読む・操る

嘘つくと増える7つの行動

嘘つくと増える7つの行動

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 嘘を見抜きたい
  • 騙せれたくない
  • 浮気を見抜きたい

嘘を見抜く!

嘘を見抜くための方法について紹介させてもらいます。
相手が嘘をついているのではないかと思い、それを見抜きたいと思ったり、僕がテレビでしていたように相手を見抜きたいと思う人もいると思いますが、嘘を見抜くというのはかなり難しいものですし、100%の確率で見抜くのは不可能です。
ですが、ある方法を使うとかなりの確率で嘘を見抜くことはできます。そこまででなくても、なんとなく嘘っぽいからやめておこうという判断は出来るようになります。
人生においては、相手が嘘をついているかどうかということを確実に見抜く必要はそれほどなく、少し嘘っぽいと思ったら警戒すればいいだけです。
そんな日常生活で役に立つ嘘の見抜き方を紹介させてもらいます。

嘘を見抜ける確率

ちなみに、嘘を見抜くことができる確率はどれくらいなのかという研究がいくつかあり、例えば、ある研究によると、特殊な訓練をしない限りは54%ぐらいの確率でしか、人間は嘘を見抜くことができません
研究では、相手が1/2の確率で嘘をつく状況を作り、相手が言っていることが嘘か本当かを当てるという実験を行いました。そうしたところ、一般の人は相手が嘘をついている事を54%の確率でしか当てることができませんでした。
そうなると、確率としてはコインを投げるのと変わらないぐらいになります。偶然と同じぐらいの確率でしか人間は嘘を見抜くことができないということです。

ちなみに、この確率は警察官でも同じです。警察官や刑事さんでも特殊な訓練をしない限りは嘘を見抜くことができる確率は変わりません。
この研究では嘘を見抜くことが上手い職業があるのかということも調べられていて、これによると、例えば、人間の嘘について研究している心理学者など、特殊な知識を持っていたり訓練をしている人の場合は、70%以上の確率で嘘を見抜くことができたというデータもあります。
最も確率が高かったのはシークレットサービスです。要人警護などをされているシークレットサービスの人たちは嘘を見抜く能力が高く、シークレットサービスを経験している人の内70%は相手がつく嘘を80%以上の確率で見抜くことができたということです。

日常生活の中ではどこに注目すればいいのか?

そんな特殊な訓練をしてまで皆さんは嘘を見抜きたいということではないと思いますので、もっと分かりやすく具体的に、例えば、仕草であったり見た目や話し方で、どのようなものを参考にすると嘘を見抜けるのかということを調べてくれたのが、今回参照している研究です。
2016年のアリゾナ大学の研究で、大企業の CEO の決算スピーチを数千件ピックアップして調べたものがあります。決算報告の際に大企業の CEO が経営状況について話しているスピーチを数千件ピックアップし、そのスピーチの内容と実際の業績を照らし合わせて、嘘や自分の会社を良く見せるための誇張がどれぐらいあるのかということを分析しています。
そこから、どのような時に嘘をついていて、どのように業績を誇張しているのかということを調べたものです。
このような実験では、実際に相手が嘘をついているかどうかということを判別するのが難しいものですが、この研究では実際の業績と照らし合わせたわけです。

その結果わかったこととして、よく言われるような、顔を触る仕草とか視線をそらす、なんとなくそわそわしていて落ち着きがないというような、なんとなく胡散臭く感じたり嘘をついているように思える仕草というものは、実際には嘘を見抜くためにはほとんど役に立ちませんでした。
実際には、僕たちが思っていることとは違うところに特徴が表れていました。

嘘をつくと説得行動と回避行動が増える

人間は、嘘をつくと説得行動と回避行動が増えます。説得と回避のふたつが嘘をついている時の特徴です。
話し方や仕草ではなく、話している内容に注目する方が嘘は見抜きやすくなります。
僕はプライベートで人狼をした時に目隠しをされたことがあります。目隠しをされて音しか聞こえない状況だったわけですが、それでも結構当てることができました。
それも相手の表情やしぐさを見るよりも、話している内容と声に注目する方が嘘は見抜きやすくなります。
目を閉じて耳からの情報だけに注目した方が嘘は見抜きやすいということです。

では、嘘をつく時の説得行動と回避行動がどのような反応として現れるのかということを具体的に紹介していきます。

説得行動

例えば、いつもよりも話が長くなります
相手を説得したいという気持ちが強くなるので、いつもより話が長くなるわけです。

そして、いつもより細い内容を話すようになります。
これも相手を説得したいという気持ちが強くなるので、自分の嘘を信じてほしいという気持ちから、いつもより長く話す上にいつもよりも内容が細かくなります。

例えば、普段であれば「昨日は仕事で飲みに行ったよ」ぐらいしか話さない人が、「昨日は後輩の〇〇と一緒に先輩の〇〇に誘われて、新橋の〇〇っていうお店に行ったよ」という感じで内容が細かくなります。
嘘がバレるのが怖いので一生懸命内容を補足しようとするわけです。人間とはなんとも可哀想な生き物です。

次のポイントは、「実は…」「正直にいうと…」というような前置きが増えます
例えば、「これ、驚くかもしれないけれど…」と言ったり前置きを増やします。この前置きを増やすことによって、自分を落ち着かせようとしていたり頭の中でストーリーを考えているわけです。
ですから、普段から前置きが多い人もいるので、この前置きの頻度や長さが普段に比べてどうなのかということに注目すると良いと思います。

4つ目のポイントは、「すごい楽しい」「すごい興奮した」「めちゃめちゃ面白くって」というようにポジティブな単語が増えます
人間はなぜか嘘をつく時には、ポジティブな感情を表す言葉を使って自分の嘘をマスキングしようとします。
ネガティブな言葉や相手に突っ込まれる言葉を使いたくないので、楽しい言葉やポジティブな言葉を使ってテンションで乗り切ろうとします。

これらが説得にまつわる行動で、つまり、いつもより話が長く、いつもよりも細かい内容を色々と語るようになり、前置きを増やすことで説得力のあるストーリーを作ろうとして、ポジティブな感情を表す言葉を多用して皆さんを説得しにかかってくるわけです。

回避行動

さらに、回避行動も増えます。正確には責任回避行動とも言いますが、3つのポイントがあります。

ひとつめは、「こう思うんだよね」「…かもしれない」「だったと思う」というような曖昧な言葉遣いが増えます
本来は人間は嘘をつきたくないもので、出来れば正直に生きたいし嘘はつかないでいたいと思うわけです。
皆さんも、例えば、仕事で思ってもないお世辞を言ったりどうしても嘘を言わないといけない時もあるとは思いますが、出来れば正直にいたいはずです。人間は元々は正直に自分の思ったことを思った通りに言いたいという気持ちを持っています。
できれば嘘をつきたくないと思っているのに、それでも嘘をつかないといけない状況になったとしたら、嘘をついているという状況から逃れたいという気持ちになります。
その嘘をついているという責任や人を騙しているという責任から逃れたいという気持ちにより、曖昧な言葉がかなり増えます。

元々自信がなく「〜かも」とかが口癖になっている人もいますが、普段は断言口調が多かったり、普段はっきり言う人ほど、嘘をついている時にはこの曖昧な言葉遣いが分かりやすく現れます。
ですから、毒舌の人や普段から物事をはっきり言うタイプの人が、実際に付き合うと、わりといい人だと思われやすいのは、わかりやすいからです。
自信を持って話しているのか、それとも嘘をついていたり自信がなく言っているのかということがわかりやすいので、かえって付き合いやすかったりもします。

そして、一人称が少なくなります
「私…」「自分が…」「俺が…」というような一人称が少なくなり、映画で言うと主人公の目線ではなく遠くから引きで撮影しているような説明をするようになります。
普通は自分の何かしらの出来事を語る時には、一人称で自分の感覚や自分の目線で語ることが多くなりますが、人は話を作ろうとか嘘をつこうと思うと、離れたところから登場人物を配置してストーリーを作ろうとするので自分の視点ではなくなります。
その場にいない限りは自分の視点で語ることができないので、いつもに比べて一歩引いたような表現ばかりを使うようになります。

ですから、例えば、彼氏が飲み会に行って絶対に女と会っていたはずなのに、その時の話をしていたとしたら、その話している出来事の中で、彼氏がどう思ったのかという質問をしてみてください。疑っている相手視点の話を聞くことで、それが今考えた意見のように感じて一歩引いている意見なのか、その場にいる意見なのかで、それを何回か聞いていると分かります。そのあたりの違和感から見抜くといいと思います。

LINE やメールで見抜くのであれば、一人称の単語を拾うだけでもわりと使えると思います。いつもよりも一人称が減っているようであれば、それは嘘をついている自分と距離を置きたいという気持ちが現れている嘘をついている人特有の特徴です。

他にも、距離を置きたいという気持ちから、「あいつ」「あの会社」というような嘘をついている対象と距離を置く言葉遣いも増えます
パーソナリティに問題を抱えている人ほどこの傾向が表れやすいものですが、例えば、大学生を対象にした実験で、自分の大学が試合で勝つと「俺たちは勝った」とほとんどの人が言いますが、パーソナリティに問題を抱えている人ほど、自分の大学が試合で負けると「彼らは負けた」と言います。
つまり、負けたチームと自分のイメージが合わさると都合が悪いので、距離を置こうとするわけです。逆に、買ったチームと自分のイメージは合わせた方が都合がいいので、距離を近づけようとします。
このような点も注目してみると嘘を見抜きやすくなるとも思います。

嘘をついている人が使いやすい7つの特徴

  • いつもよりも話が長くなる
  • いつもよりも細かい内容を話す
  • 前置きが増える
  • ポジティブな単語が増える
  • 曖昧な言葉遣いが増える
  • 一人称が少なくなる
  • 対象と距離を置こうとする

この7つが嘘を見抜くためのポイントです。

以下、自己責任でお願いします

人間というものは嘘をつこうとすると説得と回避の行動が同時に現れてきます。相手に信じてほしいという欲求と嘘をついているから相手から逃げたいという欲求がぶつかり合ってジレンマになります

これは僕の考察ですが、例えば、説明の時系列が伸びるという傾向が表れます。
例えば、普通に考えると「昨日はご飯に行ったよ」ぐらいで終わる話なのに、「昨日は仕事終わりにたまには飲みに行こうと後輩に誘われて、でもあまり高いところもどうかなあと思って、駅の近くの中華で安いところがあるからそこに飲みに行ったら、あいつらめちゃくちゃ飲むので、最初はずっとビールを飲んでいたのに白酒をあけ始めちゃって・・・」というように時系列が長くなります。
嘘をついている人は時系列を伸ばそうとします。2〜3語で終わることをわざわざ時系列を追って長々と説明するようになります。
このような特徴が現れてきた時には少し怪しいんでみるのもいいと思います。

そのような時は、楽しそうな表情をしながら「それでそれで?」と聞いてください。
そうすると、相手は自分の嘘がバレていないと思って一生懸命喋ってくれるようになります。調子に乗って時系列を追ってたくさん喋りますので、最後まで話させてください。
最後まで話をさせたら、そこからチェックが始まります。
嘘をついている人は、最後まで話して自分のやるべきことが終わると、リラックスして自分が作った作話を忘れてしまいます
その忘れたところで、時系列を逆にたどって細かく質問をしていきます。そうすると作り上げた話ですから矛盾が現れてきます。嘘がばれなかったと思っているので記憶から消したタイミングで時系列を逆に辿られると矛盾が出やすくなり、嘘を見抜くことができます。

そして、当然ですがほとんどの人は真っ赤な嘘はつきません。真っ赤な嘘をつくのはかなり難しいものです。ほとんどの人は嘘の中に本当のことを混ぜます。
多くの場合人間は嘘をつく時には本当のことを混ぜてくるということを覚えておいてください。
このような嘘を見抜く時には、どのような点では嘘をつきやすくてどのような点では嘘をつきにくいのかということを考えてください。
相手の話に対してそれが嘘なのか本当なのかを考えるのではなく、その全体の話の中で、どこが一番嘘をつきやすいか、あるいは、嘘をつく必要があるのかということを考えてください

例えば、前述した飲み会の話で後輩と一緒に中華に行ったという話だったとすると、仮に浮気していたとしても、浮気相手とフレンチに行っていたことを後輩と中華に行ったという嘘にはなりません。相手だけを変えたりすることが多いと思うので、自分が嘘をつくとしたらどのような点で嘘をつくのかということを考えると、結構見抜くべきポイントも見えてきます。
自分が嘘をつくとしたらどのように嘘をつくかという点で考えると、嘘をつきやすいポイントも見えてきます。
最初から嘘をついているところをピンポイントで考えるよりも、話の組み立ての中から嘘をつくとしたらどのあたりなのかということを考えるのが必要です。
基本的には真っ向から嘘を疑うというのではなく、嘘をついている場合と嘘をついていない場合で場合分けしながら相手の話を聞くようにしてください。
問い詰めるよりも話を聞く方がたくさん情報が出てきて見抜きやすくなりますので、是非覚えておいてください。

このように見た目で相手の嘘を見抜くよりも、論理を利用したり話し方や話す内容を利用した方が、おそらくは普通の人であれば見抜く確率は上がるはずです。
見た目で見抜くのは特殊な訓練が必要ですが、行動などから見抜くという練習はしてもいいかもしれません。
あとは、共感能力を鍛えるというのも相手の気持ちを理解するというところから嘘を見抜くためにも使える方法でもあります。

普段から日常生活の中で人の嘘を見抜こうとするとかなり疲れます。人はわりと細かい嘘を普段からついているものですから、それは全て見抜こうとしていては人間不信になってしまいます。
ですから、日常生活の中での小さな嘘にはそれほど害はありませんが、大事な嘘だけは見抜けるようになっておくことが大切です。今回のおすすめの動画としてはそのために役に立つものを紹介しておきます。
今回のおすすめの本としては、『秒で見抜くスナップジャッジメント』と、最近読んで面白かったものですが、進化心理学的に人間の残念な行動を解説している『われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお人好しなのか 進化心理学で読み解く、人類の驚くべき戦略』を紹介しておきます。是非チェックしてみてください。

外見だけで相手を見抜くには https://www.nicovideo.jp/watch/1526903382

裏切る相手の見抜き方 https://www.nicovideo.jp/watch/1457336126

会話で浮気性を見抜く!

騙されて損をしないために!

見抜くためのおすすめ本

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、この動画はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。 より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをオススメします。 訂正や追加情報があれば、コメントなどに随時追記します。
参考:Judee Burgoon (2016)Which Spoken Language Markers Identify Deception in High-Stakes Settings? Evidence From Earnings Conference Calls Show all authors

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog