人間関係 目標・成功

誰にも期待されない状況を見返す【負け犬効果】の使い方

この知識はこんな方におすすめ

  • 尊敬できる人が周りにいない
  • 誰からも期待されていない気がする

ろくな人間関係がない状況でも成功するには?

今回は、周りに取るに足らない人間関係しかない場合に、それを利用して成功するにはどうすればいいのかということを紹介させてもらいます。
皆さんに対して期待をかけてくれないとか、別に嫌がらせされるということまではないけれど、周りにあまり尊敬できる人がいないというような人もいると思います。

ウォーレン・バフェットも、仕事でも自分の尊敬できる人と一緒に仕事をすることが重要だと言われていました。
当然ですが、人間は周りの人間関係から影響を受けるものですから、自分が尊敬できるような人と一緒に働いている方が、モチベーションも上がるし成功しやすくなるということが言われているわけです。

とはいえ、最初から自分の能力が高ければ、自分が尊敬できるような人と一緒に働くことができるのかもしれないですが、まだ自分の能力はあまりないとか、そんな人間関係が自分の周りにはないという人は成功できないのかという話になってしまいます。

自分の周りにろくな人間関係がない場合に、その人間関係を利用して成功する方法はあるのかということを解説したいと思います。

人は期待されるとモチベーションが上がるわけですが・・・

尊敬できる人と働くと自分が成長できるという話はよく言われると思いますが、それがなぜなのかということについて考えたことはあるでしょうか。
当然、それは人間が周りの人間関係に影響を受けるので、仕事ができる人の横で仕事をするだけで自分も仕事ができるようになるという話もありますが、それだけでは説明できません。

尊敬できるような優秀な人と仕事をしていれば、その人は周りの人たちにも期待をかけます。
ピグマリオン効果は有名ですが、人間というものは他人から期待をかけられるとそれに応えようと思い頑張ることができるので、モチベーションが上がったり能力が上がったりすることがあります。

実際に、大人に期待をされて育った子供の方がそうでない子供よりも成績が良くなるという研究も出ています。
ところが、逆に、周りから全く期待されていないという状態で大きな成功をする人もいるわけで、それは何が違うのかということを解説していきます。

「負け犬効果」を利用して成功するために

いわゆる負け犬効果と呼ばれているものを利用して、皆さんの周りにあまり良い人間関係がない時に、その恵まれない環境を利用して成功するにはどうすればいいのかという内容になります。

今回はペンシルベニア大学の研究をもとにしていて、 これは大きく分けて2つの実験で構成されています。
まずひとつ目は、371人の一般的なサラリーマンを対象に行われていて、その参加者たちに周りの上司や同僚に期待をされているのかということを質問しました。
それと同時に、その参加者の上司に彼らが仕事でどれぐらい成果を出しているのかということを質問しました。

つまり、サラリーマンの人たち本人が感じている周りからの期待感と、実際に仕事で出している成果がどれぐらい違っているのかということを調べようとしたものです。

普通に考えると、周りから期待されている方がモチベーションも高くなり成果が上がっているはずです。

自分は誰にも期待されていないだろうとか、上司も同僚も自分が成功するなんて考えていないというように、周りからの自分に対する期待感を低く見積もっていた人たちがいました。
なぜか実際にはこのような人たちのほうが上司から高く評価されていたということが分かっています。

一般的には周りから期待されていた方が、それによってその期待に応えるために頑張ることができて結果を出すことができると言われているわけですが、実際には、自分は誰からも期待されていないと思っている人の方が評価が高かったということです。

周りから期待されているかどうかということにかかわらず、本人が成功するかどうかということを考えているレベルがモチベーションを左右するということもありますので、それを調整して確認もしていますが、やはり、周りから期待されていないと日々感じている人の方がなぜか仕事のパフォーマンスが高かったということです。

そんないわゆるピグマリオン効果とは全く逆の結果が示されたということです。
そうなると、子供の頃には大人に期待された方が頑張ることができるのに、大人になると期待されることがプレッシャーになってしまうのだろうかとか考えると思います。
確かに、期待されることがプレッシャーになるので嫌だという人もいるとは思います。

この研究ではもうひとつ実験を行っていて、330人の男女を集めてパソコンを使って簡単なタスクを行なってもらいました。
その際に、そのタスクを行なっている状況を他の部屋からチェックしている人がいるということを伝えました。
さらに、その参加者がタスクを行う状況を他の部屋からチェックしている人が、 とても期待しているという場合とほどほどに期待しているという場合、そして、期待していないという場合に分けました。

つまり、パソコンで作業を行ってもらうわけですが、その作業を行う際にそれを監視している人がいて、その日その作業スピードに期待している場合とほどほどに期待している場合、期待していない場合の3つのパターンで実験を行いました。

この実験でも先ほどの実験と同じような結果が確認されていて、期待されていないという状況の方が実験の参加者のタスクの成績は良かったということです。

ですから、現実の世界では期待されていない人の方が成果を出せる現象もあるのではないかということが示唆されたわけです。

負け犬効果が発動する条件とは?

ここで考えると、ピグマリオン効果は期待されることにより伸びるというものですが、期待されないと伸びる可能性のあるものでさえも伸びなくなるという効果もあり、それをゴーレム効果と呼びます。

そうすると、一体何が正しいのかということになります。
ピグマリオン効果が発動する時もあれば、期待されていないことによって能力が上がるという負け犬効果が発動する時もあり、その発動条件というものはあるのかということをさらに調べてみると興味深いことが分かっています。

3つ目の実験で、589人を対象に先ほどと同じように簡単なタスクを行なってもらっています。
そのタスクを行う状況をチェックしている人がいて、その人は、参加者に期待しているという場合とほどほどに期待している場合、期待していない場合の3つに分けています。

ここまでは同じですが、そのチェックしている人がどれぐらい有能なのか、無能なのかということを参加者に伝えました。

つまり、参加者がこれから行う作業は第三者にチェックされて、そのチェックする人は期待している、ほどほどに期待している、期待していないという3パターンに分けた上で、さらに、その作業をチェックする人は有能な人だと伝えた場合とそうではないと伝えた場合で分けました。
期待を寄せる側の能力の情報も加えて実験を行いました。

要するに、研究チームは、期待されることにより能力が上がったり下がったりするというのは、期待を寄せる側の能力に左右されるのではないかということを考えたわけです。
能力がある人に期待された場合と能力がない人に期待された場合では、それは意味が変わってくるのではないかということを調べようとしたものです。

その結果としては研究者たちの想定通りで、パフォーマンスをチェックする人が有能な人だと言われた場合には、その人が期待していないとされると能力は低下してしまいました。
逆に、パフォーマンスをチェックする人が無能だと言われた場合には、その人が期待していないとされると能力は向上していました。

つまり、僕たちは有能な人に期待された場合にはモチベーションが上がる可能性があります。
すごい人が自分に期待してくれているのだから頑張らなくてはと思えるわけです。

評価される人の有能・無能に左右される

有能な人であればその人に期待されるというのはいいことです。
ですから、自分が尊敬できるような有能な人と一緒に働くことで、モチベーションが上がり自分のパフォーマンスも高くなるということが起きるわけです。

ところが、有能な人が自分に期待してくれていないと思ってしまうと、当然、自分はその人に期待されていないのだと落ち込んでしまいますが、さらに、何か作業をしようと思った場合は、もしここで失敗したらあの人から見放されてしまうのではないかと考えてしまい、その不安感や緊張や恐怖感が仕事のパフォーマンスを下げてしまいます。

つまり、有能な人に期待された場合にはモチベーションが上がるけれど、その有能な人に期待されていないと知ってしまうと人間は不安になってしまいますので、それによりパフォーマンスが落ちてしまいます

一方、評価する側が無能だった場合にはどうなるのかと言うと、無能な人に期待されても別に嬉しくもなんともないですが、逆に、そんな無能な人に期待されていないという状況、例えば、ろくでもない上司がいて自分の方が明らかに頑張っているのに全く評価されていない上に、どう考えても無能な社員に期待しているというような状況になると、なんであんな奴にというような負けず嫌いが発動して、その気持ちが見返してやろうというモチベーションに繋がりパフォーマンスが上がるということが確認されています。

これが負け犬効果の正体でした。
つまり、僕たちは有能な人に期待された場合か、無能な人に期待されなかった場合にモチベーションが上がるということです。

「誰にも期待されていない」と感じた時には

もし皆さんが自分は誰にも期待されていないと思うのであれば、おそらくそんな会社であればあまり良い人間関係もないでしょうし、そもそも社員のモチベーションがないということは上司のマネジメント能力が低いということでしょうから、その上司がダメな上司である確率は高いわけです。
そこに注目してみるのもいいかもしれません。

自分は誰にも期待されていないと考えてしまうと、有能な人にも無能な人にも等しく期待されていないと考えてしまうことになりますが、自分に期待していない奴らはバカだなと考えられるようになってください
あの上司は自分がいくら頑張っても自分のことを見てくれないし、いろいろ取り組もうとしても期待もしてくれないけれど、それはあいつが無能だからと思えばいいわけです。

相手が自分よりも下の場合には期待されない方がモチベーションは上がります。
自分は誰から期待されていて誰から期待されていないのかということをちゃんと分けて考えるべきです。

自分はみんなから期待されていないとするのではなく、誰かに期待されていないのであればその人の能力に注目してみてください。
それを調べて相手が無能だということが分かれば、皆さんのモチベーションは逆に上がり、仕事が進みやすくなったり成果や成功を掴みやすくなります。
そして、モチベーションが上がり自分のスキルを高めたら、その無能な上司の下から羽ばたいて独立してもいいと思います。

誰からも期待されていないと思ってしまった時には、ダメな人に注目してみてください。
そのダメな人に注目することによって、そのダメな人から期待されていないということがわかり、それは負け犬効果を発動させてくれて皆さんのモチベーションを高めるということにつながります。
ぜひ試してみてください。

ネガティブな状況や感情を力に変えるおすすめ

今回は、こんな誰にも期待されていないというようなネガティブな状況を打破するための方法を紹介させてもらいました。
ネガティブな感情さえも自分の力に変える方法でしたが、実は、このような方法は他にもたくさんあります。

ネガティブな感情として、怒りや悲しみ、不安や嫉妬などいろいろとありますが、実は、このネガティブな感情は使い方さえ知っていれば自分を助けるための力に変えることができるのです。

今回のおすすめ動画としては、そんなネガティブな状況やネガティブな感情を自分の力にして前に進むための方法を解説した動画を紹介しておきます。

怒りや悲しみさえも力にするために

ネガティブな感情の正しい使い方

先ほど紹介したような怒りや悲しみでさえも自分の力に変えていくための方法について解説した動画になっています。
これがわかればネガティブな感情さえも恐れることがなくなります。

嫉妬を前に進む力に変えるために

負の感情、嫉妬を前に進む力に変えるには

嫉妬という感情は醜い感情だし嫌な感じがすると思います。嫉妬に苛まれている自分はダメな自分だと思うこともあるかもしれませんが、実は、この嫉妬の感情というものは上手に使うことができれば自己成長につなげることができるものです。
どのようにすればその嫉妬を前に進む力に変えることができるのかということを解説した動画になっています。

不安を利用して成功するために

不安利用の心理学

新しいことにチャレンジしようとか今までしたことがないことをしようとすれば、やはり、不安を感じるものです。
多くの人はこの不安のせいで前に進むことができなくなってしまうわけですが、実は、この不安の感情もちゃんと方法さえ理解しておけば自分の力に変えるだけでなく、失敗する確率を下げるということもできるものです。
不安の感情を利用して、不安に苛まれることも減らしながら前に進む力を高めて、さらに、失敗確率も減らすための方法について解説した動画になっています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

ネガティブを利用して成功するためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、同じようにこんなネガティブな感情にとらわれやすい人にぜひ読んでもらいたい本を紹介しておきます。

こちらの方は内向的な人が外交的な人を超えるような成功をつかむにはどうすればいいのかということを教えてくれる本です。

草思社
¥1,760 (2020/10/21 16:02:22時点 Amazon調べ-詳細)

ネガティブな感情に苛まれやすい人もいると思いますが、そんな人が成功するためにはどうすればいいのかということを理解できる本です。
ぜひチェックしてみてください。

さらに、おすすめの本として僕の無料のオーディオブックのリンクも入れておきます。
通常は3000円ぐらいするものですが、これを無料で聴けるというAmazon のキャンペーンを行っています。
1人1冊だけですが、まだの方はぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
草思社
¥1,760 (2020/10/21 16:02:22時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.pnas.org/content/117/2/950

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係, 目標・成功
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog