目標・成功

人生を変えるのに【1番効く思い込み】とは

人生を変えるのに【1番効く思い込み】とは

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 人生における正しい判断をしたい
  • 思い込みで人生成功したい

科学的に正しい思い込みはあるのか?

今回は、科学的に正しい思い込みの作法について紹介したいと思います。
よく自己啓発やスピリチュアルの業界では、思い込むことで成功を引き寄せることができるとか、思い込む力を使えば実際の成功を手に入れることができるというようなことを言う人もいますが、このような事に関しては今これを読んでくれている方であれば、怪しいものだと理解できる人がほとんどだと思います。
それでも、思い込みの力で成功することができたという人もいるわけです。
ここで一旦冷静に考えてみると、人間を成功に導く思い込みというものはあるのだろうかということが気になってきます。
確かに、自分は成功することができると思い込んでいる人の方がモチベーションが高くなる気がしますし、行動力も高くなるという場合が結構ありますので、この思い込みにもある程度の価値があるのではないかということを考えることもできるわけです。
実は、科学的に正しい思い込みというものがあります。
皆さんを成功に導いてくれるような正しい思い込みの方法について紹介させてもらいます。

僕たちが成功するためには何が必要なのかというと、当然、そこには運が必要であったり、好奇心や粘り強く物事に取り組んで頑張る力、自分の感情を安定させる能力や自己コントロール能力、IQ の高さや楽観性といったものが重要になります。

成功に必要な7つの能力

  1. 衝動抑制力:自分の衝動や欲求をコントロールする能力
  2. 感情の安定力:気分のアップダウンを減らしてコンスタントに自分の感情を扱う能力
  3. グリット:粘り強く物事に取り組む能力
  4. 楽観性:楽観的に物事を考えるための能力
  5. 好奇心:興味を持って自発的に物事を探求する能力
  6. IQ:認知能力
  7. 幸運:巡り合わせのよさ
[/su_box]

「成功ルートの科学」はこちらから

これらに関しては、人生を成功に導く7つの力としてニコニコのチャンネルの方で先日までテーマとしてそれぞれ詳しく解説してきました。

思い込みにより判断の精度を上げることができるのか?

僕たちが成功するためにどうすればいいのかというと、もちろん物事をコツコツと粘り強く頑張ることが大切ですが、正しい判断をすることができるかどうかということがとても重要になってきます。
例えば、ビジネスをする場合でも人間関係に関しても正しい判断は欠かせませんし、何か新しいことを始めようとする場合に関しても、どのタイミングで何をするべきかなど判断が重要になります。
転職などでも同様ですが、結構、僕たちはそれをするべきなのかしないべきなのかという判断が多いものです。

その判断の精度を上げていくことができれば、僕たちは他の人たちよりも正しい答えにたどり着きやすくなるのであれば、それは大きな成果につながる可能性があると言えます。
このどちらを選べばいいのかという問題であったり、人生における正しい選択をできるかどうかということは、思い込みによりその成功率を上げることができるのではないかということを言われているのが、今回参照している2012年のケント大学などが行なってくれた研究になります。

この研究では、被験者たちにパソコンのモニター上でクイズのような質問に答えてもらうという実験を行っていきます。
その際に全体を2つのグループに分けて、一方のグループには、質問を表示する前に答えが一瞬だけ表示されるようにしました。人間が認識できないぐらいのほんの一瞬表示されるということを伝えました。そしてもう一方には、画面には質問だけが表示されると伝えました。

一方のグループには質問が表示される前に一瞬だけ答えが表示されると伝えて、もう一方のグループにはただ質問だけが表示されると伝えて、何も言われなかったら質問の前に何か映っただろうかと気づかないぐらいのレベルで一瞬答えを見せていました。
普通に考えれば、一瞬だけでも答えが表示されるということを知っていたグループは正答率が上がるような気がします。
この実験では両方のグループに見せている画像は全く同じで、質問の前にほんの一瞬答えのような数字が表示されますが、実際にはその数字は全くでたらめのものでした。
全く答えては関係のない数字が一緒に表示されるだけだったということです。ですから、その答えが見えたところで何の助けにもならないわけです。
要するに、実際には答えが表示されているわけではないけれど、自分は一瞬答えを見たという思い込みをしているグループとそうでない人で、正答率に差が出るのかということを調べようとした非常に興味深いデザインの実験です。
自分は答えを知っているという思い込みによって正答率に差が出るのかということを調べようとしたわけです。

その結果、なんとそれがデタラメの数字であるにも関わらず、自分は一瞬だけでも答えを見たと思い込んでいるグループは、その質問に対する正答率が実際に上がっていました
つまり、僕たちは、なんとなく自分がその問題に対してなんとなく答えを知っている、あるいは、答えを出す能力があるとか答えを知っていると思い込むだけで、なぜか知らない内容であるにも関わらず正答率が高くなるということです。

そういう意味では、自分は良い人間関係を作ることができると思い込んだり、自分は目の前の問題に対して解決方法を理解しているはずだから、一生懸命頭を働かせればうまくいくというようなポジティブな思い込みというものは、実際に僕達のパフォーマンスを上げてくれるかもしれないということがこの研究により示唆されたわけです。

自分は答えにたどり着けるはずだという考える糸口に

このような話をすると、いわゆる引き寄せや思い込みが大事だと考える人もいるかもしれませんが、何が大事なのかということですが、この実験では答えはでたらめだったわけですので、答えを見ていても見ていなくても変わらないはずです。
なぜ、実際に答えを見ていたわけでもないのに正答率が上がったのでしょうか。
これは少し考察してみるとわかることですが、例えば、僕がいきなりここで全く解らない問題を皆さんに提示したとしたらどう思いますか。
全く解くこともできない難しい理論などの難問をいきなり出されたとしたら、当然ですが、よく解らないと考えてそもそもその問題を解こうともしないと思います。
分からないと思っているから解こうともしないわけです。
一瞬答えが見えたと思うと、自分は答えを見ているわけで知っているはずだから、少し考えれば解るはずだと思い、見えたと自分が思っているイメージから色々と推測したりするので、考える糸口ができています
つまり、自分は答えを見ているはずだから、ちょっと考えれば正しい答えや正しい結果にたどり着くことができるはずだと自分を信じていたということです。

これは、以前紹介したこともありますが、マインドセットが変わっているということです。
自分はやればできると自分を信じているわけです。
答えを見ているはずだから少し考えれば答えが出るはずだと思うことにより、粘り強さを発揮することができて、その結果として正答率が高まったということなのではないかと考察することができます。

粘り強さや行動につながる思い込みを!

僕はたくさんのいろいろな本を読みますが、これだけたくさんの本を読むと、大抵の知識はどこかで読んだことがあるような気がしてきます。少し難しい問題があったとしても、それは先日読んだ心理学のあの本に参考になる部分があるかなというように考えることも出来るようになります。
このようになってくると、少し難しいことがあっても調べてみようとか、もう少し頭をひねってみようと考えることができます。
これがいわゆる小さな成功体験を積むとモチベーションが上がるという話をよく聞くと思いますが、これも同じように目の前の問題に対する解決の糸口があるような気がするからです。過去に体験したような気がするので糸口があるように感じるからです。

ですから、思い込みをすることにより、ただその思い込みに任せておけばいいということではなく、その思い込むことによって粘り強さが上がる場合に関しては、おそらく今回の実験のように能力が高くなるのではないかということが見えてきます。
皆さんも、無駄に思い込むことで行動しないというのはよくありませんが、思い込むことで粘り強さが高まり、挑戦する力が高まる場合であれば、それは良い結果にたどり着く可能性が高くなると考えるようにしてみてはいかがでしょうか。
行動に繋がるような思い込みが大切です。

今回のおすすめの本としては、そんな行動につながるための思い込みのために参考になる一冊を紹介しておきます。
ビルゲイツさんも絶賛している『キャロル・S・ドゥエック の マインドセット「やればできる! 」の研究』です。
これはただ思い込むだけではダメで、行動に繋がるやればできるという感覚を正しく育てるためにはどうすればいいのかということを解説してくれています。非常に参考になると思いますのでぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめの動画としては、今回と同様に思い込みについて使える動画を紹介しておきます。
なんと僕たちは思い込みの力を正しく使うだけで、IQ を5ポイントから10ポイント上げられるのではないかという研究があります。
ちなみに、IQ が5ポイント上がるというのは、それは人生が激変するぐらいのレベルの変化になります。基本的に IQ というものは生まれつき決まっているものでほぼ変わらないとされていますが、この思い込みも上手に使うことができればどうやら上がるかもしれないとされています。
「IQ120まであげれば勝ち組【科学的に正しいIQの磨き方】」では、人生が脳レベルで激減するような知識をいくつか紹介させてもらっています。こちらも是非チェックしてみてください。

おすすめ動画
IQ120まであげれば勝ち組【科学的に正しいIQの磨き方】 https://www.nicovideo.jp/watch/1580924943

やればできる!成長マインドセットについてはこちら

努力が報われるために粘り強さと同時に必要なものとは?!

今回のおすすめ本
repicbook
¥1,540 (2020/04/03 08:32:36時点 Amazon調べ-詳細)
誠信書房
¥3,520 (2020/04/02 20:20:51時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,870 (2020/04/02 19:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

References
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料から考察した科学の面白さを伝えるエンタメです。あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
主な参考文献:Stephen Loughnan et al.(2012)Mobilizing unused resources: Using the placebo concept to enhance cognitive performance


他の人はこちらも検索しています

-目標・成功
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.