メンタル強化 健康・ダイエット

ストレスに効く薬草入門

この知識はこんな方におすすめ

  • ストレスに強くなりたい
  • 活力ある毎日を過ごしたい

ストレスに効くハーブの効果

今回はアダプトゲンについて解説したいと思います。

アダプトゲンについては知らない人も結構多いと思いますが、これは特定のハーブに含まれている物質で、ストレスに対する抵抗力を高めてくれたりメンタルの状態を整えてくれて精神的な疲労感や肉体的な疲労感を軽減してくれるという効果があります。
つまり、ストレスと戦うための物質がアダプトゲンと言われる物質です。

参考として、今回のおすすめのアイテムとしても紹介しておきますが、アシュワガンダやセントジョーンズワート、ロディオラというようなハーブに含まれているものになります。

これについては様々な研究が行われていて、上手に使うことができればストレス対策になったり脳の機能をサポートしてくれるという効果を得られるものです。
今回はそんなアダプトゲンについて解説してみます。

「ストレスホルモンの分泌を正常化」

このアダプトゲンについては臨床試験も結構行われていて、ストレスホルモンを司っているとされている視床下部や下垂体などに対して作用して、ストレスホルモンの分泌が正常化するということが言われています。

人はストレスとうまく付き合うことができたりそれを発散することができているときは問題ありませんが、何かしらのストレスを感じた時にそれがなんてことはないストレスだったとしても、それをきっかけとして体の内側からストレスが溢れ出てくるような感覚になったことがある人も多いのではないでしょうか。

何かをきっかけに嫌なことを次々と思い出してしまったり、それまでそれほど気にならなかった周りのことが、少しイラッとすることがあったことで全てに対してイライラするようになってしまうということもあると思います。

ストレスホルモンの分泌を正常化してくれるので、このようなストレスホルモンの暴走にも効果があるのではないかとされています。

そういう意味では、普段何かとストレスを抱えがちな人や時折このストレスの暴走が起きてイライラして気分になる事がある人はアダプトゲンを上手に使うことで、それによる嫌な気分を回避することができるでしょうし、僕のように筋トレを普段からする人は肉体的なストレスもどうしてもかかりますので役に立つとも思います。

メンタル的なストレスにはアシュワガンダ、肉体的なストレスにはロディオラというように、それぞれの使い道というものは一応あります。

メンタル的なストレスにはアシュワガンダ

肉体的なストレスにはロディオラ

筋トレなどの場合を除くと肉体的なストレスだけではなく精神的なストレスも関わる場合が多いでしょうから、全般的にアダプトゲンを含んでいるハーブは使えるのではないかと思います。

「体のダメージを修復してくれる」

さらに、ヒートショックプロテイン(Hsp)70というタンパク質があり、これは簡単に言うと細胞などで体の傷ついたタンパク質を修復してくれるもので、アダプトゲンにはこのヒートショックプロテイン70の増加を促す効果があるということも言われています。

つまり、精神的なストレスや肉体的なストレスによって体が受けたダメージを修復する働きがこのヒートショックプロテインというタンパク質にはあり、アダプトゲンはヒートショックプロテインの増加を促してくれる作用もあるので、人の体の修復をサポートしてくれる働きもあるとも言えます。



最近ではサウナが結構流行っているようです。
今回のおすすめの本として、医者の方が書かれたサウナに関するとても面白い本を紹介しておきますが、サウナに入った時に感じる「整う」という感覚にも実はヒートショックプロテインが関与しているそうです。

サウナは上手に使うとアンチエイジングにもつながるヒートショックプロテインが起動して、体が回復して「整う」という感覚を得られるわけです。

そういう意味では、アダプトゲンにはサウナに入るのと同じような効果があるということになるのかもしれません。
何とも言えないストレスや体の重さのようなものをサウナに入ったのと同じようにスッキリさせてくれる可能性もあるわけです。

「ストレスによる集中力の低下を防いでくれる」

精神的なストレスによって精神的疲労が起きると、当然ですが皆さんの集中力や注意力が低下してしまい、勉強にうまく注意を向けることができなくなったり仕事でミスをしやすくなったりということも起こります。

人間関係においても些細なことでイラッと来てコミュニケーションによるトラブルを抱えやすくなってしまうということもあるかもしれません。

このような様々なネガティブな状況を生み出してしまう精神的疲労に伴う注意力や集中力の低下に対しても、サウナに入るのと同様にアダプトゲンは効果的だと言われています。

さらに、新身体的なパフォーマンスの低下を回復するためにもアダプトゲンは今注目されているものになります。

このように特定のハーブが持っているアダプトゲンは精神的な疲労や肉体的な疲労に結構使えるのではないかということが様々な研究でも示されていますので、参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

僕も実際にセントジョーンズワートもロディオラもアシュワガンダも試してみましたが、どれも良かったとは思いますし、特にアシュワガンダは実感としても結構良かったと思います。
感覚としては、仕事が忙しくてもリラックスしているような感覚を作ることができる気がします。
ハーブが持つ力というのも覚えておいても損はないと思います。

集中力のためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、先ほどのサウナに関する本と合わせて集中力や注意力のために役に立つ本を紹介しておきます。

SBクリエイティブ
¥1,650 (2021/02/25 12:36:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは書き込み式で手帳のように使うことができるものですが、人間は自分が何に集中したのかとか、どのような目的を持って行動しているのかということを細かく記録することによってモチベーションを維持することができたり集中力を保つことができるということもあります。
そういう意味では、ノートを上手に使って集中力を維持するというのも良い方法だと思います。

人間関係のストレスから逃れるためのおすすめ

今回はハーブを上手に使ってストレスに強くなる方法について紹介させてもらいましたが、集中力を高めたいとかストレスに強くなりたいという以外にも、仕事や人間関係で色々な問題を抱えたり悩んだりすることもあると思います。

ストレスにおいては一番問題になるのは人間関係によるストレスで、この人間関係によるストレスというものは今回のアダプトゲンで対策してもいいとは思いますが、これは根本的に対策をしていないと結構皆さんのメンタルを壊してしまうこともあります。

では、周りにいる皆さんにストレスを与えてくる厄介の人や面倒な人にどのように対処すればいいのでしょうか。
これには色々な方法がありますが、そんな中でも誰に何を言われても全く気にすることなくするする力を身につけるのが一番楽なのではないかと思います。

サイコパスの人達は他人の感情に対して疎くて共感できない人たちです。
サイコパスと言うとやばい人などイメージすると思いますが、そんなサイコパスが持っている能力の中で僕たちが身につけると役に立つ技術がいくつかあります。
そのうちのひとつがそんな面倒な人たちをスルーする力です。

今回のおすすめの動画としては、そんなサイコパスのスルースキルについて科学的に調べた研究をもとに面倒な人が気になるなくなる方法について解説した動画を紹介しておきます。
こちらは僕が知識の Netflix を目指して作った動画配信サービスである D ラボの方で配信しています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
サイコパス式アホを相手にしないスルーの技術
面倒なやつに絡まれた時の対処法を考察してみた

今なら20日間無料!

今回のおすすめアイテム
SBクリエイティブ
¥1,650 (2021/02/25 12:36:27時点 Amazon調べ-詳細)
ネイチャーズウェイ(Nature's Way)
¥1,980 (2021/02/25 16:01:28時点 Amazon調べ-詳細)
NATURE'S WAY
¥4,490 (2021/02/25 04:50:45時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:A Panossian, G Wikman. Evidence-based efficacy of adaptogens in fatigue, and molecular mechanisms related to their stress-protective activity. Current clinical pharmacology, 2009 - ‪ingentaconnect.com‬.

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 健康・ダイエット
-,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog