メンタル強化 習慣

止めるだけで自信がつく【自信がない人がやりがちなクセ】とは

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ
  • ムダに自信をなくしたくない
  • 自分の見た目が気になる

自然と自信が身につく!

今回は自信をつけるための方法について紹介させてもらいます。
今までも解説してきたとおり、自信というものは付けようとして身につけるものではありません。自然と自信というものは身につくものです。

そもそも自信というものは、今のままの自分を認める力のことです。
今の自分に満足して成長を止めてしまうということではなく、今の自分にある程度以上満足していて、もちろんもっとより高みを目指すけれど今の自分に対しても肯定的に考えることができて、悪いところもあるけれど自分の個性として認めることができる力です。

僕も、昔は自分の天パがコンプレックスでしたが、今となっては適当に乾かしてもそれっぽくなったりするので、そういう意味では、これは使い方次第ということになります。

このように、自分を受け入れることによって、初めて自分の弱点を個性に変えることができたり、個性をより伸ばしていくこともできて、どうしても直すべきところも直すことができるようになるものです。

まずは現状を受け入れないと、それを変えることも生かすこともできません。
このような自分を受け入れる能力のことをセルフコンパッションと言います。
このセルフコンパッションに関しては様々な研究があり、それこそが本来の自信だと思います。

皆さんの周りにもやたらと自信満々の人がいるかもしれませんが、特に根拠もない謎の自信を持てばいいということではありません。

ムダに自信を失っていく人たち

自分を受け入れるセルフコンパッションに関しては、今までも何度も紹介してきましたが、このセルフコンパッションとは別で、無駄に自信を無くしまくっている人がいます。
普通に生活していたり、普段の生活の中でやるべき事をやったり、運動を続けたりしていると、自信というものは自然と積み上がっていくものです。

ところが、いくら頑張っても自信がつかないし、すごい事をしている人なのに自己卑下をしてしまう人もいます。
このような人は自分でも理解しています。
仕事でも、あの人よりは自分の方が仕事ができるし、社会的にみても収入もそこそこだというのに、自分に全く自信がない人がいます。

これはなぜなのでしょうか?
これは、自信をなくすような行動を自らたくさんとっているからです。
実は、自分の人生や仕事や行動に対する満足度を下げてしまうやばい行動というものが科学的にに見つかっています。

そんな行動を無くすだけでも大きく変わります。
つまり、僕たちがやるべきこととしては、このような無駄に自信をなくす行動を止めて、それから、ほどほどに自信を高めるための行動を行なっていけば、それで十分だということです。

にもかかわらず、時折生まれつきなのか自信満々な人がいますが、そんな口を開けば自分は運がいいということを言う人のように、自分ももっと自信をもたないといけないと考えてしまう社会的なプレッシャーのせいで、結果的に自信がなくなっていくわけです。

このような無駄に自信をなくしてしまう行動はいくつかあります。そんな中の特徴的なものを今回は紹介させてもらいます。

今回のおすすめの動画としては、自分を肯定する力を身につけるにはどうすればいいのかということについての動画になっています。
まずは自分を受け入れないと自分のいいところも見えてきません。そのための内容を解説しています。

まずは、自分に対する否定感が強い人にぜひ見てもらいたいのが「自分を好きになるための自己肯定感の科学」です。
そして、自信がない人によくあるのが、自分は喋るのが苦手だとか人と対峙すると緊張してしまうという人もいますが、コミュニケーションは技術です。
人と対峙する時に感じる不安は、それはどのようにしてマネジメントするのかということを理解しておけば、自信を持って会話することはできるわけです。
そうなると、周りからも自信のある人として扱いを受けるようになるので、そこから他人に認められているという感覚を持つようになり、そこから自信も生まれてくるようになります。
ですから、人に対しての自信を高める方法としては、「コミュ力を高める「対話不安」克服法〜自信満々に会話する他人の秘密」を参考にしていただけたらと思います。

自信がない人たちがやりがちな行動とは?

では、自信がない人がやりがちな行動とはなにかというと、これは結構明確に出ているものです。
それは自分と他人を比べる癖です。
それが幸福度を下げたり様々な問題が起きる原因になるということが分かっているわけですが、特に問題が出やすいのが、自分の外見チェックです。

自分の外見をチェックする頻度が高ければ高いほど、人間というものは不幸になってしまうのではないかという研究があります。
ですから、無駄に鏡を見たり外見をチェックするのはやめたほうがいいということになります。

研究内容としては、84人の若い女性を対象に、その半数には外見をチェックする回数を減らしてもらい、残りの半数にはいつも通りに過ごしてもらいました。
その2つのグループに分けて2週間程度追跡調査して、メンタルに対してどのような影響が現れたのかということを調べたものです。

ここでいう外見チェックとは、今日の自分の見た目がどうなのか他人に尋ねたり、自分の見た目の嫌いなところを気にして、それをファッションや服装で隠そうとする行為、自分の見た目と他人の見た目を比べる行為や頻繁にメイクを直す行為、鏡の中の自分をやたらとチェックして肌の調子が髪型のチェック、体型のチェックにたくさんの時間を使うというような行為です。

つまり、自分の外見におかしなところはないか、変なところはないかというチェックする行為です。
これにより、自分のネガティブなところに目を向けやすくなるのではないかという事です。

最近の研究でも確認されている事ですが、実際にどうかは別として、自分の体に対する印象:セルフボディーイメージの満足度が高い人と低い人では、人生の満足度に大きな差が出るということが分かっています。

たとえ太っていたり一般的に見るとコンプレックスになりそうな体型だったとしても、自分の体が好きだと思える人は、人生の満足度が高くなるということです。
逆に、他の人から見ると十分に引き締まった体をしていても、自分の体はまだまだだらしないと思っている人は、どんな体型であっても人生の満足度が下がってしまうという研究は色々とあります。

今回の研究では、自分の身だしなみをチェックしたり服装が崩れていないかということを見るのは構いませんが、自分の体についてのチェックを何度も行うのが良くないのではないかと考えたものです。
自分のついて特に否定的なことを考えることもなく自分を認めることができていれば、人生の満足度も上がっていくわけですが、一方で、 自分をやたらとチェックしまくる人は満足度が下がっていくということはわかっていたわけです。
今回は、意図的に外見のチェックを減らしたらどうなるのかということをチェックしています。

つまり、自分の体に自信のある人はいちいちチェックしなくてもいいはずです。だからチェックする回数も少なくなるのではないかと考え、逆に、自分の体に自信がない人はこまめにチェックしてしまうのは、自分の体にネガティブな印象を持っているから、ついついチェックしてしまうのではないかと多くの人は考えるわけですが、どうやらこれが逆だったようです。

要するに、外見をチェックしてしまうのは、自分の体に対するイメージが良くないということもあるけれど、外見をチェックしまくることによって、結果的に、セルフボディイメージを損なっているのではないかという観点からの研究になります。

ですから、外見チェックを減らせば、自分の体に自信を持てるようになり人生の満足度が高くなるのではないかということを調べようとしたものです。

外見チェックを減らすとメンタルにいい効果が!

外見のチェックの回数を減らしてもらったグループと普通に過ごしてもらったグループに分けて実験を行ったところ、興味深いことが分かっています。
外見チェックを普段通りにし続けたグループに比べて、外見チェックの回数を制限したグループは、外見に関する関心や自分の体に対する不満、抑うつ傾向や社会的な不安、人の目がやたらと気になったり人にどう思われているかが気になってしまう不安、外見に対する否定的な思考がなんと減少したということです。

つまり、自分の外見に自信がないという人に対する一番良いアドバイスは、「外見チェックの回数を減らしましょう」というアドバイスです。

外見チェックの回数を減らすことによって、なぜか人間というものは自尊心が向上して、ネガティブな感情を抱く頻度が減ったということです。
自分の体に対する満足度を高めたり自分に自信を持ちたいと言うのであれば、自分がちゃんとしてるかなとか、大丈夫かなということをチェックするのを極力止めるようにするのがいいのではないかということがこの研究により示唆されたことです。

もちろんこれは初歩研究の段階ですから、外見チェックを止めれば絶対に自信を持つことができるとまでは言えませんが、やたらと自分の外見をチェックしたり髪型をチェックしたりする行為は、やはりメンタルに対する悪影響はあるのではないかと考えられます。

自分の外見のチェックを止めることによって、メンタルには良い影響がありますし、自分の体にも自信を持つことができるようになるということです。
ぜひ試してみてください。

女性も男性も普段の回数をまずは減らしてみては

この研究は女性のみを対象にしたものですが、外見上の懸念があるという点では、女性でも男性でも関係がないと思いますので、男性にもおそらくは使える内容かと思います。
外見にこだわりすぎてしまう人は、まずは外見をチェックする頻度を減らしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、この実験で外見チェックの頻度をどのようにしていらしたのかということが気になる人もいると思います。
外見チェックを減らすグループに対して、定期的に、外見を気にすることなくチェックする回数を減らしてくださいというメッセージを送り続けたそうです。

ということは、これを試すのであれば、皆さんはスマホに「外見を気にしない」というアラームをセットして定期的に何時間おきに鳴らすようにするというのもいいかもしれません。普段の生活から考えて、外見チェックをしやすいタイミングにアラームを鳴らすだけでも、十分に効果は出てくるのではないかと思われます。

外見のチェックに関しては、僕も実際に人生が変わったことがあり、ある時から、かっこいい自分を作ろうということをやめました。
普段僕は T シャツと短パンで過ごすことも多いですが、T シャツと短パンであれば着崩れすることもありませんし気にもなりません。
T シャツの短パンでかっこよく着ようと思えば、体を鍛えるしかありません。
それにより、体を普段から鍛えるようになれば、結局、全部脱いだとしてもそれなりの体をしているとなりますので、自分自身に納得できるようになります。

ですから、外見チェックの回数を減らすということと同時に、そもそも髪型をチェックしなくても気にならないような髪型にするにはどうすればいいのかというようなことを考えるのがいいと思います。
T シャツと短パンでいても、かっこいい服を着ている人よりも肉体的な部分で自信がついてくれば関係がないとも思います。

僕の場合は、髪型をセットしたり面倒なことをなくそうと考え、朝最低限の身だしなみさえ整えたら、どこにでも行けるという状況にしようとしました。
そのおかげで自分に自信を持てるようになったということもあると思いますので、ぜひ皆さんも自分自身の人生のための時間を作るという意味でも、自分の人生の満足度を高めるという意味でも、外見のチェックをする頻度を減らすにはどうすればいいのかということを考えてみてください。
先ほどのアラームやリマインダーを使ってもいいと思いますし、外見をチェックしなくてもいいようなシンプルな服を着るようにするとか、そのようなことをするだけでもメンタルにかなり良い効果があるのではないかと考えられます。
ぜひ試してみてください。

今回のおすすめの動画は先ほどの2つです。
自分に対する肯定感を高める方法をまとめた「自分を好きになるための自己肯定感の科学」と、コミュ力を高めて対人不安をなくすための方法をまとめた「コミュ力を高める「対話不安」克服法〜自信満々に会話する他人の秘密」です。

自信を身につけたい人におすすめの本を3冊紹介しておきます。
自信がないということと同時にネガティブな感情にとらわれやすいという両方が合わさった人がいます。
自信がないのであれば、自分のネガティブな感情を自分の人生のために使っていく『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』という素晴らしい本があります。

そして、あるがままの自分を受け入れ自分自身に対する満足度を高めるために、『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』もぜひ参考にしてください。

自分が何を目指しているのかということが分からなければ、仕事などに対する自信はつきません。
例えば、僕の場合であれば好奇心を満たすということを自分の価値観としていますが、このような自分の価値観や人生を通してやりたいことが見つからないという方は『ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力』をぜひ読んでください。
今月発売された新刊ですが、価値観リストがついていて、そこから自分の価値観を明らかにしていく方法を紹介しています。

自信をつけたい人へのおすすめ動画
自信をつけたい人へのおすすめ本
草思社
¥1,760 (2020/09/21 12:05:09時点 Amazon調べ-詳細)
repicbook
¥1,540 (2020/09/21 10:32:48時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://psycnet.apa.org/doiLanding?doi=10.1037/ccp0000453

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 習慣
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog