人間関係

人見知りでも友達を作れる方法とは

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

人見知りでも出来る最強の友達の作り方!

友達はそもそも必要ないと思っている人もいるでしょうし、僕もそんなに多くは必要ないと思っているタイプです。そんな僕でも友達少ないのはヤバいと思うような研究が結構あります。
ですから、なぜ友達が必要なのかというあたりから解説していきます。

友達は必要です。

友達が少ない人がどれほど不健康かということがわかっています。これは1日に15本の煙草を吸う事に匹敵するレベルで健康を損なっています。逆に心を許せる質の高い友達が多い人はそうでない人に比べて50%も死亡率が低いということです。
ここでいう友達とはただ数が多ければということではなく、心を許せる深い友達がどれだけいるかです。Facebookの友達が何百人何千人いようが関係ないです。質の高い友達が何人いるかが重要です。

人生の満足度

これはブリガムヤング大学の研究です。その中では、例えば職場に仲のいい友人が3人いるだけで96%も人生の満足度は高くなるということがわかっています。健康とは人生の満足度が高くなり人生を真面目に生きることが出来るようになることから得られるものです。つまり、逆に人生の満足度が低い人は長生きできなくても良いんだと言いながらお酒を飲みすぎたり不健康な食事や不摂生を続けて実際に体も不健康になるわけです。これは真面目に人生に向き合えていないからそういう行動になってしまうわけです。人生の満足度が上がれば真面目に生きようとなるはずです。

友達の幸せ

ポジティブな友達をつくるということが大事で、ポジティブな友達をつくると人生が約2倍も楽しく価値があるものになるともこの研究では試算されています。
更に、自分の友達がひとり幸せになり幸福度が上がると自分の幸福度も15%上がります。ですから、友達を幸せにする行為というのは15%は返ってくるということです。
ですから、職場で仲の良い友達を3人作ると96%満足度を上がり、その友達を助けたり喜んでもらえることをすると1人につき15%も自分も幸福度が返ってくるわけですから、人生の幸福度にはかなり大きな影響があるといえると思います。

一緒に頑張っている友達が成功したりすると自分も幸せな気持ちになりますよね?大事なのは友達の幸せを喜べることです。

友達が幸せになった時や職場に友達ができる効果というのは、結婚や子供が出来る幸福度を上回っているそうです。つまり、どんなに家族関係が良くても、どんなに良い家庭を持っていたとしても、友達との関係が良くないと効果は薄らいでしまうわけです。

自分を知る

更に、人間は基本的に自分を客観的に見ることが出来ないものです。自分を客観的に見ることは、調子に乗りすぎないために必要だと言われますが、それよりも自分の可能性に気づくために必要です。自分が何が得意なのか何が強いのか、友達がいないとわからないものです。そういう意味で自分をより理解するためにも友達の存在というのは大事なわけです。

自己診断の専門家によると、友人や周りにいる人の方がその人のギャグセンスや仕事のセンスであったり性格や知性といった本人も気づけないようなところまで性格に見抜けるとされています。
自分を可視化するためにも、自分の現状を知るためにも、友達は非常に重要です。

人見知りが友達をつくるには

では、人見知りはどのようにして友達を増やせば良いのか?

人間は本来群れをなす生き物ですから普通にしていれば友達は出来るものです。人見知りな人は、この「普通にしていれば」の普通がわからないわけです。この「普通」の科学的に正しい方法は3つだけです。

方法①

友だちになりたい相手と出来るだけ多くの時間を過ごすようにする

方法②

友だちになりたい相手とイベントをこなす(イベントに一緒に参加して同じ時間を過ごす、同じタスクをこなす)

方法③

友だちになりたい相手の近くに住む

この3つが大事です。
つまり、時間的に一緒にいる時間を長くすること、多くのことを一緒にすること、なるべく近くに住むようにすることの3つです。
近くに住むというのはなかなか難しい場合が多いと思いますが、幸いリサーチによるとこの3つの中でも最も重要なのは時間ということです。結局は一緒に長い時間を過ごすと仲良くなれるわけです。
長い時間を一緒に過ごすこと自体既に仲良くないと出来ないのでは?という人もいると思いますが、それは間違っています。一緒にいる時間が長くなれば長くなるほどどんどん仲良くなっていくものです。まずは一緒に過ごす時間をできるだけ多くとるようにすることが必要です。

ちなみに、性格が合うとか趣味が合うというというのは友達関係に重要なのかというと、調べてみるとさほど影響はないということがわかっています。確かに、性格は真逆でも仲が良いとか趣味は全く合わないけれど仲の良い友達もいるかと思います。

とはいえ、まだ仲良くない人と長い時間を一緒に過ごすのも難しいという人もいるかと思いますが、研究者のコメントとして身も蓋もない事を言われています。「退屈するのが嫌いな人に友達など出来ない」と。
少しでも退屈を感じたり相手の話を聞くのが苦痛と感じるような人は、そもそも人と一緒に過ごす時間が短くなりますから友達が出来ないわけです。
相手と過ごす時間を大切に思い相手の話もしっかり聞くようにすると友達ができやすくなるということです。

会話が続かないという人も多いと思いますが、会話のテクニックも纏めていますので是非チェックしてみてください↓

タグ

-人間関係
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.