目標・成功

世の中が平等だなんて本気で信じてる人いるの?大事なことは不平等や理不尽を否定することではなく、乗り越える方法を学ぶことだと思う。

この知識はこんな方におすすめ

  • いい人生を送りたい
  • 漠然とした理不尽を感じている

税金をあまり払っていない人ほど細かい税金の使い方に文句を言いますが、税金の使い道としては大きいところから決めた方が合理的なはずです。
例えば、1億円使っているところから1億円削るよりも100億円使っているところから1億円削る方が容易なのは当然です。
これは太っている人の方が痩せやすいというのと同じで指摘するポイントがおかしいということを言いたいだけでした。

これは自分の知っている金額感でないと何がおかしいのかとか何が無駄なのかということがわからないということもあるとは思います。
例えば、美術品についての知識がなければある美術品について2億円だと言われるとただただ高いとしか思わないでしょうが、それが有名なアーティストの作品で本来は8億円で売られていたものだと知っている人にとっては安いと感じるわけです。
このように分からないものに対しては人間は議論をすることができないものです。

世の中が平等だと皆さんは本気で信じていますか?

僕ははっきり言って信じていません 。
政治家も著名人も多くの人が人は皆平等だと言います 。
お金をたくさん稼いでいる人もそうでない人も、税金をたくさん納めている人もそうでない人もみんな平等なのがこの社会だと口では言います。

この社会は本当に平等ですか?

僕は小学校から中学校までいじめられていましたが、その間に人は平等ではないということを嫌と言うほど知らされました。

大人になってからは学歴であったり収入であったり見た目の違いなど気にするポイントはたくさんあると思います。
小学校や中学校の頃にはそういったものはまだそれほどないはずです。
貧富の差があったとしても別に子供たちが気にするほどの違いではないでしょうし、普通のただのクラスの中だけのことだったはずです。

みんな同じところからスタートしていると信じている中でどれだけの不平等があるかということを思い知りました。
どれだけの理不尽が存在しているのかご存知でしょうか。

世の中は確かに法の下では皆平等だとは思います。
ですが、実際の世界で多角的な面から考えたら人は平等ではありません

スポンサーリンク

例えば、お金や経済に関しての話であれば何かと意見できる人も多いでしょうが、人間の死というものは平等でしょうか。

人は皆死ぬから平等だという人もいるかもしれませんが、実際には人が生きることができる年数は人によって全く違います。
しかも、年数や時間だけではなく普段から一生懸命トレーニングして食事にも気を使い健康に気遣った生活を毎日送った人でも中には早く死んでしまう人もいますし、逆にタバコを吸ったりお酒を飲んだり不健康な生活を送った人も長生きする人もいます。

現代科学で示されている癌になる一番の理由を皆さんはご存知ですか。
タバコや健康な生活など想像するかもしれませんが、現代科学による癌になる一番の理由とされているのはただ単に運が悪かっただけだとされています。
確率的に癌を発症して僕たちはそれに当たってしまうと早く死んでしまう可能性が高くなるわけです。

法律や綺麗事でみんな平等だとよく言われます。
お金を持っている人もそうでない人も、学歴が高い人もそうでない人も、豪邸に住んでいる人もそうでない人も、人は皆平等だと多くの人が言います。

そんなことはありません。現実に目を向けるべきです。

不平等な現実と向き合わなければ自分も自分の大事なものも守れはしない!

僕たちが自分の大事な人を守ったり自分たちが理想とする世界を作るためには、目の前にある不平等な現実に目を向ける必要があり、その不平等な現実と向き合うことができなければ、自分の権利を守ることも自分の大事な人を守ることもできないということがいじめられて大人になる過程で知ったことです。

SNS などで自分の考えを発信したり人の意見に文句言うのもいいでしょうし、平等な社会ができたら確かに素晴らしいことだと思います。
それを信じるのも自由ですが僕は信じていません。

いじめられた時にも学校の先生はみんなのことを平等に扱いちゃんと全員のことを見ると言いました。
ですが、目の前で僕がいじめられていても無視したわけです。

スポンサーリンク

人間が平等に与えられているのは不平等な世界で生きるという権利だけです。
自分の身の回りにある不平等を受け入れて、その現実に目を向けた上で、この苦しい世界の中でどのようにしたら自分の理想とする生活を送ることができるだろうか、どうすれば自分の権利を守ることができるだろうか、どうすれば自分の大切な人を守ることができるだろうかということを考え生きていくことがとても重要です。

それを考えることもなく努力もせずみんな平等だとだけ言う人がいます。
それは簡単でしょうし法律もそれを認めてくれると思います。
ですが、実際の社会はそうはできていないということです。

もちろん法律的な人権は平等だと思いますし平等な社会が実現したら素晴らしいことだと思います。
ですが、全てにおいて平等だとただ信じるのは害悪の方が大きいと僕は思います。
そうではない部分の方が多いわけですから現実を見た方がいいはずです。

そんな不平等な社会の中でいかに生きるかということを教えることが重要なわけであり、耳障りのいい言葉を使い自己啓発の怪しいセミナーの講師のように信じていれば成功できるというようなことを語ったり、人と人とが手を取り合い未来に誇れるような国を目指しますというような何の現実味もない理想論を語っている政治家を見るとはっきり言って吐き気がします。
綺麗事だけで何の具体的な計画もない人を見ると、僕がいじめられている時に無視をしているくせに授業参観の時には綺麗事を立派に述べていたあの教師の顔を僕は今でも思い出します。

世の中は不平等です。
その不平等な中でどう戦うかが大事です。

スポンサーリンク

テレビに出るようになっても僕は大手の事務所に所属しているわけでもありませんし仲間とほぼ個人でしてるようなものですから、控え室もなかったりギャラも低かったり当然あり得る色々な不平等も受けました。
そんな中で戦ってようやくここまで来たわけです。

不平等な世界で戦いようやく自分を保つことができる権利を勝ち取った人間を今度は周りが指差して「不平等だ!」と言い始めます

不平等を強制し散々不平等と劣等感を与えてきた人たちが少し成功した人がいたからといって恵んでくれと言っているようなものです。
そんなことをするはずがありません。

僕も当然税金は払っていますが、それは富の再分配に賛成しているからではありません。
自分に対して不平等を強制した社会に対して貢献しようとも一切思っていません。
現状、税金を払わないと損をするから払っているだけです。

僕は自分の権利や生きる道、自分の大事な人を守る力は自分で手に入れるから、自分に構わないでほしいから税金を払っています。
これがいいのか悪いのかはわかりませんがそういう思いがあるということです。

世の中は不平等です。
その不平等な世の中でみんな頑張らないといけないわけです。

社会的な責任?

僕の発言に対してそれは民主主義に異を唱えることだと反論した人がいましたが、別に僕は民主主義によって選ばれた立場の人でもありませんが、そんな人が民主主義に仮に異を唱えたとしても何か問題があるのでしょうか。
これは別に民主主義がいいとも悪いとも社会主義がいいということではありません。

フォロワーがたくさんいるからとか発言力があるから社会的な責任があるはずだというようなことを言ってくる人もいますが、責任を押し付けないでもらいたいと思います。
芸能人や有名人、政治家や著名人に対して好き勝手言ったり叩いている人もいますが、そのような人に限って人は皆平等だと言います。
皆平等だと言っているのに発信力がある人が発言すると文句を言うわけです。

スポンサーリンク

僕も過去に書かれたことがありますが、週刊誌は芸能人や著名人のプライベートを持ち出して問題視するような記事を書きます。
もちろん、それが違法なことであれば問題にされるのは当然でしょうが、それであれば警察が当然動くはずですしわざわざ週刊誌が動く必要もないはずです。
違法性がないから警察は当然動くことがないから、週刊誌に持ち込んでいるということがほとんどです。

法のもとに平等であるはずの世の中で芸能人や著名人などの特定の人だけが「社会的な責任」というあやふやなものを押し付けられて、実際には法律に触れているわけでもないにも関わらず罰せられるという謎の事態が起きてしまいます。

法のもとに皆平等なのであれば人を罰してもいいのは法律だけのはずです。
ですが、そんな平等を主張しながら法律とは関係ないところで人を誹謗中傷したり罰しようとする人たちがいます。
はっきり言って自己矛盾も甚だしい限りです。

僕は基本的には世の中は不平等だという前提のもとに仕事もしますしビジネスとしての戦略も立てるようにしています。
自分が不平等にさらされて風下に置かれても生き残ることができるように計算するようにしています。
動画配信もスマホだけで行い編集もあまり入れないようにしていてほとんどコストを使わないビジネスばかりです。
これはコストを極限まで減らしておけば不平等にさらされても生きていくことができるからです。

皆さんは何を人質に取れれているのか?

タレントさんであればレピュテーションリスクを考えて取引上で何かしら人質に取られていることはあると思います。
これは皆さんも同じで、社会や会社、周りの人間関係に何か人質にとられていることもあるはずです。
これが皆さんが実際に不平等な状態になったり不合理な状況に置かれた時に人質になるから問題なわけです。

何を人質にとられているのかを考えてください。
どのような状況にすればそれを人質に取られることなく自分の手元に置いておくことができるのかということを考えることが重要です。
人はそのために頑張るのだと思います。

ですから、不平等な現実に目を向けることができない人は自分の権利も自分の大事な人を守ることもできないと言っているわけです。

政治家は綺麗なことを言って皆さんに一票を入れてくれることを求めるでしょうが、その一票を入れたところで皆さんの権利も皆さんの大事な人を守ってくれるわけではありません。
これは別に政治や選挙を批判するわけではありませんが、困った時に皆さん自身と皆さんの大事なものを守ってくれるのは皆さんだけだということです。

だから僕はそれを受け入れた方が良いのではないかと言っているわけです。

Dラボで人生を変える動画をチェック

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

スポンサーリンク

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog