お金・ビジネス

DaiGoの切り抜きチャンネル参加者を募集します

切り抜きチャンネル募集がスタート

僕の切り抜きチャンネルですが、正式に応募がスタートします。
切り抜きチャンネルと言うと、ひろゆきさんの切り抜きチャンネルが人気ですし色々な方がされていると思います。
僕も一応切り抜きチャンネルをテストとして始めていましたが、これをテストではなく本格的にローンチして始めようということになりました。

とはいえ、これは誰でも切り抜きチャンネルをやってもいいということではありません
それをしてしまうと、どうしても肖像権などの問題もあり、誰でもオープンにしてしまうと家の権利関係の管理をしているスタッフや法律関係をお願いしている先生も困ってしまいます。

まずは審査した上でお願いします

ですから、一応こちらの方で審査をちゃんとさせてもらった上でお願いするという形になります。
こちらはDラボの会員さん限定になりますので、Dラボの方に審査用のページへのリンクがあり、そちらから応募してもらうようになりますが、これは応募しただけで参加できるというわけではなく審査をさせてもらいます。

応募の際には、一応本名や電話番号や住所などその人の人となりがわかるような情報も必要になります。
これは誰彼構わずやりたいというわけではありませんので、その辺りは最低限確認させてもらうと同時に、僕の YouTube の動画からご自分なりに切り抜いて編集してもらった動画を3つほど限定公開であげてもらってそのリンクを送ってもらいます。
この時に気をつけてもらいたいのは公開にしないようにしてください。
公開にされると、家の著作権管理チームがその動画を消しに行ってしまいます。公開ではなく限定公開で送ってください。

それらの情報をもとに審査させてもらった上で、この人2であれば切り抜きを頼めるかなと判断が下った場合に関しては、こちらから連絡させてもらい一緒にさせていただくという流れです。

Dパートナー企画

元々Dパートナーと言って、僕と一緒に仕事できる人や D ラボを通じて共に成長できる人を作っていきたいということを考えていました。
これは、要するにDラボを通じて皆さんに収益も提供したいということをずっと考えていて、それを今回は YouTube の切り抜きプロジェクトという形で始めてみようというものです。

スポンサーリンク

切り抜き対象の元の動画はYouTubeのみになります。
基本的には僕の質疑応答何が対象になっています。
それ以外の普段の動画を使ってもいいですが、それをそのままテロップをつけるだけとか、車ない状態で単独で切り抜くというのは基本的に NG です。
基本的には質疑応答がメインで、例えば、その質疑応答の中で僕がエクスプレッシブライティングについて話しているという時に、過去に僕がエクスプレッシブライティングについて詳しく話した放送からその部分も切り抜いてきて引用して編集すると言うのであれば OK です。
そうではなく、動画の全編を丸ごと使ったり、そのままテロップをつけるだけで投稿するというような手抜きはなしということです。
基本的には質疑応答がメインになります。

こちらのページには応募のリンクはありませんので、Dラボからチェックしてもらうか、まだ入られていない方はまずは入っていただいてからということになります。
Dラボの会員さん限定の企画になりますので、まずは応募資格としてはDラボ会員になってもらう必要があります。

この理由としてはいくつかありますが、そもそも僕の放送としてはDラボがあくまでメインであり、YouTube のチャンネルはそのサブチャンネルのような位置づけです。
ですから、ある程度ちゃんとした知識を持っている人でなければ、間違ったニュアンスを伝えられても困りますので最低限Dラボである程度学んでいただいた方にお願いしたいということがあるからです。

応募はDラボからリンクをチェック!

Dラボの該当の動画に応募するためのページのリンクが掲載されていますので 、そちらから応募してください 。
その上で採用された方にはこちらから連絡させてもらい、詳しい条件なども説明させてもらいます。
一応法務的な部分もしっかりしているので、契約書のようなものも用意させてもらいます。

スポンサーリンク

切り抜きチャンネルを任せるにわたっては、いくつかの基本的な条件があります。
チャンネルとしてある程度成功するためには、ひろゆきさんのチャンネルとかを見ても分かりますが、最低でも1日1本以上の動画は投稿しないとやはり微妙です。

ひろゆきさんの動画を見ていると、テロップもガッツリ入っていて編集に凝っている動画を1日1本出すか、あるいは、そこまで凝った編集をしているわけではないけれど、ちゃんと分かりやすく編集している動画を1日3本出しているか、このどちらかのようです。

つまり、ある程度成功しているチャンネルは、ちょっとカロリー高めの動画を1日1本出すか、少しカロリー軽めの動画を3本出すか、このどちらかが必要かと思います。
1日の投稿が最低でも1日1本以上なければおそらく収益化もされないので、そういう意味もあり1日最低でも1本以上投稿できるというのがまず条件になります。

リターンはプロの相場で!

そして、切り抜きチャンネルをして頂く方へのリターンとしては、基本的には動画の編集に関するプロの方の相場を参考にしています。
テレビの編集をされているようなプロの方にお願いをすると、動画の完成尺で1分あたりおよそ3000円から5000円ぐらいだそうです。
こうなると結構高そうな印象もあるかもしれませんが、これはテレビ並みに長い動画の中からかなりの編集を行った場合ですから、いわゆる切り抜きチャンネルぐらいの簡単な動画の場合には、1分あたりで1000円から2000円ぐらいが相場になるそうです。

スポンサーリンク

とはいえ、これでは微妙に感じる人もいるでしょうし、お互いにプラスにならなければやる意味もないので、一応歩合制の方も調べてみました。
歩合制の場合には、例えば僕が業者に切り抜きチャンネルをやって下さいとお願いした場合、その編集を頼むと収益の20%ぐらいを要求されるそうです。
もちろん編集が複雑になってくればもっと上がる場合もあるでしょうが、切り抜きチャンネルぐらいの編集であれば20%でもかなり良い方だと思います。
今回のプロジェクトではDパートナーに選ばれた方には、このプロと同じ配分で20%をお返しします

ですから、1日一本以上動画を投稿することができれば、広告収益の20%をバックするということです。
それ以外の細かい部分や法律的な部分に関しては、採用された方に契約書をお送りさせてもらいます。

業界の相場としては、当然ですがもっと高い人もいると思います。
誰々はもっと高い相場でやっていたとか、もっと配分遅れるというようなことを言う人もいるかもしれませんが、
プロの業者に頼めば20%でやってくれるのであれば僕は当然そちらにお願いします。
とはいえ、元々切り抜き動画をしたいという目的があったわけではないので、できるならばDラボの会員さんにお願いしたいと考えました。

いつもDラボを見て勉強してくれている人がいるわけですから、当たり前ですが、僕のことや僕が紹介している知識をよく知ってくれている人がいるのであれば、その人たちの中からできる人にしてもらいたいという気持ちです。
基本的には交渉はしません。それ以上求められるのであればプロの人にお願いすればいいだけというのがビジネス的な判断です。
基本的には皆さん同じ条件でやってもらいます。

もちろん同じような切り抜きチャンネルをしている方で、もっとたくさんの按分をもらえている人もいるとは思いますが、はっきり言いますが、いわゆる質疑応答型のチャンネルで切り抜きが可能なチャンネルだけで見ると、僕のチャンネル会員数は圧倒的に多いです。
その辺りの意味合いも考えてもらえるといいと思います。潜在顧客としてはかなり多い方だと思います。

スポンサーリンク

共に成長を目指します!

そして、切り抜き動画を公認で行なってもらう場合のメリットとしては、公認ですから他のチャンネルのように勝手にどうぞと放置はしません。
基本的に切り抜きチャンネルの人たちのコミュニティを用意しますし、これはもう実は作っています。
そこでは切り抜きチャンネルに関するコピーライティングのアドバイスをさせてもらったり、僕のチャンネルでその切り抜けチャンネルをフォローして、面白い動画を出してもらったら僕の Twitter や YouTube などで告知もします。
つまり、公認の切り抜き動画の場合には、公式のアシストが付いてブーストがしやすい状態で切り抜きチャンネルを始められるということです。

すでにテストとして始めた切り抜きチャンネルがいくつか公認でありますが、このコミュニティの中では直接僕とやり取りができる状態になります。
例えば、面白い時事ネタがあった場合にはそれを扱ってほしいというリクエストを受け付けたり、切り抜きがしやすい状態でその内容を話したりもします。

切り抜きチャンネルを始めようと思った時には、最初は盛り上がってバズる感じになるかもしれませんが、結局は競合他社が増えるような状況にいずれはなります。
僕の場合には、基本的にはこちらで選んだ方だけにお願いして、その人をサポートする形で進めていきますので、いわゆる有象無象の状態にはなりにくいということがあります。
そういう点でも色々学びながらできるとも思いますので、もし自分ですでに YouTube チャンネルをしているというのであれば、そちらの参考にもなるでしょうし、他の切り抜きチャンネルと一緒に副業としてやってもらっても構わないと思います。

ちなみに、今すでにもう始まっている切り抜きチャンネルは始めてそれほど期間は経っていませんが、中にはもうすでにチャンネル登録者数1万人を突破しているチャンネルもあります。
公認のチャンネルなどで一応全部見ていますが、面白いのはたった一本の動画で公開されてからまだ数日しか経っていないのに何十万回も再生されて、収益としても40万円に手が届きそうな人もいるぐらいです。
そういう意味でもかなり可能性はあると思います。

メインチャンネルのアシストもさせてもらい収益化もしやすい状態で始められて、しかもアドバイスももらえて、たった一本の動画でもうまく回れば月収に近いぐらいの収益を上げることができるわけです。
実際にそんな数字がすでに出ているので、それをうまく皆さんに還元できればと思います。

スポンサーリンク

だからといってそのために皆さんにスペックの高いパソコンを交わしたりとかもしたくありませんし、正直これで僕がもっと稼ぎたいと思ったら、DaiGoの切り抜きチャンネルの権利を販売するから毎月いくら請求するというようなことをした方が手間もかかりませんし儲かると思います。
そんなことをしたりプロに任せたりしないのは、そもそもDラボの会員さん達とDパートナーという企画をしたいという思いが元々あったからです。
皆さんと一緒に可能性に挑戦できたらと思っています。

Dラボは今なら20日間無料で見ることができるキャンペーンもおこなっています。
まずはそちらからチェックしてもらい、Dラボの動画も見てもらった上で、そちらから応募フォームも確認していただけたらと思います。

切り抜きチャンネルも色々とありますが、基本的には元々の本人の発言力や活動に依存するものです。
そもそも切り抜くことができる動画が出てこなければ続けることもできませんし、ましてや、素材になる動画をリクエストすることもできません。
僕の場合はそれをさらに推し進めて、切り抜きをやっている人たちからのリクエストも受けながら、それを切り抜きやすい形で質疑応答に扱ってみたり、結構インタラクティブな切り抜きができると思います。
そんなコンセプトで進めてみたいと思っていますので、下記にあるDラボのリンクからまずはチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

続きはDラボから
\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で 毎月20冊以上【30,000円相当】の書籍・論文の知識が【1日あたりわずか10分】で学べる

Dラボはこちらから
今回の参考
¥2,860 (2021/05/06 06:15:48時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Linda Hill & Kent Lineback(2011)Better Time Management Is Not the Answer

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog