健康・ダイエット 集中力

【寝れない】疲れた日ほど夜ふかししてしまう理由とは

この知識はこんな方におすすめ
  • 寝る前ダラダラしがち
  • 時間を大切にしたい

疲れているのにダラダラと…

ダラダラしてはいけないと思いながらも、ダラダラしてしまうことはあると思います。
特に、なぜか疲れている時ほどダラダラしてしまいやすいと思いませんか?

今日は大変な一日だったとか、仕事で疲れたから早く休みたいと思ったのに、いざ家に帰ったら、寝る前にスマホを見て過ごしてしまったり、皆にダラダラとしてしまうことがあると思います。

早く寝て体力を回復させなくてはいけない、疲れているから早く寝ないと明日がツラくなるとわかっているのに、なぜ夜ダラダラとしてしまいがちになるのでしょうか。
そんな疑問について興味深い研究を見つけましたので、今回はそれに基づき紹介させてもらいます。

家に帰ってから、たいして興味もないテレビをダラダラと観てしまったり、暇つぶしにしかならない動画を観てしまったりして、結局寝不足になり翌朝がツライということになり、そのせいで仕事でもミスが増えて、またイライラしてしまうというような悪循環は経験がある人も多いと思います。
なぜそんなことが起きてしまうのでしょうか。

意志力に対する考え方の違い

ドレスデン工科大学の研究で、173人の学生を対象に、早く寝たほうがいいのにダラダラして寝ることを先延ばししてしまうことで、どんどんしんどくなってしまう人とそうでない人の違いは何なのかということを調べた興味深い研究があります。

人間が自分をコントロールしたり集中力を発揮したりするための意志力を調べる研究かと思うかもしれませんが、この研究では学生たちの考え方を尋ねています。
意志力が強い人ほどやるべきことを終わらせてすぐに寝てそうに思えますし、意志力が弱い人ほど無駄にダラダラしてしまいそうに思えます。
この研究の面白いところでもありますが、学生たちに、意志の力は限られたリソースだと思うかということを質問しました。

つまり、日中の間にたくさんの集中力を発揮するようなことをしたりしんどい作業をしたり、意志の力を発揮して自分を奮い立たせて行動しないといけないような仕事をすると、集中力や自分をコントロールする力が減ると思うかということを尋ねました。

みなさんはこれについてどう思いますか?
多くの人は減ると考えると思いますが、実は、最近の研究では実際には減らないのではないかという研究が結構出てきていますので、おそらくは減らないし、そう考えた方がメリットがあるとされている研究が先行でありました。
それと夜にダラダラしてしまうことが、何かしら関わっているのではないかということを調べようとしたのが今回の研究です。

皆さんは、例えば、昼間にしんどい仕事があったら、夕方に頑張ろうと思えなくなってしまったり、会社で上司に小言を言われたりして、感情のコントロールに意志の力を使ったら、夕方や帰ってからやる気がなくなったりするタイプですか?

そんなタイプの方は気をつけたほうがいいかもしれません。
この研究では、学生たちに意志の力が有限だと思うか、それとも、無限だと思うかという質問をしていて、どうやら、この意志力に対する考え方が、僕たちの夜寝る前の無駄なダラダラを作っているということが分かったということです。

やはり、世の中では意志の力は使えば使うほど減っていくもので、意志の力を発揮すればするほど疲れていくものだと考えている人が多いものです。今日は集中力がもうないというようなことを言う人はまさにこのタイプだと思います。

研究チームは、この意志の力に対する態度が、有限で使えば使うほど減っていくものだと思っている人と、そうではなく意志の力は筋トレと同じで使えば使うほど湧いてくるもので減るものではないと思っている人で、どちらの方が早くよく眠れるのかということを調べてくれています。

研究者たちは他にも色々なポイントを調べていて、例えば、どれぐらい意志の力があると思うのかということや、自分のことを朝方だと思うのか夜型だと思うのか、自分が理想とする寝るべき時間は何時ぐらいだと思うのか、というようなことも質問して比較しています。

そして、学生たちには10日間睡眠日記をつけてもらい、何時に寝て睡眠の質はどうだったのかということや、起きたのは何時なのか、自分が理想とする寝るべき時間とどれくらいずれたのか、あるいは、ずれなかったのかということを調べました。

それらのデータをまとめたところ、興味深い傾向が確認されました。
自分の意志の力が限られたもので、集中力を発揮したりすると疲れてその後は集中できなくなるし、タフな問題を扱った後には簡単な仕事しかできないもので、上司に小言を言われた後には意志の力が削られてしまいどうしても仕事は捗らなくなるものだと考えている人は、意志の力は無限なものだと考えている人に比べて、なんと40分から50分も寝る前にダラダラしてしまうということがわかっています。

意志の力が限られていると考える人は40分から50分も?!

意志の力に対する考え方、集中力や自分をコントロールする力に対する考え方の違うだけで、人間は寝る前に40分から50分も時間を無駄にしてしまうということです。

さらに、通勤時間の長い人は、睡眠の質が下がったり寝付くまでの時間が長くなるということもわかっていますので、普段通勤していて意志の力が限られたものだと考えている人の場合は、おそらくは寝る前に1時間や1時間半は寝る前や寝ようとしてからダラダラしてしまいやすいと思います。

もし1時間半もダラダラする時間があるのであれば映画なども見ることができますので、それでリフレッシュすることもできます。
そんなことをすればいいのに、無駄な暇つぶし動画を観てしまったり、どうでもいいような芸能人のゴシップ記事などを見てダラダラと過ごし無駄に時間を浪費してしまうわけです。

日中のストレスが多いほどダラダラと

さらに、この研究では日中のストレスレベルも測っていて、それによると、日中のストレスレベルが高かった人ほど寝る前にベッドでダラダラしてしまうということもわかっています。

要するに、僕たちは、自分の自己コントロール能力や自分の意思をコントロールする力が有限だと考えてしまうと、40分から50分ぐらい寝る前に布団などでダラダラとしてしまうということが起きて、それに加えて、日中のストレスレベルが高いという人はさらにダラダラとしてしまいがちになるということです。

この研究では、なぜ意志力が有限だと考えると寝ることを先延ばししてしまいダラダラとしてしまうのかという理由についてはまだわかってはいません。
普通に考えると、日中に疲れたりストレスを受けたりすれば早く寝るようにしそうなものですが、実際にはそうはならないわけです。
これについて研究者は考察していて、自分の意志の力は有限で、ストレスを受けたりして意志の力がすり減ってもう自分をコントロールできないと考えてしまうと、手軽なリラックスを求めてしまいます

手近なリラックスできそうなことに手を出してしまう

早く寝て適切な6時間から8時間ぐらいの睡眠時間をとれば、朝もすっきり起きることができてリフレッシュすることができるということはみんな分かっています。
となると、逆に言うと、すっきりするまでに6時間から8時間ぐらい時間がかかります。
その6時間から8時間の時間を自分の意志の力が限られているものだと考えている人やストレスレベルの高い人は待つことができないわけです。
だから、もっと手軽で早くリラックスできそうなものに飛びついてしまいます。

その結果、無駄に暇つぶしの動画を観てしまったりスマホでどうでもいい記事をずっと見てしまいます。
実際にはリラックスできるわけではありませんが、このような気軽にリラックスできそうなものに飛びついてしまうということが起きます。

確かに、いつまでたってもなかなか稼げない人や自分の将来に対する時間やお金の投資ができない人は、将来のプラスにならないような余計なものに時間を使ったり、将来の自分のためにもならないような無駄なものにお金を使ったりすると思います。
このような人たちは、手近な欲求を満たすためにお金を使い、時間をかけて手に入れる将来の大きな満足度を得るものや自分の人生をより良くするための投資や勉強ができないと思います。
これは1日1日の睡眠に対しても同じことが起きているということです。

本当に大切なことに時間を

僕たちはストレスがかかって疲れている時や、自分の意志の力は限られているものでどんどんすり減っていると考えてしまうと、手近な満足しそうなものを求めるようになってしまうわけです。
そうなると、本当に満足できるものに対して僕たちは手を出すことができなくなってしまうので、時間をひたすら無駄にしてしまい、さらに睡眠時間が削られることによって自分をコントロールする能力も落ちていきますので、より悲惨なことになってしまいます。

ぜひ皆さんは、意志の力というものは限られたものではなく無限だと思えるような行動をとるということと、ストレス対策を心がけてください。

とはいえ、自分をコントロールする力や意志の力が無限だとは思えないという人や、どうしても疲れてくると意思の力が減ってくるように感じるという人もいると思います。
今回のおすすめの動画として、減らない意志力の作り方を解説した動画を紹介しておきます。
ちょっとした考え方や仕事に対する振り返り方を変えるだけで、僕たちの意思の力というものはずっと続くものです。

自分の意志の力が必要なことやタフなことをした時に、達成感を感じてもっと頑張ろうと考えることができる人もいれば、もう疲れてしまい何もやる気がしないという人もいます。
この違いは何なのかということもこの動画を観ていただけるとわかると思います。
夜寝る前にダラダラとして時間を無駄にしているという人や、それ以外の時間でもどうも時間を無駄にしがちだという人は、ぜひこのおすすめの動画をチェックしてみてください。

今回のおすすめの動画は「減らない意志力の作り方」です。
考え方を変えていくことによって、自分の集中力や自分をコントロールする能力、感情をコントロールする能力などが無限に続くようになるという方法を解説しています。

そして、日中のストレス解消については、非常に良い本がありますので今回のおすすめの本として紹介しておきます。
『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』です。
100種類の科学的根拠のあるストレス解消法が紹介されていますが、なぜ100種類も紹介しているのかというと、僕たちはストレスを解消する方法をたくさん持っているという自覚があると、それにより実際にストレスに強くなるということが分かっているからです。

ですから、100種類全部する必要はありませんが、自分には100種類もストレス解消する方法があると思えるだけでメンタルが強くなり、ストレスに振り回されなくなるということです。
趣味がないからストレス解消がなかなかできないという人もいると思いますが、趣味がないのであれば科学に頼ればいいというのがこの本です。

今自粛中でなかなか外に出られないという人も多いと思います。
僕のオーディオブックが無料で Amazon で公開されていますので、そんな自粛のお供によければ使っていただければと思います。
本で読んだという人もいると思いますが、オーディオブックで聞くと頭への入り方も少し違うと思いますので、ぜひチェックしてみてください。
いつまで無料なのかはわかりませんが早めにお願いします。

意志力について学びたい方は

今回のおすすめ本

日中ストレス解消にオススメの本

【無料】メンタリストDaiGoのオーディオブックを無料公開中、自粛のお供にどうぞ↓
▶︎知識を操る超読書術
▶︎自分を操る超集中力
▶︎人を操る禁断の文章術

kindleも無料↓
▶︎後悔しない超選択術

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/bjop.12382?af=R

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット, 集中力
-, , , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog