メンタル強化

【ブラックよりやばい】鬱になる職業TOP5

この知識はこんな方におすすめ

  • 仕事選びで後悔したくない
  • メンタル病みたくない

うつ病になりやすい職業TOP5

職業の選び方はとても重要です。
当然ですが、僕たちの人生の大半は仕事をしながら過ごすことになりますし、仕事というものは人生の満足度に大きく関わってきます。

ところが、多くの人は間違った仕事の選び方をしています。
例えば、給料だけで選んだりします。

人は自分が幸せになるものを選ぶことが非常に苦手です。
従業員のモチベーションに関する研究を見てみると、社員のモチベーションを上げるためには給料を上げれば良いと考えた経営者は結構多いですが、昇給によって上がったモチベーションは3ヶ月ほどで元に戻りますし、長くても1年しか続かないと言われています。
もちろん給料が一定以上あることも重要ではありますが、お金だけで仕事を選ぶとほとんどの場合後悔する結果になります。

自分がどんな仕事に就いたら幸せになれるのかということを理解するためには、自分を客観的に見る必要があります。
そんな客観力を鍛えるためには僕の本ですがこちらを参考にしてみてください。
こちらは Amazon の Audible であれば無料で聞くことができるキャンペーンの対象になっています。

【DaiGoのオーディオブックが無料】
ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力

repicbook
¥1,540 (2022/06/28 05:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

科学的な職業の選び方についてまとめたこちらの本もオーディオブックであれば無料になっていました。
ぜひこの機会にチェックしてみてください。

【こちらもオーディオブック無料】
科学的な適職

今回は、そんな重要な仕事の選び方の中でも、このような仕事だけは危険だからやめておいた方がいいという話です。
そんな避けた方が良い職業の共通点を調べてくれた研究があります。
214,413人を対象に、仕事上でのメンタルのアップダウンやストレスについてチェックした上で、どんな職業が最もメンタルを病んでしまいやすいのかということを調べています。

メンタルを病む職業の共通点とは?

この研究ではランキング形式で調べてくれていますが、それらの共通点を明らかにしてくれています。
まず、その共通点とは、「様々なタイプの顧客と頻繁にかつ複雑なやり取りをしなくてはいけない」ということでした。

要するに、お客さんにもいろんな人がいます。
ある程度自分が仕事で相手にする必要があるお客さんのタイプが決まっていると、人間の脳は楽をすることができます。
ところが、それがあまり決まっていなくて、時によって様々なタイプのお客さんの対応をしなくてはいけないとなり、かつ、それがたまにではなく頻繁にあるとなるとメンタルを病みやすくなります

以前にはこの対応で問題がなかったのに、同じように考えて対応したけれどダメだったというのが問題になります。
これは心理学的には「感情労働」と呼ばれます。

頻繁に自分の感情をコントロールしたり抑えたりしなくてはいけない仕事ほど、どうしてもメンタルを病んでしまいやすくなるということです。

人は自分の感情を抑える場面が増えれば増えるほどメンタルを病んでしまいやすくなります。
いつも同じようなタイプの人とやり取りをしていれば、相手のことを理解することもできますし、相手も自分のことをわかってくれます。
ですから、感情をそんなにコントロールしなくても仕事をこなしていくことができるわけですが、毎回毎回、性格や常識、バックグラウンドが全く違うタイプの人を相手にするようになると、どうしても対人関係での問題を抱えやすくなります。

第5位 :●●サービス業

まず第5位にランクインしたのは、個人向けのサービス業でした。

法人向けやある程度対象が限定されているサービス業の場合には、顧客のタイプが決まってきます。
業界を絞って仕事をすると、商品を売るためのノウハウもクレームが出る原因もある程度理解して対処することができます。
どのような人たちに対してサービスを提供すればいいのかがわかってくるので、仕事をマニュアル化する事もしやすいですし、予想外なクレームや問題は起きにくいです。

ところが、個人向けのサービスでは違ってきます。
どうしても、お客様は神様だと思っているような個人を相手にしなくてはいけない時もあるかもしれません。

小売業や飲食店の店舗を見てもわかると思いますが、多くの様々な層の人を対象にした店舗では、いい人もたくさん来ますが問題がある人もたくさん来ます。そうなるとクレーンも増えます。
ところが、ある程度限定的な層を対象にした店舗では、そんな問題が起きるお客はそんなには来ません。

こうなると感情労働が増えてしまいます。
法人向けサービスを提供している企業と個人向けサービスを提供している企業では、実際の業務で抱えるストレスやメンタルの影響はかなり違うかもしれません
法人営業と言われると面倒なイメージを持つ人もいるでしょうが、うつ病のなりやすさという観点からだけ見て、感情労働として考えると、法人営業の方がダメージは大きくなる可能性が高いようです。

第4位 :●●業

これはなんとなく意外でしたが、製造業です。
製造業も対人関係の衝突が結構多いようです。

これはおそらく、製造業の中でも内部の人間関係の問題もあれば外部の人間関係の問題もあると思います。
そして、多くの場合、製造業は一社だけで製品の生産を完結することはあまりありません。
テスラのような企業を除くと、多くの場合は各パーツを作っている企業があったり、多くの企業間のやり取りが発生すると思います。
そこから板挟みになったり対人関係の問題を抱えることが多いのかもしれません。

製造業でも時代の変化に合わせて異業種とのコラボも増えていると思います。
そうなると余計に、これまでの業界も違えば常識も違うわけで、仕事をしていく上での対人関係の衝突が増えるのだと思います。

第3位 :●●士

これは多分僕が一番できない仕事ですが社会福祉士です。
もちろん、社会福祉士はとても重要な仕事です。
精神面も含めて困難な問題を抱えている人に対処する必要がありますし、接する人それぞれの問題も違えばバックグラウンドも全く違います

難しい問題を抱えている人を相手にするだけでなく、そのバリエーションも広く、当然ですが自動化することも難しい仕事です。
重要な仕事であることは間違いありませんが、そういう意味では覚悟も必要な仕事のようです。

第2位 :●●業

これは結構みなさんの周りにある職業だと思いますが、不動産業です。
賃貸も含めるとさまざまなタイプの人と接する機会はありますし、バックグラウンドが違う人との出会いが多くなります。

これはペンシルベニア州で行われた研究なので、日本では多少の違いはあるかもしれませんが、不動産業といっても、不動産投資をする顧客もいれば賃貸を借りに来る顧客もいます。
貸主と借主の間に挟まれることもあると思います。値段を下げてサービスしてあげたいと思っても、オーナーさんの利益も守らなくてはいけないということもあります。
どうしても人間関係の板挟みになりやすいので、不動産業はうつ病になりやすいようです。

第1位 :●●機関

この職業になりたいと子供の頃に思った男性は結構多いと思います。
これは公共交通機関で働く人です。

この研究でうつの発症率が最も高かったのは地方や郊外の公共交通機関で働く人でした。
例えば、バスや電車、旅客系の会社でした。
都会よりも地方の方がダメージが大きかったそうです。

この業界では心臓病や高血圧、脳卒中の発症確率も高くなっていました
これもストレスによるダメージがかなり大きいようです。

日本にも完全に当てはまるかどうかはわかりませんが、公共交通機関となると、本当にいろんな人が毎日来ます。
そうなると、よくわからないクレームも多いのでしょうし、台風や雪によって遅れが出たり、自分たちが注意してもどうしようもない問題が起きてもたくさんの人に謝らなくてはいけません。
それに対する対応も人によって全く違いますし、それぞれどう対処するかも千差万別です。

というわけで、やはり、さまざまなタイプの人と頻繁に関わる必要があり、かつ、自分の感情をコントロールしないといけない感情労働が多い職業は、うつ病になりやすいようですので皆さんも気をつけてください。

失敗しない就職&転職 これだけ守れば OK

では、どんな仕事に就けばいいのでしょうか?
多くの人が就職や転職で間違った選択をしています。

間違った結果メンタルを病んで、メンタルを病んだら当然収入も減ってしまいます。
ですから、就職や転職でしてはいけない選択だけは覚えておいてください。
それを避けた上で、自分がどんな人生を歩みたいのかということまで考えて仕事を選んでいただきたいと思います。
そんな選んではいけない就職や転職の心理学については、今回のおすすめの動画からチェックして下さい。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

【間違いだらけの転職】多くの人が犯しがちなキャリアの失敗トップ5など

【間違いだらけの転職】多くの人が犯しがちなキャリアの失敗トップ5など
\本日のオススメ📚/

🍷カベルネソーヴィニヨンがメインの神ワイン

アダマス テレス カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー 2016年 カリフォルニア 赤

アダマス キンタス カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー ハウエル マウンテン 2016年 カリフォルニア 赤

🍷本日の400年オーガニックを貫いた神ワイン
【馬が畑を耕す400年の歴史を持つオーガニックワイン】

シャトー クーテット サンテミリオン グラン クリュ ワイン 赤 フランス ボルドー

【電気すら使わない!古代のワイン作りを再現した究極の1本】

シャトー クーテット キュヴェ ドゥモワゼル 赤ワイン ボルドー

📚おすすめ本

【DaiGoのオーディオブックが無料】
ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力

repicbook
¥1,540 (2022/06/28 05:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

【こちらもオーディオブック無料】
科学的な適職

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://link.springer.com/article/10.1007/s00127-014-0891-3

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化