人間関係

今からでも間に合う人間関係力を高める習い事

この知識はこんな方におすすめ

  • ソーシャルスキルを高めたい
  • 自尊心を高めたい
  • 子どもに将来役に立つ習い事を

大人にも子どもにも役立つ習い事

今回は、いわゆるソーシャルスキルである人間関係力を高める習い事について紹介させてもらいます。

子供でも大人でも習い事をしたことがある人も多いでしょうしこれから習い事を始めたいという人もいると思います。
そんな中でも人間関係力を高めてくれる習い事があり、いわゆる人付き合いの能力やコミュ力と呼ばれる能力を高めてくれるものがあります。

実は、意外な習い事が僕たちの人間関係に対して良い影響を与えてくれるということが分かっています。
その習い事が何なのかということとどのように活かせばいいとかということを今回は紹介させてもらいます。

人間関係力を上げるための方法としては、知識の Netflix を目指して作った僕の動画配信サービスである Dラボ の方で最近でもロジカル社交術というものについて解説した動画があります。

行動学者が教えるセンスに頼らない【ロジカル社交術】

社交術や社交スキルと言われると多くの人が自分のセンスに頼ってしまいますので、もともと社交が苦手な人は苦労してしまうということがあります。
社交はスキルであり技術ですから練習さえすれば誰でもできるものです。

多くの人がどこから何を練習したらいいのかがわからないのでそれに苦労するだけです。
こちらの動画ではそんな社交力を高めるための具体的な方法について解説しています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

では、人間関係力を高める習い事についてですが、実はその習い事とはなんと音楽です。

音楽がソーシャルスキルに役に立つ?!

昔からピアノなどの楽器を学ぶことによって認知機能が良くなるという話はありましたが、どうやらソーシャルスキルを高める可能性もあるのではないかということが分かってきています。

昔からピアノが特に効果が高いとされていますが楽器を学ぶことによって IQ が上がるということが分かっています。
ですが、それによって上がった IQ が学校の成績や社会に出た時に対して本当に役に立つのかということはあまり分かっていませんでした。

2020年にロンドン大学の研究チームが、音楽のトレーニングをすることによって子供の認知能力が上がるのか、そして、学校の成績が良くなるのかということを調べたメタ分析があります。

研究では、1986年から2019年の間に行われた54件の様々な子供の認知能力と成績と音楽に関する研究のデータを再分析しています。
合計で6984人の子供を対象にして、本当に音楽教育というものが認知能力が上がり成績が良くなるのかということを調べようとしたものです。

その結果意外なことが分かっていて、音楽教育が認知能力や学校の成績の上昇に及ぼす効果というものはなかったということです。

よく言われているような音楽が IQ を上げるとか学校の成績を上げるということに関しては、今回の研究に限って言うのであればなかったということです。
もちろん、音楽を否定するものではありませんがそれによって頭が良くなることはないというのが今回の研究が示すところでした。

言語スキルや非言語スキル、スピード関連スキルというような頭の回転を示すことに関しては、音楽を習っているかどうかということがそれほど関係はしていなかったということです。

ですが、実際には他の部分に効果があったということです。
音楽のトレーニングを行うことによって社会的なスキルが向上していたということです。
いわゆるソーシャルスキルや自尊心を向上させる可能性があるのではないかということがこのデータから分かっています。

ソーシャルスキルと自尊心の向上!

これは意外なことではないでしょうか。
ピアノを習ったりバイオリンを習ったりすることで頭が良くなるのではないかと言われていたわけですが、実際にはその効果はないのかもしれないけれど、社会に出てから役に立つであろうソーシャルスキルを高めてくれたり、自分の自信がなくなってしまうと言いたいことも言えなくなり生きづらくなってしまうこともありますが、ありのままの自分を受け入れて自分をちゃんと誇れるような自尊心を高めてくれるという効果があったということです。
そんな性格を身につけるために音楽が役に立つというわけです。

これは音楽の新しい可能性なのかもしれません。
子供に音楽を習わせたり子供の頃から音楽を学ぶことによって、社会に出てからコミュ力が無駄に低下してしまったりそれによって困るリスクを下げることができるかもしれないということがこの研究が示してくれることです。

大人の場合には・・・

では、大人になってから音楽を学ぶ意味はないのかと言うとそういうこともなく、大人になってからも音楽を学ぶことや言語を習得するということは脳に良い影響を及ぼすということも分かっています。
脳の老化を防いだり認知能力を上げる可能性があるという研究もあります。

大人になってからになるとどうしても新しいものを習うということが少なくなります。
ですが、音楽を習ったり新しい言語を習うというのは脳にも良い影響があるので大人になってからもそのようなことはしたほうがいいということです。



子供の場合にはそもそも新しいことが世界に溢れていますので、音楽を狙ったり言語を習ったりすることももちろん将来的にそれが役に立つこともあるでしょうし素晴らしいことだと思います。

頭の回転の早さや認知能力を鍛えるということを目的とするのであれば音楽を習うというのは大人になってからの方が効果が高いのかもしれないし、子供の頃に習っておくと将来大人になってから役に立つ人間関係力や自尊心を鍛えてくれるということになります。

ですから、子供に将来コミュ障になってもらいたくないとか自分に自信を持てない人になってほしくないと思うのであれば、音楽は積極的に習わせてあげてもいいのではないのかということになります。

音楽が人間関係力を上げてくれるという研究でした。

芸術的な創造について学ぶためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、僕の友人が書いた参考になる本を紹介しておきます。
大黒 達也さんという本物の研究者の方ですが、東大を出た後にオックスフォード大学に行きドイツのマックスプランク研究所に入り、その後ケンブリッジ大学で研究をされている脳科学の研究者です。
音楽の学習と脳の研究を専門にされていて、その方の書いたこちらの本がかなり面白いです。

音楽でもアートでもどのようにしたらこのような素晴らしいものができるのだろうかとか思いつくのだろうかと考えさせられることが結構あると思います。
音楽に限らず芸術的な創造性やアイデアなどの発想がどのようなところから生まれてくるのかということを一流の研究者の方がまとめてくれた本になっています。
一般の方向けに書かれているので専門書のカテゴリーとしては読みやすいと思います。

今回はそんな音楽のソーシャルスキルを高める効果について解説させてもらいましたが、自分の IQ を高めたり子供の IQ を高める方法や集中力を高める方法などについても僕の動画配信サービスである D ラボの方では解説した動画を配信しています。
今なら20日間無料で使うことができますのでぜひこちらもチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
行動学者が教えるセンスに頼らない【ロジカル社交術】

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:Sala and Gobet.(2020) Cognitive and academic benefits of music training with children: A multilevel meta-analysis.

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係
-, ,

Translate »