学習法・記憶法

ちょっと読むだけでも頭が良くなる本がこちら

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

いわゆる認知機能や IQ 、知能と呼ばれるものは基本的には遺伝子でほぼ決まりますが、だからといって諦めるのではなくいろいろ対処方法もあります。
頭の良さと言っても色々な能力もあり、ワーキングメモリーを鍛えることなど伸ばすテクニックも色々とあります。

その中でも今回は、色々な事を受け入れたり、発想を広げることができる柔軟性の高さを鍛えるための本の選び方を紹介します。
頭のいい天才たちが全てにおいて勝つのであれば、ビジネスでもそういう人たちばかりが勝つでしょうし、どのような業界でも頭のいい人だけが勝つはずです。ところが、そういうわけではありません。
とても切れ味のいい包丁があったとしても、料理の方法を知らなければ使えないわけです。同様に、頭が良くてもそれをどう使えばいいのかを知らなければ、意味がないです。
では、その頭の使い方を身につけるためには、以前紹介したクリティカルシンキングやワーキングメモリーを鍛えるということも大切ですが、柔軟性も重要になります。

クリティカルシンキングとワーキングメモリーについてはこちらも↓

AppleとMicrosoftが明かすこれからの時代に必要な4つのスキル

AppleとMicrosoftなど複数の企業が共同出資している団体があります。P21という団体です。 これからの時代に必要なものは何なのか、これからの時代はどのようになるのかということを人材開発にも使 ...

続きを見る

倍速上達法~2倍速で何かを身につけるには

そもそも、僕たちが物事を上達するとはどういうことなのか? 新しいことを身につけるとはどういうことなのか? 物事を身につけるのが早い人とそうでない人がいますが、何故その違いが出るのか? 僕たちが物事を身 ...

続きを見る

認知の柔軟性を鍛える本

色々なことを柔軟に考えたり、一つの方法にとらわれることなく、あらゆる可能性に目を向けルことが大事です。
この能力は鍛えることができます。
とある本を読むことによってこの「認知の柔軟性」を鍛えることができるという研究がリバプール大学から出されています。

それは何の本だと思われますか?

実用書でも小説でもありません。それは・・・

ポエムです。

ポエムや若干難しすぎる名言集などです。

認知心理学の世界では読書のメリットを研究されている方も多くおられますが、リバプール大学のこの研究では、参加者を集めて全員に脳をスキャンするファンクショナル MRI をつけて文章を読んでもらいました。48パターンのややこしい文章とわかりやすい文章を読んでもらいました。二つのパターンに分けています。

ひとつは、例えば「僕たちは何のために生きているのか?」「仕事は何のためにあるのか?」というような、文章の意味をそのままとらえればいい明確な文章です。

ふたつめは、例えば「知られずに生きたルーシーは誰も知らずに死んだ。彼女は墓の中に眠る私にとってかけがえのない人。」というポエムのような、文章の意味を捉えるのに解釈が必要になる文章です。

文章の意味をそのまま捉えて理解できる文章と、意味を解釈しないと何のことを言っているのかが分からない意味深な文章を読んでもらい、その後に、全員にアンケートを取り、どのように解釈したのかを尋ねました。

一つの文章から色々な解釈を出来たり、色々なアイデアを思いつく人の方が頭が良いわけです。一つの文章から、仕事のこと、恋愛のこと、人間関係のこと・・・というように、自分で意味の解釈を広げられます。
このような人たちの方が脳の柔軟性が高いと考えられ、頭が良いと言えます。

これが読む文章によって変わるのかということをこの実験では調べています。
その結果、解釈が非常に簡単な文章を読んだ人たちに比べて、解釈が難しい文章を読んだ人たちの方が、脳の中枢ネットワークが活性化していました。さらに脳の主要ネットワークも活性化していました。つまり、柔軟性が高くなっていたということが言えるということです。

固まった思考をほぐし自分を変えていく

詩集を読んで、それを解釈するために頭の中で考えを巡らせることで柔軟性が高くなります。
研究者のコメントによると、一定時間このような解釈の難しい詩集を読むと、思考が一つに固まりやすい脳をほぐすことが出来て、脳の柔軟性がアップするということです。

目の前の言葉の意味がわからないので、その言葉の意味を再解釈したり、自分なりのアイデアを添えて解釈しようとしたり、自分の知らない世界観を受け入れないといけなくなります。それにより、脳の柔軟性が上がるということです。

最近思考が凝り固まってきたとか、若い時は色々と挑戦できたけれど最近できなくなったとか、あるいは、アイデアが出なくて煮詰まってきたという時には、ややこしいポエムを読んでみると良いです。
脳の柔軟性のトレーニングに一番良い本は、詩集ということです。

読書とは考えるために読むものです。
新しい情報、新しい考え方を取り入れて、自分を変えていくために本は読むものです。短文のポエムでもその意味を考えることによって、僕たちは自分を変えていくことができます。

ワーキングメモリーを鍛えて、仕事の効率を高めたり新しいことの習得を早めるには↓
今年こそ何かを身に付けたいなら倍速上達法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1547312285

参考文献
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0010945215003081

タグ

-学習法・記憶法
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.