お金・ビジネス

ストレス発散になるモノの買い方

投稿日:2018年12月10日 更新日:

DaiGo MeNTaLiST

ストレス発散になったりメンタルの安定につながる買い物とは?

問題解決を連想させるモノを買うと基本的には人間のメンタルは安定します。ストレス発散にもなるし感情も安定します。

落ち込んだ時、イライラした時に買い物をするのであればおすすめは問題解決につながる実用品や日用品です。
高いブランドものだとコスパが悪く浪費に終わる可能性も高いですし、ブランド品は返って不安になる可能性があります。散財する人の特徴として、ブランド品を買ったり高いエステに行ったり高いお店に行っては後からクレジットカードの請求書を見て「なんでこんなに無駄遣いしてしまったのだろう」とまた余計にメンタルが追い込まれ、その追い込まれたメンタルを落ち着かせようとまた無駄な浪費を繰り返してしまいます。ですからメンタルにも悪く破産にもつながる危険な買い物です。

高価なものより日用品を

買い物にはドーパミンを出す作用があります。ストレスを感じたら人間は快楽を求めますからそのために買い物をしようとします。
ストレスを感じた時の買い物としてはブランド品や高い買い物よりも日用品を買ったほうがメンタルの安定につながるという研究があります。

トイレットペーパー・ティッシュペーパー・ウェットティッシュ、掃除に使う消耗品、いつも飲むお水・・・などなど自分が常に買っている日用品にお金を使うのがポイントです。
僕の場合は、ついついイライラした時は買い物がしたくなりますが、そんな時は猫のご飯を買います。
自分がずっと欲しかったモノや高価なモノを買ってしまうとキリが無くなりますしメンタルも安定しません。イライラが残ってしまい散財や仕事の失敗に繋がってしまいます

実際に、人間はストレスを感じた時に無意識に日用品を買ってメンタルを落ち着かせようとする傾向があるということがわかっています。

クリスマス時期の消費傾向と性格

シカゴ大学の研究で2,133名の男女を調査し家計簿アプリを使ってもらい200万件の買い物データを集めました。被験者の性格診断をビッグ・ファイブ(特性5因子診断)で行なったところ神経症傾向が低い人(メンタルの強い人)はクリスマスの消費が増える時期にお金を使いやすいという結果が出ています。逆に神経症傾向が高い感情が不安定な人(メンタルの弱い人)ほどクリスマスにはお金を使わない傾向がありました。これは単純にパートナーがいないだけということもあるかもしれませんが、クリスマス以外にお金を使う傾向があるので福袋など気をつけたほうがいいかもしれません。

開放性(好奇心・新しいものを好む性質)が低い人はクリスマスにお金を使いやすいです。逆に開放性が高い人はクリスマスほどお金を使わない傾向があります。つまり、開放性が低い人はなんとなく周囲や環境に流されてしまいお金を使ってしまいます。開放性が高い人は他の人とは違う体験を求めるので、みんながクリスマスに買っているのであれば逆に違う時期に買ってみようと考えたりクリスマス商戦に踊らされないようにします。

誠実性が低い人はクリスマスにお金を使わない傾向があり、逆に誠実性が高い人ほどクリスマスにお金を使いやすい傾向があります。

クリスマスにお金を使いやすい人の特徴

  • メンタルが安定している人

  • 好奇心が弱い人

  • 真面目な人

恋人やパートナーの有無もあるように思いますがこのような傾向が確認されています。

実用的な買い物で幸福度が増す

メンタルが追い込まれた時の衝動買いは日用品の買い物が増えます。仕事のトラブルやストレスを感じた人はブランドのバッグや洋服よりもトイレットペーパーや洗剤などの日用品を買ったほうが心が落ち着くということがわかっています。そもそもトイレットペーパーも洗剤も問題を解決するための道具です。メンタルが追い込まれている時は実用的で役に立つもので生活するために必ず必要だとわかっているモノを買うことによって、自分は問題を解決することができてこれからも生きていくことができると自分を安心させることができるわけです。

衝動買いをしたくなったら高いものではなく実用的な日用品を買うようにしたほうがいいです。より機能性が高いものを買ったほうがメンタルが回復しやすいです。
これは自己コントロール感を高めることにも繋がります。自分で問題を解決できる、自分で人生をコントロールできると思える自己コントロール感が高いほど幸せになれるということもわかっています。仕事のやりがいもこの自己コントロール感に比例します。人生の幸福度を高めたいのであれば自己コントロール感を高めることが大事です。

無駄に高いものを買ったりせず、自分が実用的で合理的に生きていると感じられることが自己コントロール感を高めてくれて幸福度に繋がるわけです。

ブランド品を持つことで安心できる?

別の研究で、安い日用品でも高い日用品でも、高いブランド品でも、メンタルの安定という点では効果に差がなかったということがわかっています。
自信の喪失など落ち込んだ時の買い物としては、実用的な商品であれば高いものでも安いものでも効果が変わらなかったということです。ですから、必ず使う安い日用品を買うほうがメンタルも安定するし無駄遣いもしなくて済みます

僕のおすすめは、衝動買いをしたくなったらまずは日用品を買いましょう。それで何かを買いたいという欲求を満足させてください。それでもまだブランド物が欲しくてブランド物に頼らないとどうしてもメンタルが回復しないのかを確認してください。意外と日用品の買い物でスッキリしているものです。

買い物をすることによって出るドーパミンと実用的なものを買うことによる人生に対するコントロール感を強めるために買い物をしているとも言えます。

これから年末年始の消費が増えてしまう時期に備えて「無駄遣いや散財の危険性」を知っておきたい方はこちら↓
https://nicovideo.jp/watch/1543680424

タグ

-お金・ビジネス
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.