メンタル強化 人間関係

顔見て話すの苦手な人がうまく話すには

この知識はこんな方におすすめ

  • 会話上手になりたい
  • 目を合わせて話すのが苦手

人の目を見て話すのが苦手・・・

今回は、コミュニケーションテクニックに関する研究から紹介させてもらいます。

コミュニケーションや人間関係に関しては、今までにもいくつも紹介してきましたので、役に立ちそうな動画と本もいくつか今回のおすすめとして紹介しておきます。

悩みとしても多いと思いますが、コミュニケーションや会話が大事なのは分かっているけれど、あまり人の目を見て話すことができないという人も少なくないのではないでしょうか。

人の目を見るとつい恥ずかしくなってしまったり、あまり相手の顔を見ることができないという人もいると思います。
人の目を見て話すことが大事だというようなことを言う人もいますが、確かに、人の目を見て話した方がコミュニケーション上は有利です。

他人の目をしっかり見て話をしている人は頭が良さそうに見えるということが分かっています。
実際に、頭がいい人は相手の目を見る頻度が高くなるということも確認されています。

ですから、頭がいいと思わせたいのであれば相手の目を見て話した方がいいわけですが、相手のニーズを読み取りたいとか、上手に会話をしたいと考えるのであれば、むしろ、あまり目を見ずに話した方が上手に会話することができるのかもしれないということが示唆される研究がありましたので、今回はそんな興味深い研究から解説したいと思います。

相手の気持ちをちゃんと理解するためには?

イェール大学の研究で、1800人の男女を対象に行われたもので、よく人は顔を付き合わせて話さないとお互いのことはわからないし、相手の目を見て話さないと相手の気持ちもわからないというようなことを言う人がいますが、どうやらそんなアドバイスが嘘っぽいということがわかる研究があります。

この研究では全部で5つの実験を行っていますが、簡単に言うと、相手の顔を見て相手が何を考えているのかということを想定してもらったグループと、声だけを聞いて相手の考えていることや心理状態を想定してもらったグループ、そして、相手の顔と声の両方を確認して相手の考えていることを想定してもらったグループの3つのパターンに分けた時に、どのパターンが最も相手のことをちゃんと理解することができたのかということを調べた実験になっています。

相手の顔を映像としてだけ見た場合

相手の声を音声としてだけ聞いた場合

相手の顔と声を両方とも見て聞いた場合

この3つで、どのパターンが最も相手のことをちゃんと理解することができたのかということを調べてくれています。

普通に考えると、顔と声の両方から情報を得ることができた方が絶対に相手のことを理解できるような気がすると思います。
顔だけでも声だけでも理解できないことがあるような気がすると思いますが、実際には意外な結果が確認されています。

この実験では、女の子同士がからかいあっている様子を撮影した動画を使っていて、それを映像だけで確認した場合と音声だけで確認した場合、そして、映像と音声の両方で確認した場合で比べています。

このからかいあっている状況というのは結構複雑な感情が絡み合っていて、楽しくからかいあっている場合もあれば、少し相手にイラッときてからかう場合もあり、からかわれた側が本気で受け止めすぎると悲しんでしまう場合もあるでしょうし、悔しさが出てくる場合もあります。
ですから、いろいろな感情が出てきて複雑にそれらが絡み合うので、このようなシーンは感情を推定するという実験ではよく使われるものです。

それを、いろいろな方法で、正しく推定することができるのかということを実験で調べています。

その結果、なんと声だけを聞いたグループの圧勝だったということです。

つまり、実験では、映像だけを見たグループよりも映像と音声の両方を見たグループよりも、音だけを確認したグループの方が、人の感情を理解することが上手だったということです。
他人の内面をかなり正確に見抜くことができたということです。

ですから、この研究だけを見ると、むしろ、目から入ってくる情報は邪魔だということです。
音だけから情報を取り入れた方が、相手の考えていることや相手の心理というものは見えてくるということがこの研究から示されたわけです。

直接の会話でも・・・

別の実験では、 動画で撮影するのではなく直接コミュニケーションをしてもらうという実験を行っています。
普通に目の前の相手と会話をしてもらうパターンと部屋を真っ暗にして相手の顔が見えないような状況にして会話をしてもらうパターンとで実験を行っています。

声だけで相手とリアルタイムでコミュニケーションを行った場合と声と表情の両方を使ってコミュニケーションをした場合で、相手の感情を推定するという実験を行ったところ、この実験でも、顔を突き合わせてコミュニケーションをする場合よりも声だけでコミュニケーションを取った場合の方が相手の感情をちゃんと読むことができていたということが分かっています。

ここでもやはり声だけの方が相手の感情をちゃんと読み取ることができていたということです。

表情に気を取られて大切な情報を聞き逃してしまう!

研究者のコメントを見てみると、相手の表情を見るということは、確かにその人の感情や考えていることを推測するためにはよく使われるテクニックですが、それは最良のテクニックではないとされています。
これは人間の表情や感情について、人間というものは顔や表情から相手の考えていることを読み取っていると考えていた人たちには結構衝撃的なことかもしれないけれど、人間が他人の表情を正確に読み取ることは非常に難しいもので、それによって相手の表情に惑わされてしまうとも言われています。

特に、目を合わせて話すことが苦手な人は、それだけで大きなストレスになってしまいます。
それが苦手な人が一生懸命目を合わせて会話をしようとするのはとても辛いでしょうし、かなりのストレスを感じる上に、目を合わすことに気を取られてしまい相手の話を聞き逃してしまうということも起きてしまいます。

相手と目を合わすことや相手の顔を見ることばかりに気を取られてしまい、肝心の相手の会話が入ってこないというようなことも結構あるのではないでしょうか。
研究者もこれと同じようなことが起きているのではないかと言われています。

表情に注意を向けすぎてしまい、相手に対する意識が人間は疎かになってしまいます。
相手の内面や考えていることを知りたいのであれば、相手の表情に注意を払わず、相手の声と話しにだけ集中した方がより正確に相手の考えていることや感情を推定することができるのではないかということを研究者は言われているわけです。

シングルタスクで相手に集中できる!

人間はたくさんの情報を同時に処理することはできません。
表情を見ながら声も聞くというのはとても難しいことです。であれば、表情を見ずに声だけを聞くということをした方が、ひとつの情報に集中することができるので、マルチタスクではなくシングルタスクになり相手の伝えたいことや感情に集中することができるということです。

それにより相手の考えていることや気持ちをより正確に理解することができるので、相手の気持ちを読み取る能力としては声だけを頼りにした方が高くなるし、内向的な人や目を見て話すことが苦手な人も、コミュニケーション上の大きな問題を実は抱えているわけでもないということがこの研究からわかることなのかもしれません。

重要なのは相手の声と話しを聞いて、相手が考えていることに注意を向けることです。
顔を突き合わせること自体が重要なわけではありません。
その方が相手に対する理解も深まりますし関係性としてもより深まるはずです。

ですから、ポイントとしては、相手の話していることに耳を傾けることはもちろんですが、その人の声のトーンや話すスピードなどにも注意を向けながら話を聞くということの方が、目を見るということよりも、よほど相手のことを理解できるようになるしコミュニケーションは上手になるということになります。

目を見て話すことが苦手だという方はぜひ参考にしてもらいたい内容でした。
参考にしてもらい普段のコミュニケーションに役立てていただけたらと思います。

コミュニケーションに役立つおすすめ

今回はそんなコミュニケーションに役に立つであろうおすすめの動画とおすすめの本をいくつか紹介しておきます。

盛り上がる会話のはじめ方を知るために

科学的に最強な雑談のはじめ方【会話スターター】とは

そもそも会話を始めること自体が苦手だという人が結構います。
相手の目を見るとか表情を見るとか言うよりも、会話自体が始まらないという人もいますが、そのトークの始め方は決して難しいものではありません。

関係が深まったり話が進みやすくなる最初の雑談のテンプレートのようなものがあります。
こちらの動画はそんな科学的なテンプレートについて解説した内容になっています。
上手な会話の始め方と会話が途切れた時の戻し方について理解できます。

内向的な人の会話力のトレーニングのために

家で1人でもできる【会話力トレーニング集】

コミュニケーション上手になったり会話上手になろうとすると場数を踏む必要があるという人もいますが、そもそも相手と会話をするのが苦手だから困っているのに、その場数を踏めと言われてもどうしたらいいかわからない人がほとんどなはずです。

実は、会話力のトレーニングは家で一人で行うこともできるものです。
こちらの動画は、そんな家で一人で行うこともできるトレーニングについて解説した内容になっていますので、ぜひこちらを使って会話力を鍛えていただけたらと思います。

他人との会話で失敗したくない人は多いと思いますが、それでもいつか上手な会話ができるようになりたいと思っているはずですので、家でトレーニングをしてみてください。

社交スキルを高めるために

超社交力ー228の文献から判明!人生変わる社交スキル 【前編】
超社交力ー228の文献から判明!人生変わる社交スキル 【後編】

社交というものは技術です。
自分の性格では無理だと考えたり、話が下手だからとか説明が下手だからと考える人も多いと思いますが、実際にはそれは関係ありません。
話が上手い人でないと人と仲良くなれないわけではありません。

社交のスキルさえ知って身につけさえすれば、電車に乗るのと同じように誰でも出来るものです。
もちろん、芸人さんのように大勢の人を笑わせたりワンマンで喋ることができるようになりたいというようなことになれば、特殊な練習や能力が必要になるのかもしれませんが、普通に相手と仲良くなるために社交的に話すぐらいのレベルであれば誰でもできます。

そんな社交のスキルをわずか6つにまとめた内容になっていますので、ぜひこちらの動画もあわせてチェックしてみてください。
他人と会話をするのがとても楽になると思います。

コミュニケーションに役に立つおすすめ本

今回はコミュニケーションに役に立つおすすめの本を2冊紹介しておきます。

こちらの本は共感能力に関する内容が紹介されていますが、他人に対する共感というものは相手の話を聞く時にとても大切なものです。
この共感能力が高い人は、モテるし相手と仲良くなることも上手でトラブルに巻き込まれにくくもなります。
そんな共感能力に関して学ぶことができる本です。

恋愛上で相手と上手に会話をすることができるようになりたいというのであれば、こちらの本をぜひ読んでみてください。

アサーションというのは自分の考えていることを相手に誤解なくちゃんと伝えるためのテクニックで、これをカップルの間や夫婦の間で使うためにはどうすればいいのかということが解説された本になっています。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、記載された参考資料のみならず、過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://www.researchgate.net/publication/320319232_Voice-only_communication_enhances_empathic_accuracy

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 人間関係
-, , , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog