく家族や友達との付き合い、住んでいる環境や健康状態、様々な要素がその自己採点に反映されるからではないかとされています。質問形式のアンケートよりも参照しているデータが実際に多くなっているのではないかということです。
つまり、様々な指標を盛り込んだメンタルの状況を予測するために自己採点が使えるということです。

これは観察研究ですから、本当にそれが原因なのかということまでは言えませんが、自分のメンタルが良いと思えることによって、将来的にはそれがプラシーボ効果として働き実際にメンタルが良くなっている可能性もありますし、人間は意外と自分のメンタルの状態を自己採点で正確に導き出すことができる可能性もあります
自分のメンタルの状態、あるいは、皆さんの周りの人のメンタルの状態を判別したい時には、今の自分のメンタルの状態が良いのか悪いのかを質問することが、最も手軽で正確な方法と言えるのではないでしょうか。
是非試してみてください。

メンヘラ対策のおすすめ動画
ミスると刺される【メンヘラの取説】
▶︎https://live.nicovideo.jp/watch/lv320329256

Researched by Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

Reference:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0022146518755485?journalCode=hsbb


他の人はこちらも検索しています

-読む・操る
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.