お金・ビジネス

年収500万以下からの脱出法を心理学的に解説してみた【統制の所在理論】

年収500万以下からの脱出法を心理学的に解説してみた

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 今の生活から抜け出したい
  • お金を稼げるようになりたい

+ この知識を動画で見るならこちら

年収500万からの脱出

年収500万円というのが云々と武井壮さんが話されて軽く炎上していたそうですが、今回は年収500万円以下の生活から脱出するための方法を紹介します。

そもそもお金に関して考えると、年収500万円以下でもとても幸せに生活している人もいますし、年収500万円以上でも不幸な人もいるわけです。
とはいえ、残念ながら収入が低いということは、今の社会では良い医療を受けるためにはお金が必要であったり寿命が縮まってしまったりすることはあり得ます。僕自身もお金がなかったことによって大事な人の命を救うことができなかったという経験があるので、そういう意味では、いざという時に大事な人を守ることができるのであれば嫌われてもお金は欲しいと僕は思います。
このような考え方も人それぞれで人によって違うと思いますが、残念ながら様々な研究を参照してみると、収入が低いことによるデメリットというのはかなり大きいものでもあります。
そう考えると、どうせならば稼げる方が良いに越したことはありません。

稼げる人と稼げない人の違いとは?!

では、お金を稼ぐことができる人と稼ぐことができない人との違いは何なのかということを調べてくれたのが今回参照している研究になります。
この研究では上位2.5%に入るお金持ちをピックアップし、この人たちがどのような考え方や心理的な特性を持っているのかということを調べてくれています。
今の生活から抜け出したい、お金を稼げるようになりたいと考えている方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

金融心理学というジャンルがあり、アメリカで上位2.5%に入るお金持ちをピックアップし351人に科学的に正しい心理的なテストとアンケートを行い、どのような性格をしているのかということを調べています。
参加者の年収は平均でおよそ2300万円オーバーぐらいだったということです。

その結果わかったこととして、嫌なことが起きたり良くないことが起きた時の考え方に結構な違いがあったそうです。
例えば、今現在お金を稼ぐことができていない、結婚生活に問題があるなど、人それぞれ様々な問題はあると思いますが、その自分にとっての問題を頭の中で思い描いてください。
その問題をイメージできたら、その原因について考えてください。なぜそういう状況にあるのかということを考えてみてください。
例えば、お金を稼げていないという問題があるのであれば、そのお金を稼げていない原因は何なのか、あるいは、夫婦関係に問題があるというのであれば、夫婦関係が悪い理由はおそらくこういうことであろうとか、彼女がなかなかできない理由はおそらくこういうことだろうなど、直感的に自分の中に出てくる原因を考えてください。

皆さんが今思い描いている問題というものは皆さん自身の責任ですか?それとも、国の政策や外部的な環境、自分以外の誰かなど自分以外の外部的な要因によるものですか?
この自分にとって良くないことが起きた時の原因が自分の内側にあるのか、それとも、自分以外の外側にあるのか、どちらで考えるかによってお金を稼ぐ事ができるかどうかというのが結構変わるのではないかということが今回の研究により示唆されています。

「統制の所在」

これを統制の所在と言って、原因を内側に求めるのが外側に求めるかという違いになります。
統制の所在が内側にある人は、何かしらの成果や望ましい結果が生まれた時にも、自分が頑張って努力したからだとその原因を内側に求めます。
一方で、この統制の所在が外部にある人は、自分に原因を求めないので、例えば、ダイエットで痩せたというときであっても、自分が頑張ってから痩せたというのではな 、ジムのトレーナーさんが一緒に頑張ってくれたからだと考えたり、会社という存在があったから自分は成功することができたと、いいことがあった時も悪いことがあった時もその原因を自分以外の外側に求めます。

いいことも悪いこともその原因を自分の外側に求めるのか内側に求めるのかという違いが統制の所在というものになりますが、結論としては、お金を稼ぎやすい人は統制の所在が内側にある人だったということです。

例えば、仕事で嫌なことが起きた時には、当然ですがその原因というものは実際には自分自身にある場合もあれば他の誰かにある場合も、もしくは、誰の原因でもなくどうしようもないことも当然ありますが、ただお金を稼ぐという文脈に沿って考えた場合には、基本的にはその原因は自分の内側にあると考えて、他の原因もあるかもしれないけれど自分の内側に原因を求めて、そこに何かしら改善しないといけないところがあるという自分の内側に統制の所在を置くタイプの人の方がお金を稼ぐ事ができるというわけです。

何か問題が起きた時に自分に原因があると考えることができる人はお金を稼ぐ事が出来て、その理由としては、この統制の所在が内側にある人の方が失敗を他人のせいにしないので、それにより様々な自分の弱点が改善されたり、何かの判断をする時も自分の内側に理由を求めるようになります。
他人の責任と考えるとどうしても適当に決めてしまいますが、自分の責任だと考えるとしっかり判断するようになります。
そういう意味では、人生の様々な局面において好ましい選択をするためにも、統制の所在が内側にあるということがとても大事になります。
お金を稼ぐという点で考えても、この統制の所在が内側にないと、自分のダメな部分や失敗の原因になった部分、改善しないとお金を稼ぐことに繋がらないような部分に対して、常に目を背けることになってしまいます。
ですから、まずはこの調整の所在を自分の内側に置くというのが必要になります。

自分を責めず、自分の変えられる場所に目を向ける

とはいえ、これは何でもむやみやたらに全てが自分のせいだと考えればいいということではなく、自分に原因を求めた方が改善を考えられるので成長につながり、結果的にお金を稼ぐことができるようになるという話です。

当然ですが、年収が500万円以下なのは全てが皆さんの責任ではなく、ひょっとしたら会社がとんでもないブラック企業で皆さんから搾取していることによるかもしれないし、日本の政治に原因があり皆さんが働いている労力に対して十分な対価が払われていないことが原因かもしれません。このような可能性は十分にあります。可能性は十分にあるわけですけれど、科学的な視点で考えた時に、ブラック企業を改善したり国の政治を変えるということは、僕たち個人の力ではそのほとんどがどうしようもない部分です。できるかもしれないけれど、そこにはかなりの労力と時間が必要になります。
だからこそ、自分の力だけでお金を稼いでいく、勝利を勝ち取るということを考えるのであれば、統制の所在は自分の内側に置いた方がいいということです。

全てが自分の原因だと考える必要はありませんが、自分の内側に原因を求めることによって、自分の力で変えることができる改善点を見つけることができます。
この社会の中では、自分を成長させるために自分の変えるべきところが見えなくなることほど怖いものはありません。
相手の責任かもしれません、おそらく会社が悪いのだと思います、周りの人が皆さんをただ虐げているだけかもしれません。それでも、自分の内側に目を向けて、自分を責めるのではなく自分の内側のどこを変えれば自分の人生が変わるのかということに目を向けるのがとても重要になるわけです。

ただし、全てを自分のせいだと考えて自分を責めるのだけはやめてください。
自分を責めてしまうと、かえってパフォーマンスが落ちてしまいますので、自分を責めるのではなく、変えることができる場所を探すというのがポイントになります。
是非試してみてください。

飛び抜けて稼ぐ人たちの時間の使い方とは?!

お金を稼いでも幸せになれる人となれない人の違いはこちら

お金を稼ぐ自分になるためのおすすめ動画
金儲けの心理学〜タブーなし!金持ちになるための5つの研究
https://www.nicovideo.jp/watch/1572730024

今回のおすすめ本

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、この動画はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。 より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをオススメします。 訂正や追加情報があれば、コメントなどに随時追記します。
参考:https://psycnet.apa.org/record/2015-24562-003


他の人はこちらも検索しています

-お金・ビジネス
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.