健康・ダイエット

【調理不要】腸内環境よくする最強のおつまみ

この知識はこんな方におすすめ

  • メンタルを安定させたい
  • 健康を大切にしたい

皆さんは腸内環境は良い方でしょうか?

腸内環境というものは色々なものに影響を与えるものだということが分かっています。
例えば、皆さんのメンタルの状態にも腸内環境は影響を与えていて、腸内細菌のバリエーションの豊富さなどが重要だと言われています。

人間の腸は第二の脳と呼ばれているという話を聞いたことがある人もいると思いますが、腸内細菌が作り出している神経伝達物質やホルモンがないと人間は生きていくことができないということもあります。
腸内細菌が作り出している様々な神経伝達物質は、人間が生きていくために必要なその物質のうちの99%を作り出しているのではないかということを言われている研究者もいるぐらいです。

腸内細菌はメンタルにも非常に重要なもので、例えば、メンタルが弱っている人の腸に対してメンタルが安定していい状態の人の腸内細菌を移植するという実験があり、これによりメンタルが良くなったという研究もあります。

とはいえ、腸内で作り出した物質が人間の脳にまで届くのかということについては怪しいとか議論がずっとありました。
そんな議論や論争がずっと続いた時期もありましたが、今では腸内で作られたホルモンが全身に張り巡らされた迷走神経に影響を与えて、その迷走神経は脳とつながっていますのでそれらを介して脳に脳に影響を与えている可能性があるという研究がいくつも出ています。

ですから、不安を抱えやすいかどうかということも腸内細菌がそれに関わっている可能性があるということです。
腸内環境を良くすることで不安が少なくなったり不眠が改善するという可能性も非常に高いですし、物事に挑戦しやすくなるとか人間の性格のようなものもある程度腸内環境によってコントロールすることができるのではないかということが言われているぐらいに腸内環境というものは現代の科学でよく扱われている内容になります。

そんな腸内環境のために僕たちがやるべきことはたくさんあります。
例えば、野菜を1日に800グラム以上食べた方がいいとか、土に触れる時間を増やしたほうがいいとか森に行く時間を増やした方がいいとかペットを飼ったほうがいいとか色々あります。
腸内細菌はいい菌を体に入れるだけではダメでそこに餌を与える必要もありますし、そのバリエーションが非常に重要になります。
そこに偏りが出てしまうと腸内環境は悪くなるということがあります。

手軽にできて継続しやすい方法

そんな腸内環境というものはかなり複雑なものですが、僕は野菜を1日に800グラム以上食べることをお勧めはしますが、それがなかなか難しいという人もいるでしょうし特に女性ではそんなには食べられないという人も多いと思います。

そんな中、今回皆さんが手軽に腸内環境の改善のために取り入れることができる食材について紹介させてもらいます。
朝食でも昼食でも夕食でも構いませんが、今日の食事に1品加えるだけで皆さんの腸内環境を良くしてくれるかもしれない食材です。

しかもこれは調理不要な食材です。
野菜はどうしてもすぐに駄目になったりすることもあるので、買ってきたら早めに食べる必要もありますし、サラダにして食べるだけだったら簡単なのは分かるけれど、洗って切ってドレッシングをかけるだけでも面倒だからなかなかできないという人もいるのではないかと思います。

この面倒な感覚があることはどうしても続きません。
腸内環境を良くするためには当然ですが長期的に続ける必要があります。今回紹介するのは調理不要で手軽に取り入れることができる食材ですから、腸内環境を改善するために取り入れてみていただけたらと思います。

スポンサーリンク

そんな腸内環境の改善に役に立つであろう食材とは・・・

クルミです。

クルミやナッツについては今までにも様々な研究からその効果について紹介させてもらいました。

僕のお勧めのクルミは今回のおすすめのアイテムとしても紹介しておきますが、クルミは腸内環境以外にも様々な健康効果があると言われています。

神戸のおまめさん みの屋
¥1,590 (2021/02/24 18:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

クルミの健康効果としては、脳機能が改善するとか癌の発症率を下げてくれるのではないかとか、コレステロールや中性脂肪の改善に役に立つのではないかという話も紹介させてもらったことがあると思います。

ナッツの中でも特にクルミは健康効果が高いというデータがたくさん出ています。
そんな体にいいと言われているクルミですが、腸内環境を良くしてくれるかもしれないというデータが示されていました。

ナッツは様々な健康効果が確かにありますが、今のところ僕が知っている限りでは腸内環境に対する効果が確認されているのはクルミだけですから、迷った場合にはクルミがいいと思います。

クルミを食べることによる健康効果としては、心臓病や脳卒中のリスクを改善してくれるということもあります。
クルミは体のあらゆるところに対して健康効果があると言われているわけですが、そんなにも効果があるのは何故なのかということはあまりよくわかっていませんでした。

今回参考にしている研究の研究者たちは、こんなにもクルミが様々な健康効果を与えてくれるのは腸内環境が改善されていることによるものなのではないかという視点を持って調べられたのだと思います。
つまり、クルミを日常的に食べることによって腸内環境が改善されて、その腸内環境が改善されたことによって様々な健康効果として現れ病気のリスクなどを下げてくれているのではないかということを考えたわけです。

ペンシルベニア州立大学の研究で、30歳から65歳というわりと幅の広い年齢層から肥満に悩んでいる男女40人を集めて実験を行っています。
2週間の間アメリカ人の平均的な食事を食べてもらい栄養状態などを同じレベルで調整しました。
その上で全体を3つのグループに分けています。

クルミを多く食べたグループ

クルミを食べないでクルミと同じ量のαリノレン酸と多価不飽和脂肪酸を含む食事を食べたグループ

クルミを食べないでクルミと同じ量のオレイン酸を含む食事を食べたグループ

つまり、クルミ自体を食べたグループとクルミに含まれている体にいいと言われている脂肪酸などが含まれた食事を食べたグループで比べてどんな違いが現れるのかということを調べようとしたわけです。
クルミには色々な体にいいと言われている物質が含まれているわけですが、クルミ自体を食べるのとその栄養素を摂るのでは違いがあるのかということを調べようとしたということです。

スポンサーリンク

実験期間としては6週間行われていて、参加者の人たちの腸内細菌などを実験の前と後でそれぞれサンプルを採取してどのような違いがあるのかということを分析しています。

その結果分かったこととしては、やはり良質な脂肪をサプリなどで摂るよりもクルミ自体を食べた方がいいようです。

クルミをそのまま食べたグループは腸内細菌の数が激増していました。他のグループに比べて有意にその違いが出るぐらい増えていました。

この実験ではどのような細菌が増えているのかということもちゃんと調べてくれています。
クルミを食べることによって増えた腸内細菌を調べてみたところ、過去の様々な研究によりメンタルや体に対する健康効果があると確認されていた腸内細菌が、クルミを食べたことによって増えていたということが分かっています

例えば、ローズブリアという腸内細菌が増えていて、これは腸内環境の保護のために役に立つ腸内細菌だとされていますが、これを含む様々な体に有益だとされている細菌がクルミを食べることによって増加していたということです。

ですから、いわゆる善玉菌と呼ばれる過去の様々な研究により僕たちの体にいいとわかっている細菌がクルミを食べることによって有意に増えていたということが分かったわけです。

クルミではなく体にいいと言われている栄養素を含んだ食事を食べたグループと比べても、クルミを食べたグループの方が腸内細菌の数が増えていて、クルミを食べることにより腸内細菌が増えているわけで、クルミに含まれている脂肪などを別の食事で補った場合ではそこまでの変化が確認されなかったということです。

ナッツは体にいいというのは当然ですしナッツに含まれている成分を元にしたサプリなどもよくありますが、それらよりもナッツそのものをそのまま食べることによって健康効果という価値を得ることができるのではないかということが示された研究です。

さらに、クルミを食べたグループは実際に体調の改善も確認されています。
例えば、血圧を改善する効果があったり総コレステロールの数値の改善などが確認されたそうです。

ですから、やはりクルミを食べることによって腸内環境が良くなり、それと同時に体に対して様々な健康メリットが出ているのではないかということが確認されたわけです。

クルミを食べることにより体にいいとされている腸内細菌の数が増えて、その結果脂質の代謝などが改善され、その脂質が関わる数値が改善され、それがもとになるような病気のリスクが減るということです。

クルミには脂肪酸や食物繊維などのかなりたくさんの成分が含まれていて、腸内環境に良い影響を与えてくれるだけではなく良質な脂肪も提供してくれています。
これらの様々な成分が僕たちの身体に良い影響を与えてくれるようです。

スポンサーリンク

この研究ではクルミを食べる量については研究にははっきりとは明示されていませんが、過去の研究などを見てみると、大体1日に57 g から85 g ぐらいがいいのではないかとされています。
これは人によって違うとは思いますが結構な量のクルミを食べてもいいようですので、日常に気軽に取り入れてみてもいいのではないかと思います。

腸内環境が改善されると痩せやすくなるということも分かっています。
ナッツは20 g から30 g ぐらいにしておいた方が良いのではないかというデータもありましたが、腸内環境が良くなると言うのであれば、脂質が多いから太るのではないかということを気にする人もいるかもしれませんが、クルミの場合にはその影響はそれほど考えなくてもいいのかもしれません。

クルミは普通におつまみとしてそのまま食べてもいいでしょうし、サラダの上にかけてもいいと思います。
できるだけ加工したものではなくクルミそのものの形が残った状態で食べるようにしてみてください。

食事と健康についてのおすすめ

今回はそんなクルミの与えてくれる健康効果について紹介させてもらいました。
僕が知識の Netflix を目指して作った動画配信サービスの D ラボでは他にも様々な健康テクニックなどについても解説しています。
今回のおすすめの動画としては、最強のスキンケアとしての食べ物の選び方について解説した動画を紹介しておきます。

食材の選び方を変えるだけで肌の質はかなり良くなります。
スキンケアについてはまずは食事から考えた方がいいと思いますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

※Audible無料体験にて1冊無料

『超健康法』

僕の本ですが様々な健康テクニックについて解説した本がAmazon でオーディオブックであれば無料で聞くことができるキャンペーンが行われています。
一人一冊ですがまだの方はぜひこの機会にチェックしておいてください。

腸内環境について学ぶためのおすすめ本

腸内環境について自分で学びたいという方にはこちらの方がとても参考になると思います。

Dラボでおすすめ動画をチェック
食べるとやばい【肌荒れ食品】と科学が見つけた唯一の【若肌の作り方】
科学が認める最強の【スキンケアフード13選】

今なら20日間無料!

今回のおすすめアイテム

※Audible無料体験にて1冊無料

『超健康法』

神戸のおまめさん みの屋
¥1,590 (2021/02/24 18:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

スポンサーリンク

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31848609/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット
-,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog