お金・ビジネス 集中力

iPhone11買うと【仕事が遅くなる人、早くなる人】

iPhone11買うと仕事が遅くなる人、早くなる人

DaiGo MeNTaLiST

この記事はこんな方におすすめ

  • 最近時間があっという間に過ぎる気がする人
  • スマホを使って作業効率を上げたい方
  • 時間を大切にした全ての方

前回に引き続き、新型 iPhone の発売に水を差してしまう話です 笑。
僕も iPhone を使っていますし、おそらく新型を買うと思いますが、人によっては新しい iPhone を買うことによって人生の満足度が下がってしまう人もいます。
今回は、新型 iPhone を買うことによって、時間に対する焦りが増えてしまい人生の満足度が低下してしまう、さらに、仕事も進まなくなってしまう人たちの特徴を紹介させてもらいます。

「気がついたらあっという間に・・・」

皆さんは、最近なんだか時間が進むのが早いと思ったことはありませんか?
あっという間に一日が終わってしまうとか、今年も気がついたら10月?!、というようなことを考える人は結構多いと思います。
このような現象がなぜ起きるのかということについては、様々な研究により確認されていますが、一般的には新しい経験をする頻度が減ると時間が進む感覚は早くなるということが言われています。

子供の頃はあらゆるものが新しい体験ばかりですが、当然ですがそのような時であれば、目の前のことに集中しやすくなります。このように目の前のことに集中している時には人間は時間の流れを正しく感じることができます。
ところが、新しい経験や知らないことが周りになくなってきたり、毎日が同じような生活スタイルになってくると、もちろん習慣化することはいいことですが、あまりにも新しい刺激がなくなってしまうと、何も考えることなく自動的に過ごすことができるようになってしまいます。新しいことを考えたり挑戦することがなくても生きていけるようになってしまいます。この結果、目の前のことが全て習慣により処理されてしまうので、時間の経過の中で何かを楽しんだり、時間の経過に意識を向けることが出来なくなってしまいます。
これがあっという間に時間が過ぎてしまうという感覚を生み出す原因なのではないかと言われています。

スマホが時間に対する焦りを生んでいる?!

今回はジェームズクック大学のメディアリリースによると、スマホがこのような時間があっという間に過ぎてしまう感覚になる原因になっているのではないかということが示されていますので、それをもとに解説させてもらいます。
このメディアリリースの執筆者は時間と心理学に関する研究をされている方で、スマホが発明される以前の時間の進み方と、スマホが発売されてからの時間の進み方を体感的な時間の進み方として調べてみると、どうやらスマホが発明されてから体感時間がずいぶん早くなっているのではないかということがいわれています。

恐ろしいことにテクノロジーが普及することによって、僕らの体内時間の感じ方はどんどん速くなっています。
スマホやパソコンなど様々なデジタル機器によって、確かにあらゆることの作業スピードが速くなっています。僕も実際にスマホだけでほぼ仕事が完結するようになっていますので、確かに作業スピードを速くなり効率的になったわけですが、それと同時に実は人間の体内時計も早く進むようになっているので、作業スピードはデジタル機器によって上げたとしても、それにより自分の体内時計の進み方も早くなることに気をつけて対処しないと危険だということです。

時間に対する体感スピードが早くなってしまったことによって、人間には焦りが生まれてしまいます。
その焦りにより様々なことに挑戦や行動ができなくなってしまいます。

便利な道具の副作用も知っておく

スマホやゲームなどは脳の処理スピードを上げる効果もあるということが分かっています。
これだけ聞くととても良いことのような気がしてきます。もちろん様々なことを効率的に処理することができるようになるので、これ自体は良いことですが、その副作用があることを理解する必要があります。

スマホを手に入れた現代人は、そうでない頃の人間に比べて常に時間が足りないような感覚に陥る可能性が高いということが研究により分かっています。
これは2010年の研究で、スマホの利用時間が長い人とそうでない人を比べて、時間の感覚の違いを調べています。

その結果、スマホをよく使う人はそうでない人に比べて、早く時間が過ぎているように思い込む傾向が高かったということです。
例えば、実際には50分しか時間は過ぎていないのに、スマホをたくさん使う人はもう1時間過ぎてしまったと錯覚する傾向が確認されています。
これ自体は実際の時間を確認すれば済む問題ですが、問題なのは時間が早く過ぎてしまうと感じることによる焦りの感覚です。
この焦りの感覚は僕たちから作業効率を奪ってしまいます。

作業効率が結果下がり余計に時間がなくなってしまう!

つまり、僕たちはスマホを手に入れたことによって、脳の回転速度が速くなったり仕事の処理スピードは速くなっています。ですが、それにより体内時間の感覚が狂ってしまい、実際よりも早く時間が過ぎているように思い込んでしまいます。その結果時間に対する焦りが生まれてしまい、結果として作業効率が落ちてしまいます。
ですから、この時間に対する焦りというものをなくしておかないと、せっかくスマホにより作業効率が上がっているにもかかわらず、時間に対する焦りのせいで結果的に作業効率が落ちてしまい実際に時間が足りなくなってしまいます

これがスマホを使うことで作業効率が上がるはずなのに、結局仕事が増えてしまったり、いつまでたっても仕事がはかどらない原因です。

技術は進歩しているのにいつまでも時間が足りない・・・

昔に比べると現代人の方が労働時間は減っているのに、長く働いているとか時間が足りないという感覚が強くなっています。
普通に考えれば、仕事のやり取りもメールを使ったりテレビ会議もできるわけですから、効率よくあらゆることができるようになっていますし、技術の進歩により人間がやるべきことは圧倒的に減っているはずなのに、相変わらず人間は長い時間働いているわけです。
技術が発展すれば人間の手間は減り楽になれるはずなのに、しかも、スマホなどを使うことにより脳の処理スピードも上がっているはずなのに、なぜか労働時間は減っていないわけです。
それはスマホによる効率化を消し去ってしまうぐらいに時間に対する焦りが生まれているからです。

ですから、この時間に対する対策をできていない人は、新しいスマホを買ったり新しい技術を導入して使用時間が増えれば増えるほど、実際の作業効率は落ちてしまうので、人生において損をしてしまうことになります。
時間に対する焦りに対処できる人でなければ、新しい技術を取り入れれば取り入れるほど、どんどん作業効率は落ちてしまいます。

読書もスマホやタブレットで読むと、紙の本で本を読むよりも時間が早く過ぎているように感じるという傾向も確認されています。

スマホは時間が早く過ぎてしまうという錯覚を作り出しますので、それに対する対処法を知っておかないと、結果的に作業効率が落ちてしまい、焦りやプレッシャーによって人生で損をすることになってしまいます。

時間に対する焦りに対処するには

ではどのような対策をすれば良いのでしょうか。
すぐできる方法があります。この対策をしていただけたら、よほど長時間使わない限りは大丈夫です。
この対策としては瞑想が結構使えるということがいわれています。
瞑想により、一瞬一瞬の目の前でしていることや起きていることに注目したり、目の前の自分がしている経験そういったものに注意を向けることで、時間に対する焦りを防ぐことができるということが分かっています。
ですから、目の前のことに集中するという癖をつけることがとても大事です。

ですが、なかなかわざわざ瞑想をしたいと思う人も少ないと思います。
そのような方は、呼吸の時間を長くしてください。ただこれだけです。吸って吐いての一回の呼吸を11秒間使ってゆっくりと10回行なってください
これをスマホを触った後やなんとなく時間に対する焦りを感じるような時、今日は何となくあっという間に一日が終わったような気がすると感じた時には、これを行うようにしてください。
5秒間ゆっくり数えながら息を吸って、6秒間ゆっくり数えながら息を吐いてください。4秒かけて息を吸って7秒かけて息を吐くなど、この吐く方の息を長くするのは構いません。
基本的には吐く息を長くすればするほど、人間の神経は落ち着きリラックスできます。

時間に対する焦りやプレッシャーを感じたら、一旦スマホを置いて、この方法でゆっくりと呼吸を行ってください。
たったこれだけでスマホから受ける皆さんの悪影響を防ぐことができます。
メリットは活かしつつデメリットに対して対処することを心がけてください。

スマホ中毒すら直すためのおすすめ動画
何年も直らない悪い癖を直す【8つの悪癖リバウンド対策法】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1564243923
パートナーから親・子供まで【他人の悪い癖を直す方法】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1564593244

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.eurekalert.org/pub_releases/2014-11/uor-pav111014.php
https://dspace.mic.ul.ie/bitstream/handle/10395/1515/McLoughlin,%20A.(2012)The%20Time%20of%20Our%20Lives:%20%20An%20investigation%20into%20the%20effects%20of%20technological%20advances%20on%20temporal%20experience.(PhD%20Thesis)pdf.;jsessionid=E40028F27F94805D5DC460F90D5C0A70?sequence=2
https://pinnacle.allenpress.com/doi/abs/10.1509/jmr.14.0130


他の人はこちらも検索しています

-お金・ビジネス, 集中力
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.